レストラン訪問記:西米沢「蕎酔庵」

米沢二日目のお昼は前日のがしたお蕎麦を食べようと市中心部にある「蓼(たで)」に開店直後のかなり早めの時間に向かいましたが、店に入っても人影がなく番号札をとって待てとの指示があるのみ。すぐに出てくるのかなと思って待つこと10分近くでようやく蕎麦を出すためにでてきた店主に偶然出会い、なんとか席に通してもらいましたが、注文をとるまでにさらに10分以上かかるとのことでさらに放置されそうになったのであきれて店を出てきてしまいました。

口コミサイトでは多少よい点がついているお店なのですが、接客が何かわかっておらず、残念ながら趣味でうった蕎麦をマイペースに出しているお気楽な素人の店と認識せざるをえませんでした。味が美味しい美味しくない以前にプロではありませんね。

一番人が少ない時間帯でこれですから12時過ぎにはおそらく注文するまでに入店から1時間くらいは必要なのでしょう。そうまでして食べたいお蕎麦なのか疑問ですし、観光に行かれた方は皆時間に制約があるはずなので普通はそんな悠長に待ってもいられないでしょう。

そんなわけで店を出て目指したのは市内西方の別のお蕎麦やさんでした。「蓼」からは足がないとなかなか行きにくい場所ですが、タクシーに乗ればすぐ着く距離だと思います。

さて、本記事の主役である「蕎酔庵」ですが、まだ早い時間でもありすんなりと入れました。入店と同時に店の人が出てきて席に案内してくれます。これが普通ですね。

お店は靴を脱いで上がる形で客室は普通の民家の居間のような感じで、メニューは壁の上の方に貼ってあります。

DSCF1175.jpg

DSCF1176.jpg

十割そば、十一そばの2種類をうっていてあとは各種のぶっかけそば、ぶっかけと同じ具で温かいおそばがあり、薬味は別料金でも提供しています。さらに米沢にある四つの酒蔵の冷酒と蕎麦屋のおつまみが各種そろっていました。

私は十割、十一両方が楽しめる二枚盛の小盛りに野菜天ぷらを追加して注文しましたが、天ぷらの揚げ具合がとても上手で美味しく頂きました。

DSCF1177.jpg

十一そばと野菜天ぷら


DSCF1178.jpg

十割そば(ヒマラヤの岩塩と水蕎麦を楽しむためのアルカリイオン水が提供されます。)


普段食べ慣れていないので蕎麦について大した感想も言えませんが蕎麦がきれいに透き通っていてのどごしが良く、また食後に出されたそば湯の濃厚さはなかなかのもので、蕎麦のポタージュスープのようで最後まで食事を楽しめました。

中心部から少し離れた場所柄あまり混雑する雰囲気ではありませんが、席が空くことなく客が入れ替わる感じで人気のほどがうかがえました。

実はこちらのお店は「蓼」で待たされている間にそこに置かれていた山形の蕎麦の美味しい店というようなガイドを見てその存在を知りました。あまり気持ちの良くない待ち時間ではありましたが意味のない時間でもなかったとも言えましょう。何事も結果オーライです。

米沢でまっとうにお蕎麦を召し上がりたいならこちらのお店が王道だと思います。


(いただいたもの)

・十割そば、十一そばの両方が楽しめる二枚盛(小盛り)
・野菜天ぷら




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

元三つ星シェフ訃報:アラン・サンドランス氏

かつてパリ・マドレーヌ広場の老舗「ルカ・カルトン」で三つ星を維持されていたアラン・サンドランス氏が77歳で死去されました。

タイユヴァン、ルカ・カルトンを経てご自身のお店である「ラルケストラート」を始められたのが1968年でその10年後の1978年には同店で三つ星に輝きました。

その後シェフとして1985年に入られた「ルカ・カルトン」でも引き続いて三つ星となり、1997年にはご自身が共同でオーナーにもなられました。2005年に店のコンセプトを変更して三つ星を返上したことでも話題になりましたが、それまで「ルカ・カルトン」として経営されていた店で始めた新店「サンドランス」でも結局翌年2006年のミシュランで二つ星に輝くという結果になりました。2014年にはシェフを引退され、同店の経営からも完全に離れられていました。

ヌーヴェルキュイジーヌの旗手の一人として著名な同氏を失われてフランスガストロノミー界は悲しみにうちひしがれていることと推察いたします。

サンドランス氏のご冥福を心よりお祈りいたします。



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

元星付き店営業再開情報:モンテカルロ(モナコ公国)「ル・グリル」(★=閉店当時)

モンテカルロの「オテル・ドゥ・パリ」内で1959年に開業した同店ですが、2014年10月に休業して以来営業をしていませんでしたが、つい先日、より現代風の新しい装いで再オープンしています。

天井高や広さが以前よりやや大きくなったものの席数は以前同様85席(サロンの18席除く)となり、厨房は一新してオープンキッチンとなっています。

オテル・ドゥ・パリの総料理長であるフランク・セルッティ氏のもと、20名の料理人と同店シェフであるパトリック・レネ氏がこちらでお仕事をすることになります。

売れ筋の、地元でとれた魚のグリル(100g15ユーロ)、農家生産雛鳥のプロヴァンス風(46ユーロ)、南部プレアルプス産キャレ・ダニョーのきだちはっか風味(60ユーロ)やグランマニエとヴァニラ風味のスフレは以前同様アラカルトメニューに並ぶとのことです。

またデュカス氏はメニューにパスタの乾麺、生麺、リゾットを載せるようにシェフに指示したとのことでこちらもイタリア国境にほど近い土地柄であることからいずれ同店の名物になっていくことでしょう。

以前はずっと一つ星がついていたお店ですから来年以降の星が期待されるところです。



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:米沢「ミートピア」

しばらく旅に出ていました。少しずつ旅先で見聞した食べ物について書きたいと思います。

米沢にゆかりのある方なら当然のようにご存じのことでしょうが、米沢に行くとあちらこちらに牛肉すなわち米沢牛を食べさせてくれるお店があり、ガイドマップも幾種類かあるので、町全体で米沢牛を推しているのがよくわかります。

お昼はそばを、と思っていましたが、次第にお腹が空いて結局牛肉にしました。

IMG_1999 (1)

こちらのお店は肉屋さんに併設されたレストランで二階にあって、店員さんは年配の女性が主体なので少し反応が鈍い印象です。また厨房を仕切っているであろう男性も調理に専念したいのか、入店してこちらを見ながら一切反応せず、店出ようかと思ったほどでした。店内もお世辞にも清潔とはいえず場末な雰囲気が漂っています。

とはいえ遅い時間で歩き回るのも面倒だったのでしばらく待っているとようやくおばあさんの店員さんが気づいて席に通してくれました。

こちらのサービスの質がわかるやりとりがメニュー選びでもあり、ランチで忙しいのもあるでしょうがランチメニューにはないけれどもグランドメニューに書いてある焼肉から上カルビを頼もうとすると露骨にいやそうで、焼いてお出しして良いでしょうかとの質問が。察するところ焼き台の網を設置したりなんだりが面倒なのでしょう。それならランチは焼肉なしにすれば良いだけのこと、メニュー提供しておいてその対応はよくありませんね。

結局上カルビとご飯セットをお願いして肉は自分で焼くことにしました。するとその直後から冷房が最強になって体を直撃するようになりました。

上記のやりとりと因果関係がないことを願いますが、あまりの空調の変化にこれ嫌がらせなのかもと思ったものでした。食事は食事で楽しみたかったので何も言いませんでしたが、そのうち自然と普通の空調に戻っていましたね。きっと他の店員さんが異常な設定を見て普通に戻したのでしょう。

そのようなわけでサービス、内装とも最低ランクの店ではありますが、提供する全牛肉は米沢牛のA5ランクのお肉とのことで、頂いた上カルビは普段食べているお肉とは別の食べ物と感じるくらい良質のものでした。さしが全面に入っていますが、脂がさっぱりしていて、肉自体のかみ応えも感じられます。あまり沢山入っていませんでしたが、十分に満足できました。

サービスについてあまり頓着しない方や座敷が広いので家族連れの方にはおすすめできるお店かと思います。
この記事を読んでここにはとても行く気になれない方は是非ガイドマップや口コミサイト等を利用されてご自分のお好みに合うお店をさがすことをお勧めします。

メニューとしてはランチメニューは米沢牛を食べられることを考えるとかなりお得ですね。焼肉は比較的リーズナブルに食べられる印象で、肉の質にもよるようですが、ステーキになっていくとまた値段がちょっと上がる感じでした。


(いただいたもの)

グランドメニューから

上カルビ
IMG_2001.jpg

・ ご飯セット(ご飯、味噌汁、香の物)



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星付き店閉店情報:ロリアン「ランフィトリオン」(★★)今秋閉店予定

ブルターニュ地方ロリアンにある二つ星店「ランフィトリオン」が今秋閉店になるとの情報が届いています。

同店のシェフはジャン−ポール・アバディ氏ですが、この10月にも二つ星とゴーエミヨーの5つのトック(コック帽)を返還することになりそうです。

今後の進路は不明ですが、お二人いるご子息もガストロノミーの世界ではなくブラッスリの方に行かれていてお店を継ぐ意思はなく、今後はソムリエのアントニ・ロー氏と別のブルターニュ地方の星つきシェフの方とでお店を引き継いでいかれるとのことです。

閉店の理由としては体力的なものが原因のようですが、同店でソムリエをされていたアバディ氏の奥様が亡くなられたことも今回の決断の一因になっているのかもしれません。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

VV George VV

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: