三つ星シェフ来日イベント情報:アラン・パッサール氏来日賞味会

パリ7区のご自身のレストランで三つ星を維持されているアラン・パッサール氏が来日され、帝国ホテル内「レ・セゾン」にて特別な賞味会を開催されます。

以下、概要を引用いたします。詳細はこちらからどうぞ。


アラン・パッサールとティエリー・ヴォワザンの華麗なる饗宴 [レ セゾン]

世界中で名を馳せる料理人、アラン・パッサール氏をお招きし、ティエリー・ヴォワザンとのコラボレーションディナーをお楽しみいただける特別な日をご用意いたしました。
本年200周年を迎えるシャンパーニュ「ビルカール・サルモン」の特別記念ラインナップとのペアリングでご堪能ください。

開催日時:2018年3月14日(水)(17:30~22:00(ラストオーダー))・15日(木)(19:00より)
場所: フランス料理「レ・セゾン」(帝国ホテル内)
料金:83,000
※15日はビルカール・サルモン200周年を記念したCuvée 200 をお楽しみいただけます。(食事の内容は14日と同じです。)
※お飲物付き(シャンパーニュ「ビルカール・サルモン」ペアリング)
※消費税込、サービス料別。

<要予約>
※食材等によるアレルギーなどがございましたら予め係へお申し付けください。
※男性のお客様はジャケットの着用をお願いしております。


アラン・パッサール
1986年パリにレストラン「アルページュ」をオープン。翌年に一つ星、1988年には二つ星を獲得。開店後わずか10年目の1996年には三つ星を獲得した。“肉の魔術師”と呼ばれ、加熱調理の名手としてその名を馳せていたが、2000年頃、自身の菜園を持ち野菜料理のスペシャリストとなった。あらゆる芸術に深い造詣があり、自らを “a sculptor of the flame”(炎の彫刻家)と称する。

ティエリー・ヴォワザン
フランス・シャンパーニュ地方を代表する名店「ボワイエ・レ・クレイエール」のオーナー、ジェラール・ボワイエ氏に師事し、その後、「レ・クレイエール」のシェフに就任。2005年より、帝国ホテル、東京「レ・セゾン」のシェフを務める。




関連記事

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: