FC2ブログ

神田川(神田明神下・お茶の水)




今晩は明神下の「神田川」へ。

一軒家の落ち着いた店構えは周りのビル群とは明らかに異空間。それが時代の積み重ねを経て、大変いい雰囲気を醸すまでになっています。

(入れ込みではない)お座敷でのみ供される酒肴と。ゆったりとした幸せな時間を過ごすことができます。

突き出し、というにはしゃれた盛り合わせ(写真下)が出された後、別に注文したお造りなどが出されました。

お造りの値段は安くないものの、きちんとした素材を使い、手間をかけ、一人一人に落ち着いて楽しんでもらえるように心遣いをしているところに老舗の矜持を感じます。

今日は平目の薄造り(ポン酢で)、まぐろ(赤身・中トロ)、はまち。

ここは肝吸いがないかわりに肝は肝焼きとして供されます(写真中)。手に入らないときもあるようで、今日は運良くありつけたました。

は蒲焼き、お重(写真上)とありますが、もしかしたら蒲焼きの方が美味しく仕上がっていたかもしれません。同じとのことだったが。たれはやや辛め。炭の独特の香りがついていて大変美味。

赤だしか吸い物かの選択から吸い物をいただきます。中の身は「はも」。本当に丁寧に骨切りされていました。

水菓子として出されたのはグレープフルーツのゼリー。本物の皮の中に盛られた一品。

店員さんの客あしらいもきちんとしていて快いものでした。

東京にもまだこうした古いたたずまいの味のある隠れ家が数多くあるのでしょう。たまにはこうした場所でゆっくりと過ごす時間を持ちたいもの。満たされた気持ちで家路に就きました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: