レストラン訪問記:弥彦(新潟県)「やまぼうし」

新潟市をあとにして訪れたのは弥彦村でした。市町村合併が続いた昨今村は稀少な存在になりつつある印象です。弥彦は北國街道の宿場町の一つ、越後国一之宮である弥彦神社がある場所で、知りませんでしたが弥彦温泉なる温泉も湧いています。

立派な杉木立の参道を抜けた先にお宮がありました。宝物館があるのですが、歴代天皇の肖像画が飾ってあるところが特色でしょうか。上杉謙信の(出家前の)祈願文なども土地柄見られますし、高田を一時治めた松平忠輝奉納の香炉なども珍しいです。一番印象的だったのは源義家が奉納した鞍と鐙、軍配でした。時代的には戦国よりさらに古い時代なので品物は相当古びていますが、信仰対象としての弥彦神社の重みを感じました。

さてお昼を食べる時間があり、神社を見学後地元のお料理が食べられそうなこちらで食事をしてきました。

閉店ぎりぎりに近い感じでしたが座敷に通してもらいました。地元の名物ということでわっぱ飯を注文します。オーソドックスなものは鮭であったりいくらであったりが入っているもののようですが、季節の味のがあったのでこちらにしてみました。他にはかに、かき、桜鯛、うなぎなどのわっぱ飯がありました。

DSCF1307.jpg

わっぱ飯は蒸しをいれたご飯料理で、鮎がけっこうほぐれていたのでなかなかの火力で蒸しているのかもしれません。写真からもわかるように湯気もすごいです。お手ふきや骨入れなどないため不便な面もありましたが、半天然という三面川の鮎の入ったわっぱ飯は控え目なやさしいお味でとても美味しかったです。もずくの入ったお味噌汁も香りがとてもよかった。

特に不愉快な思いをしたわけではないのですが、こちらの奥様でしょうかサービスの女性がとても気の回らない方で接客に向いていない感じがなんとも残念でした。
味は良いのでそんなこと気にならない方にはお店をお勧めできます。

IMG_2602.jpg

和牛を使ったというステーキ丼も名物のようでした。また初夏の名物とうった一品料理がずらりと並んでいて活きたどじょうの丸揚げなど頼んでみましたが、品切れで食べられず残念でした。夜は居酒屋さんとして営業されるようなので夜も楽しいかもしれません。


(いただいたもの)

・えだまめ(湯あがり娘)
・あゆわっぱ飯(香の物、味噌汁つき)

生ビール中ジョッキ(スーパードライ)



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:白鷹町(山形県)「あゆ茶屋」

かみのやま温泉方面から山道を越えて行った先にあるのがこちらのお店。レストランというよりは一昔前のドライブインのたたずまいですね。

簗場が設けられた脇にあるお店で、名前の通り鮎が売りになっています。

IMG_2114.jpg

いただいたのはお店の定番で一番人気の鮎定食でした。鮎の塩焼き、田楽味噌焼きに鮎ご飯、鮎の甘露煮、さしみこんにゃく、おひたし、小鉢各種、お味噌汁などがついてきます。
ご飯とお味噌汁の間の小さな杯は食前酒ならぬ山形ではよく見かけるヤマブドウジュースです。

季節もよくなってきたので天然鮎を期待しましたがまだ解禁されていないとのことで安定の養殖物をいただいてきました。解禁は鮎が美味しくなる梅雨明けの7月以降なのでしょう。

調理については適当な印象を受けたので残念でしたが、鮎をテーマにした各種お料理はバラエティに富んでいて楽しめました。

鮎ご飯は鮎でお出汁をとったであろうご飯に焼いてほぐした鮎の身が入っていてふだんあまり食べる機会がないお料理なので良い体験になりました。繊細な味ですね。

涼しげな簗場は日本最大規模とのことですがこちらの解禁は8月になるそうです。レストランに行かない方もお土産物やさんがあり、また炭火で焼いた鮎の串を売店で売っているのでカジュアルに楽しめると思います。

レストランにはテラスもありましたし、これからの季節、水辺にある同店はとても気持ち良くくつろげる場所だと思います。美食を求めて訪ねいく場というより、雰囲気込みのレクリエーションの場としてお勧めしたいです。

(いただいたもの)

・ 鮎定食
・ 生ビール(小)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:西米沢「蕎酔庵」

米沢二日目のお昼は前日のがしたお蕎麦を食べようと市中心部にある「蓼(たで)」に開店直後のかなり早めの時間に向かいましたが、店に入っても人影がなく番号札をとって待てとの指示があるのみ。すぐに出てくるのかなと思って待つこと10分近くでようやく蕎麦を出すためにでてきた店主に偶然出会い、なんとか席に通してもらいましたが、注文をとるまでにさらに10分以上かかるとのことでさらに放置されそうになったのであきれて店を出てきてしまいました。

口コミサイトでは多少よい点がついているお店なのですが、接客が何かわかっておらず、残念ながら趣味でうった蕎麦をマイペースに出しているお気楽な素人の店と認識せざるをえませんでした。味が美味しい美味しくない以前にプロではありませんね。

一番人が少ない時間帯でこれですから12時過ぎにはおそらく注文するまでに入店から1時間くらいは必要なのでしょう。そうまでして食べたいお蕎麦なのか疑問ですし、観光に行かれた方は皆時間に制約があるはずなので普通はそんな悠長に待ってもいられないでしょう。

そんなわけで店を出て目指したのは市内西方の別のお蕎麦やさんでした。「蓼」からは足がないとなかなか行きにくい場所ですが、タクシーに乗ればすぐ着く距離だと思います。

さて、本記事の主役である「蕎酔庵」ですが、まだ早い時間でもありすんなりと入れました。入店と同時に店の人が出てきて席に案内してくれます。これが普通ですね。

お店は靴を脱いで上がる形で客室は普通の民家の居間のような感じで、メニューは壁の上の方に貼ってあります。

DSCF1175.jpg

DSCF1176.jpg

十割そば、十一そばの2種類をうっていてあとは各種のぶっかけそば、ぶっかけと同じ具で温かいおそばがあり、薬味は別料金でも提供しています。さらに米沢にある四つの酒蔵の冷酒と蕎麦屋のおつまみが各種そろっていました。

私は十割、十一両方が楽しめる二枚盛の小盛りに野菜天ぷらを追加して注文しましたが、天ぷらの揚げ具合がとても上手で美味しく頂きました。

DSCF1177.jpg

十一そばと野菜天ぷら


DSCF1178.jpg

十割そば(ヒマラヤの岩塩と水蕎麦を楽しむためのアルカリイオン水が提供されます。)


普段食べ慣れていないので蕎麦について大した感想も言えませんが蕎麦がきれいに透き通っていてのどごしが良く、また食後に出されたそば湯の濃厚さはなかなかのもので、蕎麦のポタージュスープのようで最後まで食事を楽しめました。

中心部から少し離れた場所柄あまり混雑する雰囲気ではありませんが、席が空くことなく客が入れ替わる感じで人気のほどがうかがえました。

実はこちらのお店は「蓼」で待たされている間にそこに置かれていた山形の蕎麦の美味しい店というようなガイドを見てその存在を知りました。あまり気持ちの良くない待ち時間ではありましたが意味のない時間でもなかったとも言えましょう。何事も結果オーライです。

米沢でまっとうにお蕎麦を召し上がりたいならこちらのお店が王道だと思います。


(いただいたもの)

・十割そば、十一そばの両方が楽しめる二枚盛(小盛り)
・野菜天ぷら




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:米沢「ミートピア」

しばらく旅に出ていました。少しずつ旅先で見聞した食べ物について書きたいと思います。

米沢にゆかりのある方なら当然のようにご存じのことでしょうが、米沢に行くとあちらこちらに牛肉すなわち米沢牛を食べさせてくれるお店があり、ガイドマップも幾種類かあるので、町全体で米沢牛を推しているのがよくわかります。

お昼はそばを、と思っていましたが、次第にお腹が空いて結局牛肉にしました。

IMG_1999 (1)

こちらのお店は肉屋さんに併設されたレストランで二階にあって、店員さんは年配の女性が主体なので少し反応が鈍い印象です。また厨房を仕切っているであろう男性も調理に専念したいのか、入店してこちらを見ながら一切反応せず、店出ようかと思ったほどでした。店内もお世辞にも清潔とはいえず場末な雰囲気が漂っています。

とはいえ遅い時間で歩き回るのも面倒だったのでしばらく待っているとようやくおばあさんの店員さんが気づいて席に通してくれました。

こちらのサービスの質がわかるやりとりがメニュー選びでもあり、ランチで忙しいのもあるでしょうがランチメニューにはないけれどもグランドメニューに書いてある焼肉から上カルビを頼もうとすると露骨にいやそうで、焼いてお出しして良いでしょうかとの質問が。察するところ焼き台の網を設置したりなんだりが面倒なのでしょう。それならランチは焼肉なしにすれば良いだけのこと、メニュー提供しておいてその対応はよくありませんね。

結局上カルビとご飯セットをお願いして肉は自分で焼くことにしました。するとその直後から冷房が最強になって体を直撃するようになりました。

上記のやりとりと因果関係がないことを願いますが、あまりの空調の変化にこれ嫌がらせなのかもと思ったものでした。食事は食事で楽しみたかったので何も言いませんでしたが、そのうち自然と普通の空調に戻っていましたね。きっと他の店員さんが異常な設定を見て普通に戻したのでしょう。

そのようなわけでサービス、内装とも最低ランクの店ではありますが、提供する全牛肉は米沢牛のA5ランクのお肉とのことで、頂いた上カルビは普段食べているお肉とは別の食べ物と感じるくらい良質のものでした。さしが全面に入っていますが、脂がさっぱりしていて、肉自体のかみ応えも感じられます。あまり沢山入っていませんでしたが、十分に満足できました。

サービスについてあまり頓着しない方や座敷が広いので家族連れの方にはおすすめできるお店かと思います。
この記事を読んでここにはとても行く気になれない方は是非ガイドマップや口コミサイト等を利用されてご自分のお好みに合うお店をさがすことをお勧めします。

メニューとしてはランチメニューは米沢牛を食べられることを考えるとかなりお得ですね。焼肉は比較的リーズナブルに食べられる印象で、肉の質にもよるようですが、ステーキになっていくとまた値段がちょっと上がる感じでした。


(いただいたもの)

グランドメニューから

上カルビ
IMG_2001.jpg

・ ご飯セット(ご飯、味噌汁、香の物)



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:新橋「俺のやきとり」

新橋・銀座エリアに相当数の店舗を出店し勢いのある「俺の」グループですが、このたび初めて系列店を利用してきました。新橋の立ち食いイタリアンから始まった同グループ店ですが、今やフレンチ、スパニッシュ、割烹、そば、おでん、焼肉、中華とジャンルを広げ、スタイルは異なりますが星がつくお店(銀座「おかもと」(★★))まで擁するに至っていますね。

グループ店の最大の魅力は破壊されたといっていいほどの低価格でメニューを提供している点にあり、それを支えるのが回転率のよさという触れ込みでした。最近は行列をさばく新しい仕組みを利用したり、あるいは立ち飲みではなく完全着席スタイルの店舗もできるなどグループ内でかなり多様化が進み、ジャンルが増えたこともありさらに多士済々色々なバックグラウンドの優秀な料理人の方々がグループのもとに集まっている印象です。

この日は焼鳥が食べたかったのですが予約なく現地へ行ってみると角を曲がったとなりに「俺の焼肉」がありそちらにも正直惹かれました。

さて「俺のやきとり」ですが、地下にある店舗内は暗めの照明で席の間隔は狭く常に満席状態なのですごいにぎわいです。落ち着かない椅子であったり狭いテーブルも安くメニュー提供するための仕組みで致し方ないことでしょう。「俺の」では立ち飲みのイメージが強いですが、ここでは100席中70席が着席用でした。

サービスは若い方が中心で最低限のことは守れていますが、余裕がないところもあり常に忙しいから仕方ないのでしょうが、もう少し客とコミュニケーションがとれるといいかなと思ったりもしました。とはいえサービスでいやな気持ちになったことはありませんでした。

料理長はかつて「濱田家」さんがミシュランで三つ星をとった時に料理長をされていた佐藤信一さんという方とのことです。その分意識が行き届いているのか例えば生ビールの泡のきめ細やかなこと、びっくりしました。エビス、プレミアムモルツでは美味しい泡を作ってくれる店は今時珍しくないですが、ここは一番搾りなので意識の高さを感じました。生ビールの値段は安くないしむしろ普通のお店と同じ水準ですが、この泡を作る手間にかかっているコストを考えたら安いと思えます。

IMG_2050.jpg
(一番下から時計回りに、しらすサラダ、ぼんじり(塩)、皮(塩)、ねぎ間(塩)、つくね(タレ))

焼き鳥はおそらく別の場所(工場のようなところ?)で串打ちされたとおぼしき大量生産品ですが、鳥の質が悪いということはなく美味しく頂けました。普通の種類は大体2本〜3本で売られていて複数名で行くとお得かなという印象です。野菜やその他の変わり串も充実していて、「俺の」シリーズで有名なロッシーニ(牛フィレとフォワグラを使った料理)を串にしたものや牛フィレすじ串やイベリコ豚塩焼串などもあり飽きずに楽しめます。

他に値段のことで注意すべき点は、ミュージックチャージとして一定のお金がとられることと、最低ワンドリンクの注文が必要なこと、滞在時間は入店から1時間50分となっていてけっこう厳しめに追い出しを受けることでしょうか。
あまり混まないはずの日でしたが、8時頃に外に出ると10名弱の人が並んでいました。週末に近い平日ははずすのがおすすめでしょう。週末は午後3時から店をやっていますので早めに飲み始めるのもいいかもしれません。その時間なら予約なしでも普通に入れるでしょう。

メニューは焼き鳥以外にも和食系のお造り盛り合わせ、黒毛和牛炙りアワビとウニ、A5和牛煮込み、巻き寿司、冷菜各種、食事(ラーメン含む)6種ほどあってその日によって変わっていくようなので飽きずに楽しめると思います。

お酒はマムのグラスシャンパンが驚異の安さですが、それ以外は普通の値付けでしょうか。そういえば、スパークリングワインをいただきましたが、なみなみ注いでくれてこちらもお得な感じがしました。
日本酒は日替わりの面白そうな日本酒を茶碗(量は6勺程度?)で6種類ほど出していて日本酒が好きな方も楽しめると思います。

時間制限はありますが、禁煙の安心安全な空間でジャズを楽しみつつ、そこそこリーズナブルに一定の品質以上の酒、肴を色々と楽しめる点がこちらのおすすめポイントでしょう。わい雑な雰囲気や狭い空間が苦手という方には逆におすすめできませんね。

少しずつ社会勉強も兼ねてまた別のお店にも行ってみたいと思います。値段だけではない「俺の」グループの魅力を今回垣間見ることが出来た気がしてとても楽しい時間でした。


(いただいたもの)
串物(括弧内はデフォルトの本数/左の○は特に美味しかった串)
・ねぎ間(3本)
・ぼんじり(3本)
・ 皮(3本)
○レバー(3本)
・ つくね(2本)
・ 白レバー(1本)→質がよいのでしょうが、普通のレバーの方が好きでした。
・ 淡路の新玉ねぎ(2本)
・ インカのめざめ(2本)
・ モッツァレラチーズ(3本)
○イベリコ豚塩焼(2本)→脂のうまさが最高ですね。店のおすすめということも納得でした。

その他おつまみ
・しらすサラダ→店のおすすめですが、ボリュームに注意。4人くらいで丁度良い感じです。あまりの量のため食べきれなかったお隣さんからのおすそわけ品でした。
・ 焼きそら豆(小4本)
・ 炭火焼きタケノコ(小3本)

アルコール
・ 生ビール中ジョッキ(一番搾り)×2
・ 日本酒:大倉(奈良) オオセト 山廃特別純米無濾過生原酒
・ 日本酒:花垣(福井) 越の雫 無濾過生原酒
・ スパークリングワイン(白)

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: