FC2ブログ

速報(1/20追記あり):ミシュランフランス2021 三つ星・二つ星の流れ星たち

昨年は多忙で割愛した流れ星(降格店)ですが、こちらとセットで見てこそミシュランの本当の姿がわかるというものです。

まず三つ星ですが、結論から言うと、三つ星からの降格はありませんでした。三つ星からの降格なしはある意味コロナ禍での猶予のようにも思われます。この状況で降格されたら色々と言い訳が出るように思われるのでそれへの対策なのかといううがった見方です。

今年はシェフの辞任、コンセプト変更、閉店等で二つ星店の降格状況が例年になく多彩です。

ボキューズ氏逝去後しばらくして本店がいよいよ二つ星になりましたが、ロブション氏亡き後同氏のお店にも没後一定の時を経て降格の波が押し寄せていて、両者は同じ現象のように思われます。

二つ星ともなると誰もが知る名店やかつて三つ星に輝いたお店などもあり、単なる移転準備のための閉店ならまだ良いですが、完全な閉店や星を全て失う降格は時勢とはいえかなり寂しいものがあります。

ただ、新しいコンセプトで再出発というお店には星は期待できなくとも、新しい食の提案という意味ではまだまだ希望がありますので、そちらに期待したいと思います。


★★←☆☆☆

該当なし


★←☆☆

パリ7区(Paris 7e)
ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション−サンジェルマン
(L’Atelier de Joël Robuchon – St-Germain)」

パリ8区(Paris 8e)
ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション−エトワール
(L’Atelier de Joël Robuchon – Étoile)」


B(ビブグルマン)←☆☆

オンフール(Honfleur)「サカナ(SaQuaNa)」
→コンセプト変更に伴うものです。


アシエット(掲載のみ)←☆☆

ムジェーヴ(Megève)「ミルヌフサンヴァン(1920)」

パリ1区(Paris 1er)「グラン・ヴェフール(Le Grand Véfour)」


掲載なし←☆☆

アルル(Arles)
ラトリエ・ドゥ・ジャン−リュック・ラバネル(L’Atelier de Jean-Luc Rabanel)」

ボニユ(Bonnieux)「ラ・バスティッド・カプロング(La Bastide de Capelongue)」

ボルドー(Bordeaux)
ラ・グランド・メゾン・ドゥ・ベルナール・マグレ
(La Grande Maison de Bernard Magrez)」
→閉店に伴う星消失です。読者様が何度か訪問されているのでよろしければ以下のリンクよりお写真ご覧下さい(2015年春ディナー2015年年末ランチ同ディナー)。いずれもロブション氏が料理を監修していた時期のものになります。

モナコ(Monaco)「ル・レストラン・デュ・メトロポール(Le Restaurant du Métropole)」

パリ7区(Paris 7e)「シルヴェストル(Sylvestre)」

パリ16区(Paris 16e)「ラベイーユ(L’Abeille)」
→閉店によるものです。

パリ16区(Paris 16e)「アストランス(Astrance)」

ルーアン(Rouen)「ジル(Gill)」
→コンセプト変更のための閉店に伴うものです。



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

速報:ミシュランフランス2021 一つ星の流れ星(降格店)

速報発表からすでに約二日が経ちましたが今回記事では一つ星店から降格により星なしになったお店を掲載いたします。

なお、ミシュランフランス最新版における昇格についてはこちらからどうぞ(三つ星二つ星一つ星の各昇格店リスト)。

三つ星、二つ星の降格店についてはこちらからご覧下さい。


(パリ)

パリ1区(Paris 1er)「レ・ジャルダン・ドゥ・レスパドン(Les Jardins de L’espadon)」
→読者様の訪問写真(2018年3月)についてはこちらからどうぞ。

パリ1区(Paris 1er)「ラ・プロポ(La Poule au Pot)」
→同店の訪問記(2019年11月)についてはこちらからどうぞ。

パリ8区(Paris 8e)「ペナティ・アル・バレット(Penati al Baretto)」

パリ11区(Paris 11e)「ル・シャトーブリアン(Le Chateaubriand)」

パリ14区(Paris 14e)「コベア(Cobéa)」

パリ16区(Paris 16e)「アントワーヌ(Antoine)」


(地方)

アヴィニョン(Avignon)「レストラン・サヴァン(Restaurant Sevin)」

ボーヌ(Beaune)「ル・ジャルダン・デ・ランパール(Le Jardin des Remparts)」
→コンセプト変更に伴うものとのことです。

ビリエ(Billiers)
ドメーヌ・ドゥ・ロッシュヴィレーヌ(Domaine de Rochevilaine )」

ブジヴァル(Bougival)「ル・カメリア(Le Camélia)」

ブローニュシュルメール(Boulogne-sur-Mer)「ラ・マトゥロート(La Matelote)」

カン(Caen)「イニシャル(Initial)」

カヴァイヨン(Cavaillon)「メゾン・プレヴォ(Maison Prévôt)」

クレスト(Crest)「ル・クレベール(Le Kléber)」

ケルヴィニャック(Kervignac)
シャトー・ドゥ・ロクゲノレ(Château de Locguénolé)」
→昨年一つ星になったばかりでしたが1年で星を失う結果となりました。

メッス(Metz)「メゾン・デュフォセ—ラ・ターブル(Maison Dufossé – La Table)」

マルセイユ(Marseille)「ユンヌ・ターブル・オ・シュド(Une Table au Sud)」

マシニャック(Massignac)
ディアード・オ・ドメーヌ・デゼタン(Dyades au Domaine des Étangs)」

モサーヌレザルピーユ/ル・パラドゥ(Maussane-les-Alpilles / Le Paradou)
チカダ—ラ・ターブル・デュ・アモ(Cicada – La Table du Hameau)」

モンベリアール(Montbéliard)「ル・サン—マルタン(Le St-Martin)」

ポイヤック(Pauillac)
シャトー・コルディヤンバージュ(Château Cordeillan-Bages )」
→かつて二つ星にまでなったお店ですので残念です。

ポールシュルソーヌ/ヴォシュ(Port-sur-Saône / Vauchoux)
シャトー・ドゥ・ヴォシュ(Château de Vauchoux)」

レンヌ/サン—グレゴワール(Rennes / Saint-Grégoire)「ル・セゾン(Le Saison)」

サント—サビーヌ(Sainte-Sabine)
エタンセル・ラ・ジャンティオミエール(Étincelles-La Gentilhommière)」

サン—ジャンピエドゥポール(Saint-Jean-Pied-de-Port)
レ・ピレネ(Les Pyrénées)」

サン—ジャンドゥリュツ(Saint-Jean-de-Luz)
ル・ブルイヤルタ(Le Brouillarta)」

サン—シュルピスルヴェルドン(Saint-Sulpice-le-Verdon)
ティエリー・ドラポー(Thierry Drapeau)」
→こちらもつい最近まで二つ星だったお店ですので残念です。読者様の訪問写真(2017年8月)はこちらからどうぞ。

サルララカネダ(Sarlat-la-Canéda)「ル・グラン・ブルー(Le Grand Bleu)」

ソミュール(Saumur)「ル・ガンベッタ(Le Gambetta)」

タンサン(Tencin)「ラ・ドゥール・デ・サンス(La Tour des Sens)」

ヴァルレバン(Vals-Les-Bains)「ル・ヴィヴァレ(Le Vivarais)」

ヴィラールドゥラン/コランソンアンヴェルコール
(Villard-de-Lans / Corrençon-en-Vercors)
パレグリエ(Palégrié)」

ヴィルヌーヴシュルロ/サン—シルヴェストルシュルロ
(Villeneuve-sur-Lot / Saint-Sylvestre-sur-Lot)
ル・ジャマン(Le Jasmin)」




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

速報:ミシュランフランス2021 新規一つ星店

引き続いてミシュランフランス2021における一つ星昇格店をお伝えいたします。パリ以外についてはレストラン所在都市名のアルファベット順で載せています。

リストの中には一部読み方が怪しいものもあります。もし正しい読み方をご存じの方がいらっしゃいましたらご教示いただけましたらありがたく思います。


(パリ)

パリ2区(Paris 2e)「パンタグリュエル(Pantagruel)」

パリ2区(Paris 2e)「シャブール(Shabour)」

パリ7区(Paris 7e)「ガヤ・パー・ピエール・ガニエール(Gaya par Pierre Gagnaire)」

パリ8区(Paris 8e)「トラントトロワ(Trente-Trois)」

パリ14区(Paris 14e)「モスケ(MoSuke)」

パリ17区(Paris 17e)「オクスト(Oxte)」


(地方)

エクスアンプロヴァンス(Aix-en-Provence)「ミカエル・フェヴァル(Mickaël Féval)」

アングレーム(Angoulême)「レ・スルス・ドゥ・フォンベル(Les Sources de Fontbelle)」

アヌシー(Annecy)「ラ・ロトンド・デ・トレゾム(La Rotonde des Trésoms)」

アヌシー(Annecy)
レストラン・ヴァンサン・ファーヴル・フェリックス(Restaurant Vincent Favre Félix)」

アンチーブ/カップダンティーブ(Antibes / Cap d’Antibes)「ルロック(Louroc)」

アヴィニョン(Avignon)「ポレン(Pollen)」

アゼールリドー(Azay-le-Rideau)
オーベルジュ・ポムポワール(Auberge Pom’Poire)」

バサンダルカション/アレス(Bassin d’Arcachon / Arès)「オナ(ONA)」

ラ・ボル(La Baule)「カステル・マリ−ルイーズ(Castel Marie-Louise)」

ボルドー(Bordeaux)
ロブセルヴァトワール・デュ・ガブリエル(L’Observatoire du Gabriel)」

ブルレ(Boulleret)「ラルドワーズ・デュ・マルシェ(L’Ardoise du Marché)」

セレット(Cellettes)「ラ・ヴィエイユ・トゥール(La Vieille Tour)」

シャンティー/サン−マキシマン(Chantilly / St-Maximin)「ル・ヴェルボワ(Le Verbois)」

シャトーヌフデュパプ(Châteauneuf-du-Pape)
ラ・メール・ジェルメーヌ(La Mère Germaine)」

コニャック(Cognac)「レ・フードル(Les Foudres)」

ディジョン(Dijon)「チボ(Cibo)」

ドリュゼナイム(Drusenheim)「オ・グルメ(Au Gourmet)」

エトルタ(Étretat)
ル・ドンジョン—ドメーヌ・サン-クレール(Le Donjon – Domaine Saint-Clair)」

フルリ(Fleurie)「オーベルジュ・デュ・セップ(Auberge du Cep)」

フォンデット(Fondettes)「ロピドム(L’Opidom)」

ジェックス(Gex)「ラ・ターブル・ドゥ・ラ・メナ(La Table de la Mainaz)」

グルノーブル(Grenoble)
ル・ファンタン・ラトゥール—ステファン・フロワドゥヴォ
(Le Fantin Latour – Stéphane Froidevaux)」

リール(Lille)「ル・スリジエ(Le Cerisier)」

リヨン(Lyon)「ミラフロール(Miraflores)」

リヨン(Lyon)「リュスティック(Rustique)」

マラタヴェルヌ(Malataverne)
ル・ドメーヌ・デュ・コロンビエ(Le Domaine du Colombier)」

マノスク(Manosque)「ル・ビストロノミック(Le Bistronomique)」

マルセイユ(Marseille)「シニャチュール(Signature)」

マザン(Mazan)
ラ・サラマンジェ・デュ・シャトー・ドゥ・マザン
(La Salle à Manger du Château de Mazan)」

モナコ(Monaco)
ラ・ターブルダントニオ・サルヴァトーレ・オ・ランポルディ
(La Table d’Antonio Salvatore au Rampoldi)」

モンペリエ(Montpellier)「ルクレール(Leclere)」

モンペリエ(Montpellier)「パスティス(Pastis)」

モンペリエ(Montpellier)「ルフレ・ドビオンヌ(Reflet d’Obione)」

ナント(Nantes)「ロザ(Roza)」

ナント/カルクフ(Nantes / Carquefou)
ル・マノワール・ドゥ・ラ・レガト(Le Manoir de la Régate)」

ニース(Nice)「レザジタトゥー(Les Agitateurs)」

ニーム(Nîmes)「デュアンド(Duende)」

ポンタヴェン(Pont-Aven)「ムーラン・ドゥ・ロスマデック(Moulin de Rosmadec)」

ポンデュシャトー(Pont-du-Château)「オーベルジュ・デュ・ポン(Auberge du Pont)」

リュエイユマルメゾン(Rueil-Malmaison)「オクル(Ochre)」

サントロペ(Saint-Tropez)「コレット(Colette)」

サロンドゥプロヴァンス(Salon-de-Provence)「ヴィラ・サロン(Villa Salone)」

シルティカイム(Schiltigheim)「レ・プレジール・グルマン(Les Plaisirs Gourmands)」

ストラスブール(Strasbourg)「オ・クロコディール(Au Crocodile)」

テウルシュルメール(Théoule-sur-Mer)「ロール・ブルー(L’Or Bleu)」

ティーニュ(Tignes)「ル・パノラミック(Le Panoramic)」

ユショー(Uchaux)「シャトー・ドゥ・マシヤン(Château de Massillan)」

ラ・ヴァンツェノー(La Wantzenau)「ル・ジャルダン・スクレ(Le Jardin Secret)」





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

速報:ミシュランフランス2021 新規二つ星店

引き続いて新規二つ星店をご紹介です。昇進が少ないのはやはりコロナ禍で調査が十分にできなかったあるいはお店の質が上がらなかったということでしょうか。

エレン・ダロッズ氏は大昔得ていた二つ星をようやく取り戻すことができましたが、その先はあるのでしょうか。


★★←★

ローバック(Laubach)「ラ・ムリーズ(La Merise)」

パリ6区 (Paris 6e)「マルサン エレン・ダロッズ(Marsan Hélène Darroze)」




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

速報:ミシュランフランス2021 新規三つ星店

まずは今年昇格された三つ星店をご紹介させていただきます。新規二つ星店についてもすぐ続報します。


★★★←★★

● マルセイユ(Marseille)「アーエム・パー・アレクサンドル・マジア (AM par Alexandre Mazzia)」

アレクサンドル・マジア(Alexandre Mazzia)氏

同氏の三つ星獲得で、フランスで三つ星店が複数存在する地方都市が久々に誕生ということになりましたね。以前はストラスブールに三つ星が二店(「オ・クロコディール」、「ブリュイーゼル」)ある時代がありました。シェフが違うとはいえ、その「オ・クロコディール」は今年一つ星を取り戻しています。



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: