FC2ブログ

ロティスリレカン(銀座)




新年の会があり、銀座・ロティスリレカンにてフランス料理を楽しむ機会がありました。
銀座のグランドメゾン、レカンのセカンドで、東銀座に近い場所にあるレストランです。

ロティスリとはロースト料理を出すお店という意味で、そういえばパリのトゥールダルジャンの向かいには、ロティスリダンファス(「正面のロースト料理屋」というまんまのネーミング)というセカンドがあります。

ということでお店はロースト料理を売りにしているのですが、カジュアルな雰囲気の一方で、高級志向で食材、調理には手を抜かないいいお店という感じでした。

店の作りは、エントランスからはオープンキッチンがのぞめるようになっています。店内の床はきれいな木目でカジュアルな雰囲気を出していますが、店内は広々していて気持ちのいい空間です。パリでも流行のモダンなビストロ風ということなのでしょうか。周りはカップルばかりでしたが、それもうなずけます。

お料理もきちんと力が込められていていずれのお皿も美味しく頂けました。サービスも笑顔はないものの、適切で、丁寧なサービスぶりで、ただただくつろげました。

ワインもシャンパンから始まって各種ワインが揃っており、かつかなりリーズナブルな品揃えという印象をうけました。自然派ワインのカリスマ(?)マルセル・ラピエールのモルゴン(フランス・ボジョレー地方の赤ワイン)を見つけ、こちらをボトルで頂きました。味はもちろんいつもながら素晴らしく、値段もお値打ちでした。

お料理ですが、

前菜:江戸前穴子と天然海老のカプシーヌ パルマ産プロシュートのサラダ(写真下)

お魚:長崎産甘鯛のムニエル 茸添え ポルチーニソース (写真中)

お肉:フランス産ブレス鶏のロースト(写真上)

デザート:クレープと自家製バニラアイス

といずれも楽しめました。

中でも、この日一番のお皿は甘鯛で、白身ですが、冬で脂がのっているのか、美味しいお味。外の皮目がぱりっと焼いてあり、技を感じます。そしてソースはあくまでフレンチで、こってりとしてポルチーニとうまくからんでしました。

美味しいフレンチをワインとともに楽しみたいときに目指すお店として記憶に残るお店となりました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: