レストラン訪問記:新潟市「寿し処ゆう」

慶事があり新潟市へ。通過したのみでしたが先月も新潟市にうかがっていました。最近ご縁がある土地です。

IMG_2411.jpg

食事の前に地元の方に崇敬されている白山神社にうかがいましたが、季節柄あじさいや蓮の花が見事に咲いていました。この時期、風鈴を供えるという風習があるようで最終日に近かったせいもあり、多くの方が奉納した風鈴が美しく、きれいな音色を境内に響かせていました。

IMG_2445.jpg
前菜三種

さて久しぶりにお寿司をいただいてきました。前菜三種から始まって、枝豆、二種類のお造り六種盛り合わせ鮪のあぶり)、お寿司(握り・巻物各種)といただき最後まで楽しませていただきました。

DSCF1267.jpg

IMG_2455.jpg

お造りはどれも新鮮でつやつやに光っていましたね。お寿司は赤酢を使ったしゃりで握るようです。どれも美味しく気持ちよく体に入っていきましたが、特に穴子が好みのお味で最後に大満足でした。

飲み物は、新潟ならではのお酒ということで洗心(純米大吟醸)、北雪大吟醸YK35越の鶴壱醸21(純米大吟醸無濾過原酒)といった日本酒をいただきました。

久保田や〆張鶴、越乃寒梅など有名なお酒が多いイメージの新潟の日本酒ですが、それまで好みに合うお酒は正直少ないと感じていました。

ところが店主にお薦めされた越の鶴壱醸21は純米大吟醸の上品さと純米酒の力強さを兼ね備えたような特上のお酒で一口で気に入りました。店主曰く手に入りにくいお酒とのことですが、ネット検索をすると普通に購入することができそうです。

DSCF1263_20170724130748727.jpg
越の鶴壱醸21

作り手のある長岡栃尾の棚田米100%使用と精米歩合21%という独特な造りが特徴でしょうか。色々な能書きや価格等は抜きにしてとにかく美味しいお酒でした。

IMG_2447.jpg
洗心

二番目にいただいたのが久保田で有名な朝日酒造の洗心でしたが、正直今回いただいた二種類のお酒と比べると分が悪いという感じでした。久保田自体個人的にはあまり好みではなく、洗心も有名かと思いますが、他の二種類に比べると、“純米”大吟醸でありながら余計なものが混じっているように感じてしまうのです。

IMG_2449.jpg
北雪大吟醸YK35

三番目にいただいたのは佐渡島の北雪大吟醸YK35です。こちらも一番目ほどの感動はないもののとても美味しいお酒でした。飲んでいるときは知りませんでしたが、色々な賞を受けているお酒とのことで世界的な認知もあるようですね。こちらは新潟の酒店の店頭で普通に売られているのを見かけたので、壱醸21に比べて一般の酒店でも入手可能なお酒のようです。値段は壱醸21と同じくらいですね。

ちなみに、北雪大吟醸YK35は、
・ワイングラスでおいしい日本酒アワード2014 大吟醸部門 最高金賞受賞
・全米日本酒鑑評会2013 大吟醸A(精米歩合40%以下) 金賞受賞
・インターナショナル・サケ・チャレンジ2013 カテゴリー大吟醸・吟醸 トロフィー受賞
といった賞を受けています。また世界的なチェーン展開をする和食店Nobuのために日本酒も造っていて、Nobuのラベルで提供されているようです。

旅をすると現地に行かないとわからないことだらけで、まだまだ知らない世界が広がっているかと思うと興味津々です。今回は新潟の日本酒でそんなことを感じました。いつかゆっくりと新潟の各地で生産されている美味しいお酒たちを見つける旅に出かけてみたいと思いました。


(いただいたもの)

・前菜三種:バイ貝、湯葉、なまこ
・枝豆
・お造り六種盛り合わせ:鯛、中トロ、甘エビ、鰺、いか、たこ
・鮪のあぶり盛り合わせ ポン酢醤油で
・握り:鮪赤身、平目、鰺、ミル貝、甘エビ、穴子、うに
・巻物:中トロ、穴きゅう、筋子他

お酒:
・ 瓶ビール
・ 日本酒:越の鶴壱醸21(純米大吟醸無濾過原酒) 栃尾棚田産越淡麗100%
・ 日本酒:洗心(純米大吟醸) たかね錦100%
・ 日本酒:北雪大吟醸YK35 山田錦100%

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

回転寿司 根室花まる(東京駅前KITTE内)

つい先日できたばかり東京駅前の日本郵政ビル、KITTE内の回転寿司やさんへ。

最低価格のお皿もなかなか充実、季節物のネタも色々とあって、懐具合に応じて色々な楽しみ方ができるお店ですね。
ネタも全てではないですが(まあ回っているので仕方ないですよね)、基本的にはつやっと光っているものが多くて、新鮮な感じでした。

お店の人もまだ始まったばかりで大変でしょうが、なかなか元気で、丁寧で、粗相ありませんでした。

根室発の回転寿司店ということで、甲殻類やたこ、いか、サンマ、鮭などが強いのかなあと思います。たこなんて、大きいたこをその場でさばいていましたので、新鮮そのものでつやつやでした。

973414_10151949990457576_650576052_n.jpg

写真は、右奥から時計回りに、サーモン中落ち、すじこ、秋刀魚です。

汁物も色々あって、この日はこまい三平汁をいただきました。こまいがたっぷりと入っていて食べ応えがありました。陶器の器で出てきたのも驚きでした。

ビールは泡まで美味しいプレミアムモルツの生でとても美味しいです。

色々頼むとどうしても高くつきますが、質が良いので文句ありません。
東京駅近辺に気軽にお寿司がたのしめる貴重なお店がまたできました。


(いただいたもの)

お寿司
・サーモン中落ち(軍艦)
・すじこ
・秋刀魚
・いか
時鮭
・生ツブ貝
972494_10151950000592576_1412661527_n.jpg
・メバチマグロ赤身
たこ(軍艦)
912470_10151950012587576_344174688_n.jpg


こまい三平汁
972547_10151950002012576_565273009_n.jpg

生ビール(プレミアムモルツ)




根室花まる KITTE丸の内店回転寿司 / 東京駅二重橋前駅有楽町駅


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

江戸前がってん寿司(六本木)

六本木の普通のお寿司屋さんで三ツ星並のサービスを受けてきました。
たった一人とてもよく気のつくサービスの方がいるだけでその場は客にとっての居心地は大きく変わります。そんな体験でした。

いただいたお料理が終わったらすかさずさりげなく下げる、グラスが空いたらあるいは空きかけたら次の飲み物のオーダーを気持ちよいタイミングで聞いてくる。なかなか実践できるものではありません。
客としても正直高価なお金を払う場所でなければそのようなサービスは期待していないのが現実でしょう。

例外がここにありました。とても嬉しいおどろき。
そのおかげで純粋にここでの食事とお酒の時間を楽しむことができました。
それもたった一人の外国人サービスの方のおかげでした。彼女の賢さもあるでしょうが、店主の心意気もそこによい影響を与えているのだろうと想像できました。

店主はお若い方で、以前朝の情報番組でお見かけしたことがありましたが、きりっとした男前の方でした(イケメンやセレブという言葉は嫌いなので個人的には使いません…)。

お料理もすべてとても美味しかったですし(鮪のかまの焼き物が中でもぴかいちでした)、細かいところに気配りを感じる盛りつけにはとても感心しました。

それでいて立地の良さにもかかわらずお寿司の値付けは至ってリーズナブル。質の高いにぎり寿司に慣れた年配の方にはもしかしたら物足りない質かもしれませんが、ここにいるだけでその心意気の良さを感じることができるかと思います。

また、店内は新しいお店のため、とてもきれいですし、清潔にしてあります。気軽に入れる雰囲気がいいですね。

また飲み放題だったお酒ですが、プレミアムモルツは二杯目から注ぎ方が丁寧になったのか、素晴らしい泡でした。これには感激です。

季節のおつまみは牡蠣、あん肝、白子などありました。
白子はこのお店にしてはまだまだ高い部類の値付けですね。走りで仕方ないのでしょうか。あと一ヶ月待とうと思います。

六本木はそうそう縁のない場所なのですが、機会があればまた行きたいと思わせてくれるそんな素敵なお店でした。

大人の方なら、待ち合わせなど気楽な使い方をお勧めいたします。


(いただいたもの)

コース
・酢の物:あん肝ポン酢
・前菜三種盛り:水蛸、冷奴、牛たたき
・お造り:帆立、白身(はまち?)、中トロ
・焼き物:鮪のかま
・揚げ物:天ぷら(海老二尾、いか、茄子、ししとう)
・蒸し物:大きな茶碗蒸し
・握り寿司:まぐろ赤身、たい、生の海老、いくら、玉子
・お椀:シジミのお味噌汁
・デザート:ブラマンジェ

お酒
・生ビール(プレミアムモルツ)×3
・冷酒(由利正宗)1合
・南高梅梅酒グラス1杯




江戸前がってん寿司 六本木店寿司 / 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

寿司大(築地市場内)

春が訪れ、また寿司大へ。
前回は年末訪問でしたが、やはり季節の移ろいとともに出てくるおつまみに変化があります。

牡蠣や白子、あんきもはすでに終わりを告げ、現在の花形は子持ちのヤリイカでしょうか。
甘辛いツメでいただくヤリイカは大変美味です。

それ以外には、常磐産の白魚、北海道の生だこ、太刀魚のあぶりなどありました。
また、この季節ならではの春子も上品な白身で美味しいです。こちらはお刺身で豪快にいただきました。
番外編(?)で、あわびの肝の煮たものなども提案して下さいました。こちらは裏メニューでしょうか(笑)。

お寿司は前回とあまり変化なしといったところ。平目ではなく、ヒラスズキが今日の白身でした。
最後追加でゆでた車海老を塩でいただきましたが、すだちが香り、またなんとも言えないお味で、好みでした。銀座の一つ星寿司店にも勝るとも劣らないレベルと思います。

いつも気持ちの良い接客をして下さって、美味しいおつまみとお寿司とあいまって幸せな時間を過ごすことができる場所ですね。

次回は夏にまた違うネタ、つまみを発見しにうかがいたいと思います。


(いただいたもの)

おつまみ:
・白魚
・春子刺身
・子持ちヤリイカ
・アワビ肝煮

つきだし:生だこ

お寿司(おまかせ→順不同です):
・大トロ
・ヒラスズキ
・金目鯛昆布締
・うに
・あじ
・鰆
・トリガイ
・白海老
・鮪のづけ

・玉子
・巻物(たらこ・とろ)

最後のサービスの一貫…大トロ

お寿司(追加)
・ゆで車海老(すだち、塩)


寿司大 (寿司 / 築地市場、築地、東銀座)
☆☆☆☆ 0.0


新富寿司(本多横丁・神楽坂)


ランチで友人と本多横丁にあるお寿司屋さんへ。
少し奥まった立地なので目立ちませんが、大々的にランチをやっています。

この日は握りの1.5人前を注文。
握りはとてもこぶりで、1.5人前とはいえ、バラエティ豊富に沢山のお寿司が出てきます。

しゃりはとてもきれいに粒が立っていて、上質。
また握りもふわっとほどける感じがあり、なんちゃってな庶民的お寿司屋さんとは一線を画す本格派といえましょう。

夜の握りはどんな感じなのか興味が湧きます。
しかしこぶりの握りは少し慣れが必要かもしれません。

さすが神楽坂、路地裏に名店あり、ですね。

(いただいたもの)

ランチ握り(1.5人前)*フルーツ付


新富寿司 (寿司 / 飯田橋、牛込神楽坂、神楽坂)
☆☆☆☆ 0.0


sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: