FC2ブログ

速報:ミシュランフランス2022 一つ星の流れ星(降格店)

今回記事では一つ星店から降格により星なしになったお店を掲載いたします。

なお、ミシュランフランス最新版における昇格についてはこちらからどうぞ(三つ星二つ星一つ星の各昇格店リスト)。

三つ星、二つ星の降格店についてはこちらからご覧下さい。


【パリ】

パリ1区(Paris 1er)「キャレ・デ・フイヤン(Carré des Feuillants)」
 →長らく二つ星を維持したお店でしたが、店主の意向により閉店となりました。

パリ7区(Paris 7e)「ロワゾー・リヴ・ゴーシュ(Loiseau Rive Gauche)」
 →閉店が理由です。

パリ8区(Paris 8e)「コペンナーグ(Copenhague)」
 →路線変更とシェフ辞任が理由とのことです。

パリ15区(Paris 15e)「ピルグリム(Pilgrim)」
 →シェフ辞任が理由です。

パリ16区(Paris 16e)「エチュード(Étude)」

パリ18区(Paris 18e)「ケン・カワサキ(Ken Kawasaki)」
 →閉店が理由です。

パリ18区(Paris 18e)「ラ・ターブル・デュジェーヌ(La Table d’Eugène)」
 →閉店が理由です。


【地方】

アジャン(Agen)
マリオタ(Mariottat)」
 →閉店が理由です。

アンジェ(Angers)
ル・ファーヴル・ダンヌ(Le Favre d’Anne)」
 →閉店が理由です。

オレ(Auray)
テール-メール・オ・ドメーヌ・ドゥ・ケルドラン(Terre-Mer au Domaine de Kerdrain)」

ボルドー(Bordeaux)
ギャロパピーユ(Garopapilles)」
 →閉店が理由です。

ボセ(Bossey)
ラ・フェルム・ドゥ・ロピタル(La Ferme de l’Hospital)」
 →店の売却が理由です。

ル・ブール-ダン(Le Bourg-Dun)
オーベルジュ・デュ・ダン(Auberge du Dun)」
 →閉店が理由です。

ブレスト(Brest)
ル・エム(Le M)」

カラ(Callas)
オテルリ・デ・ゴルジュ・ドゥ・ペンナフォール(Hostellerie des Gorges de Pennafort)」
 →2021年4月にシェフのフィリップ・ダ・シルヴァ氏が逝去したことが理由です。

カルカッソンヌ(Carcassonne)
ドメーヌ・ドーリヤック(Domaine d’Auriac)」

カスタネ-トロザン(Castanet-Tolosan)
ラ・ターブル・デ・メルヴィル(La Table des Merville)」

エペルネ(Épernay)「レ・ベルソー (Les Berceaux)」
 →2021年に閉店していたことが理由です。

ゴルド(Gordes)
レ・ボリ(Les Bories)」
 →2020年、2021年と閉店していたことが理由です。2022年には再開予定とのことです。

ラ・グエニエール(La Gouesnière)
ラ・グエニエール - メゾン・ティレル-ゲラン(La Gouesnière - Maison Tirel-Guérin)」

グラース(Grasse)「ラ・バスティッド・サンタントワーヌ(La Bastide Saint-Antoine)」
 →(三つ星への)希望の星までついた元二つ星店がここまで落ちるのは残念です。

オート-グレーヌ(Haute-Goulaine)
ル・マノワール・ドゥ・ラ・ブレ(Le Manoir de la Boulaie)」
 →閉店が理由です。

ラガルド-ラプト(Lagarde-d’Apt)
ル・ビストロ・ドゥ・ラガルド(Le Bistrot de Lagarde)」
 →店の売却が理由です。

ラニオン(Lannion)
ラ・ヴィル・ブランシュ(La Ville Blanche)」

リール(Lille)
ロゾ(Rozó)」
 →閉店が理由です。

ロリアン(Lorient)
ランフィトリオン(L’Amphitryon)」

リヨン(Lyon)
オーベルジュ・ドゥ・リル・バルブ(Auberge de l’Île Barbe)」
 →2021年閉店していたことが理由です。

リヨン(Lyon)
レ・トロワ・ドーム(Les Trois Dômes)」

マヌ(Mane)
ル・クロワットル(Le Cloître)」
 →2021年閉店していたことと、シェフ辞任が理由です。

ムジェーヴ(Megève)
プリマ(Prima)」
 →閉店が理由です。

モンネ(Montner)
オーベルジュ・デュ・セリエ(Auberge du Cellier)」

ムージャン(Mougins)
ル・キャンディーユ(Le Candille)」
 →2020年、2021年と閉店していたこと及びオーナーに変更があったことが理由です。

ナンシー(Nancy)
トランスパランス - ラ・ターブル・ドゥ・パトリック・フレシャン(Transparence - La Table de Patrick Fréchin)」

ポン-ドゥ-リゼール(Pont-de-l’Isère)
メゾン・シャブラン - ラ・グランド・ターブル(Maison Chabran - La Grande Table)」
 →シェフ交代が理由です。

ポルト-ヴェッキオ(Porto-Vecchio)
ユー・サンタ・マリーナ(U Santa Marina)」

ランス(Reims)
ル・ミレネール(Le Millénaire)」

ルーアン(Rouen)
ロドルフ(Rodolphe)」
 →閉店が理由です。

サン-シプリアン(Saint-Cyprien)
ラルマンダン(L’Almandin)」

サン-ジャン-ドゥ-ブレニャック(Saint-Jean-de-Blaignac)
「オーベルジュ・サン-ジャン(Auberge St-Jean)」

スティラン-ワンデル(Stiring-Wendel)
ラ・ボンノーベルジュ(La Bonne Auberge)」

サント(Saintes)
ル・ダレゾン(Le Dallaison)」
 →閉店が理由です。

トゥレット(Tourrettes)
ファヴァンティア(Faventia)」
 →2020年、2021年と閉店していたことが理由です。2022年には再開予定とのことです。

トゥレット-シュル-ル(Tourrettes-sur-Loup)
クローヴィス(Clovis)」

トレギエ(Tréguier)
エーグ・マリン(Aigue Marine)」

トゥルヴィル-シュル-メール(Trouville-sur-Mer)
ミル・ヌフサン・ドゥーズ - レ・キュール・マリン(1912 - Les Cures Marines)」
 →閉店が理由です。

ウショ(Uchaux)
シャトー・ドゥ・マシヤン(Château de Massillan)」

ヴァンヌ(Vannes)
ロスカンヴェック(Roscanvec)」

モナコ(Monaco)
エルザ(Elsa)」





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

速報:ミシュランフランス2022 三つ星・二つ星の流れ星たち

少しずつ掲載が遅れており恐縮ですが、降格店を把握してこそのミシュランだと思いますので、今年も掲載いたします。

まず三つ星ですが、契約終了のため閉店となったアラン・デュカス氏の総本山が当然のように三つ星を失っています。そう考えると、今年も昨年同様三つ星からの真の陥落はなかったということになります。

二つ星については、閉業、対象期間に休業のため評価不能、店舗売却、シェフ辞任等と、昨年の降格状況ほどではありませんが、小さいなりに様々な変化があった年と言えそうです。

次回、一つ星店の降格状況を御報告して、最新版ミシュランフランス2022の記事を終わりにしたいと思います。


無星(掲載なし)←☆☆☆

パリ8区(Paris 8e)「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ(Alain Ducasse au Plaza Athénée)」
→レストラン閉店のため。ただし、ホテルのメインダイニングとして新店「ジャン・アンベール・オ・プラザ・アテネ」が同じ場所で開業となり、同店は今回のミシュランフランス2022で一つ星の評価を得ました。


無星(掲載なし)←☆☆

パリ1区(Paris 1er)「ラ・ターブル・ドゥ・レスパドン(La Table de l’Espadon)」
→シェフのニコラ・サル氏が同店を去り、閉店となった結果として星を失いました。

ブヌ(Busnes)「ムラン(Meurin)」
→同店のオーナー、マルク・ムラン氏が店舗を売却し、買い取ったクリストフ・デュフォセ氏の新店「シャトー・ドゥ・ボーリユー・クリストフ・デュフォセ」が最新版で一つ星を獲得しました。

マニゴ(Manigod)「ラ・メゾン・デ・ボワ-マルク・ヴェイラ(La Maison des Bois - Marc Veyrat)」
→三つ星からの降格を法廷で争ったマルク・ヴェイラ氏のお店ですが、2021年に営業をしていなかったこともあり、評価不能という判断で星を失いました。

★←☆☆

グランジュ-レ-ボーモン(Grange-les-Beaumont)「レ・セードル(Les Cèdres)」

オンザン(Onzain)「レ・オ・ドゥ・ロワール(Les Hauts de Loire)」





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

速報:ミシュランフランス2022 新規一つ星店

一日空いてしまいましたが、今回ようやくお待ちかねの、新規一つ星店41店のリストを掲載いたします。

パリ以外についてはレストラン所在都市名のアルファベット順での掲載になります。




【パリ】

「フィエフ(FIEF)」
ヴィクトール・メルシエ(Victor Mercier)氏

「ベルフイユ-サンジェムズパリ(Bellefeuille - Saint James Paris)」
ジュリアン・デュマ(Julien Dumas)氏
→老舗「ルカ・カルトン」でシェフを務めた同氏ですが、サンジェムズパリのシェフ就任記事についてはこちらからどうぞ。

「シュブスタンス(Substance)」
マティアス・マルク(Matthias Marc)氏

「ドン・ジュアン・ドゥジエム(Don Juan II)」
フレデリック・アントン(Frédéric Anton)氏
→三つ星シェフのフレデリック・アントン氏がプロデュースするガストロノミークルーズ船が一つ星になりました。

「鮨 俊英(Sushi Shunei)」
木村 俊英(Shunei Kimura)氏

「グラニト(Granite)」
トム・マイヤー(Tom Meyer)氏

「オーベルジュ・ニコラ・フラメル(Auberge Nicolas Flamel)」
グレゴリー・ガリンベイ(Grégory Garimbay)氏

「緒方(Ogata)」
渡辺 一貴(Kazuki Watanabe)氏

「アーテー(AT )」
田中 淳(Atsushi Tanaka)氏

「イル・カルパッチョ(Il Carpaccio)」
オリヴィエ・ピラ(Oliver Piras)氏及びアレッサンドラ・デル・ファヴェーロ(Alessandra Del Favero)氏

「ジャン・アンベール・オ・プラザ・アテネ(Jean Imbert au Plaza Athénée)」
ジャン・アンベール(Jean Imbert)氏
→アラン・デュカス氏とホテルプラザアテネの長い契約関係が終了し、同ホテルが新たに招聘したアンベール氏のお店が順当に星を獲得しました。シェフ就任記事についてはこちらからどうぞ。

「コントラスト(Contraste)」
ケヴァン・ドゥ・ポール(Kevin de Porre)氏及びエルワン・ルドリュ(Erwan Ledru)氏


【地方】

バーデン(Baden)「ル・ガヴリニ(Le Gavrinis)」
ルカ・マルテドゥ(Luca Marteddu)氏

ボーヌ(Beaune)「レストラン・オテルリ・セードル・エ・スパ(Restaurant Hostellerie Cèdre & Spa)」
ジョルダン・ビラン(Jordan Billan)氏

ベジエ(Béziers)「ラルテル・ナティヴ(L’Alter-Native)」
ジル・グジョン(Gilles Goujon)氏/カンタン・ペレストール-ヴェイリエ( Quentin Pellestor-Veyrier)氏
→言わずと知れた三つ星シェフ、ジル・グジョン(Gilles Goujon)氏のプロデュース新店です。当ブログの紹介記事はこちらからどうぞ。

ビアリッツ(Biarritz)「ラ・ロトンド-オテル・デュ・パレ(La Rotonde - Hôtel du Palais)」
オレリアン・ラグノ(Aurélien Largeau)氏

ビニク(Binic )「ラ・ターブル・ダスタン(La Table d’Asten)」
サミュエル・スロース(Samuel Selosse)氏

ブシュプ(Boeschepe)「オーベルジュ・デュ・ヴェール・モン(Auberge du Vert Mont)」
フロリアン・ラダン(Florent Ladeyn)氏

ボニユ(Bonnieux)「ラ・バスティッド・ドゥ・カプロング(La Bastide de Capelongue)」
ノエル・ベラール(Noël Berard)氏
→こちらのお店はルーベ氏の下で二つ星までいったお店です。承継したシェフが順調に星を獲得しています。シェフ交代記事についてはこちらからどうぞ。

ボルドー(Bordeaux)「メゾン・ヌヴェル(Maison Nouvelle)」
フィリップ・エチュベスト(Philippe Etchebest)氏
→かつてサンテミリオンで二つ星まで取られている有名シェフの新店です。ガストロノミーを標榜されていますので、目指すところは二つ星、あるいはさらにその上ということでしょう。紹介記事はこちらからどうぞ。

ブレスト(Brest)「ランブラン(L’Embrun)」
ギヨーム・パップ(Guillaume Pape)氏

ブヌ(Busnes)「シャトー・ドゥ・ボーリユー-クリストフ・デュフォセ(Château de Beaulieu - Christophe Dufossé)
クリストフ・デュフォセ(Christophe Dufossé)氏
→かつてこちらで二つ星を獲得されたマルク・ムラン氏が同店を売却してスタートした新店に一つ星がつきました。交代についての記事はこちらからどうぞ。

シュヴェルニー(Cheverny)「ル・ファヴォリ-レ・スルス・ドゥ・シュヴェルニー(Le Favori - Les Sources de Cheverny)」
フレデリック・カルメル(Frédéric Calmels)氏

チブール(Ciboure)「エケザ(Ekaitza)」
ギヨーム・ロジェ(Guillaume Roget)氏

クールシュヴェル(Courchevel)「シルヴェストル・ワヒド-レ・グランドゥザルプ(Sylvestre Wahid - Les Grandes Alpes)」
シルヴェストル・ワヒド(Sylvestre Wahid)氏
→ワヒド氏は様々なお店で二つ星を取られている方ですから、こちらでも期待がかかります。異動紹介記事はこちらからどうぞ。

ディジョン(Dijon)「オリジン(Origine)」
内村 朋史(Tomofumi Uchimura)氏

ジェステ(Gesté)「ル・ミルウイッサンヴァンサンク-ラ・ターブル・ガストロノミック(Le 1825 - La Table gastronomique)」
マチュ・パスグリモ(Matthieu Pasgrimaud)氏

グラヌ(Grane)「ル・クレベ-ラ・メゾン・ボネ(Le Kléber - La Maison Bonnet)」
セバスチャン・ボネ(Sébastien Bonnet)氏

ル・ピュイ・サント・レパラード(Le Puy-Sainte-Réparade)「エレン・ダロズ・ア・ヴィラ・ラ・コスト(Hélène Darroze à Villa La Coste)」
エレン・ダロッズ(Hélène Darroze)氏
→図らずも外国で三つ星がついたフランス人女性シェフプロデュースの新店でした。紹介記事はこちらからどうぞ。

レ・ゼイジ・ドゥ・タイヤック(Les Eyzies-de-Tayac)「ル・ミルウイサンスワサントドゥ-レ・グリシヌ(Le 1862 - Les Glycines)」
パスカル・ロンバール(Pascal Lombard)氏

ロリアン(Lorient)「スルス(Sources)」
ニコラ・ル・ティラン(Nicolas Le Tirrand)氏

マルセイユ(Marseille)「ユヌ・ターブル・オ・シュド(Une Table au Sud )」
ルドヴィック・テュラク(Ludovic Turac)氏

ムジェーヴ(Megève)「ラ・ダム・ドゥ・ピック-ル・ミルヌフサンヴァン(La Dame de Pic - Le 1920)
アンヌ-ソフィ・ピック(Anne-Sophie Pic)氏
→三つ星女性シェフが展開するセカンドラインの新店が順当に評価を受けました。

モンペリエ(Montpellier)「ジャルダン・デ・サンス(Jardin des Sens)」
ジャック・プルセル(Jacques Pourcel )氏及びロラン・プルセル( Laurent Pourcel)氏
→かつて三つ星まで輝いたお店が、移転して新しい店舗で再スタートを切っています。

モントレヴェール(Montréverd)「ラ・シャボットリ(La Chabotterie)」
バンジャマン・パティシエ(Benjamin Patissier)氏

ナンシー(Nancy)「ラ・メゾン・ダン・ル・パーク(La Maison dans le Parc)」
シャルル・クロンボ(Charles Coulombeau)氏

ルックブリュンヌ-カプ-マルタン(Roquebrune-Cap-Martin)「セト(Ceto)」
マウロ・コラグレコ(Mauro Colagreco)氏
→マントン「ミラジュール」で三つ星に輝くアルゼンチン出身コラグレコ氏の新店です。

サンテミリヨン(Saint-Émilion )「レ・ベル・ペルドリクス・ドゥ・トロロン・モンド(Les Belles Perdrix de Troplong Mondot )」
ダヴィッド・シャリエ(David Charrier)氏

サン-グレゴワール(Saint-Grégoire)「ロナン・ケルヴァレック-ル・セゾン(Ronan Kervarrec - Le Saison)」
ロナン・ケルヴァレック(Ronan Kervarrec)氏
→かつてエズ「シェーヴルドール」で二つ星に輝いたロナン・ケルヴァレック氏ですがレンヌ郊外で新店を開業させ、このたび一つ星がつきました。

ヴァンヌ(Vannes)「ラ・テッタン・レール(La Tête en l’Air)」
クレマン・ラビ(Clément Raby)氏

ヴェルサイユ(Versailles)「ル・グラン・コントロル(Le Grand Contrôle)」
アラン・デュカス(Alain Ducasse)氏及びステファン・デュシロン(Stéphane Duchiron)氏
→アラン・デュカス氏がプロデュースするコスプレレストランに一つ星がつきました。紹介記事はこちらからどうぞ。





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

速報:ミシュランフランス2022 新規二つ星店

新規三つ星に引き続いて新規二つ星店を御紹介です。昨年は新規二つ星シェフが2人だけと少しさみしい内容でしたので、6人の二つ星シェフ誕生は喜ばしいですね。

半分がパリで、他は散らばっていますが、いずれのシェフの店も南フランスにあります。新三つ星も南仏のお店だったり、南仏が本拠のシェフだったりで、南が圧倒的存在感を示しているという特徴が見えたここまでのミシュラン速報でした。

新しい二つ星に日本人シェフがいないのは少し残念ではあります。

次回は新一つ星シェフの紹介ができたらと思います。少しお時間頂戴するかもしれませんが、必ず掲載いたしますのでお楽しみにお待ちください。昨年有名シェフが開業したり、関与した新店がいくつもあって、納得のラインナップのようにも感じています。


★★

ボム(Bommes)「ラリック(Lalique)」
ジェローム・シリング(Jérôme Schilling)氏


モナコ(Monaco)「ル・ブルー・ベイ(Le Blue Bay)」
マルセル・ラヴァン(Marcel Ravin)氏


ニーム(Nîmes)「デュアンド(Duende)」
ピエール・ガニエール(Pierre Gagnaire)氏/ニコラ・フォンテーヌ(Nicolas Fontaine)氏


パリ「パレ・ロワイヤル・レストラン(Palais Royal Restaurant)」
フィリップ・クロノプロ(Philip Chronopoulos)氏


パリ(ホテル・ペニンシュラ)「ロワゾー・ブラン(L’Oiseau Blanc)」
ダヴィッド・ビゼ(David Bizet)氏


パリ「ターブル(Table)」
ブルーノ・ヴェルジュ(Bruno Verjus)氏





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

速報:ミシュランフランス2022 新規三つ星店

まずは今年新たに三つ星になったお店を御紹介させていただきます。新規二つ星店についても続報します。

南仏カシの二つ星店が昇格しました。また、つい最近開業されたパリのホテルシュヴァルブラン内メインダイニングが、いきなり三つ星評価となりました。

次の記事では新規二つ星店を御紹介いたします。


★★★

・カシ(Cassis)「ラ・ヴィラ・マディ(La Villa Madie)」

ディミトリ・ドロワノ(Dimitri Droisneau)氏

・パリ1区(ホテルシュヴァルブラン)「プレニチュード(Plénitude)」

アルノー・ドンクル(Arnaud Donckele)氏




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: