レストラン訪問記:二子玉川「サレ・ポワヴレ」(ビブグルマン)

あまりご縁がない東京西部ですが、美術館を訪ねる機会がありその途上でお店に寄らせていただきました。

遅い入店で他にお客さんもなくサービス担当の奥様が色々と話をしてくださって退屈することがありませんでした。

遅い時間に入ったのですでに他の客が出たものと思っていましたが、この日は私の予約一件だけとのことでした。つまりこの日は期せずして貸し切りでした。

平日ランチはあまりお客さんが来ないとのことで、一番混むのは土曜日の夜とのことでした。

お料理はランチの一番基本的なコースをいただきました。お値段は本物を提供するのに見合った値段だと思うのですが、正直に言うとメニューに勢いを感じずわくわくがありませんでした。

今日こんな美味しいものが入ったから是非食べてという日替わりであったり、色々なスペシャリテを並べて選べるようにしてあったりといったことがなく、お店からすると安全運転で安定的に営業できる形のメニューだと感じました。

最近はあまり行っていませんが、神楽坂の「ラ・マティエール」などは同じような値段でランチを出していたかと思いますが、前菜、メインともいくつか選択肢があって、どれを選んでも美しい盛りつけのそれなりのボリュームの美味しいお料理が出てきたように思います。

とはいえお店の提案を受け入れるしかありませんので自分がその時一番食べたいものを注文しました。

IMG_3613s3613.jpg

前菜のサーモンの燻製は自家製とのこと。燻製香がしっかりして美味しいですが、ちょっと量が物足りないです。上の葉物類各種の説明もして頂きましたが、個人的には正直あまりわくわくするところではありません。

IMG_3615s3615.jpg

そしてメインは和牛とのことでこちらにしました。ソテーといいつつ実は煮込み料理で柔らかく仕上げてあって美味しいのですが、こちらももう少し欲しい量でした。

さらにいうと新人参とあえて和牛と並列でメニューに書いてあるのでどれくらいの存在感がある人参が出てくるのかと密かに期待しましたが、小さな輪切り一つが横に置いてあるだけでかなり残念な思いがしました。せめて量を増やすなり、切り方を工夫するなりして頂きたかった。

経営上色々な計算が必要なのはわかるのですが、レストランにはエンターテインメント性がやはり求められている場所だと思いますので、お客さんがわくわくするような期待感がもてない場所はやはりどうしても忘れられていく傾向にあるのではないでしょうか。

先日うかがってこちらのブログでも記事にした原宿の「ル・プレヴェール」もスープ、前菜、デザートの盛りつけはそれぞれ小さめでしたがメインはしっかりとした野菜の付け合わせが二品ついきてお魚自体も大きめで美味しく仕上がっていたので最終的には気持ちも、お腹も満足してお店を出ることができました。それでもこのお店の約半額のお値段で食べられます。

とても親切にしていただいたのでお店が良い方向に変わっていけばいいなという願いをこめて書かせて頂きます。お店としては経営が安定していれば問題はなく、今のままでもいいということであれば一一見客がとやかくいう筋合いのことではないのでしょうが。


(いただいたもの)

ランチコース(自家製パン付き)

アミューズ: 自家製リエット

前菜:自家製“タスマニア産サーモン”桜のチップ8時間スモーク

メイン:和牛と新人参のソテー、“三島広川農園”露地野菜と合せて

デザート(おまかせ):レモンタルトとキャラメルのアイス

食後の飲み物:コーヒー

飲み物:グラス白(シャルドネ(ブルゴーニュ))




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:表参道「ル・プレヴェール」

今回のお店は表参道のビルに入っていますが、パリにある比較的新しめのビストロが日本に出したお店になります。

実はかなり前のことですが、パリの本店にディナーでうかがって正直あまりいい印象をもっていませんでした。この時は料理から強めに香る八角の臭いがあまり好きになれませんでした。

最先端とはすなわち周りとは違う「新しい」(とその時代の多くの人が思う)スタイルであったり、味覚であったり、食材の取り合わせであったりの提案のことかと思いますが、彼らからすればこれが自分たちなりに考える最先端の料理、自分たちの個性ということなのでしょう。

しかしフランスの食文化で生まれ育って生きてこずかえって日本で生まれ育った自分からすれば、彼らの最先端はアジアンスパイスの陳腐な発見にしか受け取れず、実際の風味以上にその軽薄な自己主張の感じが好きになれなかったのだと思います。

そんなこともあって正直こちらに行く気はあまりありませんでしたが、今回機会があってランチということもあって気楽な気持ちでふらりと寄ってみました。

IMG_3366.jpg

結果としてはサービスなどはビストロレベルで素っ気ないのですが、最低限押さえるところは押さえていて、温かいパンを出してくるところなど、帝国ホテルより上と感じる点もありましたし、料理も全体として満足できる内容でした。

お昼はお値打ちなワンプレートのハラミステーキのランチが売りのようですが、前菜、メイン、デザートのランチコースもあって、追加料金が必要な料理もあり、内容は多彩でしたね。

見て頂ければおわかりのようにデフォルトの料理(追加料金なしの料理)の選択だけでも十分楽しめるようにはなっています。今回はお試しだったので全部追加料金なしの料理で攻めてみました。

IMG_3370.jpg

メインのお魚(すずき)は付け合わせの野菜(マッシュポテト、揚げ茄子)を含めてなかなかのボリュームで、味もふっくら、しっとりした仕上がりで美味しかったです。そして例の八角の香りがこの皿からしてきましたが、今回は不思議といやな感じはせず、むしろ食欲をそそられる感じでした。

スープ、前菜は量が少なめですが、メインが充実しているので最後には満足できるかと思います。

また上記ランチ以外にもタルトフランベ、ビーフストロガノフや黒毛和牛のステーキなどもあって選択肢が多彩なのでその点もいいですね。ランチのみの破格値のグラスワインサービスもあるので、昼から飲める方にとってはさらに楽しいでしょう。


(いただいたもの)

ランチコース(スープ、前菜、メイン、デザート+パン、コーヒー付)

季節のスープ(おきまり):
○ブロッコリの冷製スープ

IMG_3368.jpg


前菜:
○ブルターニュ地方田舎パテ
・ ホワイトアスパラと温泉玉子の焙煎スパイス風味(追加料金あり)
・ オマール海老と春野菜のサラダ仕立て マンゴーソース(追加料金あり)

IMG_3369.jpg


メイン料理:
・ 豚肉のブーラッシュ ハンガリー風
○ 本日鮮魚のポワレ レモングラスソース
・ 牛ハラミステーキ マッシュポテトの燻製添え(追加料金あり)
・ オマール海老とムール貝のブイヤベース仕立て(追加料金あり)

デザート:
・ ベルギー産生チョコスティック仕立て 黒糖アイス
○ アーモンドのブリュレ メロンのソルベ
・ イチゴのマリネ パセリのアイス
・ プレヴェール特製盛り合わせ(追加料金あり)

IMG_3372.jpg




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:酒田「花月」

米沢を訪問した後は庄内地方へ。山を越えることもあり、また江戸時代異なる藩が治めていたこともあり米沢のある置賜地域とは別の食文化がある印象です。

酒田には昔から有名なフランス料理店がありますが今回うかがったのは比較的新しいと思われるこちらのお店です。

二昔くらい前のフランス料理を提供していると感じましたが、食材は良いものを揃えてくださったのかもしれません。
調理は食材に単純に火入れしただけのシンプルのものと伝統的なソースを使ったものとに二分されていました。

最初の二皿の塩気があまりになくて味がしなかったためそれで個人的な店の評価が概ね決まってしまったのが残念でした。

庄内にうかがうといつも鶴岡にある「アルケッチアーノ」にうかがっていましたが、最近の全国各地でのプロデュース店の乱立のため昔の志が失われているという声も聞かれていて今回はうかがうことがありませんでした。

それでも今回こちらのお店にうかがって、次回はまた「アルケッチアーノ」にうかがいたいと思うようになりました。

出されたお料理の中では北寄貝のパイ包み焼きがとてもいいお味でした。調理法、食材含めて好きな料理でした。

DSCF1190.jpg

北寄貝のパイ包み焼き(開封前


DSCF1192.jpg

北寄貝のパイ包み焼き(開封後


ワインはソムリエの方がいるようですが揃えがとびきりよいわけではありませんね。最近注目度も上がっている日本ワインを全く置いていないのは少し驚きでもありました。

山形にも高畠ワイナリーやタケダワイナリーなど有名なワイナリーがあります。高畠ワイナリーについて今回うかがう機会があったのでまた別稿で書きたいと思います。少し前にできた銀座の新しいビル・シックスの地下にあるワインショップ・エノテカでも高畠ワイナリーのワインが人気のようです。

地域密着のくつろげる人気店というのがこちらのお店の的確な評価かと思います。


(いただいたもの)

おまかせコース
・ 白身魚(すずき?)のカルパッチョ
・ さざえの壺焼き パセリバターで
・ ソフトシェル車海老
・ 北寄貝のパイ包み焼き
・ ノドグロ ラタトゥイユ添え
・ 黒毛和牛ステーキ 粒マスタードソース
・ クレープシュゼットとバニラアイス

ワイン
・ 発泡酒:ロゼのクレマンドロワール
・ 白:シャブリ
・ 赤:ボルドー



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:新宿三丁目「クレッソニエール」

カジュアルフレンチのランチを二度楽しむ機会がありました。場所も良く、週末でもお値打ちなワンプレートランチをやっているため人気があるようです。
平日ランチでも外に並ぶのが普通で待ち人のための席が10席以上用意されています。

店内はこぢんまりしていますが、ちょっと雑然とした雰囲気がそれこそパリの街角にある気取らないビストロのようで雰囲気が出ています。お酒を勧めるメニューもフランス風で、気軽に頼みたくなる感じですね。

初回はちょうどボジョレーヌーボー解禁直後だったのでいただきましたが、評判通り良い出来のようでボジョレーヌーボーにしてはなかなか濃いめの口当たりで満足しました。

ワンプレートランチというと大きめの皿の上に色々載っているイメージでしょうが、こちらのワンプレートは大きなお盆でそこに日替わりのメイン+バターライスのお皿、パン、ニース風サラダ(ミニ)、日替わりスープ、デザート、小さいコーヒーカップが載っています。

IMG_0611.jpg
初回:メイン=サーモンのパイ包み焼き エシャロットのクリームソース、スープ=さつまいも

IMG_0735.jpg
二回目:メイン=鶏もも肉のトマト煮込み、スープ=グリーンピース

メインもスープも日替わりでがんばっています。毎日行っても飽きない工夫が素晴らしいです。スープはサツマイモとグリーンピースに当たりましたが、手作りはやはりいいですね。グリーンピースは少し青臭さがあったかもしれませんが、素材の味ということで美味しく頂きました。

メインは毎週工夫して変えている感じですが、パイ包みの料理があったり、煮込みがあったりバラエティに富んでいます。サーモンのパイ包み焼きをいただきましたが、味がしっかり閉じこもる感じがしてとてもよかったし、手が込んでいて満足感が高かったですね。ちゃんとソースもかかっていますよ。

ニース風になっているミニサラダも手を抜いていませんし、コーヒーは表に返すと店員さんがすかさずやってきて注いでくれますし、なくなればお代わりも勧めてくれます。

料理でも満足できますが、店員さんのきびきびした動きやきちんと出来ているお店のサービスの流れがとても気持ちよいです。

場所は新宿三丁目駅至近のビルの地下なので繁盛するのもうなずけます。夕方までランチを提供しているので週末でも時間をずらせばまず食事にありつけるでしょう。

名物のトマトのファルシ(詰め物)は限定で1時頃には売り切れているようなので、食べたい方はお早めにどうぞ。値段は変わりますが、ステーキや他の料理をメインにしたワンプレートランチも用意されています。

イメージできるようにある週の日替わりメイン、スープを掲載してみます。メイン/スープの順で書いています。

日:豚バラともも肉のパイ包み焼き マスタードのクリームソース/かぼちゃ
月:塩サバのソテー クミン風味のクリームソース/カリフラワー
火:豚肩ロースのパン粉焼き 赤ワインのソース/さつまいも
水:フランス風中肉のハンバーグ 粒マスタードのソース/にんじん
木:鶏もも肉のトマト煮込み/グリーンピース
金:豚肉のリエットのカリカリ焼き 黒こしょうのソース/とうもろこし
土:骨付き鶏もも肉のコンフィ マンゴーのマスタードソース/じゃがいも


(いただいたもの)

・ワンプレートランチ(日替わりのメイン+バターライスのお皿、パン、ニース風サラダ(ミニ)、日替わりスープ、週替わり?デザート、コーヒー)


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:小田原「あじわい回転寿司 禅」

以前テレビで見かけてずっと気になっていたお店にうかがうことができました。

色々な回転寿司店が個性を競う時代ですが、こちらの個性は回転寿司に加えてフレンチとそれに合うお酒も提供している点になります。

IMG_9010.jpg

駅からも少し距離があるので車で行くのが理想でしょうが、そうするとお酒を飲むことができません。タクシーに乗ってもいけますが、今回は駅から歩いてみました。迷わなければ大人なら20分弱で駅からたどり着くことできそうです。

この日は平日で時間も遅めでしたので、楽々入れてすぐに楽しむことができました。
お料理は基本黒板を見る形になります。日々刻々と内容が変化しているのでしょう。お寿司もフレンチも、ワインもデザートもみな黒板に書いてあります。あるいは有名どころのお酒も揃っているようで、酒瓶を見て決めるのもありでしょうか。焼酎の3Mも鎮座していました。飲ませてもらえるのか、飲ませてもらえるとしていくらなのかわかりませんが…。気になる方は是非お店でどうぞ。

店内写真撮影禁止なので、店内の写真は一枚もありません。これまでに多くの客が荒らした結果なのだと思います。そういう人がいるのはとても残念ですね。

さて、メニュー選びですが、お寿司もあればフレンチもあると心が弾んでしばらくは何も決められません。あれもこれもと頼んでいくとものすごい金額になりそうですし、量もすごいことになって最終的に幸せに店を出られない可能性も高くなりそうで怖いです。初めてならなおさら勝手がよくわかりません。

お寿司は基本小さめのアラカルトと考えて、前菜、口直し、箸休め、締めのどこかで適宜注文することにして、フレンチからいくつか気になるものを食べることにしました。本当はお寿司も色々食べたかったですが、量が食べられなそうで今回は少なめでしたが、結果としてはこれでちょうど良かったです。

フレンチからイベリコ豚プルマのステーキとチーズは頼もうと思い、そこを中心に色々と組み立ててみました。
チーズに合わすのはソーテルヌの最高峰シャトーディケム(グラス)で、こちらで初めて味わうことが出来ました。20CCから提供しているのでかなり懐に優しいですね。何事も経験です。

まずはグラススパークリングと地魚三種と穴子のお寿司をいただきます。
地魚はいずれも「鯛」と名前がつく白身でしたが、食感や脂の乗り具合が全く異なっていて食べ比べがとても楽しかったです。

鮮度については週の初めということもあってかとびきり新鮮という印象ではなかったです。町場のお寿司屋さんと同じ感じでしょうか。空いていたのでいずれも職人さんに頼んで握ってもらう形でした。

穴子は一匹まるごと煮たものを使っているのでしゃりに乗らない部分はおつまみとして楽しますのでお勧めです。

魚、肉だけだとバランスが悪いのでお野菜のおつまみをと思っていたら、ちょうど季節の枝豆を使ったフレンチパートのお料理がありました。枝豆のアンチョビガーリック炒め。風味がよく、アルデンテに仕上がった枝豆がとても美味しいですね。お酒が進みます。

イベリコ豚のステーキは80gでしたか、あまり量はなく、ステーキといっても熱々ではなく温かい温度で提供されていました。各種調味料をつけて頂きます。お塩だったり、ピマンデスプレット入りの塩だったり色々ありますが、トリュフ入りのマスタードが一番香りました。お肉自体に驚くほどの魅力があるわけではありませんでしたが、楽しめました。

お口直しにトロたく巻をいただいて、チーズに入りました。
三種盛り合わせでデフォルトより少しお値段高くなりましたが、いずれも希望を言いつつ、お勧めを聞いてそれに従ってみました。

保存状態の良さ、パフォーマンスなどの点から日本産チーズをけっこう推しているようでした。大きな塊のまま買って保存、熟成などしているようで、かなり手間がかかっている印象です。65種類用意があるとのことで、こんな回転寿司店どこにもないよ、と思います。

私が一番好きなボフォールがなかったので似たチーズとして北海道のもの、ジャジー牛を使った岡山県のブルーチーズ、フランスのブリー・ドゥ・ムランをいただきました。

ブリー・ドゥ・ムランについてはどちらかというとクセのあるエポワス、ミュンステールのようなチーズがよかったのですが、初体験の味で男性的といわれるくせのある強いチーズを楽しめてよかったです。ソーテルヌにはこちらの方が合っていたでしょうね。

チーズについてくるパンは温かくて美味しいです。トリュフ入りオイルがついてきたり、レーズンもあったりとかなり丁寧に用意してくれます。

チーズとシャトーディケムだけで会計の3分の1はいっていますが、こんな楽しみ方ができるのもここだけなので、満喫できてとても楽しかったです。

最後オーナーの方と少しおしゃべりしたりして、よくしてもらいました。
私にとっては気軽に行ける場所ではないのですが、また定点観測したいと思わせてくれる場所でした。

フレンチパートの料理も飲み物もかなり奥が深い印象で、何度行っても新しい楽しみが見つかるそんな場所ではないでしょうか。そしてやっぱりお寿司を合間につまめるのもとてもいいです。

お寿司とフレンチが好きなら是非一度は行かれてみて下さい。


(いただいたもの)

寿司:地魚三種
イトヨリ鯛(食感が柔らかめ。あっさりした味わい。)
おなが鯛(歯ごたえがあり、脂分も一番多くて美味しい。)
シロダイ(歯ごたえは中間くらいで、脂分もあるがあっさり目で上品な味。)

寿司:穴子

枝豆アンチョビガーリック炒め

イベリコ豚プルマステーキ
(マルドンの塩、バスク塩、10年熟成バルサミコ酢、トリュフ入りマスタード)

寿司:トロたく巻

チーズ三種盛合せ
(ブリー・ドゥ・ムラン、蒜山のジャージー牛乳を使った青カビ二種、北海道・村上牧場のハード二種)

(飲み物)

・スパークリングワイン:モンサラ カバ
・赤ワイングラス:ドミニク・ローラン マルサネイ 2012
ハートランド生ビール
・ソーテルヌ シャトー・ディケム 2006


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: