星付きシェフ来日情報:イタリア一つ星シェフ、能田耕太郎氏来日

イタリア・ローマの一つ星レストラン「bistro64」のシェフである能田耕太郎氏が来日され、京都で賞味会を開催されます。つい最近欧州で活躍する日本人星つきシェフを紹介するテレビ番組がありましたが、そこにも登場されていましたね。地元の方にも評判の良いビストロのようです。

以下、今回のイベントの概要を引用いたします。


ミシュランガイド・イタリア一つ星に2度輝いたシェフ能田耕太郎氏のランチ&ディナー(要予約)

main_20170726190521ea5.jpg

これまで世界各国より様々なシェフを迎え、日本では日頃味わうことのできない数々のメニューを提供してきたザ・リッツ・カールトン京都では、このたび8月10日から12日の3日間限定で、ミシュランガイド・イタリア2017より、イタリア料理において一つ星を獲得した日本人シェフ、能田耕太郎(のうだこうたろう)氏のランチとディナーを提供いたします。

能田氏は日本の大学を卒業後、1999年にイタリアへ渡って各地の厨房で修行を積み、2010年11月、ヴィテルボのリストランテ「エノテカ・ラ・トーレ」時代に、ミシュランガイド・イタリア2011より一つ星を獲得しました。その後、最先端のニュー・ノルディック・キュイジーヌへの理解を深めるべく、最高峰の北欧料理店で研修を重ね、再びイタリアに戻り、現在料理長を務める「bistrot64」にて2016年11月、ミシュランガイド・イタリア2017より二度目の一つ星を獲得。イタリアにおいてイタリア料理のシェフとしてミシュランから二度の評価を得るに至った初の日本人となります。

同シェフが「bistrot64」で提供しているメニューを含めた、前菜、メイン、デザートと充実の取り揃えのランチとディナー各2種類のコースをご用意しました。中でも、黒をコンセプトとして活躍中の日本人スタイリストをイメージした、「スズキのオールブラック仕立て」は、受賞歴ある強豪シェフらが競うイタリアのフードコンテストでも高評価を得ている作品です。その他にも、京都の野菜を中心としたフィンガーベジタブル、ジャガイモを長細く切ってスパゲッティーに見立てた「バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー」など、能田氏の技が存分に発揮されたお料理の数々を、この機会にザ・リッツ・カールトン京都でご堪能ください。


日時:2017年8月10日(木)8月12日(土)
(ランチ:11時半〜14時半(ラストオーダー)、ディナー:18時〜21時半(ラストオーダー))

会場:ザリッツカールトン京都内「ラ・ロカンダ
料金:
<ランチ>
5品コース5,900円/6品コース8,900

<ディナー>
8品コース13,000円/10品コース16,000

※表示料金には税・サービス料が含まれません。

お問い合わせ先:
Tel 075-746-5522
(レストラン予約直通/受付時間:9時〜18時)


■ランチメニュー

・5品コース
付き出し/
バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー/
カラスミのアーリオオーリオぺぺロンチーノと焦がし小麦のフェットチーネ/
スズキのオールブラック仕立て/
モノクローム 黄色

・6品コース
フィンガーベジタブル/
バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー/
カラスミのアーリオオーリオぺぺロンチーノと焦がし小麦のフェットチーネ/
スズキのオールブラック仕立て/
仔牛のサルティンボッカ/
モノクローム 黄色

■ディナーメニュー

・8品コース
フィンガーベジタブル/
バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー/
カラスミのアーリオオーリオぺぺロンチーノと焦がし小麦のフェットチーネ/
パプリカのリゾット 鶏肉のポルペッティーネ/
スズキのオールブラック仕立て/
仔牛のサルティンボッカ/
お口直しのシャーベット/
モノクローム 黄色

・10品コース
付き出し/
フィンガーベジタブル/
バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー/
茄子のパルマ風/
カラスミのアーリオオーリオぺぺロンチーノと焦がし小麦のフェットチーネ/
パプリカのリゾット 鶏肉のポルペッティーネ/
スズキのオールブラック仕立て/
仔牛のサルティンボッカ/お口直しのシャーベット/
モノクローム 黄色

※ランチ、ディナーともに、お客様のお好みのメニューをお選びいただける、アラカルトも対応いたします。
※ソムリエが能田氏の各メニューにぴったりのワインを選定したワインペアリングメニューを提供いたします。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星つきシェフ来日情報:香港星つきシェフ来日コラボディナー会

8月、10月と別のシェフが来日されていずれも「ブルガリ東京」シェフのルカ・ファンティン氏と特別なコラボ賞味会が企画されることとなりました。

8月来日のウンベルト・ボンバーナ氏はイタリア以外では唯一の三つ星イタリアンシェフとのふれこみなのですが、サンフランシスコのイタリア料理店「Quince」が2017年版より三つ星とのことで店側の情報にアップデートがなかったようです。

10月来日のシェフは「龍吟」を経由して香港の支店を任されていた佐藤秀明氏で、現在は香港でご自身のお店「Ta Vie旅」(★★)を経営されている方になります。フレンチから日本料理のキャリアを始められた珍しい経歴をおもちの方のようです。

以下、概要を引用いたします。


main.jpg

ブルガリのエグゼクティブシェフ ルカ・ファンティンと香港のトップシェフとのコラボレーションが実現

ブルガリ東京レストラン、エグゼクティブシェフ、ルカ・ファンティンと、香港のトップシェフがコラボレーションすることになりました。これは「サンペレグリノ」と「アクアパンナ」が支援する美食家のためのオンラインマガジン「Fine Dining Lovers(www.finedininglovers.com)」のサポートにより実現したものです。

8月に来日するのは、アジアでミシュランの三つ星を獲得した最初のイタリアンレストラン、「8½ Otto e Mezzo BOMBANA(オット・エ・メッツォ・ボンバーナ)」のウンベルト・ボンバーナシェフ。 北イタリアのベルガモ出身で、ミラノ郊外のミシュラン一つ星レストラン、「アンティカ・オステリア・デル・ポンテ」、ロサンゼルスの有名店「レックス・イル・リストランテ」などで腕を磨き、1993年ザ・リッツ・カールトン香港の「トスカーナ」のマネージメントに着手し、瞬く間に有名高級レストランの仲間入りを果たしました。洗練された北イタリアの料理に対する彼の天賦の才能と情熱は、香港の5年間で卓越した食を生み出しました。2008年には「8½ Otto e Mezzo BOMBANA(オット・エ・メッツォ・ボンバーナ)」をオープン。敬愛する映画監督フェデリコ・フェリーニの映画『8½』への賛辞としてシェフ自身が選んだレストランの名前は、イタリアのライフスタイルと芸術への賛歌です。2010年12月、オープンからたった11ヶ月で、レストランはミシュランガイド香港マカオ2011のミシュラン二つ星に輝き、2012年にはミシュラン三つ星を獲得。イタリア国外で初の、そして唯一、最高レベルの評価を受けるイタリア料理店となり、それ以来6年連続で獲得し続けています。またボンバーナシェフの料理帝国は中国本土にも拡大し、上海、北京、マカオ、太古城などに次々とレストランを展開。常に尽きることのない創造力を持ち、伝統的なイタリア料理の限界を押し上げる意欲に満ち溢れたボンバーナ シェフ。2017年にはアジアベストレストラン50・ダイナーズクラブ(R)「ライフタイム・アチーブメント賞」を受賞しました。

10月には、「Ta Vie 旅」の佐藤秀明シェフがコラボレーションのパートナーとして来日します。 佐藤シェフは、1976年、長野県生まれ。当初フランス料理に入門し、10年以上フランス料理店の厨房にて研鑽を積みますが、ルーツである日本食に徐々に魅了され、路線を変更したという異色の経歴の持ち主です。ミシュランの三つ星レストラン日本料理「龍吟」の門戸を叩き、山本征治シェフの指導の下3年間修行。その才能が認められ、2012年、東京以外の場所に初めてオープンした香港の「天空龍吟」の料理長に抜擢されました。「天空龍吟」はオープンまもなく、ミシュラン二つ星を獲得し一躍注目のレストランとなります。2015年に、自分にしかできない料理を出すために、「Ta Vie 旅」をオープン。 清らか、シンプル、季節感というキーワードの下、慎重に食材を選び、味や食感を引き出す、佐藤シェフのひらめきとバランス感覚は、彼の料理すべてに行き渡っています。2016年、「Ta Vie 旅」は香港では数少ない、アジアベストレストラン50 の48位にランクイン、2017年には33位に浮上し、 アジアでもトップレベルのレストランとしての地位を築きました。

開催日時:
2017年8月25日(金)・26日(土)
ウンベルト・ボンバーナ(Umberto BOMBANA/ 8½ Otto e Mezzo BOMBANA)
※2017アジアベストレストラン50 ダイナーズクラブ(R)「ライフタイム・アチーブメント賞」
2017アジアベストレストラン50  4位、 ミシュラン三つ星

2017年10月10日(火)
佐藤秀明(Hideaki SATO/Ta Vie 旅)
※2017アジアベストレストラン50  33位、 ミシュラン二つ星

場所:「ブルガリ東京」
料金:ディナーメニュー1名様 35,000
(ワインペアリング含む。税・サービス料別。)

問い合わせ先:「ブルガリ東京」(03-6362-0555)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星つきシェフ来日情報:フィリップ・ミル氏来日イベント

シャンパーニュ地方で二つ星を維持され、今年3月には六本木にご自身のお店を開いたフィリップ・ミル氏がこのたび来日され、同店で夏の新メニューを披露されるとのことです。以下概要を引用いたします。

詳細につきましてこちらをご覧ください。

夏の新作メニューお披露目ガラディナー

優雅なシャンパーニュサロンとして3月17日にオープンした「六本木テラス フィリップ・ミル」。
テラスで味わうシャンパーニュが最上の季節となった7月
フィリップ・ミル氏を迎え、夏の新作メニューのお披露目を兼ねた
ガラディナーを開催する運びとなりました。
当日は、フィリップ・ミル氏が皆さまをお迎えいたします。
お料理とシャンパーニュの華麗なるマリアージュを心ゆくまでご堪能ください。

開催日時:2017年7月24日(月)
場所:「六本木テラス フィリップ・ミル」
時間:18時半アペリティフ/19時ガラディナー
料金:35,000円(お料理・ワイン・サービス料込み、税別)

オンライン予約はこちらからどうぞ


フィリップ・ミルPhilippe MILLE)氏 略歴
1974年:フランス・ブルターニュ地方生まれ
2003年:二つ星レストラン「ル・ムーリス」のスーシェフに就任
2009年:ボキューズ・ドール国際料理コンクールにてボキューズ・ド・ブロンズ(第3位)獲得
2010年:「ドメーヌ レ・クレイエール」にてレストラン「ル・パルク」、ブラッスリー「ル・ジャルダン」のシェフに就任
2011年:フランス国家最優秀職人賞(M.O.F)を獲得
2011年:ドメーヌ レ・クレイエール」の総料理長として、ミシュランガイド一つ星獲得
2012年:「ドメーヌ レ・クレイエール」の総料理長として、ミシュランガイド二つ星獲得
2017年:ボキューズ・ドール国際料理コンクールにて日本代表シェフ長谷川幸太郎のコーチを務める




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星付きシェフ来日情報:パリ「ケイ」(★★)オーナーシェフ来日

最新版のミシュランフランスにて二つ星に昇格された小林圭氏がこのたび来日されて賞味会を開催されるとのことです。以下概要を引用いたします。

詳しくこちらのリンクからどうぞ。


「Restaurant KEI」特別賞味会

フランス・ミシュランガイドにて2017年、外国人オーナーシェフとして初となる二つ星を獲得した小林圭氏による特別賞味会。
珠玉のフランス料理に巧みな和のテイストを加えた、独創性あふれるお料理の数々をお届けします。

「Restaurant KEI」オーナーシェフ・小林圭氏コメント
昨年のフランス料理「クラウン」での賞味会は、パレスホテル東京という素晴らしい舞台でスタッフの皆様の協力を得て、自分でもとても満足のいくチームと仕事をすることができました。それはやはり、料理人の気持ちの高さ、サービスの質、そして組織力のおかげです。今回は、そんな素晴らしい環境の中で前回よりもさらに上の舞台を目指し、お客様に感動をしていただければと思っています。

会場:パレスホテル内・フランス料理「クラウン」(6F)
日時:8月11日(金・祝)・12日(土)  12:00a.m. 〜 2:30p.m. /6:00p.m. 〜 10:00p.m.

料金:
○ランチ  ¥18,000(アミューズ、お料理5皿、デザートの6品)
○ディナー ¥32,000(アミューズ、お料理6皿、チーズ、デザート2皿の10品)

*各料金とも税込・サービス料別となっております。

[ご予約・お問い合わせ]
パレスホテル内・フランス料理「クラウン」TEL.03-3211-5317 (9:00a.m.〜10:00p.m.)


小林 圭(Kei Kobayashi)
1977年長野県生まれ。15歳から料理の道へ入り、長野、東京のフランス料理店にて修業した後、21歳で単身渡仏。一度は帰国するも再び渡仏しフランス南部やアルザス地方の有名レストランにてさらに修行を重ねる。その後パリの「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」にて7年間勤務、3年目からはスーシェフとして腕を揮う。2011年3月に、一世を風靡した重鎮シェフであるジェラール・ベッソン氏の店を譲り受け、「Restaurant KEI」をオープン。2012年から2016年までフランス・ミシュランガイドにて5年連続一つ星を獲得。2017年、外国人オーナーシェフとして初となる二つ星を獲得。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星つきシェフ来日情報:徳吉洋二シェフ(ミラノ「RISTORANTE TOKUYOSHI」オーナーシェフ)来日

昨年も来日されたイタリアでご活躍されている日本人星つきシェフの来日賞味会のご案内です。

以下概要を引用いたします。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。


「RISTORANTE TOKUYOSHI」(リストランテ トクヨシ)フェア
―世界で活躍する日本人シェフフェア第4弾―


イタリアで日本人オーナー初のミシュラン1つ星を獲得。
2017年は最優秀クリエイティブ賞(イタリア)を受賞したシェフを招聘し、フェアを開催!

“世界で活躍する日本人シェフ”に焦点を当て、レストランフェアを展開するホテルニューオータニでは、昨年に続きイタリア・ミラノより「RISTORANTE TOKUYOSHI」の徳吉洋二シェフを招聘しフェアを開催いたします。徳吉シェフは、「世界ベストレストラン50」にて2015年に世界第2位、そして2016年には第1位を獲得したイタリア・ミシュラン3つ星「オステリア・フランチェスカーナ」で9年間スーシェフとして務めあげ、満を持して2015年にイタリア・ミラノに自身のレストランを開業しました。その後わずか10ヶ月で、日本人オーナーとしては初のミシュラン1つ星を獲得、2017年は「Identità Golose, Premio Creatività in Cucina 2017」(最優秀クリエイティブ賞2017)を受賞するなど、いま最も注目を集める日本人シェフです。

開催日時:2017年8月25日(金)〜27日(日)
場所:ホテル・ニューオータニ内「ベッラ・ヴィスタ」
時間:ランチ12時/ディナー18時半(25日は19時)
※上記時間はお食事スタート時間
※お席へのご案内は30分前より

料金:ランチ15,000円/ディナー26,000
※税金・サービス料別
※ニューオータニクラブのお客さまは特別フェアの為、ポイントのみの加算になります。

ご予約/お問合せ:Tel.03-3238-0020(ベッラ・ヴィスタ 直通)
またはこちらのページからどうぞ





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: