FC2ブログ

アルケッチァーノ(山形・鶴岡)




こちらにうかがったのは2005年4月のことでした。
先日のイルギオットーネやカステッロつながりで、志のあるイタリアンのお店ということでこちらで紹介しようと思いました。

山形県鶴岡市の市街からはずれた場所にあるこちらのお店は、そとから一見すると地方によくある普通のファミリーレストラン。中に入ってもその印象は変わりません。

しかしながらこのお店で出している料理がただものではないと思わせてくれるのはまずは、店内のどこからでも見える大きな黒板にびっしりと書かれた「その日の」メニュー。これは残念ながら夜のみですが、その日一番の素材を使ったアラカルトの選択肢の多さにまず圧倒されます。

卓上の案内にも書かれていますが、こちらで使われる食材はほぼ地元庄内のもので、その素材の持ち味を活かすために調理をしているという感じです。

夜はおまかせ風のコースがありますが、例えばこの日出されたお皿に入っていたのはふぐ、ほたるいか、桜鱒、蕪、松露等。

イタリアンというとおしゃれな内装の店内でいずまいをただして礼儀正しく食べるというのが東京流、日本流でしょうか。

そしてどんなお店のお料理も、イタリアのリストランテ料理の型にはまってそこから抜け切れていないという気がします。

こちらのお店のすごいのはとにかく美味しい素材を提供するためにイタリアンの手法を使うという感じで、普通のお店と全く逆の発想をしていると思われる点です。その意味で、普通のお店を縛っている型を突き破って確固たる独自のスタイルを築き上げています。

それでいてサービスも、店内の雰囲気もスノッブではなく、たんたんと「うまい」お皿を出してくれる感じで好感が持てるのです。

お店もその名が知られるようになり、日本全国から色々な(いわゆるグルメな)お客様が来るようで、シェフとも少しおしゃべりする機会がありましたが、ちょっと知識も仕入れてそういう人たちに対応できるようにもしなければという感じでした。

お話では、洞爺湖にあるミシェル・ブラス(フランスの本店は★★★)の日本支店に今度行くとのことでした。きっと色々感じるところがあるのではないでしょうか。地元のものを活かし切るという姿勢、考えるとミシェル・ブラスでのお料理に通じるものがあるという気がしました。

ちなみにこちらの奥田シェフはイタリアでの修行経験はないはず。地元の食材を活かし切ることに精魂を傾けることでできあがった希有なお店ですね。

庄内の滞在はたったの4日でしたが、初日の晩にいただいて感激し、また最終日前日のお昼に再訪した次第でした。

だんちゅうイタリアン特集にも出ていますし、「四季の味」にシェフがコラム(写真付き)を書いていますので、ご興味があればご覧下さい。

冬は庄内の名物、たらを使ったお料理、夏にはだだ茶まめを使ったデザートなども出るようです。
季節を変えて是非再訪したいお店の一つです。


(写真説明)

下:桜鱒

記憶が薄れていますが、半生で供されたまさに旬(4月中旬でした)の桜鱒です。この時期、北海道や秋田、山形でとれるようです。


中:豚肉のロースト

おそらく豚肉。ねっとりとした脂肪分が大変美味。付け合わせの温海蕪の炭火焼きの苦みとさっぱり感がうまくあっています。皿の上に見えるクリーム色の粒が松露です。トリュフ(西洋松露と呼ばれますが)ではありません。

また、アラカルトで「仔羊のたんの煮込み」をいただきましたが、これがとんでもなくうまくて、満腹でもどんどんお腹に入りました。


上:トマトを練り込んだパスタとほたるいか(ソース:ペペロンチーニ)

こちらのお皿だけ、二回目のお昼の写真です。お昼のコースにアラカルトで追加したもの。ほたるいかはこの時期の食材ですが、夜のコースに出たパスタに入っていて気に入ったので、パスタは違いましたがほたるいかの入ったこの皿をお昼にもいただきました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: