FC2ブログ

ラストリカート(納戸町・牛込神楽坂)

食事会があり、地元のイタリアンへ。
前回うかがった際、それなりによいお店と記憶していての再訪でした。

店内は逆L字型になっていて、こぢんまりとした空間が隠れ家の雰囲気を醸しています。

お料理はお野菜や魚介にこだわったイタリア料理。
お野菜は普通に美味しいのですが、二回目の訪問でこのお店のあらが少々目についてしまいました。

お魚が売り(三重・尾鷲から直送とのこと)のはずですが、何となくお魚の存在感が薄く、どうも店の経営のためなのか、安全運転で仕入れをしている感がぬぐえません。

例えばカルパッチョはカレイ、メインでのお魚はヒラメで、調理方法は選べるものの、ヒラメの料理はいずれも切り身での提供とのこと。

新鮮なお魚を使い切りたい、よけいな在庫を持ちたくない、そんな気持ちはわかりますが、お肉の選択肢も今ひとつの中、魚が切り身で一種類とは少ししょぼい印象を与えてしまい、がっかりです。

また特大赤座海老などがあり、それはそれで珍しくてよいのですが、それなりの追加料金が発生します。
漁師さんにふっかけられているのでしょうか。特大と言っても、出されて殻から実を取り出すと普通の小さな海老と同じくらいの大きさになってしまいますのでうまいもの食べている、という感じにはなりません。ちょっと残念。

そして厚岸の牡蠣というものも、小さく、鮮度も今ひとつの代物で、とうてい満足できませんでした。

この日よかったのは、あさりを使った手打ちのスパゲッティ。
それからフランスのプロヴァンスからきたトリュフを別のパスタにかけて頂けたことくらい…(当然追加料金がかかります)。

店としてはそこそこの志を目指しているのはわかりますが、今ひとつ中途半端に終わってしまっている感が最後までぬぐえませんでした。

これならば大衆路線をもっと明確にしつつ、しかしアラカルト、お魚で色々な選択肢を用意してくれている茗荷谷のアグレストの方が圧倒的に使い勝手がよいお店と言えるかと思います。

この感じでは再訪は厳しいですね。


(いただいたもの)

食前酒:スプマンテとイチゴのカクテル

つきだし:
・自家製スモークサーモン
・パルマの生ハム
・白レバーペーストのカナッペ
・人参の温製スープ

・前菜:厚岸産の牡蠣(2個)
・パスタ(1):江戸前あさりとエリンギのスパゲティーニ
・パスタ(2):パッパルデッレ、仔羊のラグーソース(トリュフがけ)
・メイン:手長海老とお野菜
・デザート:アフォガード
・お茶:カモミールティー
小菓子:フロランタン、生チョコ、イタリアの固い焼き菓子

ワイン:白(グラスで2種類)、赤(グラスで1種類)


LASTRICATO (イタリアン / 牛込神楽坂、神楽坂、市ヶ谷)
☆☆☆☆ 0.0


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: