FC2ブログ

ムイ(東京ビルディング・丸の内)




昨秋落成となった東京ビルディング内のスペインバルへ。友人との一ヶ月ぶりのさし飲みのため、こちらのお店を選択。

スペインバルとのことで、出てくるものは友人を待つ間チェック済みで、基本的なメニューを注文。選択の幅はさほど広くはないものの、普段は味わえないものを楽しめるので、大変いいお店です。

基本的にカウンター中心で、BGMが結構大きめにかかった騒々しい面もありますが、くだらない会話が周りに聞こえないのはいいことかもしれません。最初はインストゥルメンタルで、後半はスタンダードな洋楽がかかっていたような。こうなると、結構いい雰囲気ですね。

カウンターは広々で、高い椅子ですが、背もたれもあって、頑丈なのでくつろげます。そして卓上は思ったよりも大きくて、いい感じ。

今回は食事から行きましたが、二次会で軽くシェリー酒を、ベルモットをみたいな使い方も大いにありでしょう。またパエリャだけでもいいかもしれませんね。チャージかかりますが、普通のバーと比べればただみたいなものでしょう。

目の前に見えるのは東京のなんとはないビル群、新幹線の往来ですが、そんな風景もまた新鮮です。お隣は有楽町の国際フォーラムなので、連携した景観もまさに現代の東京ですね(写真下)。

夏には国際フォーラムに向いた場所に数卓のテラス席ができるようで、こちらは夏の夜のビールに最高の場所かもしれません。

お料理は本格派で、がっちりと食べられる分、お値段もしっかりしています。もちろんカリテ・プリでいうといい方で、最後には二人とも気持ちよく満腹になりました。ということで、スペインチーズの盛り合わせは次回に持ち越しに。

今回は最初なので、ハモン・イベリコ・ベジョータ(写真中)+オムレツ+アヒージョ(オイル煮)(写真上)+パエリャは基本アイテムとして注文。

ハモン・イベリコは欧州各国でも日本に比べれば安価で買えますが、ここで出される最高級品(値段も相応)ではないでしょうね。ねっとりとした脂身と独特の香り、大トロの刺身食べている感じです。量以上にボリュームを感じる食べ物で、大満足です。やや癖がありますが。

アヒージョは海老、キノコなどが基本でしょうが、旬を活かした、ホタルイカ+筍というものがあり、今日は迷わずこちらを選択。うまかったです。油もいいもの使っているのでしょうね。

お食事では、途中、できたてのピンチョス(まさに”つまみ”)を店内を巡りながら勧めてくれたりして、いい雰囲気。最初に見せてもらった、レバーペーストとイチジク、ナッツのピンチョス、濃厚で美味でした。二回目はキノコと生ハムでしたか。こちらはお腹が一杯で遠慮しました。

ワインは最初、カヴァ(発泡酒)をサービスでいただき(クーポン持参のため)、シェリー酒二杯、赤ワインボトルを一本空けました。ワインは幅広い選択肢があり、お手頃のものが多く、沢山飲みたい人にもいいかもしれません。

こちら、経営がコレドのサンパウと同じなので、そちらで出しているようなワインをこちらでも用意しているようでした。

(お食事)

・ムール貝のフライ(クリーム詰め)(写真中)
・ハモン・イベリコ・ベジョータ(写真中)
・ホタルイカと筍のアヒージョ(写真上)
・ジャガイモオムレツ
・ピンチョス(レバーペーストといちじく、ナッツ)
・仔羊のプランシャ(鉄板焼)
・ほうれん草の炒め物
・鰯の酢漬け
・海の幸のパエリャ

(お酒)

・カヴァ(発泡酒)
・シェリー(ラ・ヒナータ、アモンティリャ)
・赤ワインボトル(コディセ)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: