FC2ブログ

Marcon (St.Bonnet) ★★★ -dejeuner- (2)

つくっていただいたお昼の献立を今回紹介いたします。


今回の献立のお値段については特に聞いておらず、食事の途中にメートルドテルの方に尋ねると、少ししてお値段を提示していただきました。

漠然と昨日のデギュスタッションメニューと一緒かなと思っていたのですが、なんと一番安いメニューと同じお値段でびっくり。特別なお献立だけでも嬉しいのに、あまりによくしてもらい、言葉がありません。


さて、アミューズは一部重複があるものの基本的には昨日とは違う各種一口アミューズ、前回書いたエクレビスの串とブイヤベースに続いて、とても美しいオマール(実は、手長海老?)のお皿が供されました。

211541660_173.jpg

少し甘い味が入る料理は苦手ですが、皿の美しさで言えば今まで色々なグランドメゾンで見てきた中で一番きれいなお皿(料理)という感じがしました。

それでも、オマールの火入れ加減が昨日のラングスティンヌ同様半生の感じでとても上手です。


続くお皿がこの地方の昔の料理人、マルガリドゥーの名を冠した串料理。レシピ本によると揚げが入るのですが、2006年版のこれは焼いたもので、上にキノコの熱々ソースをかけてくれました。

前日は仔羊の胸腺をいただきましたが、この日は仔牛の胸腺で、なんとも贅沢です。ぶりぶりの歯ごたえがたまりません。


メインに入る前に二皿小さなお料理が続きます。

まず、この地方名産のレンズ豆の煮込み。

211541660_194.jpg

ハム(?)のだしが聞いている感じで体にも良さそうでとても美味しいです。いただいたメニュー(お願いしたらその場でタイプして渡してくれました!)を見ると夏トリュフの風味もついていたようです。

続いて季節の始まったセップ茸をつめたセップ。詰められたセップの方は細かく刻んであり、大きなセップに入っています。季節を食べる喜びがありますね。


お魚はこの地方のハムをしのばせたあんこう。

211541660_217.jpg

身質が独特の堅さで味付けもしっかりで淡泊なあんこうがとてもいい味に仕上がっています。

右の白いものはジャガイモのムスリーヌでした。きのこのピペラドも添えられていました。

お肉は最初、ほろほろ鳥とのことでしたが、変更になったようで、メニューにもあったフレッシュなアーモンドを使った鳩のローストで、こちら臭みが全くなく、とても美味しくいただきました。

グランドメゾンではよく鳩を食べますが、これだけ臭みがないのはやはり店のレベルの高さの証明でしょう。


この日はしっかりチーズをいただきます。この地方のチーズのみとのことで、4種類ほどもっていただきましたが、今回は今ひとつあたりのものがありませんでした。

こちらでは二種類のコンフィと野菜スティック、干しぶどうなどを一緒に添えて出してくれます。


アヴァンデセールとアプレデセールは前日とほぼ同じで、アヴァンデセールのグラスに入っている内容が異なっていたくらいの違いでした。

デザートは栗のデザートを選択。こちらは熱いパンケーキ状のものに栗のクリームがはいっている感じです。添えられた黄色い桃のシャーベット、桃の水がさわやかで気に入りました。


お茶は昨日と同じくサロンで六種ハーブのハーブティーをいただきました。

この機会にシェフ、メートルドテル、ソムリエのクレールさんと一緒に写真を撮っていただきました。

シェフに聞いたところ毎年三月には日本に来るそうで、時間が合えば彼の食事会に日本でも参加したいなあと思うのでした。彼にはお礼を丁重に述べて、握手して別れてきました。この日は彼はテーブルを回っていませんでした。

最後、クレールさんにも(手書きの)名刺をいただき、別れ際彼女の方から握手してくれました。

南の方やブルゴーニュで働き続けたいとのことだったので、次回また同じ場所で、あるいは別のグランドメゾンでお会いすることもあるかもしれません。それもまた楽しみです。


多くの思い出をいただいて、欧州惜別のグルメ旅として最高の体験をさせていただきました。

心を尽くして下さったシェフ、レストランのみなさんには心より感謝しています。


最後にお店の行き方ですが、リヨンから公共のバスでアノネイという町まで行き、そこからタクシーを使えばこちらにたどり着けます。タクシーで30分くらいでしょうか。

機会があれば是非行かれてみて下さい。がっかりすることはないと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: