FC2ブログ

シェイノ(京橋)

平日ランチ時に日本を代表する(?)グランドメゾンへ。別に接待でもイベントでもなく、ただ淡々と先輩とのランチでした。

今回が初めての訪問でしたが、グランドメゾンにふさわしいサービス陣の志の高さ、サービスの手厚さをサルに入るなり感じることとなり、感激です。

板張りの床はともすればビストロの雰囲気に流れがちですが、テーブルの間隔は広くとられ、なにより丁寧に接してくれるサービスのおかげでここはただのビストロではないことに気付きます。

お料理はやはり今は見かけなくなりつつあるクラシックなスタイルで一皿の盛りも多め、しっかりとソースを作っている料理にはやはりシェフのこだわりを感じずにはいられません。

コースはスープ+メイン+デザートが一番お値頃。ついでスープが前菜にかわるコース、メインが魚と肉に増えるコースなどがあります。

この日、スープは人参のポタージュで、前菜はテリーヌの盛り合わせ、魚介のサラダ、リードボーのサラダからの選択。先輩共々全く同じチョイスで趣味が同じことに二人で苦笑。でも一つの時間を共有する会食者が同じ感覚で皿に向かうこと、悪いことではありません。

前菜はリードボーのサラダを選択。ボリュームたっぷりで温かいリードボーが、とても元気なサラダの中にごろごろとおかれており、味も極上。燻された鴨胸肉、質の良いフォワグラが添えられ、とてもお得な感じです。

メインは魚が鮎、黒むつ、お肉は仔牛かうずらとのことで、やはり季節ものの鮎を選択。それでもシェイノの鮎はシンプルな現代の方向とは逆に向かい、背中から開いて白身のすり身を入れてオーブンでさらに焼く(!)というとても手の込んだもの。今時ここまでやる店、相当珍しいのではとため息が漏れます。ソースも濃厚で手抜きのないもの。

正直、現代風の素材の風味を活かす調理からすると時代遅れな感じかもしれません。鮎自体の旨味を感じられないのはやや残念ですが、正統派フレンチを味わう貴重な経験ができそれはそれで良いことでした。

デザートは五種類のケーキ類と一種類のゼリーからの選択。いわゆるワゴンサービスでした。苺のタルト、ピスタチオのムース、モンブラン風ケーキとアロエのゼリーをいただき、それぞれの質の高さに感心。やはりケーキは薄味に限ります。
これでアイスが二種類ほどあれば完璧ですが…贅沢すぎるでしょうか。

先輩との会話が盛り上がり、あまり店内を見回す余裕もありませんでしたが、金曜日のお昼でもそれなりの混みようで、ワインを飲んでいるおじさまグループが少しうらやましくありました。

サービスは徹底的にお客が気持ちよく過ごせるようにとの配慮が感じられ、最初から最後までいい気持ちで過ごすことができました。

クラシックなフレンチは正直あまり好みではありませんが、これだけサービスの水準も安定していると色々なシーンで使える良店だなと思うのでした。


シェ・イノ (フレンチ / 京橋、宝町、東京)
☆☆☆☆ 0.0


sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: