FC2ブログ

レストラン訪問記:佐原「うなぎ割烹 山田」

鹿島神宮、香取神宮、息栖神社を巡るいわゆる東国三社参りにうかがった際に鰻で有名な土地柄なので夏に阿佐ヶ谷の「安斎」で頂いて以来の鰻をいただいてきました。

佐原界隈にいくつかお店があるようですが、店内禁煙で炭火焼き、映画でも名前の通っているこちらに狙いをつけていきました。少人数の予約は受け付けていないので基本的には店に並んで入れてもらう形になります。

こちらは以前にも佐原に遊びに来た時にも食べたことがあって美味しい思い出はありました。ただ最後に来た時は通された席があまりよくなくていい印象をもっていなかったはずですが、大昔のことなので詳細忘れてしまっていました。

IMG_5493s5493.jpg

お座敷席への入口(テーブル席とは別)

この日は祝日だったこともあって大賑わいで12時丁度くらいに店に着きましたがすでに10名ほどの方が並んでいました。

入店には待ち始めて約40分はかかったでしょうか。幸い寒くもなく、暑くもない晴天の日でしたので待っている時間が苦痛ではありませんでした。

並んでいるところからすぐに入れるテーブル席の他に靴を脱いで上がる入れ込みの座敷が裏手入口から入れるようになっていて、どちらになるかはその時の運次第です。この日はちょうどお座敷に通していただきました。人によって好みがあるでしょうが、お座敷の方が落ち着くし、風情がありますね。

お品書きにはうな丼とうな重、それにじか重の3種類があって、じか重が他のお店で言うところの鰻重ですね。こちらのうな重はご飯と鰻が別々で提供されるものになっています。並と上は純粋に大きさの違いで、あと吸い物の具が異なっているようです。

IMG_5489s5489.jpg

おつまみになりそうなものはあまりないようです。肝焼きなどお好みの方も多いでしょうが、夜の宴席のみのメニューのようでした。

生ビールなどと鰻を楽しみたいとも思いましたが、直後に香取神宮にうかがうつもりだったので差し控えました。

最近はお重で頂くことが多かったので、久しぶりにどんぶりで食べたく思いうな丼の上をお願いします。

IMG_5491s5491.jpg

注文してから20分ほどでどんぶりから鰻がはみ出しているうな丼が到着しました。きれいな吸い地の肝吸いと手作りとおぼしきほどよい量のお新香がとてもいい脇役です。

肉厚の鰻の脂乗りの良いこと。この季節の方が脂が乗っているのでしょうね。炭で焼かれている分の香ばしさと相まってとても美味しく頂けました。たれはやや甘めのたれになります。

夏に阿佐ヶ谷で鰻を頂きそれなりに満足しましたが、やはり地方に来ると同じ値段でもより大きな鰻を使って提供してくれるようで満足度が段違いでした。季節の違いもあるのかもしれませんが「安斎」の鰻はもっとさっぱりしていた気がします。

店員さんは年配の女性の方が多く、基本的に丁寧に接客されていますので安心して食事を楽しむことができました。

お店にうかがうには都心からだと一定の時間と交通費がかかりますが、それでもまた鰻のためにここに来たいと思わせてくれる名店だと改めて思いました。

香取神宮、鹿島神宮方面へいらっしゃる方は覚えておいて損はないお店だと思います。


(いただいたもの)

うな丼(上) きも吸いつき





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星つきシェフカジュアル新店情報:アヌシー「ル・クロ・デ・サンス」(★★)シェフ新店

アヌシーの山の手で二つ星店とホテルを経営されているロラン・プティ氏がこのたびアヌシー駅近くの市街地に「ブラッスリ・ブリュネ (Brasserie Brunet)」を開店させることになりました。

新店開業予定地にはこれまで同氏が経営されてきた「コントルサンス」があったため、全くの新店開業というよりは名称変更、業態変更といった方が正確かもしれません。

同氏はガストロノミー店である「ル・クロ・デ・サンス」近くでこの10年来「カフェ・ブリュネ」というカジュアル店を経営されてきていて、店名の類似からもおわかりのように新店のメニュー、値段はこの「カフェ・ブリュネ」にならうということのようです。また、新店には「カフェ・ブリュネ」のシェフであるニコラ・ギニャ氏も関与するとのことです。

カジュアル店らしく値段設定は控え目で、23〜33ユーロでコースが楽しめるようになっています。そして新店は休みなしの営業をされるとのことです。

お料理としてはパテ・アン・クルート野菜のココット煮茸のショーフロワなど「ル・クロ・デ・サンス」由来のメニューがいただけます。また他店との差別化の意味で名物料理もいくつか用意されるとのことです。

ジャン・シュルピス氏の新拠点である二つ星店「ジャン・シュルピス」のあるタロワールに行かれる際や、マルク・ヴェイラ氏の新三つ星店があるマニゴに行かれる際には、バス、タクシーいずれを使うにしても通ると思われるアヌシー駅近くの大変便利な場所ですので、旅の途中にふらりと寄られてみてはいかがでしょうか。

ブラッスリ・ブリュネ (Brasserie Brunet)
10 rue de la poste
74000 ANNECY
Tél. : 04 50 51 22 10





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:浜松町「のもと家」(ビブグルマン)

浜松町でとんかつ屋さんへ。人気店が複数ある恵まれたエリアのようですが、定休日その他の関係で鹿児島料理を出すというこちらへうかがいました。極端に言うと豚肉を揚げただけのとんかつというお料理ですが、お店によって推している食材や地域、お勧めの食べ方が異なるので興味深いです。

IMG_5371s5371.jpg

こちらでは鹿児島料理のお店として六白黒豚を提供されています。また食べ方についても写真のような舌代が用意されています。

こちらは今年のミシュランでもビブグルマンの評価を得ていました。うかがった時にはビブグルマンがついているのを知りませんでした。先日うかがった赤坂の「とんかつ まさむね」は残念ながら今年はミシュランに掲載されなかったようです。

こちらも「とんかつ まさむね」同様の人気店で開店直後の一回転目に入れないとそこからさらに40分ほどは待たされることになるようです。なんとなく事情がわかっていたので11時過ぎには着くようにしてみました。

先客は6名はいたでしょうか。座席数21ある中で先着の12組が一巡目で入ることができました。一巡目に滑り込むにはおそらく11時半に店に到着するのではやや遅く、11時20分ごろには来ている必要がありそうです。

タイミングでカウンターの一角に席をもらいましたが、先着6席に遅れた方はテーブル席を一人で使うことができるようなのでその方がいい方もいるかもしれません。とはいえ、何番目に入れるかはわからないのでまあ運のようなものでしょう。後の方がいいと思って遅れすぎて到着すると一巡目に入れない可能性が高いですから。

お店によって色々な食べ方を提案して下さいますが、こちらでは舌代にもあるように茎わさびと鹿児島しょうゆの組み合わせを推奨しています。鹿児島しょうゆはいわゆる九州の甘口醤油でした。茎わさびはほんのりとやさしい辛味がある粘りのある食材ですね。お勧めという六白黒豚を使った特選ロースカツ定食にしてこの食べ方で頂きましたが、上質な甘い脂とこの食べ方がベストマッチでした。新しい発明といってもいいかもしれませんが、このお肉の脂だから合う食べ方なのでしょう。

IMG_5373s5373.jpg

他にはすりごまとソース、塩という食べ方もできるようになっていて、いずれも一切れずつ試してみましたが、お店一押しの食べ方より美味しいとは感じなかったのでそれでやめにしておきました。お店のお勧めに素直に従って正解だと思います。もちろん各自お好みの味があると思いますのでご自身で判断されるのが良いでしょう。

キャベツは柔らかい切り口でとても食べやすく、さっぱりとしたドレッシングで頂く形ですが美味しくいただけます。ご飯は大盛りが無料でオーダーの時に希望を聞いてくれます。他に普通に美味しいポテトサラダが付いてきました。

特筆すべきは豚汁の質とボリュームです。六白黒豚の身がごろごろ入っていていい脂が溶け出していてとても美味しく、これだけでご飯が進むそんな豚汁でした。リーズナブルなランチの定食を注文するとお肉は国産豚ですが、豚汁では六白黒豚が楽しめるようになっていますのでとてもお得ですね。

今回いただいた特選ロースは量としては120グラムでしたので大きくはなかったですが、脂が上質でとても美味しくいただけましたので大満足でした。

こちらではレモンを直接お肉にかけることを勧めていませんが、口直しとしてかじるような形を想定しているようでした。店主と少し話をしたのですが、レモンを付けていないと付けろという要望がくるようで苦心されているようでした。茎わさびと鹿児島しょうゆの組み合わせがお勧めなのにソースや辛子をつけているのも、まあ一般的な食べ方に慣れた方々に配慮してのことなのでしょう。

斬新な食べ方と上質な豚肉のとんかつがとても美味しかったので、近くに寄って時間が合う時にはまた是非うかがってみたいと思いました。


(いただいたもの)

特選ロースカツ定食(120g)(六白黒豚使用)
(鹿児島産米のごはん、きゃべつ、ポテトサラダ、香の物、六白黒豚の豚汁、ゴマとすりこぎ、茎わさび、辛子、レモン付き)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

三つ星シェフ来日情報:ピエール・ガニエール氏来日

このたびピエール・ガニエール氏が来日され、ご自身の東京のお店でランチ、ディナーと厨房に立たれ、料理を提供されるとのことです。

来日期間:2019年1月4日(金)〜9日(水)
場所:赤坂「ピエール・ガニエール」(★★)
ランチ 11:30a.m.-1:30p.m.(L.O.)
ディナー 6:00p.m.-8:30p.m.(L.O.)

※混雑が予想されますので、お早目のご予約をお願いいたします。
※都合により来日期間が変更となる場合もございます。

ご予約:03-3505-9505(10:00a.m~9:30p.m.)  月曜定休 ※1月7日(月)は営業いたします。

オンライン予約サイトリンクへ





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:白金台「ルカンケ」(★)

さて、白金台は今一つご縁のない場所ではありましたが、今回こちらにうかがうために訪れました。白金台は小さなエリアに星付き店がひしめいているグルメゾーンのようです。

ミシュラン最新版が発刊されてこちらは無事星を維持されました。ご近所で星を失ったフレンチのお店がありました。うかがったことはありませんでしたが、メニューを見て興味をひかれていただけに残念です。

IMG_5066s5066.jpg

こちらは階段を上って入るつくりで先客のお客さんがすでに店の前であるいは少し遠くで待っているようでした。昼は12時開始でその前の時間には扉が閉まっていて中に入ることはできません。

この日もランチの限られた時間での訪問でしたので扉の目の前で待って、扉が開くのと同時に店内に入れていただきました。退店希望時間をお伝えしていたこともあり、かなりいいペースでお料理を出していただけました。予約の電話の際にはちょっと話が通じにくい感じもした支配人の方ですが、この道のキャリアが長いであろう感じの細身の紳士で、いい具合に客あしらいをしている感じで手馴れている感じが見て取れました。もちろんきちんとした礼儀があります。

食事をしたのは階段を上って入った入口からさらに上に螺旋階段を上った小さなサルで、どちらかというとビストロやブラッスリといった雰囲気で隣の席との間もけっこう近い感じでした。

お食事は工夫を凝らした二品のアミューズ、というより一口スナックから始まります。シェフなりに物語を組み立てているようで楽しいですね。個人的には食べられない石や植物などを過剰に皿に盛りつける現代風のプレゼンテーションは今一つ好きにはなれないのですが、この日はあまり違和感がありませんでした。サービスの方がちゃんと説明してくれるからでしょうか。

IMG_5072s5072.jpg

小石に見立てた黒いパンとシュー生地で包んだ甘いフォワグラのプチシューと続きましたが、個人的には後者の方がより味わいがあって好みでした。

IMG_5074s5074.jpg

その後に一口スープが出てきました。大根のスープと聞いてぴんとこず今一つ期待もしていませんでしたが、大根と玉ねぎだけで出汁をとっているというスープは味わい深く、しかも器、スープとも熱々で出していただいて、とても美味しくいただきました。こういう小さな気遣い一つでお店やシェフへの評価がぐっと上がります。

さらにその後続いたさんま尽くしの冷菜は周りのお客さんもみな声を上げるくらいきれいなお料理で、さんまを食べつくす趣向がいい上、それぞれの味もまた良いのでこちらも好きになりました。

IMG_5079s5079.jpg

フィレだけで作ったというテリーヌはただ身を寄せているだけのようですが、しっかりテリーヌとして完成されていて簡単にはほぐれないようになっていてシェフの技を感じます。さらに焼きナスと和えた中落ちは茄子の風味とさんまの脂があいまってとても美味しいです。

最近色々なところで焼きナスを使った前菜をいただきましたが、どうしても水分が料理を不味くしてしまう感じがありました。しかしこちらはその水分をいい具合に使って全体として調和のとれた美味しさを完成させていて満足度が高かったです。さらに肝を使ったペーストの美味しさは言わずもがなでしょう。セロリのプレゼンも含めて美味しく、美しく、楽しい一皿で満足でした。

IMG_5081s5081.jpg

お魚はこの日はおぼだいのポワレでした。最近、「スブリム」でとても美味しい黄アラをいただいたり、「タストゥー」でも焼き加減が絶妙の尾長鯛をいただいたりしていてかなりハードルが上がっていたので、正直この日のお魚は凡庸にしか感じられませんでした。

最後のデザートは季節柄色々な場所で提供されることが多いモンブランでした。モンブラン好きです。いまどきは各店の各シェフが自分の個性を発揮されて、口内調理でのモンブランが流行っている感じですね。

この日いただいたものは栗のプリン、牛乳のアイスが添えられている上、軽やかなメレンゲを使いカシスクリームで酸味をほのかに忍ばせた軽い現代風の作りのモンブランでとても気に入りました。プレゼンテーションも軽やかでいいです。「スブリム」の素朴な作りのものもいいですが、デザート全体としてのレベルではこちらの方が上だと思いました。

支配人やサービスの方のご配慮で退店希望時間にはしっかり出ることができ、食事も大いに楽しめたので大満足でした。ただハーブティーを食後にいただきましたが、お代わりは別料金になるとのことでそれが残念でした。とはいえ一つ星クラスのお店でありながらかなりのお値打ち価格でお食事が楽しめるようになっているので多少のことは気にならないとも言えます。

支配人の方には最後お店の外の下(地上)まで見送っていただきました。角を曲がる際に振り向くとしっかりとそこにいらして、さすがプロと改めて感じ入りました。

カジュアルではありますが、光る料理がそこかしこに見られますので全体としてとても楽しめるレストランになっていると思います。平日でしたが小さなサルは満席で人気のほどもうかがうことができました。

お隣のご夫婦がワインペアリングのコースを楽しまれたりしていて、フォワグラに貴腐ワインを合わせるなどしていてとても興味をそそられました。
そんなこともあり、次回はもう少しゆっくりできる日にうかがいたいと思います。


(いただいたもの)

ランチコース

スナック1:小石と苔
(竹炭入りパン 豚肉リエット ケールの粉)

スナック2:フォワグラのシュークリーム
(カカオのシュー生地とチョコ フォアグラのクリーム入り)

スープ:大根のスープ
(玉ねぎと大根のみのお出汁、スパイスオイルかけ(コリアンダーシード入り)、クルトン)

前菜:さんま セロリ じゃがいも
(さんまの冷製前菜(フィレのみのテリーヌ、中落ちと焼きなす、さんまのわた)、シェリービネガーソース、燻製したじゃがいものピューレ)

メイン:鮮魚 マコモダケ ブールブラン
(おぼだいのポワレ かぼちゃ マコモダケ ムール貝 ムール貝などの泡 ブールブランソース(ハーブ入り))

デザート:栗 カシス ミルク(モンブラン風のデザート)

食後のお茶と小菓子:ミニャルディーズとカフェ(ハーブティー(レモングラスとハーブブレンド))





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: