FC2ブログ

ミシュラン東京2019:星の変動情報

先週金曜日にミシュラン東京2019が発売になりました。例年のごとく星の変動をさっそくまとめてみました。

一つ星については昇格、降格とも多くて入れ替わりの激しさが印象的です。比較的安価なランチを提供してくれていたお店が星つきでなくなっていくようで少しさみしいですね。

今年うかがった「銀座 うち山」、「帰燕」、「赤坂 ととや魚新」、「マサズキッチン」ともに星をなくしています。

ミシュラン発刊の初期に星を得ていたお店が星をなくしているケースもちらほら見られ、これまで星を得たことで強気の値付けをしていたお店などが方針転換するのか注目されますね。

居酒屋、とんかつ、蕎麦で星をなくした店がある一方でフランス料理店はやはり競争が激しい印象で多くのお店が新たに星を得たり、ビブグルマンに認定されています。

また、これは少し前からですが海外の有名シェフのお店も簡単に星がとれる時代ではなくなっていますね。星がとれないまま時が過ぎると過去にも例があったように知らない間に撤退しているということもあるでしょう。


【東京】

★★★←★★(=昇格)

ロオジエ(フランス料理)


★★←(=新規掲載)

木挽町 とも樹(寿司)


★★←★(=昇格)

ナベノ−イズム(フランス料理)
青空(寿司)


★←(=新規掲載)

曙橋 まる富(日本料理)
荒木町 たつや(日本料理)
アルゴリズム(フランス料理)
江戸前 晋作(天ぷら)
オード(フランス料理)
銀座 やまの辺 江戸中華(中華料理)
銀座 凜 にしむら(寿司)
久丹(日本料理)
私厨房 勇(中華料理)
(牛肉料理)
シンシア(フランス料理)
鮨 桂太(寿司)
鮨 尚充(寿司)
鮨 まつもと(寿司)
炭火割烹 白坂(日本料理)
Takumi(フランス料理)
多仁本(日本料理)
てんぷら 下村(天ぷら)
てんぷら 前平(天ぷら)
南雲(日本料理)
七草(日本料理)
日本橋 蕎ノ字(天ぷら)
不動前 すし 岩澤(寿司)
Yaoyu(フランス料理)
山﨑(日本料理)
ラ クレリエール(フランス料理)
ランベリー(フランス料理)
レクテ(フランス料理)


★←B(=ビブグルマン)(=昇格)

Sobahouse金色不如帰(ラーメン)



★★★→★★(降格)
該当なし


★★→★

銀座 一期(日本料理)
クレッセント(フランス料理)
重よし(日本料理)
西麻布 拓(寿司)


★★→(=掲載なし)

味満ん(ふぐ)


★→(=掲載なし)

赤坂 勢きね(うなぎ)
赤坂 潭亭(日本料理)
赤坂 ととや魚新(日本料理)
一凜(日本料理)
オストゥ(イタリア料理)
おはらス(フランス料理)
帰燕(日本料理)
ぎんざ 一二岐(日本料理)
銀座 うち山(日本料理)
流石(蕎麦)
招福楼(日本料理)
ジョンティ アッシュ(フランス料理)
鮨 いまむら(寿司)
鈴なり(日本料理)
たつむら(日本料理)
天冨良 いわ井(天ぷら)
天ぷら はせ川(天ぷら)
根津 双柿庵(蕎麦)
広尾 一会(日本料理)
ブノワ(フランス料理)
ボンシュマン(フランス料理)
マサズキッチン(中華料理)
元赤坂 ながずみ(日本料理)
萬屋 おかげさん(居酒屋)
ラノー・ドール(フランス料理)
ラ フィネス(フランス料理)
ラ・ボンバンス(日本料理)
リストランテ ラ プリムラ(イタリア料理)
(うなぎ)





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

ミシュラン京都・大阪+鳥取 2019:星の変動情報

先週発表となりましたミシュラン京都・大阪最新版の星変動について抜粋してみました。

今年は京都、大阪とも三つ星、二つ星への新規昇格はなしという昨年にも増してさみしい結果になっています。

個人的には初夏に訪れた「ひらまつ 高台寺」に星がついたことが喜ばしかったです。立地、しつらえ、サービス、お料理ともにいい感じでバランスがとれていて楽しい食の体験ができ、好ましいお店でした。

当日のレポはこちらからご覧ください。また、いつもお写真をお寄せ下さる読者様の訪問写真もありますのでこちらもあわせてどうぞ。

ひらまつは併設の料亭「高台寺 十牛庵」でも星を獲得していますのでグループの方々はみなさぞお喜びのことと思います。

DSCF1479s1479.jpg

ここに、当日帰り際に入口で撮ったスタッフの方々のお写真を記念に掲載させていただきます。みなさんいい笑顔をされています。支配人の方は他のお客様のお見送り中でこちらには入っていません。なにはともあれ今回は昇格おめでとうございました。

さて、京都での降格についてみると、昨年までずっと三つ星を維持されてきていた「板前割烹 千花」の掲載がなくなっていますが、ご存じの方も多いように火事で店の入る建物が焼けてしまったための結果だと思われます。是非再起されることを願っています。

次に、これまで二つ星の「浜作」の掲載がなくなっていますが、現在先斗町への移転準備中とどこかで見た記憶がありますので来年以降には復活されると思われます。

そして、最初二つ星だった「梁山泊」の掲載がなくなっています。昨年二つ星から一つ星に落ちていましたが、なかなか厳しい結果ですね。

また、今年も関西版の発刊はならず、相変わらずミシュランを取り巻く状況が険しいことを想起させます。奈良、兵庫というかつてレギュラーで掲載されていた地域が特別版掲載の地域に格下げされており、そちらでお仕事されている方々のモチベーションが心配です。フランス料理以外の方はもしかしたらあまり気にしていないかもしれませんが。

今年の新機軸は付け足しで鳥取が新たに対象とされたことでしょう。来年はおそらく掲載がないのでしばらくは今年の評価がついてまわることになりますね。地域の特産である蟹のお店が二つ星になり、初めて二つ星評価の蟹料理店が誕生したことくらいしか大きな話題になる点はなかったようです。


【京都】

★★★←★★(=昇格)
該当なし

★★←★(=昇格)
該当なし

★←(=掲載なしから昇格)
青いけ(フランス料理)
綾小路 唐津(日本料理)
祇園 鮨 忠保(寿司)
祇園 呂色(フランス料理)
ぎをん 福志(日本料理)
研覃 ほりべ(日本料理)
高台寺 十牛庵(日本料理)
(日本料理)
即今 藤本(日本料理)
ドロワ(フランス料理)
ひらまつ 高台寺(フランス料理)
藤井(日本料理)
船岡山 清水(日本料理)
むろい(日本料理)
リストランテ キメラ(イタリア料理)

★★★→(=掲載なし)
板前割烹 千花(日本料理)

★★→(=掲載なし)
浜作(日本料理)

★→ビブグルマン
祇をん う桶や う(うなぎ)

★→(=掲載なし)
食 工房 ひろさき(日本料理)
柊家(日本料理)
梁山泊(日本料理)


【大阪】

★★★←★★(=昇格)
該当なし

★★←★(=昇格)
該当なし

★←ビブグルマン
前芝料理店(フランス料理)

★←(=掲載なしから昇格)
アラルデ(スペイン料理)
エニェ(スペイン料理)
老松 ひさ乃(日本料理)
鮨ろく(寿司)
なにわ料理 有(日本料理)
ピ・グレコ(イタリア料理)
プリュンヌ(フランス料理)
焼鳥 市松(焼鳥)
西天満 中村(日本料理)
ラ・カーザ・トム・クリオーザ(イタリア料理)
リエゾン(フランス料理)

★★★→★★
該当なし

★★→(=掲載なし)
とよなか 桜会(日本料理)

★→(=掲載なし)
アゲイン(串揚げ)
御料理 松(日本料理)
串かつ 凡(串揚げ)
故宮(中華料理)
そば切り 天笑(日本料理)
肥後橋 やま本(日本料理)


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

ミシュランフランス2018:流れ星

昨日までの昇格情報に引き続いて、ミシュランフランス最新版で星を失ったお店の紹介です。日本人シェフのお二方のお店が星を落としていて残念です。

一つ星についてはシェフ交代や閉店など当ブログで案内したものが多く星をなくしています。いちいち記事を引用しませんが、気になったお店があれば検索されてみて下さい。一部ですが記事があります。

さて、昨日夕方のニュースで星を返上したシェフとしてセバスチャン・ブラス氏が紹介されていました。遠い国のことなので取材力が弱まるのは致し方ないとしても、映像でコメントしていたマルク・ヴェイラ氏やアンヌ−ソフィ・ピック氏が“名無しの”三つ星シェフとしてだけ紹介されていて大変残念でした。

ウェブの記事としても配信されていて、先にその記事を見ていたので、三つ星シェフ?誰だろうと思っていましたが、映像を見て誰かわかりました。

映像も込みでこちらから見られます。よろしければご覧ください。

各種メディアの方、こちらのブログをご覧のようでしたらいつでも監修お引き受けいたしますのでお気軽にメールフォームよりご一報ください。以前もテレビ東京で「パリのポール・ボキューズ本店」のようなとんでもない間違いが平気で流されていて、その後訂正もなくとても残念な気持ちになったことがありました。


ミシュランフランス2018の流れ星

(掲載なし)←☆☆☆

ラギオール「ブラス

→ご存じのように三つ星返上、掲載辞退で話題になっています。お父様がその天才で得られた星でしたので、早晩ミシュランの評価が落ちていくことはある意味わかっていたことかもしれません。

(関連記事)
速報:ミシュラン三つ星店不掲載要請・星返上情報


☆☆

クールシュヴェル「ピエール・ガニエール・プール・レゼレル

ヴァル・トラン「ジャン・シュルピス

ジャン・シュルピス氏はこれまで拠点としていたサヴォワの山奥を離れ、元三つ星店の「ペール・ビーズ」を買い取り、こちらに移転して最新版で無事二つ星を獲得いたしました。

(関連記事)
星つきシェフ新展開店情報:タロワール「オーベルジュ・ドゥ・ペール・ビーズ」(無星)


★←☆☆

ロリアン「ランフィトリオン

→二つ星を得た前シェフは引退されて、新しいシェフの下で再出発しています。一般的にはシェフが引退するとゼロからスタートするのですが、一つ星を得たということは現在のシェフが評価されたということでしょう。

(関連記事)
星付き店閉店情報:ロリアン「ランフィトリオン」(★★)今秋閉店予定
星付き店新シェフ就任情報:ロリアン「ランフィトリオン」(★★)後任シェフ


(無星/掲載なし)←☆

パリ:

パリ5区「イティネレール」

パリ5区「ソラ」

パリ7区「レ・ファーブル・ドゥ・ラ・フォンテーヌ」

パリ7区「イル・ヴィーノ・デンリコ・ベルナルド」

パリ8区「ラ・ターブル・デュ・ランカスター」

パリ16区「ルレ・ドトゥイユ」

地方:

エクス−アン−プロヴァンス「レスプリ・ドゥ・ラ・ヴィオレット」

アンジェ/ブリオレ「シャトー・ドゥ・ノワリユー」

アヌシー「ラ・シブレット」

アノネイ「ル・ドゥブルヴェ」

アンチーブ「ベーコン」

オークセール「ラスペリュル」

ボーヌ/ペルナン−ヴェルジュレス「ル・シャルルマーニュ」

ベジエ「オクトパス」

ボスダロス「オーベルジュ・ラバルト」

ブリーヴ−ラ−ガイヤルド/ヴェレツ「シャトー・ドゥ・カステル・ノヴェル」

ディジョン「ラ・メゾン・デ・カリアティド」

エペルネイ/ヴィネイ「ラ・ブリケトゥリ」

エルバルンガ(コルシカ島)「ラ・ピラト」

グラース/マガニョスク「オ・フィル・デュ・タン」

エヌボン「シャトー・ドゥ・ロックゲノレ」

ランゴン「クロード・ダロズ」

リール「ラ・レトゥリ」

リール/グリュゾン「ラルブル」

ルミオ(コルシカ島)「シェ・シャルル」

リヨン「ラレクサンドラン」

ミシヤック「ル・モンテギュ」

モントルイユ「シャトー・ドゥ・モントルイユ」

ポンタヴェン「ル・ムーラン・ドゥ・ロスマデック」

ポワティエ/サンブノワ「パッション・エ・グルマンディーズ」

ポー−レスネイ「シャトー・ドゥ・ジェルミネイ」

プランジ「リネディ」

ピュトー「レスカルゴ1903」

カンペール「ランブロワジ」

レンヌ「アオゼン」

ロデズ「グ・エ・クルール」

サンテミリオン「レ・ベル・ペルドリクス・ドゥ・トロロン・モンド」

タラール「ジャン・ブルイイ」

テラソン−ラヴィルデュ「リマジネール」

トゥルニュス「カルティエ・グルマン」

トレブルダン「マノワール・ドゥ・ラン−ケレック」

ヴィルフランシュ−シュル−ソーヌ「ル・ジュリエナ−ファブリス・ロッシュ」

ヴィルフランシュ−シュル−ロ「ラ・ターブル・デ・サンス」





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

速報:ミシュランフランス2018一つ星昇格シェフ

引き続いて一つ星昇格シェフをお伝えいたします。

例年のことになりましたが、今年も日本人シェフの方々のご活躍が目をひきます。

二つ星になった鷹野孝雄氏、浜野雅文氏を含めて今回7名の日本人シェフが昇格の喜びを得ています(パリ4名、地方3名)。

リストの中には地名、店名で読み方が怪しいものもあります。もし正しい読み方をご存じの方がいらっしゃいましたらご教示いただけましたらありがたく思います。


(パリとその周囲)

アンドレアス・マヴロマティス
パリ5区「レストラン・マヴロマティス

マッシモ・トリガリ
パリ6区「エンポリオ・アルマーニ・カフェ

アントナン・ボネ
パリ6区「カンス

マキシム・ロランソン
パリ7区「ロワゾー・リヴ・ゴーシュ

リュウノスケ・ナイトウ
クウェン・リュウ
パリ7区「ペルティナンス

アンドレアス・モレ
パリ8区「コペンハーグ

クリストフ・アッシュ
パリ8区「レクラン

イナキ・エズピタルト
パリ11区「ル・シャトーブリアン

ブルーノ・ヴェルジュス
パリ12区「ターブル

ネメウラ・タカユキ
パリ14区「モンテ

ノアム・ゲドルフ
パリ16区「コミス

ケイスケ・ヤマギシ
パリ16区「レチュード

アラン・ゲアアム
パリ16区「レストラン・アラン・ゲアアム

ロラン・マニャン
パリ18区「ラルカンヌ

ケン・カワサキ
パリ18区「レストラン・ケン・カワサキ

フランク・シャルパンティエ
ル・ダンマール「ル・カンカングローニュ

ジュリアン・ラスマン
ロルボワーズ「ドメーヌ・ドゥ・ラ・コルニッシュ

ジャン・ショヴェル
ブローニュ−ビランクール「レストラン・ジャン・ショヴェル


(地方)

北西部:

シャルル・チュイヤン
ミラ・チュイヤン
ドーヴィル「レッサンシエル

ジャン−セバスチャン・モネ
ル・マン「オーベルジュ・ドゥ・バガテル

クリストフ・ル・フュール
ミュール−ドゥ−ブルターニュ「オーベルジュ・グランメゾン

ジュリアン・ルマリエ
レンヌ「イマ

ニコラ・デュリフ
ラ・ロシェル「リソプ

ミカエル・マリオン
サン−ロ「ランテュイション

アントニ・リュメ
ラ・トランシュ−シュル−メール「ル−プス・ピエ

北東部:

タカシ・キノシタ
クルバン「シャトー・ドゥ・クルバン

ジェローム・フェック
シャロン−アン−シャンパーニュ「レストラン・ジェローム・フェック

アブデルカデ・ベルファミ
マルク−アン−バロウル「ル・マルク

セドリック・デッケール
ロバック「ラ・メリズ

セバスティアン・シャンブリュ
フュイッセ「ロ・デ・ヴィーニュ

パトリック・フレシャン
ナンシー「トランスパランス“ラ・ターブル・ドゥ・パトリック・フレシャン”

南西部:

タンギー・ラヴィアル
ボルドー「ガロパピーユ

フィリップ・エチュベスト
ボルドー「ル・カトリエム・ミュール
バンジャマン・コロンバ

ジェローム・リヨン
カルカッソンヌ「ル・バルバカンヌ

エルワン・フッサン
ルカート「ル・グラン・カップ

ジル・ドュドニョン
リモージュ「オーベルジュ・サン−マルタン

ルノー・ダルマナン
マルコレス「オーベルジュ・ドゥ・ラ・トゥール

ジュリアン・ルフェーヴル
ポイヤック「コルデイヤン−バージュ

クリストフ・シュミット
サン−シプリアン「ラルマンダン

ギヨーム・モンボワス
トゥルーズ「セット

ニコラ・トマ
ヴェルフェイユ「ラ・プロムナード

ミカエル・ヴィコ
ヴィルヌーヴ−シュル−ロ「ル・ジャスマン

南東部:

ジェラルド・パセダ
エクス−アン−プロヴァンス「ルイゾン

マチュ・デュピュイ・ボーマル
レ・ボー−ドゥ−プロヴァンス「ラ・ターブル・ドゥ・マンヴィル

ロマン・ユベール
ブルゴワン−ジャイユ「レミュルシオン

パトリス・ヴァンデ
エヴィアン「レ・フレスク

ドリアン・ヴァン・ブロンコースト
イソワール「ラトリエ・イソワリアン

ノコラ・ル・シュヴィエ
ポルト−ヴェッキオ(コルシカ島)「ウ・サンタ・マリナ

マチュー・パコー
サルテーヌ(コルシカ島)「ラ・ターブル・ドゥ・ラ・フェルム

クリストフ・マルタン
ヴァルボンヌ「ル・シガロン−メゾン・マルタン




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

速報:ミシュランフランス2018新規二つ星シェフ

引き続いて新規二つ星シェフをご紹介です。

日本人シェフのお二人が同時に二つ星昇格の快挙です。いずれもリヨン近郊のレストランのシェフですのでこちらの地方にもがぜん注目が集まりますね。


★★←★

鷹野孝雄
リヨン「レストラン・タカノ・タカオ

ガエル・トゥルトー
ミカエル・トゥルトー
ニース「フラヴール

浜野雅文
サンタムール・ベルヴュ「キャトーズ・フェヴリエ

ブルーノ・シリノ
ラ・チュルビ「オテルリ・ジェローム
(返り咲きでの二つ星です。とても小さな村の小さな食堂でガストロノミーレストランという趣はありません。)


★★←(掲載なし)

ジャン・シュルピス
タロワール「ル・ペール・ビーズ
(昨年心機一転、元三つ星店の経営を引き継いだサヴォワの若きシェフがかつての二つ星評価を継続して得ることになりました。)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: