FC2ブログ

2019フランスレストラン訪問記(4/9):ランス「フォッシュ」(★)

ランスはシャンパーニュ地方の中心都市で市内には何軒かシャンパン蔵があり見学ツアーが色々と催されています。

IMG_0548s548.jpg

私は今回初めての見学先としてランス駅から歩いて行ける「マム(Mumm)」を選びました。あらかじめ予約して支払いを済ませておけばスマートに見学に参加できますのでお勧めです。最後の試飲もツアーの料金によって内容が異なっていてやはり楽しいものですが、ガイドの方の説明が分かりやすくてとても勉強になり、シャンパンにより興味が湧きました。


IMG_02275s2275.jpg

さて、そのツアーの直後に訪れたのがこちら、ランス駅の目の前にある一つ星のお店「フォッシュ」になります。試飲でまあまあの量のシャンパンをいただいていたので食前酒は飛ばして食事に入りました。

ワインは結局マダムお勧めの赤のグラスワインをいただいただけでしたが、このブルゴーニュの赤(フィクサン)がなかなかしっかりした味わいで良かったです。お値段もお手頃です。

IMG_E2295s2295.jpg


食事は内容を見比べて魅力的に感じたムニュ・グルマン(72€)にしました。直訳すると食いしん坊コースということになるでしょうか。


IMG_0557s557.jpg

食事の始まりはシャンパンスナックから。


IMG_0552s552.jpg

それに続けて小さなアミューズ4種類が運ばれてきました。

一番左が軽くて美味でした。それぞれに個性あり楽しませてもらえた。正直なところ、一つ星なのに細やかにアミューズを作られていることに驚きました。


IMG_0560s560.jpg

前菜:ブルーテデシャンピニオン

風味づけの隠し味でしょうか、胡麻油の香りがしました。量はたっぷり入っていて満足できますし、トリュフもやや香っていました。寒いので濃厚なキノコのスープは良い選択でしたが、こちらは少々胡椒が強すぎました。


IMG_0564s564.jpg

メイン:鳩料理

こちらのお料理は鳩の焼き加減が素晴らしく、柔らかくて美味でした。下準備のおかげかしっかりといい味がついています。脂も適度にあり、今まで食べた中でかなり上位に入る鳩料理でした。鳩のももの揚げラビオリもさっくりしてて、味もあり美味しかったです。


IMG_0566s566.jpg

コースに含まれていますので、チーズもしっかりいただきます。一つ星とはいえチーズの揃いがなかなかのもので素晴らしいです。


IMG_0567s567.jpg

チーズ:(上から反時計回りに)シャウスオッソイラティー、カルヴァドスで洗ったカマンベール

シャンパーニュ地方のチーズ、シャウスは乳を感じますが塩気が強めです。オッソイラティーはこくがあり、乳の味楽しいですね。カマンベール:はカルヴァドスで洗ってるためかとても濃厚な味でエポワスのようでした。珍しいものなので今回ありつけてよかったです。


IMG_0572s572.jpg

デセール:フォレノワール

サクランボの香りが強いデザートでした。チョコレートを使っているのでかなり充実した感じがします。

ミニャルディーズはお腹一杯でほとんど手がつけられませんでしたが、洋梨ジュース、栗のケーキ、三種のミニャルディーズといったラインナップでした。


(いただいたもの)

ムニュ・グルマン(食いしん坊コース)72€


IMG_0562s562.jpg

パン(伝統かオリーブ入りかを選択させてくれます。伝統を選択しましたが、普通にとても美味しいです。)


IMG_0558s558.jpg

バタードゥミセル海藻入りの2種類でした。いずれも濃厚な味でレベルの高さを感じます。)

Velouté de champignons, truffes d’automne, blanc en neige
茸のヴルーテ 秋トリュフ 白雪のメレンゲ

Pigeonneau de l’Aube, navet acidulé, betterave
オーブ県産仔鳩 酸味をつけた蕪 ビーツ

Le Plateau de fromages
チーズ各種

La forêt noire
ラ・フォレ・ノワール(黒い森)


飲物:

グラス赤ワイン(Fixin Craie de Chêne 2017 – René Bouvier(フィクサン クレ・ドゥ・シェンヌ2017 レネ・ブヴィエ))

水(ビッテル)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

2019フランスレストラン訪問記(3/9):アメルシュヴィール「ジュリアン・ビンツ」(★)

アメルシュヴィールはアルザス地方コルマールから北西方向に少し行った小さな村で二つ星の「オリヴィエ・ナスティ」があるカイゼルクベルクに行く途中に位置しています。

コルマールからは一日に何本もバスが出ていますので比較的行きやすい場所でしょう。アルザスワインの生産地のまっただ中を行きますのでぶどう畑の絶景を右に左に楽しみながら村にたどり着くことができます。

現在はこちらのジュリアン・ビンツ氏のお店が一つ星ですが、かつては村の入口にある「オザルム・ドゥ・フランス」というホテル兼レストランが一つ星をとっていた時代もありました。昔パリのお店で一つ星を取られたことで有名な中村勝宏シェフもこちらでお仕事をされていたことがあったようです。

「オザルム・ドゥ・フランス」は現在星をなくしていますが、ホテルもレストランも営業されていて、今回宿泊だけしましたが、地方の良さを感じられる素敵な朝食を楽しむことができ満足しました。フロマージュブラン(生チーズ)が特に良かったです。


IMG_2145s2145.jpg

レストラン外観

さて、本題の「ジュリアン・ビンツ」ですが、お昼に美味しい料理店で結構な量を頂いていたので夜はやはりどうしても軽めに食べたくなり、前菜を飛ばしてメイン料理、デザートと注文しました。


IMG_0435s435.jpg

テーブルセッティング

そのようなわけでものすごく高い評価をしているわけではありませんが、メートルドテルのフランソワ・レルミット氏が物腰柔らかでとても感じの良い方で、彼のおかげでお店全体の印象がとても良かったです。

後ほど記事にすることになるかと思いますが、ジャン−ジョルジュ・クライン氏のお店「ヴィラ・ルネ・ラリック」のメートルドテルのパトリック氏とは親友関係にあるとのことうかがいました。


IMG_0436s436.jpg

クレマンダルザスボトル


IMG_0438s438.jpg

クレマンダルザスグラス

スタートはまずアルザスのクレマンからでした。バランス良く美味しいですが、やはりシャンパンと比べると味において見劣りがします。ただアメルシュヴィールで醸している地酒ということでうれしい出会いでした。


IMG_0437s437.jpg

シャンパンスナック:オリーブのミニパイ(左)とベトラーブの玉と生山羊乳のクリーム(右)

シャンパンスナックは控え目な感じです。


IMG_0439s439.jpg

アミューズ:現代風シュークルート そのムースと 西洋わさびのアイス

そしてアミューズはひと頃流行っていた伝統料理を現代風に解釈したお料理でシュークルートが新しいプレゼンテーションで出されました。


IMG_0442s442.jpg

パン

パンは至って普通のバゲット生地を使ったパンでした。


IMG_0443s443.jpg

肉料理:仔羊背肉

メインはアルザス産の仔羊背肉を選びました。アラカルトとはいえ4本も仔羊背肉が入っているのはさすが本場フランスと思わされます。

ベルリンゴは「ピック」でよく使われているイメージですが、写真中ラビオリ状になっているものです。生山羊乳とピキーリョのベルリンゴ、燻製ナスのムースリーヌ、柑橘類果汁が添えられています。

お肉の質とロゼの焼き加減は完璧でした。またアルザス産をうたっているお肉は質のためか、脂を中心に旨みがたっぷりと感じられました。


IMG_0444s444.jpg

赤ワイン:アルザス地方ピノノワール

仔羊にあわせたのはアルザスの赤ワインでした。アルザスでは基本的にはお酒はセパージュ(ぶどうの品種)ごとに作られています。ピノノワールを使ったこのワインは美味しかったですが、ブルゴーニュのピノノワールよりは酸味がより強く感じられました。

その後デザートはその日のアイスやシャーベット類を提供してもらうことにしました。


IMG_0446s446.jpg

デザート:アイス、シャーベットの盛り合わせ

メニューにはなかったのですがお腹が一杯だったので軽めのデザートということでアイス、シャーベットの盛り合わせを見つくろってもらいました。

注文してからまあまあ時間が経過して提供されたので何をしていたのだろうかと思いましたが、単純にアイスをクープ(杯)に載せてくるだけという想定を裏切り、きれいにお皿に並べて提供して下さっていてうれしい驚きでした。

アイスクリームはホワイトチョコ、苺、シャーベットはカシス、レモンが提供されていました。いずれもお店で作っていることがわかります。


IMG_0448s448.jpg

ミニャルディーズ(小菓子)

最後はオリジナルのフレッシュハーブティーを煎じて出してもらいました。オレンジ、ミントなど何種類かの植物をブレンドしているようです。

食後には帰る際にシェフがあいさつして下さいます。細身に眼鏡のスタイルの良い方でした。

村にはいくつもワインの酒蔵があって試飲販売もされています。小さな村なので少し歩けば見尽くしてしまいますが、なかなかいい雰囲気ですので、近くにワイン街道巡りなどで行かれた際には是非こちらにも足を運んでみてはどうでしょう。



(いただいたもの)

アラカルトで…

シャンパンスナック:オリーブのミニパイとベトラーブの玉と生山羊乳のクリーム

アミューズ:現代風シュークルート

メイン(肉料理):
Carré d’agneau « Terroir d’Alsace »,
Berlingots chèvre frais/piquillos, mousseline d’aubergine fumée, jus aux agrumes

仔羊背肉 “アルザス産”
生山羊乳とピキーリョのベルリンゴ、燻製ナスのムースリーヌ、柑橘類果汁

食後のお茶:
Infusion le Jardin Zen (Orange, menthe, hibiscus, camomille)
フレッシュハーブティー 禅の庭(オレンジ、ミント、ハイビスカス、カモミール)

ミニャルディーズ(小菓子)

パン

飲物:
・水(エヴィアン)
・食前酒(クレマンダルザス)
・赤ワイン(アルザス・ピノノワール(Joseph Cattin 2017))




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

2019レストラン訪問記(2/9):パリ8区「ピエール・ガニエール」(★★★)

私が最も敬愛するシェフ、ピエール・ガニエール氏のお店にうかがうことが今回の旅の一つの目的でした。

タイミングとしてはフランスへの到着当日夜の食事という最悪のコンディションでの訪問となりましたが、それでも洗練されたシェフのお料理をいただければ目が覚めるような体験ができるに違いないと信じていました。

しかしその期待はすでにレストランの入口から裏切られることになりました。まずは、ドアマンが自分のスマホを見ていてこちらに気づくのが遅れるという失態があったのです。三つ星に勤めている誇りをもってそこはきちんと仕事をしていて欲しいものです。


490s490.jpg

エントランスの光によるガニエール氏のトレードマーク


そして、お料理をいただいてさらにその期待が大きく裏切られることになりました。

この日シェフは不在で、ロンドンに行かれているとのことでした。

シェフの不在がお料理に影響しているのかわかりませんが、やはり少しは影響があるでしょう。でもそれ以前のメニューの組み立てが今ひとつ理解できないもののオンパレードで正直迷路に迷い込んだような感さえ受けていました。


IMG_2009s2009.jpg

当日のテーブルからの店内風景


IMG_2005s2005.jpg

卓上の風景


これまで3度こちらを訪れていますが、いずれの訪問でも各種小さな前菜やメインのお料理をいただくたびに目で見て感嘆し、舌で味わって感動するという体験をしていました。

しかし今回の訪問では正直わくわくするような気持ちに一度もなれませんでした。


IMG_2006s2006.jpg

アミューズ全景1


IMG_2008s2008.jpg

アミューズ全景2


ご覧のように、前菜やアミューズなどが小皿で多種提供されるスタイルは以前と変わりません。ただ、趣旨がよくわからないお料理やら食材やら味やらで、全体としてまとまりに欠けていて、雑然とした中で心が落ち着かないままに食事をすることを強いられているように感じました。

この日の食前酒は少し目先を変えてロゼシャンパンでした。銘柄はメジャーどころのランソンでした。辛口で気持ち良く美味しいお酒でその点は満たされました。


IMG_0302s302.jpg

バター1


IMG_0303s303.jpg

バター


IMG_0304s304.jpg

パン1


IMG_0305s305.jpg

パン2

バターは多種類提供されていて、これは最近のトレンドなのでしょうか、別の香辛料や食材などを練り込んだバターが含まれています。一番上のものは見るからに濃厚そうで、農業大国フランスの面目躍如といった感じの味でした。

またバターでいうと燻製にしたバターもまたトレンドのように感じました。

パンは上質な素材を使用されているのでしょうが、以前に感じたような感動はありません。


IMG_0306s306.jpg

ビーツを使用したアミューズ


IMG_0307s307.jpg

ムール貝を使用したアミューズ


IMG_0308s308.jpg

野菜を使用したアミューズ


IMG_0309s309.jpg

貝類を使用したアミューズ


IMG_0310s310.jpg

アミューズ

アミューズ用の説明書があってそれを受け取りましたし、当日サービスの方が丁寧に説明をしてくれたりもしましたが、今ひとつ何を提供したのか定かとは言いがたく、今までにガニエール氏のお料理から感じる鬼気迫るようなものを全く感じなかったです。

牡蠣の風味のする葉なんてそのままで調理とは到底言いがたく、うちはこんな食材まで使っているよ、というただの自慢にしか思えずかえって印象が悪かったです。

お腹は長旅で比較的常に満たされていて、あまり食物を受け付ける状態ではありませんでした。そんなわけでこの日はメイン一皿をアラカルトでお願いしました。

訪問時の旬の食材ということもあって、白トリュフのリゾットを以前一つ星店でいただいたものと比較するという観点からもお願いしてみます。


IMG_0312s312.jpg

白トリュフ


IMG_0313s313.jpg

白トリュフのリゾット


IMG_0314s314.jpg

イカとモルタデッラ(ハム)の炒め物


値段からすると一つ星で食べたリゾットの3倍以上のお値段です。正直シンプルなリゾットが私の希望でしたが、ガニエールのものは色々と具材が載っていてお値段としては不当とまではいえないようでした。

それでも、今までのガニエール氏のお料理だったらもう少しお皿の上がきれいにまとまっていたり、意表を突くようないい意味で型破りのたたずまいを見せたかと思うのですが、この日のリゾットは単に豪勢な周辺アイテムを散らしただけのようにしか思えず、またお味も今ひとつ気配りが足りず正直失望しました。これもシェフ不在のせいなのでしょうか。

たっぷりとかけていただいた白トリュフはさすがにしっかりと香っていますが、海老やらビスケットやら余計な物が色々と載っているためか白トリュフの本質に迫りきれなかったという印象を受けました。

リゾット自体もそうでしたが、リゾットに添えられていたいかの炒め物は塩気が強すぎました。こうまで味付けが雑になるのかと悲しくなります。どこかで飛び入りした安食堂ならともかく、ここは天下の三つ星で、しかもガニエール氏のお店なのですから。

味に失望したのと全く別の話になりますが、最近のトレンドの一つでしょうか、円形状のものを丸皿のお料理に配するというプレゼンをいくつかのお店で見かけました。

この日私が頼んだお料理でいうと、リゾットの上に丸い枠状に焼かれた栗のビスケットが配されていて、さらには透明の膜になっていますが柑橘類の果汁でしょうかそれをゼラチンで固めたような丸形のシートもまた上に載っていました。


MG_0315s315.jpg

最後はお勧めの自家製フレッシュハーブティーで締めます。小さいプティフールがお伴です。以前プティフールはもっと個性的でしたが、どこででも見かけるようなものになっていました。

IMG_0316s316.jpg

とにかく色々なものが時の移ろいと共に変わっていくというのがよくわかりました。三つ星店もいつまでも同じ星の数が保障されていると考えるのはあまりに無邪気だと理解した方が良いでしょう。


(いただいたもの)

アラカルトで…

アミューズ各種

白トリュフのリゾット

自家製フレッシュハーブティー


お酒:シャンパーニュ ロゼ(ランソン)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:広島「ル・ジャルダン・グルマン」(★)

「食いしん坊の(ための)庭」というのがレストラン名称の直訳になりますでしょうか。広島市街からみて西の郊外、広島電鉄の駅が最寄りのレストランになります。

以前、読者様もこちらを訪ねていらっしゃいました(その時のお写真がこちら)。

郊外でかつ自家栽培のお野菜などを使用したフレンチというととても期待が高まります。外からはわかりにくいですが、店内は静かな高級店の雰囲気があってくつろげる空間ではありました。

食前酒選びの際にシェフとお話してその印象も悪くなかったのですが、お店の運営についていくつかの欠点が目についてしまい、再訪はないとの結論になってしまいました。食前酒の選択から最初の前菜あたりまではいい感じに進んでいたのですが。

私を一番失望させたのは、デザートが提供されるはずのサービスの回において、デザートではない単なる果物をそのままの形で提供してきたことです。果物にかかっている蜂蜜ソースに手が加わっているのはわかりましたが、単なる果物をあたかもデザートのように提供する姿勢がこれまでの数少ない経験と照らしてもそうそうない体験で、許せなかったです。これまでの体験ですと、どんなカジュアル店でもちゃんと素材にフランス料理の技術に則って手を加えたものをデザートとして提供して下さっていました。

美味しい、美味しくない、パフォーマンスが良い、悪い以前の問題です。

フランス料理を標榜するお店ならばどんなにシンプルでも良いので素材に手をかけて一皿の料理に仕上げて提供して欲しいです。果物は美味しいものを使っているのかもしれませんが、手抜きをされている、料理をしていないという印象の方が強くてお店にとってマイナスでしかないでしょう。

シャインマスカットの名前もデザートメニューにありましたが、おそらくこちらもシャインマスカットをそのまま提供し、白ワインのジュレか何かをかけて提供するものでしょう。

唯一手がかかったと思われるデザートがフォンダンショコラでしたが、さっぱりしたデザートが食べたく思い、今回注文したものをお願いした次第でした。

正直大して好きでもないパッションフルーツをほじって中味を食べる作業を強いられるのは、最初に感じた失望もあいまって苦痛以外の何物でもなく、今食べている物体を美味しいと感じることを大いにさまたげていました。

他にも気になったのはお魚料理の身質でしょうか。低温調理で弾力がすごいですが、お魚自体の旨みは感じにくく、水分が多いスープスタイルのソースと相まって美味しい料理からははるか遠くなっていしまっていました。

さらにはこれも個人的には大きかったのは店名でジャルダン(=「庭。菜園。」)をうたっていながらフレッシュハーブティーの用意がなかったこと。緑に何の縁もない都心の店でも気の利いたところはフレッシュハーブティーを常に用意しているのが今の時代です。

自然に近いはずで、何ならその日その用意がなくても裏に出て適当に生えているハーブを摘んでくれば何かしらのハーブティーが作れたのではなかったでしょうか。そこまでこちらがいうのはやはり違う(自分でそれくらい気を回して欲しいから)と思ったので甘んじてカフェをいただきました。

カフェについてもミルク多めを所望していましたが、果たして温かいカフェに冷たいミルクをご用意くださいました。同じ広島の一つ星店「ル・カドゥ」さんではミルクをこちらはを気遣ってミルクを温めてくださいましたので、気の利く利かないで言ったらどちらに軍配が上がるか自ずとわかるというものです。

さらには最後急いでいたので珍しくレジで立って会計しましたが、担当したシェフの奥様、レジに打ち込んで金額が出ているのにこちらにその値段を伝えてくれません。レジに金額が表示されているからそれを見て払いなさい、ということでしょうか。コミュニケーションのなさにあきれてしまいました。いつもはテーブル会計で、こうしたレジでの会計に慣れていないにしても、いくらになりますと一言言えないものでしょうか。まだまだ若いサービスの人ならまだしょうがないねと思えますが、お店ではある意味一番偉い立場にいるのですから、そんなことくらいはわかっていて欲しかったです。

最初それなりにお野菜をふんだんに使ったお皿を食べていい気持ちになっていましたが、最後に行くにつれてどんどん残念な体験をする形になってしまい、後味悪く店を後にすることになりました。

幸いもっと広島の中心に近い場所にいいお店がありますのでこちらにうかがうことはもうないでしょう。


(いただいたもの)

ランチコース

パン:酸味ある田舎パン(温めて提供) バター付き


IMG_0874s0874.jpg

食前酒:ビールの泡をのせたベリーニ(桃ジュースとシャンパン) (別料金)



IMG_0877s0877.jpg

じゃがいもとウイキョウのスープ


季節の野菜(サラダ)


石鯛の低温調理


IMG_E0886s0886.jpg

長州鷄ムネ肉


新潟産パッションフルーツ(生のまま) 蜂蜜ソースがけ





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:広島「ル・カドゥ」(★)

こちらはミシュラン広島特別版2018にて一つ星評価を受けているお店になります。暑いさなかでしたが広島駅から少し歩いてランチを頂いてきました。かつての大名庭園「縮景園」の目の前という立地になっていて、いわゆる広島の繁華街からみると北の方角に少し外れた場所にあります。裁判所や法曹関係の施設がある静かな地域といえるのかもしれません。

お店の入口に看板がなく少しわかりにくいのですが、外のドアを開けたらすぐに地下に下りていく形になります。足下や頭上に要注意箇所があって店員さんが都度教えてくれました。

IMG_8527s8527.jpg

カウンターとテーブル2卓の小さいお店ですが、地下にあることもあいまって隠れ家の感じが出ていていいサイズですね。この日、奥のテーブル席は女性客で満員のようでしたがカウンターは一人だけで、結果的に貸し切りになっていてくつろげました。カウンターの椅子は片側だけ肘掛けがついている実用的かつおしゃれなもの。

最近お値段を上げたようですが、それでも提供される料理の質や皿数からするとリーズナブルにランチが楽しめ、好印象でした。告げられていたコースのお値段に税金などがかかるのかと思っていましたがそんなこともなかったので、その点も良心的に感じました。

夏真っ盛りということでそんな季節に美味しい食材が並んでいたのでしょうが、印象としてはお野菜をかなり大切にされていてどの皿でもメインとして扱っているといっていいくらいに存在感があったように感じました。それはただ単に夏という季節の特徴なのかもしれませんが。

穴子も豚もそれぞれに上等と思いますが、鮎と合わせたズッキーニなど、何でもないような素朴な食材が美味しくされているのを感じられて印象に残りました。ズッキーニ自体大きくて食べでもありましたし、鮎のフリットや鮎の魚醤ソースなどと合わせていて飽きることなく最後まで美味しく頂けました。ズッキーニ自体の調理にも秘密があるように思いました。

IMG_8534s8534.jpg

また、シェフが手作りされているという大きなパンは熱々で提供され、自然なお味でとても美味しかったです。食べやすく切り出されたバターも一緒に提供していただけるので最初の一個はすぐになくなってしまいました。

サービスはそつなく、小所帯の利点かスタッフとシェフの間でしっかり意思統一されている印象で料理提供も、料理の説明もきっちりされていて快適でした。

ただ一つ気になったのはナプキンの提供をされていない点でした。それこそどんなカジュアルなお店でも紙か布かの違いはあれナプキンが提供されないお店をフランスでも、日本(のフランス料理店)でも見かけたことはなく、そこは当たり前のサービスかと思っていたので面食らいました。それでもナプキンについて聞くと、こちらが強くお願いするまでもなく提供して下さいましたことを書き添えておきたいと思います。

この点については、(一つ星というお店の格からすると布が理想的ではありますが)紙でも構いませんので常にお客さんにナプキンをデフォルトで提供されることをお店自身のためにお勧めしたいと思います。

食後、二名の店員さんとも親切に見送ってくれましたし、シェフは最後わざわざ店の出口の所まで階段を上って待っていて下さって、ごあいさつできてよかったです。

店名の由来を聞き忘れましたが、フランス・クールシュヴェルの二つ星店「KII(カドゥ)」からとったものかと勝手に思っていました。次回シェフにうかがってみたいと思います。

ほぼ日替わりで食材に合わせてメニューを変化させ、提供していくという私の好みのスタイルで営業されているとのことで、近くにいたら常連になりたいお店だと思いました。こちらにはまた近いうちに是非うかがいたいと思います。


(いただいたもの)

ランチコース(おまかせ一種類のみ)
(→自家製パン(カンパーニュ、いちじくパン他)とバターつき。)

IMG_E8529s8529.jpg

鮎とズッキーニ
(→ズッキーニの上にうるかソースを塗り、鮎の内臓のソースをかけて。鮎のフリット添え。)


IMG_E8533s8533.jpg

とうもろこし
(→とうもろこしのアイスクリームのコンソメジュレがけ。生のとうもろこしとポップコーン添え。この季節に嬉しい、冷たいお出迎えで気が効いています。普通に美味しいです。)


IMG_E8535s8535.jpg

穴子とナス
(→穴子、なす、なすのピューレに赤ワインの山椒の入ったソースで。なすが主役と思える一品。熱々で美味です。)


IMG_E8537s8537.jpg

神石高原ポークとパプリカ
(→ロースのローストと黒酢煮込みとパプリカ釜入り。ローストは脂身たっぷりで甘くて美味しいです。煮込みは普通に美味しくやや酸味を感じるお味でした。)

スイカ
(→黄と赤のスイカのソルベ。赤にはフランスのフルードセルをかけ、黄色はクリームスイカ使用。スイカの香りがしっかりして、滑らかな口溶けでこの季節に嬉しいデザートでした。写真は後日インスタグラムにアップします。)

プリン
(→ただのプリンではなくお店オリジナルのようです。とても濃厚なお味でそれでいてくどくはなく、お店の定番といってもいいデザートかと思いました。また食べたくなるお味です。写真は後日インスタグラムにアップします。)

食後のお茶(カフェ(温かいミルクでカフェラテ風に)) 小菓子(ラスク)
(→フレッシュハーブティーの提供もできるようですが、この日はあいにく切らしていてありつけませんでした。そんなわけで次回は是非頂きたいと思います。こちらのカフェは普通のコーヒーがデフォルトのようでしたが、ミルク入りを所望すると気を利かせて下さってカフェラテ風にミルクを温めて提供して下さいました。そんな細やかなお気遣いがとてもありがたかったです。)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: