FC2ブログ

喜楽寿司(築地)

しかし最近とみに縁がある築地、この数日で実に4回目(!)の築地訪問。特に意図したわけではないのですが。
「喜」という字が使われているところから見て、人形町の「喜寿司」と縁があるのかと思ったのですが、詳細は不明です。

店先は小さいながらいい雰囲気、店内は明るく奥も広い造りです。
カウンターでの握りが主体のようで、最初のつまみからはじまり、お好みで注文と進み、最後まで堪能させて頂きました。

つまみは、

・鬼笠子(千葉産)
・いさき(塩で)
・かすご(=鯛の幼魚)
・海松貝のあぶり(すだちと)
・やりいか

と新鮮な魚介のお刺身をいただいて、

・おこぜ
・(湯引きした)真鯛
・トリ貝
・きす
・小柱
・こはだ
・牡丹海老
・中トロ
・ウニ
・穴子
・巻物(中トロ)

の握りをいただきました(順不同)。いずれもほろりと崩れる本格派のお寿司です。
白身をいただくときは特に感じますが、わさびの香りが際だちます。

つけばに立つ職人さんは感じよくおしゃべりに答えてくれて、最近は商売のことばかりを考えるお店が築地でも増えていることを嘆く言葉が聞かれ、それが印象的でした。

こちらでは、つまみのお刺身から始まっていずれのネタもとびきりの活きの良さで、今日はネタが少なくなっていたとはいえ充分に楽しませていただきました。

特におつまみの鬼笠子や火を通した海松貝(濃厚!)は大変な美味で、目がさめるようでした。

お会計は、ごちそうだったのですが、あとで聞くと怖い値段ではなく、お酒を相当頂いたにもかかわらず大変良心的で、いいお店なのだなとの印象が残りました。一見さんだったからでしょうか?

ちょっぴり贅沢にお寿司を、つまみのお刺身をというときに覚えておいて損はないお店でしょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: