FC2ブログ

おはらスレストラン(大崎)




五反田と大崎の中間に位置するフレンチへ。名前だけは知っていましたが、慣れない場所柄なかなか訪問の機会がありませんでした。

ランチはコース三種類のみで、日常外食のランチ客はこないような値段設定になっています。この日は一番下のコースを注文。それでも消費税、サービス料などがついてくるのでそれなりの値段にはなります。ただバターも付いてきますし、一皿一皿銀の帽子(?)をかぶせてもってきてくれます。ランチでここまでしてくれるとは、すごいですね。

二番目のコースからはスープが付いてきて、一番上のコースではより高級な食材を使ったお料理が楽しめるようです。ちなみにこの最後のコースが夜ではスタンダードになり、他におまかせがワンランク上で用意されるようです。

お料理はとても丁寧に調理されていて、美しいいでたち。カジュアルなフレンチと高級店のちょうど中間に位置するかんじでしょうか。

提供されているお料理の名前を見るとどちらかというとクラシックですが、タッチが軽い感じで仕上げが現代風になっています。

店内のしつらえ(写真下)、料理の質をあわせるとパリの小さな一つ星のイメージと言っていいでしょう。

前菜は三種類の中から、「ブダンのキッシュ仕立て、香草のサラダ」を選択(写真中)。コリアンダーなどが入ったサラダは灌木のようで美しい盛りつけ。コリアンダーすなわち香菜は独特のくせがあり好みが別れるでしょうが、フレンチで出てくると面白いアクセントになります。

メインは他にコッコーバン(鶏の赤ワイン煮)、バベットステーキなどありましたが、キッシュとのバランスを考えて本日の鮮魚に(写真上)。この日はひげ鱈のポワレでしたが、鮮度が良く、また丁寧に調理されていて繊細な身質がとても美味。ソースも地味なものですが、きっちりと味があります。

カジュアルフレンチやその対極の高級フレンチのお店についてはそれなりに名前を知っていますが、このクラスとなるとぐっと引き出しが小さくなってしまいます。その意味で東京でも独特の存在感を放つ名店と言えるのではないでしょうか。

夜はどんな華やぎを見せるのか次回訪問がとても楽しみです。3月末まではトリュフメニューなんかもあったりするようです。

メディアにあまり露出している印象がありませんが、こういうお店が地味な立地で続いているところに改めて東京のすごさを感じる次第でございます。


おはらス・レストラン (フレンチ / 大崎広小路、五反田、大崎)
☆☆☆☆ 0.0


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: