FC2ブログ

レストラン訪問記:パリ8区「ル・ガブリエル」(★★)【読者様提供】

ミシュランフランス2019の速報を挟んだため掲載に時間がかかりましたが、今回の読者様の美食旅はこれにて終了になります。

20190102120930_IMG_1908.jpg

こちらのシェフはジェローム・バンクテル氏で、お師匠さんはヌーヴェルキュイジーヌの旗手の一人であった故アラン・サンドランス氏になります。


ランチコース


20190102122050_IMG_1913.jpg

シャンパンスナック:(手前から時計回りに)
フォワグラ、オニオン、ベトラーウ
シューフルールのクリスティアン、アモンド
トゥルト(イチョウ蟹)、ユズ、グラニースミス


20190102123135_IMG_1916.jpg

アーティチョーク


20190102124640_IMG_1917.jpg

シャンピニオンとトリュフのマカロン仕立て


20190102125858_IMG_1920.jpg

雉のロワイヤル仕立て、トリュフ、レンズ豆


20190102131536_IMG_1925.jpg

ラーブルドリエーブル、牛蒡


20190102132840_IMG_1929.jpg

20190102133219_IMG_1931.jpg

チーズ:(左から時計回りに)シェルシュールセル、ポンレウ゛ェック、トリュフ入りモンドール アカシアの蜂蜜


20190102134201_IMG_1933.jpg

バニラアイス入りコーヒーのメレンゲ


IMG_1935.jpg

小菓子とエスプレッソ 




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:パリ16区「サン−ジェムズ・パリ」(★)【読者様提供】

読者様のフランス美食旅の続きを掲載いたします。

20190105194506_IMG_2096.jpg

こちらのお店は最新版ミシュランではシェフ交代の影響か星を落としてしまいましたが、経験豊富な読者様のお眼鏡にかなっているようなので今後また盛り返して行くのではないかと思っています。

訪問時はまだ星つきだったということで★印をつけております点、ご了解下さい。

20190105195159_IMG_2103.jpg

宿泊客以外に対するランチ営業はないようですので行かれる方はご注意下さい。


ディナーコース


20190105195627_IMG_2104.jpg

燻製サーモン、チーズとトマト


20190105201418_IMG_2111.jpg

燻製鰻、トリュフ香るポテト


20190105203006_IMG_2113.jpg

シャンピニオンのフリカッセ、トリュフ、
西洋わさびと酒を効かせたセップのムース


20190105205409_IMG_2115.jpg

20190105205659_IMG_2119.jpg

20190105205436_IMG_2116.jpg

リエーブルアラロワイヤル、ペリゴール産黒トリュフ
ポムスフレ


20190105212127_IMG_2122.jpg

キウイのプレデセール


20190105213208_IMG_2123.jpg

ピニャコラーダ、マンゴーアイス


20190105214518_IMG_2126.jpg

小菓子(オペラ、ブラウニー、ピスタチオのフィナンシェ)と
マリアージュフレールのフジヤマ





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:パリ8区「アクラム」(★)【読者様提供】

20190103195315_IMG_2065.jpg

かつて二つ星まで上りつめましたがアジア展開などで本店がおろそかになったのでしょうか現在は一つ星に甘んじているレストランになります。


20190103213619_IMG_2087.jpg

アクラム・ベナラル


ディナーコース


20190103200549_IMG_2068.jpg

ブリオッシュ、パインアップルのソルベ、燻製魚


20190103201144_IMG_2070.jpg

レンズ豆のコンソメ


20190103202030_IMG_2072.jpg

ポティマロンのポタージュ


20190103203306_IMG_2073.jpg

カビオ、ヴァンジョーヌ、鱒のいくらの泡


20190103204409_IMG_2075.jpg

トゥルトと人参のラビオリ、グレープフルーツのオイル


20190103210050_IMG_2081.jpg

20190103210037_IMG_2080.jpg

ランド産鳩のメレンゲ包み、ウィスキーでフランベ
小麦と黒米


20190103210918_IMG_2082.jpg

リカールを使ったグラニテ


20190103211528_IMG_2083.jpg

20190103211531_IMG_2084.jpg

20190103213106_IMG_2086.jpg

林檎のグラニテとタルト
ムースショコラ


20190103213658_IMG_2088.jpg

小菓子とエスプレッソ


20190103195516_IMG_2066.jpg





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:パリ8区「ルカ・カルトン」(★)【読者様提供】

IMG_20190105_115414.jpg

かつて今は亡きアラン・サンドランス氏の時代に三つ星に輝いた歴史ある名店です。現在は若きジュリアン・デュマ氏が厨房を指揮されています。

IMG_20190105_120212.jpg


ランチコース


IMG_20190105_120518.jpg

アーティチョークとマンダリン


IMG_20190105_120821.jpg

サーモンマリネとシャテニエ


IMG_20190105_122130.jpg

トピナンブール、ハイビスカス、ノワゼット


IMG_20190105_123100.jpg

シューフルール、ヤギのチーズ


IMG_20190105_124423.jpg

オマールブルー、ハイビスカス


IMG_20190105_125846.jpg

IMG_20190105_125856.jpg

IMG_20190105_130000.jpg

リエーブルアラロワイヤル


IMG_20190105_132426.jpg

ヤギのチーズとトリュフ


IMG_20190105_135527.jpg

小菓子と緑茶





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:パリ8区「ラ・セーヌ」(★)【読者様提供】

更新が遅れがちで申し訳ありませんが、今後しばらくマイペースな更新におつきあいいただけると助かります。

20190102194535_IMG_1992.jpg

こちらはMOFにも挑戦されてファイナリストにノミネートされていた女性シェフ、ステファニ・ル・ケレック氏が厨房を仕切るお店ですね。


ディナーコース


20190102195433_IMG_1998.jpg

フォワグラのタルト、イカスミ、ポルト酒のゼリー


20190102195441_IMG_1999.jpg

蛸のマリネ、ハラペーニョ


20190102201917_IMG_2000.jpg

20190102201949_IMG_2001.jpg

20190102202808_IMG_2002.jpg

ラングスト(伊勢海老) ココ、シトロン、コンババセップ茸のタリオリーニ、焼き栗 アルバ産白トリュフシャンパンの泡


20190102204225_IMG_2006.jpg

20190102204310_IMG_2008.jpg

20190102205437_IMG_2011.jpg

リエーブルアラロワイヤル


20190102210817_IMG_2012.jpg

キウイを使ったプレデセール


20190102211325_IMG_2014.jpg

オムレットノルヴェジェンヌ風マダガスカル産バニラのアイス仕立て


20190102212808_IMG_2016.jpg

小菓子とエスプレッソ


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: