FC2ブログ

Chez Ruffet** シェ・リュフェ(パシフィックホテル品川) ★★

フランスのピレネー地方の二つ星、「シェ・リュフェ」のシェフ、ステファン・カラードシェフ来日とのことで遠路はるばる(笑)品川まで遠征してランチをいただいたきました。

昨今のこうした来日シェフ企画は、本場同様のメニューを提供しようという志のゆえなのか、価格が青天井の感がありますが、こちらの企画は妥当な値付けで、その点で好感がもてました。

ランチはコースが三種類あり、一番お手頃なコースは前菜、メイン、デザートというシンプルな構成。残りの二つは、メインが二皿になります。
またいずれのコースでもかぶるお皿は一切ありません。
夜はまた別でしょうが、昼のコースにはアミューズがついてきません。

この日はワインも飲まないつもりでいたため、一番上のコース(福澤先生一人分)でもよいかと思っていましたが、提供されるお料理を見比べて、好きな感じのお皿が多かった二番目のコースを選択しましたが、これが正解でした。

前菜は、トリュフが香るオマール海老のカネロニ。

1091299764_211.jpg

オマール海老の爪は残念ながらゆですぎでしたが、カネロニの中のオマールは、トリュフの香りのソースと合わせるとまた大変よいお味です。

メインのお魚はマグロを使った一品。

1091299764_231.jpg

どうしても生のマグロのおいしさを知っている日本人はマグロ料理に辛口になりますが、このお料理は独特で、気に入りました。

半生に火を入れたマグロの上にレモンの香りが移してあり、それがとてもよいアクセントになっています。一口一口がとても幸せでした。

メインのお肉は日本では珍しいリードヴォー。

1091299764_117.jpg

しかも赤ちゃんのこぶし大の大きさで、質も大きさも大変立派なものでした。

こちらをバターでロティし、甘いソースと合わせてあります。甘いソースはシェフの独特のスタイルとシェフ自身が解説してくれました。

そう、シェフは通訳の方とテーブルをまわっていてこちらにも来てくださいました。久しぶりのグルメなフランス語会話、楽しみました。
彼のお店は遠いですが、いつかまたフランスに旅立つときには思い出して行きたいものだと思います。

デザートはとてもまっとうなチョコレートケーキ。丁寧な作りで、普通に美味しい。
お茶はミントティーをいただきました。

サルが30階にあるため、よい景色を期待していましたが、こちらは今ひとつです。
週末のひととき、フレンチガストロノミーの風をほんのわずかに感じたそんな幸せな時間でございました。


(いただいたもの)

お昼の二番目のコース:

前菜:オマール海老のカネロニ 芳醇なトリュフソースの入ったポロ葱と共に(写真下)

メイン(魚):鮪のミキュイ 生ハムとブロッコリーのピュレ添え(写真中)

メイン(肉):リードヴォーのロティ シャンピニヨンのマカロン飾り(写真上)

デザート:ショコラロワイヤル ”ガヴォット”

お茶(ミントティー)と小菓子


ワイン(グラス):
ジュランソンセック(ドメーヌ ショアペ) 2006年
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: