FC2ブログ

レストラン訪問記:豊橋「千代娘」

豊橋では名の知れた居酒屋さんのようですが、一時火災にあって閉店していたようです。現在はきれいな店舗にて営業をされています。

IMG_4617s4617.jpg

入店して名前を告げるとカウンターの端に用意していただいていた席に通されます。卓上には流麗な字で書かれたその日の献立が置かれています。お値段が書いていないので気になったら尋ねるしかありません。

IMG_4620s

念のために予約を入れて行きましたが、夜も遅い時間になっていましたのであまりたくさん食べられる感じではありませんでした。そんなこともあってカウンター上に並べられている各種お料理を拝見して、まずはそこから地蛸の煮物茄子と厚揚げの炊き合わせ枝豆をいただきました。

IMG_4622s4622.jpg

枝豆はもう終わりの頃でしたがねっとりとして美味しくいただけました。蛸の煮物も炊き合わせもやや濃いめの味付けで豊橋のある東三河はやはりどちらかというと関東の味付けに近いのかと思った次第でした。料理人の修行先でもまた味付けは変わってくるものかもしれません。

茄子の炊き合わせは安定の美味しさでしたし、蛸もやはり地のものは食べごたえがありますし、たくさん入れてもらいました。柔らかすぎず、固すぎず絶妙な歯ごたえに煮てあってほんの少し甘い煮汁とよくあっていて蛸独特の旨味を堪能できました。

最初はグラス生ビールでしたが、次に天ぷらとともに地元のお酒四海王・福(純米酒)の冷酒を1合いただきました。どちらかというと酸が立つお酒で好みではありませんでしたが、地元のお酒をいただけてよかったです。

天ぷらは普通に頼むと10個ほど出てくるとのことでしたが、1人用に小さく出してもらえました。そのあたりの気遣いがあるのがこのお店のいいところですね。

最近は台風があったりでなかなかいい魚が入っていないようで、天ぷらの海老は地元の車海老ではなく外国のものとのことでした。そこで天ぷらは野菜と穴子(大阪湾産)でお願いしました。野菜のうちの小茄子が少し苦かったのが残念でしたが、熱々の揚げたて天ぷらをいただけて幸せでした。

この日のお客さんは奥の個室に一組、カウンターの反対側にある入れ込みの座敷に一組で静かなものでした。お休みということで地元の方々はみな外に出ていたのでしょうか。

電話での予約の応対もとても丁寧で感じがよく、実際お店にいるときもこちらの相談に色々と乗ってもらってとても気持ちよく過ごせました。

最後お会計の段になってカウンター上のお料理の値段を初めて知りましたが、とても良心的な値付けで感心しました。天ぷらは相応な値段でした。卓上のお品書きには値段の表記がないので少し不安だったのも事実でした。それも完全な杞憂に終わりました。

店内は完全禁煙ですし、また豊橋を訪ねる機会がありましたら是非伺いたいと思います。その時は今回いただけなかった、そこそこお値段が張る刺身の盛り合わせをお願いしたいと思います。


(いただいたもの)

カウンターの大皿から…

・枝豆
・茄子と厚揚げの炊き合わせ
・地蛸の煮物

天ぷら(穴子と野菜3種。塩とだしで。)

お酒:
・グラス生(サッポロ)1杯
・四海王・福(純米酒)1合



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:木屋町通(京都)「イルフィーロ」(ビブグルマン)

お昼にたっぷり食事をする分夜は軽めにイタリア風居酒屋に行ってきました。
ミシュランではイタリア料理にジャンル分けされていますが、ここは居酒屋です。

IMG_3995s3995.jpg

ワイン、前菜盛り合わせ、パスタ、席料がすべて込みの気軽なセットがありそれをお願いしました。ワインもパスタもその日一番安いものが提供される形ですが、パスタは手打ちですし、前菜もまあまあ気の利いたものがあるので軽い食事としては楽しめるでしょう。

ただ先ほど居酒屋と書いたようにここでは有料のドリンクを注文しないといけない暗黙のルールがあるようです。

結果的に上記セットを頼んでワインをもらったのですが、入店してすぐにドリンクはと聞かれたので、昼にそれなりにお酒を飲んでいたこともあり、ミネラルウォーターではない普通の水をお願いしました。しかしそれが気に入らなかったのか店主の奥さんとおぼしき女性サービスの方が明らかに注文していないミネラルウォーターを無理矢理開栓しようとしているので止めに入る手間をとらされました。放置していたら注文してもいないものにお金を払わされることになったでしょう。

改めて水を所望すると水道の水になりますけどと店主、水道の水上等です。
京都はお水が美味しいですから。

納得がいっていない例の女性サービスの方は目の前で水道水をコップに注ぐパフォーマンスをことさらに見せた上でぞんざいにコップをカウンターに置く形でお水を出してくれました。露骨にいやそうな雰囲気が漂っていて、上述の暗黙のルールを悟った次第でした。

何の根拠もない(つきだしならしょぼくても一応一品が出てきます)席料をしっかり取っていながら、なおドリンクでも一儲けせずにはいられないとはこれいかに。経営上お金を稼ぐ必要があるのは理解できるとして、おもてなしの心が置き去りにされてまずお金をとることに気がいくことが大変残念です。

普通の料理店ならお水をお願いしたら嫌味を言わないで黙って普通の水道水をわざわざ水道水と言わずに出してくれますよ。一つ星の「リストランテ・ホンダ」でもそのように普通の対応をしていただきました。

お料理だけについていうと、前菜も色々楽しめましたし、パスタも手打ちで志を感じました。また女性サービスの態度は酷い物でしたが店主については不思議といやな印象はなかったです。店内も明るくて広めのカウンターが気持ちいい快適な空間ともいえます。

とはいえ、かつて名古屋の人気ビストロでも感じたことですが女性の感情むき出しの自己中心的なサービスを見せられるとげんなりしてどんないいお店でも再訪する意欲がなくなるのが正直なところです。


(いただいたもの)

セット

・前菜盛り合わせ:カプレーゼ(ジェノベーゼ)、ヨコワ(胡瓜ソース)、ピクルス、生ハム、蟹
・手打ちパスタ:豚ひき肉とシメジのオイルソース
・グラス白ワイン(イタリア)


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:梅島「居酒屋こんちゃん」(未掲載)

都心からは少し離れますが北千住から埼玉方面に少し行った場所にある梅島の居酒屋さんで飲んできました。

お酒やメニューの豊富さや主の心配りなどをテレビで拝見していていつかと思っていましたが今回機会があって行くことができました。

今の時期は色々な蔵元のにごり酒を売り出しているようで特別メニューが用意されていました。それとは別に日本酒の定番メニューも用意されていて一升瓶から1合強たっぷりとそそいでくれます。

訪れたのは日曜日でしたが大繁盛で焼き物類で希望したものがことごとくなくっていてとても残念でした。口コミサイトでは点数低めですが、地元の方を中心にとても人気があるようです。行く前に一本電話をしておいてよかったです。

生ビールもなめらかな泡でサーバーのお手入れがしっかりしてあることがわかりましたし、日本酒やおつまみの種類の多さ、手の込んだ一品料理も色々とあるところなどが個人的にはとても気に入りました。ご近所にこういうお店があるととても重宝するでしょうね。ただし全面喫煙可なので隣で吸われたりするとなかなかしんどい状況になります。

日本酒の稀少酒としては磯自慢(特別純米)、高砂(純米大吟醸)、黒龍(大吟醸・純米大吟醸原酒)、田酒(特別純米生詰・善知鳥)、十四代(純米吟醸無濾過生)、飛露喜(吟醸無濾過生詰)、新政(五種ほど)等がリストにありました。お値段は相応なのですが、好きな人にはたまらないかもしれません。

一方で、後日代々木上原でミシュラン掲載(ビブグルマン)のお店(=「アトリエフジタ」)に行きましたが、味はひどくないのですが、客あしらいが悪く志が低い店でとても残念な思いをしました。色々と参考になる情報はありますが、最終的には自分の好みに合うかどうかがすべてですね。時間の無駄になるのでそのお店については記事にいたしません。悪しからずご了解下さい。

お料理についてですが、つきだしは面白みのないおひたしでしたが、色々なおつまみが揃っています。

IMG_3433.jpg

例えば、お刺身の一人盛りには4点のお刺身が盛られてきますが、この日は右から真子鰈、天然真鯛、いさき、地タコ(宮城)でした。質から考えるとお値打ちのお料理ですのでお勧めです。他にもお刺身の種類は豊富に用意されていました。

IMG_3435.jpg

最後にいただいたのは丸茄子を揚げて焼合鴨と生湯葉あんとあわせた一品。ご覧の通り白皿を使っていてなかなかおしゃれな仕上がりですが、お味も薄味ながら美味しく楽しめました。


(いただいたもの)

お酒
・ 生中(サッポロ黒ラベル)×2
・ 亀泉(高知):純米吟醸生

おつまみ
・ 串物:千住ネギ、とんとろ、豚舌、豚レバー
・ 鶏の唐揚げ
・ そら豆
・ あん肝
・ お刺身一人盛り
・ 丸茄子と焼合鴨の生湯葉あんかけ




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:名古屋・伏見「大甚本店」

IMG_8929.jpg

今回の旅行で観光気分でこちらのお店にうかがってきました。名古屋では名の通った老舗居酒屋で、古くまた黒光りする店内は独特な雰囲気を醸し出しています。

午後4時開店で同時にお客さんがどっと入ってくるイメージでしょうか、この日は4時半すぎにうかがったと思いますが、店内はすでにほぼ満員でした。

お席は奥が禁煙席として使われていますが、仕切りなどは全くないので、仮に境界で吸っている人がいて境界近くの禁煙席に座ると分けている意味をあまり感じないかもしれません。
それでも一応、禁煙、喫煙を分けようというお店の配慮があるのはなかなかのことと思います。

席に通されてお酒の注文をとってもらった後は自分で好きなおつまみをカウンターというより専用の台や冷蔵庫からとってくる仕組みになっています。黙っていても何にもありつけません。

冷蔵庫には各種お造り、台には各種お総菜が用意されていて、それぞれに多彩です。

お造りですと、この日は鰹、秋刀魚、帆立、鮪の大トロ、馬肉、赤貝などあったでしょうか。前の3つと後ろの3つでは値段が倍くらい違います。

お総菜は焼き物や煮物が中心ですね。野菜類の煮物はお値打ちな値段で、お魚料理の焼き物等はお造りほどではないものの、野菜よりちょっとだけ値がはります。

私が到着した段階ですでになくなっている人気の品もあったかもしれませんが、まだ比較的品物が残っている時間帯だったのではないかと思います。
日本全国から物珍しさに大勢のお客さんが集ってくるイメージなので、早く来るに越したことはないでしょうね。

IMG_8928.jpg

この日は里芋の煮物、の焼き物(小口に切った蒲焼き)、地元産赤貝のお造りをいただきました。
赤貝はかなりいいお値段でしたが、すぐに売り切れていました。地のもので美味しく頂けました。やはり愛知は貝がいいですね。季節にもよるでしょうが。

ビールは一番搾りの生を頂きましたが、その泡のクリーミーなこと、手入れをきちんとしていることがわかり、こういったところも支持される理由の1つかと思いました。

エビスやプレミアムモルツなどのプレミアムビールの生でクリーミーな泡はたまに遭遇しますが、一番搾りの生でここまで美味しいお店はなかなかないのではと思います。

ビールは生以外でも、季節の秋味の瓶もおいてあったようで、お隣さんが飲まれていました。他のメーカーのビールもあった気がします。

店員さんも総じて仕事がきっちりしていて、感じが良く、長く続くお店のいい雰囲気を感じることができ楽しかったです。
お会計はお願いすると先方が計算に来てくれて、値段を書いた紙を渡してくれます。それをレジまでもっていってお支払いする仕組みになっています。

早めに閉店になるのが玉に瑕ですが、名古屋観光に行かれた際には是非一度足を運ばれることをお勧めいたします。


(いただいたもの)

里芋の煮物
の焼き物(小口切りの蒲焼き)
地元産赤貝のお造り

飲み物:一番搾り生

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:豊橋「花せん」

今回の旅行でうかがった居酒屋さんがこちらの花せんさん。豊橋もそれなりに大きい町で、探せば色々と良いお店に出会えそうな雰囲気がありました。

何より三河湾がすぐそこにあるという立地と、昔から佃煮やちくわなどを作ってきた文化が確かにそこにあって、魚介類とりわけ貝類やワタリガニ、手長海老などの甲殻類が豊富という印象です。

今回は事前に調べたこちらにしてみました。入店時間が遅くなることがわかっていたこともあって、店の選択肢はある程度限られていました。

店内は狭くて、古いので一見するとごく普通の大衆酒場なのですが、お料理はシンプルでも筋が通っていました。

枝豆も今時どこで食べてもあまり美味しいと感じませんが、こちらではしっかりアルデンテで食べ応えありました。
寄せ豆腐も大きくて、そのままでも甘くて美味しく食べられるレベルの高いお豆腐でした。

お酒は地酒の四海王から吟醸酒しぼりたて生原酒、純米吟醸(夢山水)といただきましたが、いずれもさわやかなきれいなお酒でとても美味しかったです。

それでもこちらのメインはやはり魚介ということで、つきだしの鯖の南蛮漬け白身昆布締めの盛り合わせ(ハーフ)、白ミル貝のお造りをいただいたのですが、どれも満足以上のできでした。
特に白ミル貝は丁寧な処理がしてあってボリュームもあって、メインディッシュといって良い存在感でした。

この日は他に鰹や秋刀魚、サーモンなどのお刺身がありました。

11910863_10154203122232576_415423534_n.jpg

昆布締めを出す居酒屋さんはあまり多くはないと思いますが、食材の管理の上でも重宝する方法なのだと教えて頂きました。
左下から、石鯛真鯛となっています。いずれも昆布締めらしいネットリ感と旨味がたまりませんね。

11910978_10154203122172576_1670558928_n.jpg

地元三河湾産の白ミル貝の右下のところは肝の部分で湯引きしてあり、さわやかな潮の香りを頂く趣です。左上が貝の身の部分ですね。歯ごたえと香りがあり、当然のことながらこちらも美味しく頂きました。

豊橋を散歩していたときに魚屋さんにであって、ヒメジやメヒカリ、豊川のシジミであったり、アサリであったり多彩な魚介がふんだんにあって、とても興味深かったです。ヒメジは手長海老とともに関東のイタリア料理店などにも卸しているとのことでした。

季節によっても食べられるものは変わるでしょうし、三河湾の魚介類に興味をもつきっかけになった体験となりました。


(いただいたもの)
・つきだし:鯖の南蛮漬け
・枝豆
・寄せ豆腐(各種薬味たっぷりと)
・白身昆布締め盛り合わせ(ハーフ)
・白ミル貝お造り

(飲み物)
・生ビール:アサヒスーパードライ
・日本酒 四海王 吟醸酒しぼりたて生原酒 グラス
・日本酒 四海王 純米吟醸(夢山水) グラス


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: