星つきシェフ来日情報:フィリップ・ミル氏来日イベント

シャンパーニュ地方で二つ星を維持され、六本木にご自身のお店をおもちのフィリップ・ミル氏がこのたび来日され、同店でシャンパーニュの作り手として著名なアンリオとコラボしたガラディナーを開催されるとのことです。以下概要を引用いたします。

詳細につきましてこちらをご覧ください。


フィリップ・ミルシェフ 来日ガラディナー  with シャンパーニュ ローラン・ペリエ

トゥール・シュル・マルヌ村にて1812年創業。
ベルナール・ド・ノナンクール氏により、いち早くステンレスタンクを導入し、シャルドネの使用率を高めるなど、先進的な取り組みで、戦後、大きく発展し世界屈指のメゾンの地位を築いています。

その酒質は「フレッシュさ」「エレガントさ」「バランスの良さ」というキーワードに表現され、チャールズ皇太子主催の晩餐会でも供されるなど英国王室とも関係は深く、世界中のVIPに愛されるメゾンです。

この度、シェフのフィリップ・ミル氏が来日し一夜限りの特別メニューを御用意いたしまして、ガラディナーを開催いたします。

特別メニューに合わせて御用意いたしますお飲み物は、シャンパーニュ・ローラン・ペリエのラインナップ。
メゾンのフィロソフィーも感じていただけるメーカーズディナーも兼ねての開催です。

メゾン創立200年を記念し過去最高のブレンドで仕込まれた限定最高級キュヴェLes Réserves Grand Siècle(3000ml)を始め、
貴重なキュヴェをご用意し、皆様のお越しをお待ちしております。

~Laurent-Perrier Champagne List ~

NV La Cuvée Brut MG (1500ml)
NV Ultra Brut
1999 Brut Millésimé MG (1500ml)
NV Cuvée Rosé Brut
NV Grand Siècle
NV Les Réserves Grand Siècle (3000ml)
NV Demi-Sec


開催日時:2018年7月21日(土)
場所:「六本木テラス フィリップ・ミル」
時間:18時半開場/19時開宴
料金:40,000円(お料理・ワイン・サービス料込み、税別)

※当日のワインや食材のコンディションにより内容の一部変更する場合がございます。
※限定席数の御案内となります。ぜひお早目のご予約をお願い致します。
※お席は御相席となる予定です。
※当日の1週間前より50%、前日より100%のキャンセル料をそれぞれ申し受けます。

オンライン予約はこちらからどうぞ


フィリップ・ミルPhilippe MILLE)氏 略歴

1974年:フランス・ブルターニュ地方生まれ
2003年:二つ星レストラン「ル・ムーリス」のスーシェフに就任
2009年:ボキューズ・ドール国際料理コンクールにてボキューズ・ド・ブロンズ(第3位)獲得
2010年:「ドメーヌ レ・クレイエール」にてレストラン「ル・パルク」、ブラッスリー「ル・ジャルダン」のシェフに就任
2011年:フランス国家最優秀職人賞(M.O.F)を獲得
2011年:「ドメーヌ レ・クレイエール」の総料理長として、ミシュランガイド一つ星獲得
2012年:「ドメーヌ レ・クレイエール」の総料理長として、ミシュランガイド二つ星獲得
2017年:ボキューズ・ドール国際料理コンクールにて日本代表シェフ長谷川幸太郎のコーチを務める




関連記事

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: