FC2ブログ

ミシュランフランス2018:流れ星

昨日までの昇格情報に引き続いて、ミシュランフランス最新版で星を失ったお店の紹介です。日本人シェフのお二方のお店が星を落としていて残念です。

一つ星についてはシェフ交代や閉店など当ブログで案内したものが多く星をなくしています。いちいち記事を引用しませんが、気になったお店があれば検索されてみて下さい。一部ですが記事があります。

さて、昨日夕方のニュースで星を返上したシェフとしてセバスチャン・ブラス氏が紹介されていました。遠い国のことなので取材力が弱まるのは致し方ないとしても、映像でコメントしていたマルク・ヴェイラ氏やアンヌ−ソフィ・ピック氏が“名無しの”三つ星シェフとしてだけ紹介されていて大変残念でした。

ウェブの記事としても配信されていて、先にその記事を見ていたので、三つ星シェフ?誰だろうと思っていましたが、映像を見て誰かわかりました。

映像も込みでこちらから見られます。よろしければご覧ください。

各種メディアの方、こちらのブログをご覧のようでしたらいつでも監修お引き受けいたしますのでお気軽にメールフォームよりご一報ください。以前もテレビ東京で「パリのポール・ボキューズ本店」のようなとんでもない間違いが平気で流されていて、その後訂正もなくとても残念な気持ちになったことがありました。


ミシュランフランス2018の流れ星

(掲載なし)←☆☆☆

ラギオール「ブラス

→ご存じのように三つ星返上、掲載辞退で話題になっています。お父様がその天才で得られた星でしたので、早晩ミシュランの評価が落ちていくことはある意味わかっていたことかもしれません。

(関連記事)
速報:ミシュラン三つ星店不掲載要請・星返上情報


☆☆

クールシュヴェル「ピエール・ガニエール・プール・レゼレル

ヴァル・トラン「ジャン・シュルピス

ジャン・シュルピス氏はこれまで拠点としていたサヴォワの山奥を離れ、元三つ星店の「ペール・ビーズ」を買い取り、こちらに移転して最新版で無事二つ星を獲得いたしました。

(関連記事)
星つきシェフ新展開店情報:タロワール「オーベルジュ・ドゥ・ペール・ビーズ」(無星)


★←☆☆

ロリアン「ランフィトリオン

→二つ星を得た前シェフは引退されて、新しいシェフの下で再出発しています。一般的にはシェフが引退するとゼロからスタートするのですが、一つ星を得たということは現在のシェフが評価されたということでしょう。

(関連記事)
星付き店閉店情報:ロリアン「ランフィトリオン」(★★)今秋閉店予定
星付き店新シェフ就任情報:ロリアン「ランフィトリオン」(★★)後任シェフ


(無星/掲載なし)←☆

パリ:

パリ5区「イティネレール」

パリ5区「ソラ」

パリ7区「レ・ファーブル・ドゥ・ラ・フォンテーヌ」

パリ7区「イル・ヴィーノ・デンリコ・ベルナルド」

パリ8区「ラ・ターブル・デュ・ランカスター」

パリ16区「ルレ・ドトゥイユ」

地方:

エクス−アン−プロヴァンス「レスプリ・ドゥ・ラ・ヴィオレット」

アンジェ/ブリオレ「シャトー・ドゥ・ノワリユー」

アヌシー「ラ・シブレット」

アノネイ「ル・ドゥブルヴェ」

アンチーブ「ベーコン」

オークセール「ラスペリュル」

ボーヌ/ペルナン−ヴェルジュレス「ル・シャルルマーニュ」

ベジエ「オクトパス」

ボスダロス「オーベルジュ・ラバルト」

ブリーヴ−ラ−ガイヤルド/ヴェレツ「シャトー・ドゥ・カステル・ノヴェル」

ディジョン「ラ・メゾン・デ・カリアティド」

エペルネイ/ヴィネイ「ラ・ブリケトゥリ」

エルバルンガ(コルシカ島)「ラ・ピラト」

グラース/マガニョスク「オ・フィル・デュ・タン」

エヌボン「シャトー・ドゥ・ロックゲノレ」

ランゴン「クロード・ダロズ」

リール「ラ・レトゥリ」

リール/グリュゾン「ラルブル」

ルミオ(コルシカ島)「シェ・シャルル」

リヨン「ラレクサンドラン」

ミシヤック「ル・モンテギュ」

モントルイユ「シャトー・ドゥ・モントルイユ」

ポンタヴェン「ル・ムーラン・ドゥ・ロスマデック」

ポワティエ/サンブノワ「パッション・エ・グルマンディーズ」

ポー−レスネイ「シャトー・ドゥ・ジェルミネイ」

プランジ「リネディ」

ピュトー「レスカルゴ1903」

カンペール「ランブロワジ」

レンヌ「アオゼン」

ロデズ「グ・エ・クルール」

サンテミリオン「レ・ベル・ペルドリクス・ドゥ・トロロン・モンド」

タラール「ジャン・ブルイイ」

テラソン−ラヴィルデュ「リマジネール」

トゥルニュス「カルティエ・グルマン」

トレブルダン「マノワール・ドゥ・ラン−ケレック」

ヴィルフランシュ−シュル−ソーヌ「ル・ジュリエナ−ファブリス・ロッシュ」

ヴィルフランシュ−シュル−ロ「ラ・ターブル・デ・サンス」





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

速報:ミシュランフランス2018一つ星昇格シェフ

引き続いて一つ星昇格シェフをお伝えいたします。

例年のことになりましたが、今年も日本人シェフの方々のご活躍が目をひきます。

二つ星になった鷹野孝雄氏、浜野雅文氏を含めて今回7名の日本人シェフが昇格の喜びを得ています(パリ4名、地方3名)。

リストの中には地名、店名で読み方が怪しいものもあります。もし正しい読み方をご存じの方がいらっしゃいましたらご教示いただけましたらありがたく思います。


(パリとその周囲)

アンドレアス・マヴロマティス
パリ5区「レストラン・マヴロマティス

マッシモ・トリガリ
パリ6区「エンポリオ・アルマーニ・カフェ

アントナン・ボネ
パリ6区「カンス

マキシム・ロランソン
パリ7区「ロワゾー・リヴ・ゴーシュ

リュウノスケ・ナイトウ
クウェン・リュウ
パリ7区「ペルティナンス

アンドレアス・モレ
パリ8区「コペンハーグ

クリストフ・アッシュ
パリ8区「レクラン

イナキ・エズピタルト
パリ11区「ル・シャトーブリアン

ブルーノ・ヴェルジュス
パリ12区「ターブル

ネメウラ・タカユキ
パリ14区「モンテ

ノアム・ゲドルフ
パリ16区「コミス

ケイスケ・ヤマギシ
パリ16区「レチュード

アラン・ゲアアム
パリ16区「レストラン・アラン・ゲアアム

ロラン・マニャン
パリ18区「ラルカンヌ

ケン・カワサキ
パリ18区「レストラン・ケン・カワサキ

フランク・シャルパンティエ
ル・ダンマール「ル・カンカングローニュ

ジュリアン・ラスマン
ロルボワーズ「ドメーヌ・ドゥ・ラ・コルニッシュ

ジャン・ショヴェル
ブローニュ−ビランクール「レストラン・ジャン・ショヴェル


(地方)

北西部:

シャルル・チュイヤン
ミラ・チュイヤン
ドーヴィル「レッサンシエル

ジャン−セバスチャン・モネ
ル・マン「オーベルジュ・ドゥ・バガテル

クリストフ・ル・フュール
ミュール−ドゥ−ブルターニュ「オーベルジュ・グランメゾン

ジュリアン・ルマリエ
レンヌ「イマ

ニコラ・デュリフ
ラ・ロシェル「リソプ

ミカエル・マリオン
サン−ロ「ランテュイション

アントニ・リュメ
ラ・トランシュ−シュル−メール「ル−プス・ピエ

北東部:

タカシ・キノシタ
クルバン「シャトー・ドゥ・クルバン

ジェローム・フェック
シャロン−アン−シャンパーニュ「レストラン・ジェローム・フェック

アブデルカデ・ベルファミ
マルク−アン−バロウル「ル・マルク

セドリック・デッケール
ロバック「ラ・メリズ

セバスティアン・シャンブリュ
フュイッセ「ロ・デ・ヴィーニュ

パトリック・フレシャン
ナンシー「トランスパランス“ラ・ターブル・ドゥ・パトリック・フレシャン”

南西部:

タンギー・ラヴィアル
ボルドー「ガロパピーユ

フィリップ・エチュベスト
ボルドー「ル・カトリエム・ミュール
バンジャマン・コロンバ

ジェローム・リヨン
カルカッソンヌ「ル・バルバカンヌ

エルワン・フッサン
ルカート「ル・グラン・カップ

ジル・ドュドニョン
リモージュ「オーベルジュ・サン−マルタン

ルノー・ダルマナン
マルコレス「オーベルジュ・ドゥ・ラ・トゥール

ジュリアン・ルフェーヴル
ポイヤック「コルデイヤン−バージュ

クリストフ・シュミット
サン−シプリアン「ラルマンダン

ギヨーム・モンボワス
トゥルーズ「セット

ニコラ・トマ
ヴェルフェイユ「ラ・プロムナード

ミカエル・ヴィコ
ヴィルヌーヴ−シュル−ロ「ル・ジャスマン

南東部:

ジェラルド・パセダ
エクス−アン−プロヴァンス「ルイゾン

マチュ・デュピュイ・ボーマル
レ・ボー−ドゥ−プロヴァンス「ラ・ターブル・ドゥ・マンヴィル

ロマン・ユベール
ブルゴワン−ジャイユ「レミュルシオン

パトリス・ヴァンデ
エヴィアン「レ・フレスク

ドリアン・ヴァン・ブロンコースト
イソワール「ラトリエ・イソワリアン

ノコラ・ル・シュヴィエ
ポルト−ヴェッキオ(コルシカ島)「ウ・サンタ・マリナ

マチュー・パコー
サルテーヌ(コルシカ島)「ラ・ターブル・ドゥ・ラ・フェルム

クリストフ・マルタン
ヴァルボンヌ「ル・シガロン−メゾン・マルタン




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

速報:ミシュランフランス2018新規二つ星シェフ

引き続いて新規二つ星シェフをご紹介です。

日本人シェフのお二人が同時に二つ星昇格の快挙です。いずれもリヨン近郊のレストランのシェフですのでこちらの地方にもがぜん注目が集まりますね。


★★←★

鷹野孝雄
リヨン「レストラン・タカノ・タカオ

ガエル・トゥルトー
ミカエル・トゥルトー
ニース「フラヴール

浜野雅文
サンタムール・ベルヴュ「キャトーズ・フェヴリエ

ブルーノ・シリノ
ラ・チュルビ「オテルリ・ジェローム
(返り咲きでの二つ星です。とても小さな村の小さな食堂でガストロノミーレストランという趣はありません。)


★★←(掲載なし)

ジャン・シュルピス
タロワール「ル・ペール・ビーズ
(昨年心機一転、元三つ星店の経営を引き継いだサヴォワの若きシェフがかつての二つ星評価を継続して得ることになりました。)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

速報:ミシュランフランス2018新規三つ星シェフ

取り急ぎのご報告でまずは今年昇格された三つ星シェフのご紹介のみといたします。

二つ星、一つ星についてもできるだけ早く続報でお伝えいたします。


★★★←★★


● クリストフ・バキエ
ル・カストゥレ「クリストフ・バキエ

こちらのお店については読者様の昨年春のレポがありますので、よろしければこちらからご覧ください。丁度ミシュランの審査の時期ですので、三つ星の評価がされたお料理の一端が見られるかと思います。


● マルク・ヴェイラ
マニゴ「ラ・メゾン・デ・ボワ

かつてアヌシー湖畔「ローベルジュ・ドゥ・レリダン」(=「メゾン・ドゥ・マルク・ヴェイラ」)、ムジェーヴ「ラ・フェルム・ドゥ・モン・ペール」にて同時に三つ星を得ていた時代もあった同氏ですが、67歳にして再び三つ星に返り咲きました。

IMG_0807.jpg
(「メゾン・ドゥ・マルク・ヴェイラ」のアヌシー湖産フェラと米のブダン)

プティフルー
(「フェルム・ドゥ・モンペール」のプティフール)

事故や火災、営業形態変更など色々なこともありましたが、色々なことを克服されての栄誉は感無量のことと思います。

お店はアヌシー湖から山を上った立地になります。不便ですが、三つ星ということで多くの方がこれから行脚の旅に出られることでしょうね。





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

ミシュランフランス2018発表日決定

ミシュランフランスの来年度版であるミシュランフランス2018の星付き店の発表日が2018年2月5日(月)に決定しましたのでご報告いたします。

まだ少し先ですが、当日はいち早く情報をお届けしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: