FC2ブログ

美登里(銀座)




店名と同じ名前の先輩のお祝いの席があり、金曜日の夜でにぎわう銀座へ。

今日は飲んだお酒、参加者各人から先輩へのお土産等すべてが能登(石川県)にゆかりあるもので、その奇遇に驚きです。

ということで、こちらで頂いた日本酒でも、気に入ったものは、石川県(!)「福乃宮」の新酒でした。さわやかで複雑玄妙な味で、皆様からも高評価を得ておかわりしました。日本酒の「旬」を楽しむことができ幸せです。他には香川県「凱陣」の純米酒を頂きました。

こちらのお店は京野菜を使った割烹で、店内は狭いものの清潔そのもので、雑然としたところがなく大変気持ちのよい場所です。

給仕の女性も落ち着いていて品があり、多少冷たいと感じる方もいるかもしれませんが、適切で折り目正しいあしらいをして頂き、大変好感がもてました。その後少しずつ笑顔が見えてきたという感じでした。

ご主人はぼくとつでもてなしの心がないのかなと最初は思ったのですが、実はそういう訳ではなく、受け答えは大変丁寧です。最初の印象は、職人らしい不器用さのゆえ、なのでしょうか。

お料理は京都の野菜を中心に据えた和食。コースのみです。どれもきちんとした仕事がしてあって、繊細なお味。

一皿の盛りは少なめですが、完成度が高く、店内の落ち着いた雰囲気も相まって満足度も高いお店でした。

体に優しいものを食べながらゆったりと人と語り合うような機会にはなかなか良い場所なのではないでしょうか。お酒の揃いにも店のこだわりを感じます。

入店した時にはカウンターのお客さん3組がすべて「同伴」の方で、銀座の夜だなあとしみじみ感じた次第でした。特に和服のうら若い女性に目が釘付け。

帰り際には給仕の方が上までお見送りに来て下さいました。ご丁寧にありがとうございました。


(お料理)

(1)つきだし6点盛り(写真下)
(左から時計回りに:小松菜とまぐろのおひたし、手作りこんにゃく、なまこ酢、万願寺唐辛子とじゃこ、木の芽のぬた、酒盗)

「万願寺唐辛子とじゃこ」などはありきたりな感じですが、他では味わえないこまやかなお味です。「木の芽のぬた」なども香りが高く、技を感じました。これは本当にお酒を楽しむためのものですね。お酒好きにはありがたい。

(2)大根の炊いたもの
(3)お造り(まぐろ)
(4)若竹とわかめのお吸い物

以前別なお店ですでに出回っているという菜の花を頂きましたが、竹の子も早いものがもう出ているのでしょうか。

(5)平貝の焼き物とお野菜(おみそとともに)(写真中)
(6)牡蠣の白みそ椀(写真上)
(7)ご飯

つぶのきれいにたったご飯は大変美味しかったです。おくどさんがお店の奥にあるようです。お代わり欲しいくらいでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: