レストラン訪問記:名古屋・伏見「大甚本店」

IMG_8929.jpg

今回の旅行で観光気分でこちらのお店にうかがってきました。名古屋では名の通った老舗居酒屋で、古くまた黒光りする店内は独特な雰囲気を醸し出しています。

午後4時開店で同時にお客さんがどっと入ってくるイメージでしょうか、この日は4時半すぎにうかがったと思いますが、店内はすでにほぼ満員でした。

お席は奥が禁煙席として使われていますが、仕切りなどは全くないので、仮に境界で吸っている人がいて境界近くの禁煙席に座ると分けている意味をあまり感じないかもしれません。
それでも一応、禁煙、喫煙を分けようというお店の配慮があるのはなかなかのことと思います。

席に通されてお酒の注文をとってもらった後は自分で好きなおつまみをカウンターというより専用の台や冷蔵庫からとってくる仕組みになっています。黙っていても何にもありつけません。

冷蔵庫には各種お造り、台には各種お総菜が用意されていて、それぞれに多彩です。

お造りですと、この日は鰹、秋刀魚、帆立、鮪の大トロ、馬肉、赤貝などあったでしょうか。前の3つと後ろの3つでは値段が倍くらい違います。

お総菜は焼き物や煮物が中心ですね。野菜類の煮物はお値打ちな値段で、お魚料理の焼き物等はお造りほどではないものの、野菜よりちょっとだけ値がはります。

私が到着した段階ですでになくなっている人気の品もあったかもしれませんが、まだ比較的品物が残っている時間帯だったのではないかと思います。
日本全国から物珍しさに大勢のお客さんが集ってくるイメージなので、早く来るに越したことはないでしょうね。

IMG_8928.jpg

この日は里芋の煮物、の焼き物(小口に切った蒲焼き)、地元産赤貝のお造りをいただきました。
赤貝はかなりいいお値段でしたが、すぐに売り切れていました。地のもので美味しく頂けました。やはり愛知は貝がいいですね。季節にもよるでしょうが。

ビールは一番搾りの生を頂きましたが、その泡のクリーミーなこと、手入れをきちんとしていることがわかり、こういったところも支持される理由の1つかと思いました。

エビスやプレミアムモルツなどのプレミアムビールの生でクリーミーな泡はたまに遭遇しますが、一番搾りの生でここまで美味しいお店はなかなかないのではと思います。

ビールは生以外でも、季節の秋味の瓶もおいてあったようで、お隣さんが飲まれていました。他のメーカーのビールもあった気がします。

店員さんも総じて仕事がきっちりしていて、感じが良く、長く続くお店のいい雰囲気を感じることができ楽しかったです。
お会計はお願いすると先方が計算に来てくれて、値段を書いた紙を渡してくれます。それをレジまでもっていってお支払いする仕組みになっています。

早めに閉店になるのが玉に瑕ですが、名古屋観光に行かれた際には是非一度足を運ばれることをお勧めいたします。


(いただいたもの)

里芋の煮物
の焼き物(小口切りの蒲焼き)
地元産赤貝のお造り

飲み物:一番搾り生

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:豊橋「花せん」

今回の旅行でうかがった居酒屋さんがこちらの花せんさん。豊橋もそれなりに大きい町で、探せば色々と良いお店に出会えそうな雰囲気がありました。

何より三河湾がすぐそこにあるという立地と、昔から佃煮やちくわなどを作ってきた文化が確かにそこにあって、魚介類とりわけ貝類やワタリガニ、手長海老などの甲殻類が豊富という印象です。

今回は事前に調べたこちらにしてみました。入店時間が遅くなることがわかっていたこともあって、店の選択肢はある程度限られていました。

店内は狭くて、古いので一見するとごく普通の大衆酒場なのですが、お料理はシンプルでも筋が通っていました。

枝豆も今時どこで食べてもあまり美味しいと感じませんが、こちらではしっかりアルデンテで食べ応えありました。
寄せ豆腐も大きくて、そのままでも甘くて美味しく食べられるレベルの高いお豆腐でした。

お酒は地酒の四海王から吟醸酒しぼりたて生原酒、純米吟醸(夢山水)といただきましたが、いずれもさわやかなきれいなお酒でとても美味しかったです。

それでもこちらのメインはやはり魚介ということで、つきだしの鯖の南蛮漬け白身昆布締めの盛り合わせ(ハーフ)、白ミル貝のお造りをいただいたのですが、どれも満足以上のできでした。
特に白ミル貝は丁寧な処理がしてあってボリュームもあって、メインディッシュといって良い存在感でした。

この日は他に鰹や秋刀魚、サーモンなどのお刺身がありました。

11910863_10154203122232576_415423534_n.jpg

昆布締めを出す居酒屋さんはあまり多くはないと思いますが、食材の管理の上でも重宝する方法なのだと教えて頂きました。
左下から、石鯛真鯛となっています。いずれも昆布締めらしいネットリ感と旨味がたまりませんね。

11910978_10154203122172576_1670558928_n.jpg

地元三河湾産の白ミル貝の右下のところは肝の部分で湯引きしてあり、さわやかな潮の香りを頂く趣です。左上が貝の身の部分ですね。歯ごたえと香りがあり、当然のことながらこちらも美味しく頂きました。

豊橋を散歩していたときに魚屋さんにであって、ヒメジやメヒカリ、豊川のシジミであったり、アサリであったり多彩な魚介がふんだんにあって、とても興味深かったです。ヒメジは手長海老とともに関東のイタリア料理店などにも卸しているとのことでした。

季節によっても食べられるものは変わるでしょうし、三河湾の魚介類に興味をもつきっかけになった体験となりました。


(いただいたもの)
・つきだし:鯖の南蛮漬け
・枝豆
・寄せ豆腐(各種薬味たっぷりと)
・白身昆布締め盛り合わせ(ハーフ)
・白ミル貝お造り

(飲み物)
・生ビール:アサヒスーパードライ
・日本酒 四海王 吟醸酒しぼりたて生原酒 グラス
・日本酒 四海王 純米吟醸(夢山水) グラス


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

燗の美穂(大阪・長堀橋/心斎橋)

とんとご縁のなかった大阪で一人夜を過ごすこととなり、色々と調べてみましたが、肩肘張らずのんびりしようとつい先日テレビで拝見したお店にうかがってきました。

人それぞれ好みがあるのだから、ファンもいれば好きになれない人もいて仕方のないことでしょう。私にとって飲食店探訪は自分にとっての定番探しのプロセス。たとえ遠い町であっても、また行きたいと思えるお店に出会えれば最高の幸せです。

カフェを改装されたという空間は奥に長い作りで、ずっとカウンターが連なっているような感じ。奥のカウンターの真ん中でお燗番の女性が静かにお仕事されています。

店主の中村美穂さんは手前のカウンターの奥でお料理にかかり、妹さんが客席の合間をぬって注文をとり、お料理を運んで下さいます。

女性3人でやっているのでガールズ居酒屋なんて冗談も飛ぶ環境ですが、下衆な雰囲気などみじんもなく、店名にあるように各種日本酒のお燗が売りの、でも日本酒を強要するようなことはないまっとうな居酒屋さんです。日本酒でなくてもエビスビールがありますし、お酒はお燗限定ではなく冷酒も楽しめます。

お料理はお酒に合うことが主眼でありながら、ただの乾き物などが置かれているだけというのではなく、季節のお野菜、お魚をふんだんに取り入れたやさしい味付けのきちんとしたものが頂けます。薄味で、野菜たっぷりで、私の舌には合う味付けでした。

DSCF0224.jpg

例えば、この鶏肉とお野菜(菜の花、オニオンヌーボー)の煮込みは、すでに売り切れていた「新玉葱と鶏肉の煮物」を、ご主人との会話から別の食材でつくっていただいたものでした。こうした臨機応変さもまた楽しいですし、レベル高いなあと思わせてくれます。

一人でいるとお店の雰囲気がとてもよくわかるのですが、2時間弱いて、お客さんのおしゃべりも含めてとてもいい雰囲気のお店だと思いました。

DSCF0227.jpg

日本酒好きならこの揃えだけでも魅力(お酒はこうしたA4のメニュー4枚分の揃えがあります)ですが、ここの良さはそれだけではないでしょう。
禁煙の環境、静かな穏やかな雰囲気、やさしい味付けのお料理、各種銘酒がお燗で楽しめる点…もちろんお店の女性陣とのおしゃべりが目的でもいいでしょう。

常連さんとは打ち解けておしゃべりされる店主ですが、別に一見さんを無視しているわけでもなんでもなく、カウンター越しにいくらでもおしゃべりするきっかけはありますよね。お料理やお酒のことを聞いて、一言二言でもやりとりできれば、それだけで楽しいですし、色々と学ぶところがあります。

知っているお酒と知らないお酒と半分ずつといった気分でいましたが、最初の二杯は知らないお酒を頂きました。

DSCF0229.jpg

広島の竹鶴はこちらで最も揃えが多い銘柄でしょうか。きっとお店のコンセプトに合うのでしょうね。熱めの燗で出して頂きましたが、力強いお酒と思いました。最後は飲んだことがあり好きだった「風の森」をぬるめの燗で。こちらはもう少し華やかな感じで、お燗は初めてでしたがまたいいですね。

帰る頃には、すっかり「菅野美穂」さんならぬ「燗の美穂」さんのファンになりました。とてもいいお店。大阪に行く機会があれば誰彼構わず紹介したい(笑)。打ち解けた気分で食事、お酒楽しめますので、誰がいっても楽しいと思うのです。女性のみの運営がとても成功していますね。


(いただいたもの)

・ つきだし三種(焼きしめ鯖、野菜の粕汁、キャベツのラタトゥイユ風)
→つきだしは頼まないことも出来ますが、小皿で三種のおつまみが楽しめるのでスタートにお勧めです。
・ 焼き高槻トマトとスモークチーズ
・ 姫さざえ煮付け
・ 菜の花と大山かいな鶏の煮込み

お酒(お水も添えて出して頂けます)
・ 冷:東北泉(山形)特別純米
・ 燗:竹鶴(広島)初しぼり生原酒
・ 燗:風の森(奈良)笊籬採り純米大吟醸(キヌヒカリ)





燗の美穂日本酒 / 長堀橋駅堺筋本町駅心斎橋駅


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

十焼十鍋(飯田橋)

飯田橋は昔から慣れ親しんだ場所。都心の超一等地ですがこぢんまりしたエリアもあり、親しみがあります。かつての通学路にも新しいお店ができて、少しずつ変わっているようです。

こちらもつい最近出来たであろうお店。普通の居酒屋さんですが、開放的な店のつくりが今風でしょうか。

この日は親族でのうち解けた会。ゆっくりしゃべるのは初めての機会でもあり、これくらいくだけた場所が丁度良かったなあと思いました。

DSCF0386.jpg

クーポン利用のコース料理ですが、内容、量とも申し分なく、その点店の良心を感じます。
この季節におというのもどうかと思いましたが、海鮮のスンドゥプは味が深くて美味しかったです。

飲み物はお約束の飲み放題で。このクーポンの目玉はプレミアムモルツつき飲み放題3時間。きめ細やかな泡のプレミアムモルツを都合4杯いただきました。大満足です。

バーベキュー食べ放題など色々な季節物の企画を打ち出しているようで、新しいお店ということで(きれいなので)使い勝手がよさそう。また近くに寄った時には利用しても良いかなあと思ったりしました。


(いただいたもの)

クーポン利用のコース…

【前 菜】イカの塩辛・茶豆の枝豆・ぼんじりポン酢 (お酒が進む3点盛り!)
【サラダ】ほうれん草とカリカリベーコンサラダ (一番人気サラダ)
【海 鮮】海鮮白ワイン蒸し (ひんやり海鮮盛り合わせ!)
【逸 品】叩ききゅうり (さっぱり!)
【串焼き】オススメ串焼き2点盛り (居酒屋の定番)
DSCF0388.jpg

【揚げ物】海老串団子・チキン南蛮揚げ・バリバリえびせん (揚げ物3点盛り)
【焼き物】ローストビーフ (和風ソースで!)
【お】韓国!海鮮スンドゥブ 
DSCF0390.jpg

【〆物】ちゃんぽん/ラーメン(二つも追加しました…)
【甘味】(失念…)

飲み物:プレミアムモルツ×4,赤ワイン、梅酒(最後なので多めで(笑))


十焼十鍋 飯田橋西口鍋(その他) / 飯田橋駅九段下駅水道橋駅


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

ぽんと(先斗町)

ぽんと(先斗町

祗園で美味しい和食をいただいた夜は居酒屋さんの川床で休憩。その間人生の大イベントあり、いい具合に疲労していました。

まずはビールで乾杯。続いて、ワインを一杯飲んだのみ。あとはお料理をのんびり楽しみました。

といってもお料理は居酒屋のそれでお昼と比べるべくもなく…。同伴者との語らいがすべて、の宵でした。

それに雰囲気を添えたのが川床。初体験でしたが、川にせり出したテラス席と理解してよろしいでしょう。予約したおかげでとても良い場所に席をいただきました。

DSCF0291.jpg

色々なジャンルのお店が、それこそピンキリで川床をもうけていますので、夏の京都にうかがう際には是非どうぞ。5月から9月限定のようです。やはり予約が無難なのでしょう。条件が色々とつく可能性もありますので、しっかり確認を。

さて、この日の川床からは右手奥に四条大橋、南座が見えてました。空気のひんやり具合もまた絶妙で…いい季節でした。

お料理はありきたりですが、それでもやはり煮物など味わうと関東との水の違いを感じるものです。
この日の煮物は、「はも万願寺とうがらしと湯葉まんじゅうのあんかけ」でした。

DSCF0298.jpg

色々な意味で興奮のうちに終わった夜でしたが、人と人の心がうち解けていくのにはこうして開放的な雰囲気はぴたりだったのかもしれません。

若いサービスでしたが、いい写真をとってもらったり、ほっとした部分も少なからずありました。総じていい出会いだったと言えるでしょう。

この日の会食は一生の思い出に残る宴となりました。


(いただいたもの)

夏の納涼床のコース
・おぼろ豆腐
・京の三種盛り(湯葉刺し、生麩の田楽、九条葱の辛子酢味噌)
DSCF0292.jpg

はも万願寺とうがらしと湯葉まんじゅうのあんかけ
・京水菜とたこのカルパッチョ風サラダ
はもと京野菜の天ぷら
・カモロースステーキ(燻製)とアスパラ添え
・京のお茶漬け(京漬物三種、ごはん、ほうじ茶)
・デザート:わらびもち

飲み物
・生ビール
・白ワイングラス(チリ)

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

VV George VV

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: