FC2ブログ

レストラン訪問記:弘前「レストラン山崎」

本州最北端青森県のりんごのカプチーノ風スープが有名なお店へ。

現地ではお休みの日におしゃれをして家族連れで食事をするようなお店のようでしたが、料理の味はともかくサービスの質が極めて低く、大変残念でした。

レストランの外観をしたビストロでしょう。こう書くと真面目にいいお仕事をされているビストロの方に失礼かもしれませんが、なんとなくイメージをもっていただくためにあえて書きました。

とはいえ、当日のサービススタッフの3名(全員女性)のうちの一番上の方、二番目の方は大変感じよくもてなしてくださっていました。一番下の若い方が少しでも自分の気にくわないことがあると職務放棄をするくせがあるようで、そのあおりをくらってしまい、最後までもやっと不愉快な思いを抱いたまま食事をするはめになりました。

具体的にいうとこちらがドリンクについて説明を求めて、彼女が説明をしてすぐさまそれでいいですか(それを注文するか)と聞いてくるので、こちらは考える時間が欲しく、これから考えます(後で注文します)と言ったところ、その後しばらくして彼女の方にアイコンタクトをしてもこちらにこようともせず何度も無視して来ようとはしなかったということがありました(結局別の人に注文しました)。きっと自分のタイミングで客が動かなかったことが彼女としては許せなかったのでしょうが、本末転倒もはなはだしいです。客を主体に動くのがプロのサービスであり、そこにこそプロとしての誇りがあるはず。バイト感覚でやっている方にそんなことをも求めても無理があるかもしれませんが、少なくともサービスとして客がサインを送ったらそれに反応する最低限のことはやる必要があったでしょう。

上役の方々のサービスは良いにしても、このような質の悪いスタッフを野放しにしているわけですから、この店のサービスがとてもいいとはいえないのはご理解いただけると思います。

思い返せば予約の段階で電話を受けてくれた方(男性)がもしかしたらシェフだったのかもしれませんが、電話を切る時に思いっきりがちゃ切りをしてくださったので、あれこの店サービス大丈夫かな、と思ったことがありました。その不安が見事的中してしまう形となって大変残念でした。

さて、お料理ですが、名物のりんごの冷製スープはほのかな甘味とカプチーノ状の滑らかな泡が心地よい美味しいお料理でした。

またお魚料理はやや塩気が足りない印象でしたが、鮮度の良さが感じられましたし、サフランソースの香りも良く、悪い思いはしませんでした。

デザートもマンゴープリンといういわばありきたりなものでしたが、ふんだんに果実が載せられていて質、量共に満足できました。

ワインは食前酒、白ワインとグラスでいただきましたが、りんごの名産地で何種類かのリンゴジュースやシードルを提供している中で、りんごを使ったシャンパンカクテルがないのがとても残念に思いました。ソムリエがいないとのことでしたのでサービスの方を介してシェフに相談して即興でリンゴジュースを使ったシャンパンカクテルをご用意していただきました。こちらはクリアタイプのリンゴジュースを使用したものでしたが、とてもいいお味で満足でした。

以上のようにサービスと味とで少しずれた体験をすることになりましたが、結論からいうと不愉快な思いの中で食事をさせられたのでわざわざまた再訪しようとはとても思えませんでした。ただりんごの冷製スープは一度味わってみる価値があるかとは思いますのでご興味があれば是非どうぞ。


(いただいたもの)

サーヴィスランチ

スープ:木村秋則さんと友情のコラボりんごの冷製スープ(追加料金あり)

IMG_E0307s0307.jpg


メーンディッシュ:下北産タラのムニエル、秋ボタン海老、サフランソース、旬の野菜添え(追加料金あり)

IMG_E0309s0309.jpg


デザート:旬のデザート(マンゴープリン)

食後の飲物:ドライハーブティー





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:八丁堀「ブラッスリ・ギョラン」(ビブグルマン)

ミシュランでビブグルマンを得ているビストロ店へ。本格的なお料理を出すお店はそれなりのお値段を出さないとランチがいただけない印象ですが、こちらでは日替わりのお手頃な定食を用意していて感心します。このお値段なら勤め人の方も気軽に立ち寄ることができますね。

IMG_6102s6102.jpg

店内は奥に中二階のようなスペースがあってそこがある意味特等席のようです。最初にうかがった時には、その日一番目のお客さんだったせいかそこに通していただきました。

日替わり以外にもサラダをメインにしたもの、パテをメインにしたもの、魚料理など多彩なメニュー構成であきませんし、その日その時の気分や体調で選べるのでうれしいですね。

安価なランチセットには小さいスープとメイン、パンがついてきます。そしてお持ち帰り用のコーヒーが外に用意されていてセルフサービスですが、オフィスで飲むことを想定しているのでしょう、とても気が利いていますね。

この日は朝たくさん食べていたので穏やかに食べようとパテをメインにした定食にしました。

IMG_6105s6105.jpg

スープはジャガイモのスープで、自然な味付けでした。

IMG_6107s6107.jpg

パテはエゾじかのパテで濃厚な味で、大きなパテで食べ応えありました。ディジョンのマスタードを一瓶つけて出してくれました。各種サラダが多めに載っていてそれがうれしかったです。

日替わりの定食が楽しみでその後も何度か訪ねてみました。


IMG_6254s6254.jpg

ある日の日替わり…フランス産仔羊のロースト ポテトサラダ


IMG_6262s6262.jpg

ある日の日替わり…フランス産小鴨のロースト グラタンドフィノワ 人参のグラッセ


IMG_6285s6285.jpg

ある日の日替わり…フランス・ブレス鶏の低温調理 レモンクリームソース


店内は高田馬場の「ラミティエ」同様フランスのラジオ放送が流れていて、内装も含めてフランスの雰囲気が漂う空間になっています。

お昼は女性を中心にしたご近所の勤め人の方々でにぎわう印象ですが、若い店員さんたちは感じよいので今度は日替わりランチを目当てにまたうかがいたいと思いました。日替わりランチはお店のHPに情報が載るのでチェックして行かれるといいでしょう。

もう季節も終わりでしょうが、冬には多彩なジビエが用意されていて国産、外国産各種ジビエが圧巻の品揃えでした。


(いただいたもの)

ランチの日替わり定食
(パン付き、セルフサービスの持ち帰りコーヒーまたは紅茶付き)

ミニスープ:ジャガイモの温かいスープ

メイン料理:自家製エゾジカのパテ




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:浜松町「オ・デリス・ド・ドディーヌ」(ビブグルマン)

浜松町、大門界隈に三軒のビストロを展開するお店のうちの一軒になります。もう一軒の「レ・ピフ・エ・ドディーヌ」にもビブグルマンがついていましたが、今年掲載がなくなってしまいました。

IMG_5604s5604.jpg

この日のメニュー

相変わらずランチ訪問ですが、この三軒のランチのラインナップはあまり変化がないのでお好みのお店で召し上がるのが一番でしょう。今回こちらは初訪問で、これで三軒すべてまわることができました。

個人的には一番新しくて椅子も豪華な「レ・ジャルダン・デ・ドディーヌ」を推したいです。サービスは今回行った「オ・デリス」が一番良かったですが、こちらではカウンターでの食事でしたし、味が今ひとつでした。

IMG_5605s5605.jpg

メインに選んだのが鶏もも肉のポワレということで美味しい脂のついた鶏を期待していましたが、お値段相応のおそらく外国産の味気のない肉でした。ボリュームは相変わらずすごいですね。

IMG_5606s5606.jpg

つけ合わせのサラダ、温野菜、マッシュポテト、たっぷりのソース(この日は茸ソース)は相変わらず気前が良くて素晴らしいのですが、メインが良くないと活きてきませんね。それにお肉はとてもきれいに焼かれていて美しいですが、塩味がきつすぎました。何かの加減で手が滑ったのでしょうか。それくらい塩辛かったです。

そう考えるとどうひいき目に見てもビブグルマンには値しないお味だと思ってしまいました。スープは美味しかったので残念ですね。


(いただいたもの)

ランチメニュー(パン付き)

前菜:トウモロコシのポタージュ

メイン:鶏もも肉のポワレ〜茸のソース





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:麻布十番「タストゥー」(ビブグルマン)

麻布十番駅2番出口から歩くと7分くらいはかかるでしょうか。ネオビストロを自称するカジュアルフレンチのランチに行ってきました。

この日はフランスレストランウィークのさなかでお得なランチという触れ込みだったので、ちょうど前から気になっていたこちらに予約を入れた次第でした。

IMG_4755s4755.jpg

床が打ちっぱなしに簡単にペンキを塗っただけで、テーブルもごくごく簡素で当然のことながらテーブルクロスなどはなく、カトラリーも至ってカジュアルなものでした。

サービスは基本的にマネージャーの宮崎さんお一人でこなされているようですが、ポロシャツ着用でこちらもカジュアルですね。

IMG_4758s4758.jpg

これまで冷たいスープの季節でしたがいよいよ季節も進んでこの日のスープはバターナッツの温かいスープでした。丁寧な作りで量も十分にあって無農薬という野菜の香りを楽しむことができました。

そしてその次に本来予定されていたコースであれば前菜が出されるはずでしたが、お店とレストランウィーク担当者との行き違いがあったのか前菜は幻と終わってしまい、すぐにメイン料理が出てきてしまいました。

IMG_4760s4760.jpg

お魚(尾長鯛)か豚肉とのことで、一期一会の出会いにかけて尾長鯛にしてみました。皮目がぱりっと焼かれているおかげでとても美味しいですし、食べやすいようにきれいな切れ目が入れられています。火入れの加減も絶妙で、白身の身が繊細な味わいでとても美味しいです。ソースは初めての赤しそのソースでしたが、しその風味が活きていてとてもいいソースでした。

添えられたお野菜たちは長野県大島農園の無農薬野菜ということで小さいながらもきちんと調理されていてそれぞれに存在感がありました。

デザートは先日「スブリム」で軽やかな現代風モンブランをいただいたばかりだったので食べ比べというつもりでモンブランを選択しました。青リンゴのソルベがついているのも魅力的でした。肝心のお味は栗のペーストの甘みが強すぎ、少し舌の上でもたっとした味になってしまっていてちょっと残念でした。

ここのところどのお店でもデザート類はかなりレベルが高いものにあたっていたのでちょっと残念でした。

提供コースの行き違いの件は残念でしたが、シェフやマネージャーさんとお話をして一件落着いたしました。ちょっと残念な経験にはなりましたが、総じてお料理のお味は良かったですし、マネージャーさんのサービスも気さくでよかったのでまた機会がありましたらうかがいたいと思います。


(いただいたもの)

ランチコース

スープ:バターナッツかぼちゃの温製スープ

メイン:尾長鯛のポワレ 赤しそのソース 各種季節野菜添え

デザート:モンブランと青林檎のソルベ





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:浜松町「レ・ジャルダン・デ・ドディーヌ」(未掲載)

先日訪れた「レ・ピフ・エ・ドディーヌ]の系列店に行ってみました。浜松町駅界隈に合計三軒の系列ビストロが存在しています。

今回訪れたのは一番新しいお店で、野菜料理に焦点を当てたお店のようですが、ランチは抑え目な価格での前菜、メインからなるビストロ料理を提供されています。

IMG_4572s4572.jpg

この日のメニューはこんな感じでした。前菜にサラダの選択肢があるのが「レ・ピフ・エ・ドディーヌ」との違いですね。今回もスープにしてみました。前回はとうもろこしのスープでしたが、今回はかぼちゃを使ったものでした。まだ暑さも残っていた時期のためか前回同様冷製スープでした。

12時ちょうど位に着いて少し待ちましたが回転が速く、すぐに入れました。

ただそこに至るまでの若い店員の態度に少し不満がありました。一人で入って満員ですと言われたので待つために滞留していると、彼は私が前言で諦めてすぐに立ち去ることを期待していたようで、しばらく経って改めてこちらにやって来て、あれれどうしてこの人そこにいるんだろうという風にわざとらしく待ちますかと聞いてきます。満員と言われてそこに残っていればすぐに待つ意思があることはわかるはずなのに、自分のいなくなって欲しいという思いが強いとそういうとんちんかんな応答になってしまいます。

一方で後から来た4人組が満員を見て取って立ち去ろうとしているとすぐにその店員がやってきて、すぐに空きますからなんて言っています。おいおい、さっきの態度と明らかに違うじゃないかと心の中で思ってしまいました。客が見ていると思わないのでしょうか。あまりにわかりやすい態度の違いで滑稽でした。

IMG_4574s4574.jpg

メイン料理はここでも豚ロースが売りのようですが、こちらの方がお肉が分厚い印象です。メインについても「レ・ピフ」よりも選択肢が一種類多いのですが、その代わりこちらに魚料理はありませんでした。豚以外の選択肢としてあった鶏肉料理二種類の中から胸肉のストロガノフを選択しました。胸肉は脂身が少ない淡白かつ健康的なお肉だと思いますが、付け合せのバターライスに惹かれました。

お肉は確かにさっぱりしていましたが、トマトベースのソースがかかっているので美味しく食べられました。また、最近は食べる機会がなかったバターライスが食べられてよかったです。

「レ・ピフ」は狭いですが、こちらは店が新しいこともあり空間が広めにとられていますし、椅子などもビストロとは思えないベルベットを使ったようなソファー風の椅子でかなり落ち着く感じになっています。ビブグルマンの有無などにこだわらない人で魚料理はなくてもいいという人ならば断然こちらをお勧めしたいです。

店の広さに比例してかサービスの店員も3名はいるので快適に過ごせると思います。こちらも食事中礼を尽くしていたせいか、その若いサービスマンとも最後にはわかりえたように思いました。勝手な思い込みかもしれませんが。

懐にやさしいビストロとして記憶しておいていいお店かと思います。


(いただいたもの)

ランチセット(冷たい紅茶がサービスされます)

前菜:冷製 雪化粧かぼちゃのポタージュ

メイン:鳥むね肉ブレゼ ストロガノフ仕立て バターライスを添えて




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: