FC2ブログ

フランスガストロノミー界最新情報:ジャン—フランソワ・ピエージュ氏新店

自身のお店「ル・グラン・レストラン」のシェフとして長らく二つ星を維持されているジャン—フランソワ・ピエージュ氏が、このたび改装なった歴史的建造物、パリ8区の「マリーヌ館(l’Hôtel de la Marine)」内のレストランをプロデュースすることになりました。

同館はコンコルド広場に所在し、1798年に海軍省本営として利用される以前は王室調度品保管庫として利用されてきた由緒正しい建物とのことで、その美術的、博物的価値からでしょう、各種見学コースが設定されており、観光スポットとしてオープンしています。

2021年9月オープン予定の新店名称は「ミモザ(Mimosa)」となります。

メニュー等詳細は未だ不明ですが、南の太陽溢れる地方からインスピレーションを得たお料理を提供するコンセプトのようです。

テラス席が昼120席、夜190席、室内の席数100席、バー55席と、前回記事にした「ラ・ブルス・ドゥ・コメルス ピノ・コレクション」内のブラス氏の新店同様、かなりの大箱です。

また、同館内には、大昔に三つ星に輝き、最新版ミシュランには掲載されていないものの、現在もレストラン営業されているパリ6区「ラペルーズ(Lapérouse)のセカンドラインに当たる「カフェ・ラペルーズ(Café Lapérouse)」の初となるお店が、モマグループ(Moma Group)により運営されることになっています。





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

フランスガストロノミー界最新情報:ミシェル・ブラス氏パリ新店

フランスでは先月中旬頃に多くのレストランが再開され、関係者やお客様がその喜びを分かち合ったようです。

さて、ミシェル・ブラス氏の新店は、ブラス家初となる首都パリのレストランです。

お店が入るのは、「ラ・ブルス・ドゥ・コメルス ピノ・コレクション(La Bourse de commerce – Pinault Collection)」という現代アートの新しい美術館の最上階四階部分になります。ここの建築は安藤忠雄氏が担当されています。

お店の名前は、「ラ・アル・オ・グラン(La Halle aux grains)」で、ここでいう「グラン」は穀物、種子、豆の意味です。食材としての種子類、穀物、ナッツ、果実などに注目し、焦点を当てたお料理を提供する趣旨のようです。メニューを見ていると、括弧書きされ、それら食材が強調されているのが分かります。

座席数は100席以上という大箱で、しつらえはレストランというよりファストフードといった簡素なもののようです。もちろんナップのあるテーブルに、ひじ置き付きの椅子などは望むべくもありません。

ランチは前菜、メイン、デセールの三皿で54ユーロ、料理三皿、チーズ、デセールで78ユーロ、これに料理及びデセールがそれぞれ一皿ずつ加わったコースが98ユーロとなっています。アラカルトも用意されています。営業時間は、12時から15時までで、火曜は定休です。

ディナーは、上記コースのうち78,98ユーロのコースに加えて、昼同様のアラカルトの用意があります。営業時間は、19時半から24時までです(定休日なし)。

セカンドラインとはいえ、比較的アクセスしやすい値段設定になっていますね。これらコースはムニュ・デクベルト(Menu découverte=ディスカバリーコース)の位置づけで、季節や市場の食材に応じて提供されることになるようです。

グラスワインの用意もあり、シャンパーニュもグラスで楽しめるようです。

また、美術館内の飲食店ということもあり、カフェタイム15時から18時・火曜定休)も設けられていますが、こちらの予約はできないようになっています。

開店予定日は2021年6月10日ということで、もうすぐですね。

レストランの予約はインターネット経由又は電話(火曜は受付なし)で、30日先まで予約ができるようになっています。すでに予約はあらかた埋まっていますが、空いている日程もあり、大箱ということもあって、日本から行けるようになる頃には普通に予約が入るのではないかと思います。

料理写真もちらほらあり、見た感じからすると一つ星を狙う志はあるお店と思います。来年のミシュランの注目の一店になるでしょう。

気になる方は、こちらのリンクからお店のサイトを御覧下さい。ある程度詳細なメニューを見ることができます。


アル・オ・グラン レストラン・カフェ
ブルス・ドゥ・コメルス四階
ヴィアルム通り2番 パリ1区

Halle aux grains – Restaurant-Café
Bourse de Commerce – 3e étage
2 rue de Viarmes – 75001 Paris

Tél : +33 (0)1 82 71 71 60




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

フランスガストロノミー界最新情報:星付きシェフ訃報、星付き店売却情報、星付き店新シェフ就任情報

 久しぶりにフランスガストロノミー界の情報を提供いたします。最新とまでいかないかもしれませんが、日本語での提供ということでしばしのライムラグについては御容赦ください。


① 星付きシェフ訃報:フィリップ・ダ・シルヴァ(Philippe Da Silva)氏逝去

 かつて二つ星時代のパリ「シベルタ(Chiberta)」で修業され、カラ(Callas)で長年一つ星店を営まれ、フォワグラのラビオリ、オマール海老のサラダなどの自身の代表的料理を提供されていた、ポルトガル出身のフィリップ・ダ・シルヴァ氏が今年4月24日にコロナ感染により亡くなられたとの訃報が入っています。


② 星付き店売却情報:ブヌ「ル・シャトー・ドゥ・ボーリユー」(★★)売却

 自身が二つ星シェフであるマルク・ムラン(Marc Meurin)氏が、フランス北部ブヌで二つ星店「ル・シャトー・ドゥ・ボーリユー(Le Château de Beaulieu)」他の複数店(四つ星ホテル、「ル・ジャルダンダリス(Le Jardin d’Alice)」)を所持する会社「ソシエテ・ムラン」を、このたびクリストフ・デュフォセ(Christophe Dufossé)氏に、今年4月15日に売却されたとのことです。

 マルク・ムラン氏は、1992年にベテューヌ(Béthune)で一つ星を、1998年には二つ星を獲得されて、現在に至っています。

 クリストフ・デュフォセ氏は、かつてメッスにて一つ星店を経営されていたとのことです。また、ムラン氏には今後もいくつかの計画があると報じられていますので、二つ星シェフの今後にも是非期待したいと思います。


③ 星付き店新シェフ就任情報:パリ8区「ルカカルトン」新シェフ就任

 ジュリアン・デュマ(Julien Dumas)氏が離任して以来、後任シェフに注目が集まっていた、パリの老舗料理店「ルカカルトン(Lucas Carton)」ですが、新しいシェフの就任が決まりました。

 新シェフは、ヒューゴ・バーニー(Hugo Bourny)氏で、三つ星シェフであるアルノー・ドンクル(Arnaud Donckele)氏の下で修業され、その後「ピック」でシェフを務め、一時は同グループ内のエグゼクティブシェフまでなられた方です。その後は、今年二つ星となったエレン・ダロッズ(Hélène Darroze)氏のパリ6区「マルサン」の発展に貢献したなどの経歴をお持ちのようです。

 新シェフの稼働は、今年7月1日からの予定となっています。





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

フランスガストロノミー界最新情報:パラスホテル新シェフ就任、タイユヴァン新シェフ就任、サン・ジェムズ・パリ新シェフ就任

久しぶりに、ガストロノミー界の人事異動を記事にいたします。


ビアリッツ「オテル・デュ・パレ」内レストラン新シェフ就任

フランス国内の数少ないパラスホテルの一つである、ビアリッツ「オテル・デュ・パレ」内レストランの新シェフとして、先日も今後の新計画について記事にした二つ星シェフであるクリストフ・エ氏(当該記事はこちらから)の元で修業をしたオレリアン・ラルゴAuélien Largeau)氏(28歳)が就任されています。


「タイユヴァン」(★★)新シェフ就任

先日、ジョスリン・ハーランド氏のシェフ辞任を記事にしました(当該記事はこちらから)が、後任シェフの報が入ってきています。遅くなりましたが、簡単にお伝えしておきます。

新シェフは、かつてクリストフ・プレ氏の「ラ・ビガラード」でセカンドを勤め、「ラ・クラランス」にてエグゼクティブシェフを務められたジュリアーノ・スペランディオGiuliano Sperandio)氏になります。


③ 「サン・ジェムズ・パリ」新シェフ就任

こちらもシェフが頻繁に変わる印象があるお店ですが、今回のシェフとの相性はいかがでしょうか。5月以降の店舗再開に向け、新シェフとして、老舗店「ルカ・カルトン」元シェフジュリアン・デュマJulien Dumas)氏が就任することとなりました。レストランのお料理だけではなく、ホテルの食事一般についての責任者という立場になるようです。





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星付き店シェフ辞任情報:パリ8区「タイユヴァン」(★★)シェフ辞任

コロナ禍で不本意な閉店を強いられているということもあったようですが、新しい方向に進むという趣旨から、同店エグゼクティブシェフであるジョスリン・ハーランド氏が、両者合意の上で2021年3月8日をもって同店シェフを辞任されるとのことです。

ここ数年同店ではシェフの変更が相次いでいて、経営陣に少し難がある印象をもちます。この感じでは、新経営陣であるガルディニエ兄弟による同店の三つ星奪回(彼らにとっては新規獲得)は厳しいかもしれませんね。





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: