FC2ブログ

レストラン訪問記:佐原「うなぎ割烹 山田」

鹿島神宮、香取神宮、息栖神社を巡るいわゆる東国三社参りにうかがった際に鰻で有名な土地柄なので夏に阿佐ヶ谷の「安斎」で頂いて以来の鰻をいただいてきました。

佐原界隈にいくつかお店があるようですが、店内禁煙で炭火焼き、映画でも名前の通っているこちらに狙いをつけていきました。少人数の予約は受け付けていないので基本的には店に並んで入れてもらう形になります。

こちらは以前にも佐原に遊びに来た時にも食べたことがあって美味しい思い出はありました。ただ最後に来た時は通された席があまりよくなくていい印象をもっていなかったはずですが、大昔のことなので詳細忘れてしまっていました。

IMG_5493s5493.jpg

お座敷席への入口(テーブル席とは別)

この日は祝日だったこともあって大賑わいで12時丁度くらいに店に着きましたがすでに10名ほどの方が並んでいました。

入店には待ち始めて約40分はかかったでしょうか。幸い寒くもなく、暑くもない晴天の日でしたので待っている時間が苦痛ではありませんでした。

並んでいるところからすぐに入れるテーブル席の他に靴を脱いで上がる入れ込みの座敷が裏手入口から入れるようになっていて、どちらになるかはその時の運次第です。この日はちょうどお座敷に通していただきました。人によって好みがあるでしょうが、お座敷の方が落ち着くし、風情がありますね。

お品書きにはうな丼とうな重、それにじか重の3種類があって、じか重が他のお店で言うところの鰻重ですね。こちらのうな重はご飯と鰻が別々で提供されるものになっています。並と上は純粋に大きさの違いで、あと吸い物の具が異なっているようです。

IMG_5489s5489.jpg

おつまみになりそうなものはあまりないようです。肝焼きなどお好みの方も多いでしょうが、夜の宴席のみのメニューのようでした。

生ビールなどと鰻を楽しみたいとも思いましたが、直後に香取神宮にうかがうつもりだったので差し控えました。

最近はお重で頂くことが多かったので、久しぶりにどんぶりで食べたく思いうな丼の上をお願いします。

IMG_5491s5491.jpg

注文してから20分ほどでどんぶりから鰻がはみ出しているうな丼が到着しました。きれいな吸い地の肝吸いと手作りとおぼしきほどよい量のお新香がとてもいい脇役です。

肉厚の鰻の脂乗りの良いこと。この季節の方が脂が乗っているのでしょうね。炭で焼かれている分の香ばしさと相まってとても美味しく頂けました。たれはやや甘めのたれになります。

夏に阿佐ヶ谷で鰻を頂きそれなりに満足しましたが、やはり地方に来ると同じ値段でもより大きな鰻を使って提供してくれるようで満足度が段違いでした。季節の違いもあるのかもしれませんが「安斎」の鰻はもっとさっぱりしていた気がします。

店員さんは年配の女性の方が多く、基本的に丁寧に接客されていますので安心して食事を楽しむことができました。

お店にうかがうには都心からだと一定の時間と交通費がかかりますが、それでもまた鰻のためにここに来たいと思わせてくれる名店だと改めて思いました。

香取神宮、鹿島神宮方面へいらっしゃる方は覚えておいて損はないお店だと思います。


(いただいたもの)

うな丼(上) きも吸いつき





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:浜松町「のもと家」(ビブグルマン)

浜松町でとんかつ屋さんへ。人気店が複数ある恵まれたエリアのようですが、定休日その他の関係で鹿児島料理を出すというこちらへうかがいました。極端に言うと豚肉を揚げただけのとんかつというお料理ですが、お店によって推している食材や地域、お勧めの食べ方が異なるので興味深いです。

IMG_5371s5371.jpg

こちらでは鹿児島料理のお店として六白黒豚を提供されています。また食べ方についても写真のような舌代が用意されています。

こちらは今年のミシュランでもビブグルマンの評価を得ていました。うかがった時にはビブグルマンがついているのを知りませんでした。先日うかがった赤坂の「とんかつ まさむね」は残念ながら今年はミシュランに掲載されなかったようです。

こちらも「とんかつ まさむね」同様の人気店で開店直後の一回転目に入れないとそこからさらに40分ほどは待たされることになるようです。なんとなく事情がわかっていたので11時過ぎには着くようにしてみました。

先客は6名はいたでしょうか。座席数21ある中で先着の12組が一巡目で入ることができました。一巡目に滑り込むにはおそらく11時半に店に到着するのではやや遅く、11時20分ごろには来ている必要がありそうです。

タイミングでカウンターの一角に席をもらいましたが、先着6席に遅れた方はテーブル席を一人で使うことができるようなのでその方がいい方もいるかもしれません。とはいえ、何番目に入れるかはわからないのでまあ運のようなものでしょう。後の方がいいと思って遅れすぎて到着すると一巡目に入れない可能性が高いですから。

お店によって色々な食べ方を提案して下さいますが、こちらでは舌代にもあるように茎わさびと鹿児島しょうゆの組み合わせを推奨しています。鹿児島しょうゆはいわゆる九州の甘口醤油でした。茎わさびはほんのりとやさしい辛味がある粘りのある食材ですね。お勧めという六白黒豚を使った特選ロースカツ定食にしてこの食べ方で頂きましたが、上質な甘い脂とこの食べ方がベストマッチでした。新しい発明といってもいいかもしれませんが、このお肉の脂だから合う食べ方なのでしょう。

IMG_5373s5373.jpg

他にはすりごまとソース、塩という食べ方もできるようになっていて、いずれも一切れずつ試してみましたが、お店一押しの食べ方より美味しいとは感じなかったのでそれでやめにしておきました。お店のお勧めに素直に従って正解だと思います。もちろん各自お好みの味があると思いますのでご自身で判断されるのが良いでしょう。

キャベツは柔らかい切り口でとても食べやすく、さっぱりとしたドレッシングで頂く形ですが美味しくいただけます。ご飯は大盛りが無料でオーダーの時に希望を聞いてくれます。他に普通に美味しいポテトサラダが付いてきました。

特筆すべきは豚汁の質とボリュームです。六白黒豚の身がごろごろ入っていていい脂が溶け出していてとても美味しく、これだけでご飯が進むそんな豚汁でした。リーズナブルなランチの定食を注文するとお肉は国産豚ですが、豚汁では六白黒豚が楽しめるようになっていますのでとてもお得ですね。

今回いただいた特選ロースは量としては120グラムでしたので大きくはなかったですが、脂が上質でとても美味しくいただけましたので大満足でした。

こちらではレモンを直接お肉にかけることを勧めていませんが、口直しとしてかじるような形を想定しているようでした。店主と少し話をしたのですが、レモンを付けていないと付けろという要望がくるようで苦心されているようでした。茎わさびと鹿児島しょうゆの組み合わせがお勧めなのにソースや辛子をつけているのも、まあ一般的な食べ方に慣れた方々に配慮してのことなのでしょう。

斬新な食べ方と上質な豚肉のとんかつがとても美味しかったので、近くに寄って時間が合う時にはまた是非うかがってみたいと思いました。


(いただいたもの)

特選ロースカツ定食(120g)(六白黒豚使用)
(鹿児島産米のごはん、きゃべつ、ポテトサラダ、香の物、六白黒豚の豚汁、ゴマとすりこぎ、茎わさび、辛子、レモン付き)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:赤坂「とんかつ まさむね」(ビブグルマン)

丁度赤坂辺りでランチという時にとんかつが食べたくなり、調べてこちらにうかがいました。そして帰宅後ビブグルマンがついていることを知った次第でした。

IMG_5057s5057.jpg

一応界隈のとんかつやではトップに出てきたお店なので人気店だろうな位の気持ちでうかがいましたが、結構な人気店で開店と同時に座れないとおそらく30分以上待たされる感じでした。

私は12時少し前に並び始めて30分で入店し、列に並んでいる時にオーダーをとって頂いていましたがそれでも座ってから食事が出されるまで15分かかりました。そして約15分で食事を済ませたので合計約1時間かかったことになります。

これでは近隣の勤め人はなかなか店に寄りつけないと思います。実際かなり人気と思いつつ、列がすごい長さになるということはありませんでした。近所にお勤めの皆さんは来たくても時間がとれないため、ここには並ばないで別のお店に行っているのでしょう。

さて肝心のお食事ですが、お肉にこだわるのはもちろん(和豚もちぶた)のこと、ご飯(新潟県佐渡島産こしいぶき)や揚げる時に使うパン粉(パン粉専用パンから作られた中屋パン粉)や揚げ油(桑名のこめ油)にもこだわっているとのことでした。詳しくは店頭や店内の舌代をご覧ください。

IMG_5059s5059.jpg

こちらでは個人的に好みのお塩で食べる食べ方を推奨されていてその点お店と相性がいい感じがしました。また他にもお醤油、自家製ハーブ塩などもお勧めとのことです。

ソースも含めて4種類の調味料すべてを試しましたが、個人的にはハーブ塩が一番美味しく感じました。最後に試したソースで食べると慣れている味だと思う反面、この店のとんかつの個性が消えてしまうようにも思いました。ここではひたすら塩のみでいくのがいいかもしれません。

とんかつはロースでしたが、甘くてさらっとした上質な脂身でとても美味しかったです。レモンと塩で食べる食べ方に合っていると思いました。

キャベツは手切りのためか少し太めで,ドレッシングは和幸にあるようなノンオイルのドレッシングです。ご飯、キャベツともお代わりは有料になりますが、最初に大盛りをお願いする分は無料となっています。

色々なこだわりをもって実際にとても美味しく満足度が高いとんかつを提供してくれていて、かつお値段も抑えめなので人気店である理由がよくわかりました。

ただ五つ星お米マイスターが厳選したという佐渡のこしいぶきというお米を使っているというご飯ですが、その炊き方が丁寧でないためかせっかくの米の美味しさが飛んでしまっているように感じたのがとても残念でした。美味しく炊くには多少の手間がかかるのは確かですが、そこまでやって頂けると完璧ですね。

それでもまるまる1時間をとんかつにかけられる時間的余裕がある方には是非お勧めしたお店だと思いました。


(いただいたもの)

ランチ ロースかつ定食
(とんかつ、きゃべつ、ご飯、香の物、豚汁(お肉もしっかり入っています)、醤油と塩の小皿)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:熱田神宮(愛知県)内「宮きしめん」

熱田神宮は伊勢神宮につぐ社とのことですが、境内はもちろんのことその周囲を歩くだけでも霊気が満ちているのを感じられるような場所で、いわゆるパワースポットといっていいのでしょう。歴史がある場所ですから、色々な力が宿っていそうです。

境内にはさまざまなご利益の小さな神社がいくつもあって、寄進された有名な灯篭や信長塀などが点在していて歴史に興味がある人にとっては興味深い場所であることは間違いないと思います。有名な草薙の剣もこちらにあるということです。

さてそんな神聖な場所の中にあるのがきしめん屋さんの「宮きしめん」です。隣には甘味やお茶を楽しめる茶屋もありますが時間の都合上そちらにはお邪魔できませんでした。

店名の由来は熱田神宮近くを通る東海道の宮宿からきているとかいないとか、卓上の舌代に書いてあったように思います。東海道はその後陸路で名古屋市内方面へは行かず、三重県の方に船で行くことになります。

こちらはお店というには簡素なつくりで、壁がなくすだれのようなものでお店の区画をつくっています。屋根はありますがこちらも雨除け程度の簡易なものだと思います。

こちらでいただけるのはきしめんが基本ですが、セットで味噌かつ丼も食べられますし、豚の角煮ようなサイドメニューもいくつか用意されています。朝早い時間から夕方まで通して営業しているのでとても便利ですね。

この日は白エビが入ったというかきあげを載せたきしめんをいただきました。白エビの存在には気づきにくかったですが、さくさくのかきあげが薄い色のお出汁とあいまっていい味を出していました。

IMG_4615s4615.jpg

肝心のきしめんについてほとんど食べた記憶がなく、もしかしたら大人になってからは初めてだったかもしれません。

幅広の麺のため伸びやすくてすぐに歯でかみきれるイメージでしたが、さにあらず、麺は実はふっくらしていて弾力も適度にあり、なかなか食べごたえがある食べ物でした。いい勉強になりました。

かきあげの入ったきしめんは白という色の薄いお出汁を使ったものでしたが、ものによっては赤という関東風の濃い色のお出汁を使ったもののようでした。使い分けの基準はよくわかりませんでした。

この日は週末ということもあってか熱田神宮自体になかなか多くの人出があり、きしめん屋さんもお昼時をはずした時間にもかかわらずそこそこ人が入っていました。場所がいいだけにお客さんが来なくて困るということはないのでしょうね。

料理はセルフサービスで何ら飾りたてるところはありませんが、お店の人は丁寧ですし、立場におごって適当な商売をしているという風でもありませんので好感がもてましたし、それらの点もこの店がそれなりに流行る理由の一つなのかと思っていました。

熱田神宮にお越しの際にはおやつ代わりにでも一度寄られてみてはいかがでしょうか。


(いただいたもの)

白エビかき揚げ入りきしめん
(汁は白。ねぎはカウンターで受け取るときに自分で自由にかける方式。)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:両国「はせ川」(ビブグルマン)

12時前に到着するとすでに4名が並んでいました。前の二人組は口コミサイトの点数など話していましたのでやはり両国では人気があるのかなと感じました。

IMG_4550s4550.jpg

こちらのとんかつ店は幅広いメニューを用意されていて、極上から一般的な価格帯のとんかつ定食まで色々と予算や好みに合わせて選べるのがいいですね。
しかもお肉は栃木県産平牧バーク三元豚ということで安心ですし、ごはん、キャベツお代わり自由で、ソースも二種類(甘・辛)と塩が卓上に用意されていてお好みの味で食べることができるようになっています。

相席が普通なので一人客は相席用の入口近くの4人掛けテーブルに座らされることになります。

この日は上ロースをお願いしていましたが、提供に20分くらいかかっていました。時間がない方は要注意でしょう。その理由はとんかつの厚みを見ればわかるかと思います。普通のとんかつより明らかに厚みがあり、中まできれいに火が入っていますので揚げるのに時間がかかるのだと理解しました。

IMG_4556s4556.jpg

厚みがある分脂分も大きめですが、定食についてくるわさびとお塩とで食べるとその脂身が美味しくいただけます。お勧めの食べ方のようでした。それ以外にもおろしポン酢もついてきますのでさっぱりしたい方はこちらの食べ方もいいと思います。

塩、ソース二種、わさび塩、おろしポン酢と五種類の食べ方ができるので忙しいですが自分で好みの食べ方を見つける楽しみがありますね。脂はわさび塩がよかったですが、分厚くて食べごたえる肉の部分は意外と甘口のソースが好みでした。

上ロースは脂が美味しいですが、お肉の方が普段食べない厚さなので慣れていないためかとんかつの衣と肉の適正なバランスがやや崩れているように感じてしまい、脂ほどおいしく思えず残念でした。食べ慣れていないこちらに問題があるように思った次第でした。

少し慣れていない感じの若い男性サービスの方がいる一方で、はきはきとしたしっかり者という感じの女性サービスの方がいい具合にお店を回している感じでした。

美味しいとんかつを食べて外に出ると10名まではいきませんがお客さんが並んでいて、ここが人気店であることを改めて知ることとなりました。


(いただいたもの)

上ロース定食(ご飯、お味噌汁、香の物、きゃべつ、わさび、おろしポン酢つき)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: