FC2ブログ

レストラン訪問記:京都・祇園「祇園いわさ起」(★)

IMG_5977.jpeg


新潟に行く前に京都で伺った割烹のお店の記事をお届けします。訪問は昨年2022年4月上旬になります。

お店との最初の電話のやりとりから女将の礼儀正しさに触れ、訪問前から印象が良かったです。実際にお目にかかるととても品のある方で、他のお店以上におもてなししていただいている感じがしました。

そして大将からも、まず最初にお名刺の御挨拶がありました。とても感じが良いです。


IMG_5980.jpeg

こちらはグラスでシャンパンを提供する割烹店という一つの売りがあって、グラスシャンパンの揃えはこの日は4種類でした。せっかくなのでリュイナールブランドブランボランジェと2杯のグラスシャンパンを頂きました。

またランチコースはいくつか価格設定があり、この日は少しお値段が高めの1万円コースをお願いしていました。お値段が低いコースと大きな献立の違いはないようでしたが、それぞれのお皿で使われる食材のグレードが上がる印象でした。

例えば、お造りにカマトロが入ったり、炊き合わせが鯛のカマになっていたり、本モロコが提供されたりといったところは、おそらく上のコースのみの提供だったように思います。

大将はホテルの和食店が修行の原点だったようです。単なる偏見かもしれませんが、そのせいか、お料理自体は正直バナル(平凡)な印象でした。

この日のお会計ですが、この日は1万円のランチコースを頂き、シャンパン2杯(ルイナールブランドブラン2300、ボランジェ2000)、日本酒(まつもと純米)を半合(値段は記録がなく不詳)を頂いておそらく15,000円程度だったと思います。現金払いのみのお店なので行かれる方はその点御注意下さい。


(頂いたもの)

ランチコース10000


IMG_5983.jpeg

IMG_5984.jpeg

IMG_5985s5985.jpeg

八寸
おひたし(お麩入りで上品です。)
てっぱい(新鮮で、繊細でした。)
そら豆(上品なお味です。)
玉子焼き(質が高いです。くるみが上に載っていました。)
きんぴら(油のこくありました。滋賀の赤こんにゃく入りです。)
(やや甘い味付けです。)
鯛の小袖寿司(上品です。)
蕗の薹天ぷら(当たり前ですが苦味があります。田楽味噌のコクがありました。)
鱈の子(とても優しい炊き上がりで山椒の葉が効いていました。)
(全体に丁寧な作りでお酒の良い当てになるので好ましいのですが、全ておばんざいの域を出ない印象でした。)


IMG_5987.jpeg

IMG_5988.jpeg

お造り
◯真鯛(厚みがすごいです。また、身はぶりんぶりんで美味いです。)
★紋甲烏賊(ねっとり感がすごいです。美味いです。お勧めのごま油塩が良く合っていました。)
★鮪のカマトロ(辛味大根、わさび、塩柚漬け全てを包み込む脂の尊さがありました。異次元の美味さです。)


IMG_5989.jpeg

IMG_5990.jpeg

IMG_5992s5992.jpeg

お椀 貝柱真薯 筍 菜の花
(優しい吸い地で良いですが、帆立はバナルな印象でした。)



IMG_5994.jpeg

IMG_5995.jpeg

焼物 鰆の幽庵焼き くわいせんべい 花豆蜜煮
(熱々です。お皿も温めてくれていました。脂が乗り美味しいです。せんべいも温かいのが良いです。蜜煮も繊細な甘さがありました。)


IMG_5997.jpeg

IMG_5999.jpeg

IMG_6000.jpeg

お口直し 塩トマト白ワイン煮 琵琶湖本モロコの南蛮漬け
(トマトは甘くデザートの趣きです。モロコは残念ながら玉子がほぼありませんでしたが、京都の春の味覚を楽しむ趣向でしょう。)


IMG_6001.jpeg

IMG_6003.jpeg

炊き合わせ 明石鯛カブト 筍 フキ
(美味しいし贅沢ですが、吸い地が甘いのが残念でした。美味しい鯛を頂く時に砂糖はいらないです。)


IMG_6005.jpeg

IMG_6007.jpeg

IMG_6008.jpeg

お食事 大原産筍ご飯 長芋の味噌汁 
香の物 大根ビール煮 すぐきの葉 白菜
(ご飯は、こちらもやや甘口なのと山椒強めなのが残念でした。米の炊き加減は完璧ですね。)


食後のお茶 ほうじ茶
(スモーキーでした。)


IMG_6009.jpeg

IMG_6010.jpeg

IMG_6012.jpeg

水菓子
沖縄産パッションフルーツ
宇和島ブラッドオレンジ
佐賀ほのか(苺)


塩キャラメルのプリン
(熱々です。黒糖で味付けしたようです。)





関連記事

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: