FC2ブログ

Brasserie du Parc des Eaux-Vives(Geneve)




今日は、ジュネーブのブラッスリへ。

かつて火災に遭い、しばらく放置されていたレストランが、その後改装され、三年ほど前に新しいレストランとしてオープン。いつかは行ってみたかったのですが、今回初めての訪問となりました。ちなみに、このレストランは公園の中にあるという立地がユニークなレストランです。

一階はブラッスリ、二階がガストロノミーレストランとなっています。今回は一階へ(写真下)。

レマン湖を臨むテラス(写真中・対岸にかすかに見える建物は国連ジュネーブ欧州本部)を備えた素敵な立地。サービスの質には辛口の点がつきますが、観光ポイントとしてははずせない場所という印象を受けました。料理はとりあえずうまいし、工夫があります。

二階のサルも見せてもらいましたが、こちらはクラシックさを追求しつつも、モダンなテーストもありで、古さの中に埋没しがちなジュネーブの美食界に新風を吹き込んでいる感じでしょうか。

今回残念なことにその日の定食メニューが売り切れており(店側としては大失態)、強制的にアラカルトでの注文を余儀なくされました。

前菜は、今時どこでも見かけるようになった夏の風物詩、ガスパチオ(スペインの冷たいトマトスープ)。濃厚で、大変良い味。バジルのアイスを添えるあたりも今時の流行でしょう。パリ三つ星、アルページュでの、冷たいトマトスープへのマスタードアイス添えを思い出しました。

メイン、鱸(写真上)。(山国の)ジュネーブで海の鱸もないでしょうが、値段や他のチョイスを考慮に入れるとこれが魅力的でした。皮目がぱりっと焼いてあり、素晴らしく美味しい。付け合わせの野菜もありきたりではありません。しかし、こちらに戻って思うのは日本と比較しての盛りの多さ。日本と比較しての値段の高さもそれなりに納得がいくというもの。

デザートも、夏を追求して、赤い果実の盛り合わせ。これまた流行の(陳腐な?)カクテルグラスに入れられた夏の赤い果実たち。しかしたっぷり入っていて、大満足でした。

味だけ見るなら、ブラッスリでこのレベルは充分及第点がつくといえましょう。行き届かないサービスは、今回夕方に結婚式があったために、人手が足りなかったということで、一応納得することにしました。

次回はもちろん二階を目指したいですね。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: