FC2ブログ

Chez Tomo* (Tokyo) シェ・トモ(白金・広尾) ★




念願かなって、白金のフレンチを初訪問。
ミシュランでがついてしまいましたが、以前からおしゃれそうな内装が気になっていたお店でした。

白金にあってはどちらかといえば庶民的な通りに突如現れる白い入り口。中に一歩入るとかなり店が狭いことがすぐにわかります。
服を保管する場所がないようで、先客達のコートのすぐ脇をすり抜けるようにしてサルに行く形になるからです。

そんなわけで、もっとひろやかな空間をイメージしていたので、少し驚きつつ着席。
私の席からは、お客様はあまり見えませんでしたが、相変わらず女性の率が高いようで(苦笑)。こういうおしゃれな場所はそんなものでしょう。

お料理はシェフがボキューズ仕込みと見えて、ちらほらリヨン郊外のボキューズのお店でお目にかかったようなお皿もあったりします。

またお昼のコースは大変リーズナブルな設定ですが、追加料金が発生するお皿や、追加のオプション(ウニを使ったアミューズ・スープ)などもあり、予算次第でいかようにも頼めるあたり、食事を楽しみたい向きにはとても面白いかもしれません。

そんなわけでちょっとゆったりとメニュー選びを楽しみました。

メインのチョイスでは鹿児島の尾長鴨があり、追加料金が激しく発生するお皿でしたがとても気になり注文。しかしすでに売り切れとのことで残念至極でした。
その代わりに頼んだウズラは肉のうまみが十分にあり、もも肉やクレソンのサラダ、レンズ豆の煮込みなどとともにとても美味しくいただけましたのでよしとしましょう。

お料理はいずれも美味しく、満足度の高いものです。

しかし…

残念なのは、店内の狭さに比例したかのような少し荒めのサービス。
メートルらしき人物がお客のためにサービスするのではなく、自分のためにサービスする人物で、それがかなりいたかったです。

そのため、お料理はとてもよいと思いながらも、おそらく再訪はなしでしょう。
また店内が狭いために、そこかしこの色々なにおいがテーブルに自然と運ばれてくるのもけっこう気になりました。

強いていくとするならデートでの利用はお勧めできず、どちらかといえば、仲間とわいわいやってサービスなんか気にならないよ、という会がふさわしい店かと思いました。


(いただいたもの)

食前酒:シャンパングラス

お昼のコース(一種類のみ・下記料理には追加料金の発生はなし)
・パン(バターと)

・前菜:海老、イカ、ホタテのサラダ(マルチカラーのお野菜と)(写真下)
・野菜料理:その日のお野菜の盛り合わせ(各種調理法で)(写真中)
・メイン:ウズラのさくらんぼソース、もも肉とレンズ豆の煮込み、クレソンのサラダ(写真上)

・デザート:プリンとバニラアイス
・お茶:夏の夜(ハーブティー)


追加のワイン…
・白ワイングラス(マルク・テンペのリースリング(2000年))


chez tomo (フレンチ / 広尾、白金台)
☆☆☆☆ 0.0


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: