FC2ブログ

レストラン訪問記:麻布十番「富麗華」(★)

夏にうかがって美味しい飲茶を楽しんだお店に今回は季節ものの麺類を食べに行きました。念のため予約を入れましたが、直前だったためか入口付近の席でした。平日ランチですが、それでも予約者リストにはたくさんのお名前が並んでいて、人気店だと改めて思いました。

IMG_5130s5130.jpg

季節限定の上海蟹入り汁なし麺が目当てで、量が少ないと注文の時に言われましたが果たして半人前か三分の一人前位の量でした。

IMG_5133s5133.jpg

上海蟹を使った麺ということでそれなりに楽しみにしていましたが、しっかり火が通っているためかそれなりに入っている卵も本来の旨味を失っているように感じてしまいました。上海蟹の食べ方としては今一つなのかもしれません。身の方もそれなりに入っていますが、上海蟹は味噌や卵を食べる食材だと思うので感動はあまりありません。

そんなわけでお試しとしてはいい経験になりましたが、いかんせんランチとしては量が足りないので追加で炒飯をお願いすることに。

店員さんもそのあたりを心得ているように、こちらがお願いしなくても食後のタイミングに合わせてメニューを再度持ってきてくれました。こういうところ気が利いていてやはりサービスのレベルが高いと感じます。

こちらの炒飯は塩と醤油という二つの大きな分類がある上でさらにそれぞれに各種具材の異なった数種類の炒飯が用意されています。一般的にどの中華料理店でも出てくる炒飯がこちらでいう塩の炒飯ということになるようです。

たまり醤油を使った炒飯の方にあった牛肉と松の実という具材にひかれてこちらを選びましたが、そのビジュアルが新鮮でした。経験が浅いだけかもしれませんが、こうしたこんがり茶色の炒飯は初めて見ました。

IMG_5134s5134.jpg

味はほんのり醤油の香りがしてご飯の粒がそれぞれしっとりしているのに粒同士はくっつかずにはらりとこぼれ落ちるようないい具合に炒めてあります。牛肉は本当に小さくてほぼ存在感がありませんでしたが、炒飯自体はとても美味しくいただくことができました。

炒飯についてくるスープもきちんとお出汁をとったものであることがわかる中華スープでした。当たり前のことですが、それぞれのお料理にきちんと際立った香りがあり、食べながらそれをはっきりと感じることができます。

炒飯は先ほどの汁なし麺ほど量は少なくないものの、大食の方からすると物足りない量といえるかもしれません。

普通の中華料理店だと麺やご飯ものだけで一食にする方もいるかと思いますが、こちらではあくまでアラカルトの締めに数人でシェアして食べるような食べ方が主流なのかもしれません。

そうするとランチ時にはお店が提案しているミニコースか汁そばのセットを選ぶ方がお腹を満たす点でも、お値段の点でもいいのかもしれません。


(いただいたもの)

アラカルトで…(お茶付き)

・上海蟹の汁なしそば

・たまり醤油の炒飯(牛肉と松の実。ザーサイとスープ付き。)





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:恵比寿「マサズキッチン」(★)

恵比寿の一つ星中華へ。ランチはコースのみ予約可とのことでしたのでふりで入りましたがすぐに席を用意してもらえました。人気のようで店内は満席が続いている感じですが、回転が速いのですぐに入れるようです。

IMG_4534s4534.jpg

お店の入口はこの階段を下りた地階にあります。店内はけっこう小さくてテーブルがひしめきあっている感じですが、逆に活気を感じられる雰囲気であるとも言えるでしょう。

まずおしぼりの提供があります。予算もあるでしょうが、簡易な使い捨てを使うお店が多い中ちゃんとした昔ながらのおしぼりを出してくれると好感がもてます。

さて、今回の目的であった汁なし担々麺ですが、細麺使用でパクチーの存在感がある担担麺で自分好みでした。味付けも店の格に合った上品なものでした。

ただご覧のように欠けたお皿を平気で使っているところがとても残念でした。当時まともなお皿はみな出払っていたのでしょうか。

IMG_4528s4528.jpg

前掛けは無いので、汁や具が飛び散らないようにテーブルの遠くでかき混ぜます。二人掛けのテーブルなので余裕でそういうことができますね。

食べている間は辛味、しびれはさほど強く感じませんでしたが、食後ささやかなしびれが舌に残る感じでした。辛味、しびれが好きな人には物足りないかもしれないですがが私にはちょうどよい辛さとしびれ具合でした。

小前菜二種は至ってシンプルでかつほんの一口の量ですが店の料理の感じを知るにはいいでしょう。同じ一つ星中華の「富麗華」ほどの感動はありませんが、きちんと調理され味付けさているのがわかりました。よだれどりは小さいながらも脂身もあり、築地「一凛」のものよりも旨味を感じて美味でした。

小籠包はおそらくまとめて蒸していて、その時にいるお客さんに一斉に提供する形なのでお客さんによってどの食事のタイミングで出てくるか違うようですね。私は食事もほぼ終わりかかった頃に運ばれてきました。

これまでに食べた中で一番汁がたっぷり入った美味かつ熱々の小籠包で、数は三つだけでしたが大満足でした。

麺類やご飯類のセットが他にもあり、定食のような形でも料理を提供しているので使いやすいお店だと思います。人気の理由がわかりました。

支配人の方のサービスも安定している感じで良いですね。ランチでもカード使用は可能とのことでしたので念のため記しておきます。


(いただいたもの)

ランチの汁なし担々麺のセット
(汁なし担々麺、小前菜二種:セロリと干しエビの酢の物・よだれどり、小籠包三個)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:麻布十番「富麗華」(★)

IMG_4370s4370.jpg

お盆まっただ中のランチをこちらでいただいてきました。この日は終戦記念日でもありましたがお店にはそれなりにお客さんがいて店の人気のほどを知りました。

しばらく前にお店のホームページで予約していましたが、予約順なのか奥の比較的落ち着く場所に席をいただけました。

入店時の受け入れはすらりと細身の中国人マダムがされているようで、笑顔はないもののきちんと迎え入れていただいてお店の第一印象が良いですね。

サービスは支配人はじめ若い方も含めてきちんと統率がとれていてすきがありません。料理の説明などもきちんとしてくれて、勝手のわからない一見の客にはありがたいことでした。

IMG_4372s4372.jpg

中華料理を食べに外に出ることは最近ありませんでしたが、おひとりさまでも楽しめるコース料理が充実していて、そのせいか料理の提供スタイルもフランス料理のいわゆるロシア式サービスに寄っているのを感じました。料理一皿ごとの丁寧な説明、飾り皿などにそんなことを思ったのでした。

ランチのミニコースも飲茶のコースも一時間ほどで終えられるとのことで、久しぶりに美味しい中国茶を飲みたくなって飲茶コースにしてみました。

前菜から始まる飲茶のコース、三種盛られた前菜のお皿はとても小さいですが、それぞれに特徴ある風味づけがされていて存在感がありました。

自家製XO醤を載せたきゅうりは普通に美味しいだけでしたが、クラゲの頭の冷製、豚の三枚肉のかりかりは特別な旨味を感じました。

前者は本当にあっさりした味付けなのですが、中華風とわかる香りを繊細ながらもまとっていて歯ごたえ良くきれいにかみ切れる、これまでいただいたことがないクラゲでした。

後者は豚の身を口に含んだ時に脂の甘さを感じてこれだけで十分美味しいのですが、二口目にかりかりの皮の部分を食べるとその食感がとてもよく美味しい上、かりかりにした部分の良い風味が鼻に抜けていきます。一切れでニ度美味しい、素晴らしい前菜でした。

点心がいわば今回注文した飲茶コースの目玉ですが、自家製の点心はそれぞれに独特の個性があって美味しいです。

IMG_4377s4377.jpg

少し気になったのは、自家製のためなのか蒸した点心の生地が少し柔過ぎて口の中でべとつく感じがありました。手作り点心の経験値が少なすぎて評価のしようもないのですが、もしかしたら私に当てられたのは蒸し過ぎだったのかもしれません。

五種類あった点心の中では、タロイモの揚げ点心(写真右下)が一番風味が立っていて美味しかったです。普段食べる機会のないタロイモですが、その風味が存分に感じられる点心に仕上がっていました。他には、春菊を使ったという餃子も春菊がよく香っていました。

IMG_4378s4378.jpg

お食事前のお料理として一皿だけ出されたのが、剣先イカと万願寺とうがらしの味噌炒めでした。これが、コースの数合わせのためのつまらない一皿と思いきや、イカと味噌のマリアージュが素晴らしく、それぞれ単体でいただくより明らかに美味しくなっているのがわかる立派なお料理でびっくりでした。

最近ですとチーズとワインの取り合わせでマリアージュの妙を感じる経験がありましたが、まさかイカと味噌で同じような体験をするとは思ってもいませんでした。

大げさなと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、本当に感じたまま書かせていただきました。

次のそばは揚げそばで豚肉などは脂が美味しい豚や黄ニラを使っていたり高級で美味しいのは確かですが、麺が固まっていて少し食べにくくてその点だけが残念でした。

お茶だけではなく、デザートが選べるのが飲茶コースの良いところのようです。

お茶はウーロン茶でしたが、普段ペットボトルなどで飲む濃いめの色の茶葉ではなく、フレッシュな煎茶のような色合いの茶葉でした。味は確かにウーロン茶でした。お湯の差し替えは望むだけいただけるので存分にお茶を楽しめます。

デザートは定番の杏仁豆腐を選択しました。何も載っていない本当にシンプルなたたずまいでしたが、その代わりといってはなんですが、量がたっぷりな上杏仁の風味が抜群で、口に運んでそしゃくするたびに気持ち良く濃厚な杏仁の香りが鼻に抜けていきました。

そして杏仁豆腐に添えられているクッキーのような焼き菓子ですが、こちらもともすれば数合わせのつまらない、存在感ないお菓子のように見えるかもしれませんが、玉子の風味がしっかりしてとても美味しいお菓子で、こちらの味の良さにもびっくりしました。

普段中華料理を食べる機会がないせいもあったからか、驚きやいい方向に予想が裏切られる体験がいくつもできてとても幸せなランチ体験になりました。

コース料理でなくても単品の麺やご飯ものを注文することもできますので、思っている以上にはるかに敷居が低いお店だと思います。

その料理の質の高さやサービスとお値段とのバランスを考えると、近くに行かれましたらお気軽に寄られてみることを是非お勧めしたいです。


(いただいたもの)

飲茶コース

お茶:ウーロン茶

前菜:
クラゲのあたまの冷製
自家製XO醤のせきゅうり
豚バラのかりかり(甘味噌、砂糖)

点心:
大根もち
タロイモの揚げパン
卵白のぎょうざ とびっこ入り
海老と春菊のぎょうざ
もち米のシュウマイ

料理:剣先イカと万願寺とうがらしの味噌炒め

食事:豚肉とセロリのあんかけ揚げそば

デザート:杏仁豆腐 卵クッキーつき




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:南青山「エッセンス」(ビブグルマン)

旬の食材を使うとともに化学調味料などを使わない自然な料理が売りとのことで以前から気になっていた薬膳中華のお店でランチをしてきました。

個人的に好きな汁なし担々麺のセットをいただきました。お値段は以前より少し上がっているようです。

IMG_4081s4081.jpg

たれのお味は丁度よい味加減ですが、麺がゆですぎなのかのびきっていて腰がなくかなり残念な麺料理にしあがっていました。

その点だけで少し前の食べた秋葉原の「雲林坊」の担々麺と比べると一段も二段も劣るように感じてしまいます。やや高めの値段設定も考えるとかなりパフォーマンスが悪いと感じます。

ランチはお店の入口になる貴重な機会ですから気が抜けませんね。
個人的には再訪はないでしょう。

ここまで訪れたビブグルマン店、はずしている残念な店が多くて驚きです。


(いただいたもの)

汁なし担々麺のセット

・ミニサラダ
・汁なし担々麺
・スープ
・ドリンク(冷たいジャスミン茶)



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:横浜中華街「謝甜記 弐号店」

横浜の中華街でランチする機会があり、人気がありそうなこちらを選んでみました。お粥専門店ですが各種飲茶、お料理も用意されています。

週末なので中華街の人気店とおぼしきお店はどこも行列ができている状態でしたが、こちらは数名だったので10分程度で入ることができました。お店を出たときにはすでに2時頃だったと思いますが、10数名の行列が出来ていていましたのでたまたますんなり入れただけのようでラッキーでした。

お粥はプレーンなものから、色々な具材が入っているものが各種用意されています。この日は初めてなので5種のお肉が入っているお粥(ハーフポーション)を頼みました。

IMG_0012.jpg

届けられた状態では何も見えませんが、具が下に沈められています。
小籠包もあわせて注文してみました。

IMG_0014.jpg

お粥はどろどろになるまで煮込まれていて、海鮮のお出汁とおぼしき味がしっかりしていて、本来淡泊なはずのお粥ですが、とても濃厚な食べ物との印象をうけました。

お米の歯ごたえを多少残したお米の中華風ポタージュスープという形容が一番ぴったりくるかもしれませんね。

普通の盛りと半分のものがあって、数人でシェアするならば普通のもので良いでしょうが、どんぶり一杯分くらいありかなり大きいと思います。お一人なら半分のものが丁度良いと思います。

食後のお腹の落ち着きがやはりとても良くて、中華街で健康的な食事を求めている方にもお勧めできますね。


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: