FC2ブログ

ビストロ マルカッサン(銀座一丁目)

銀座とは言っても昭和通りを超えた向こう側にある、いわゆる裏銀座にある小さなビストロへ。
前々からうかがいたいと思いつつ、この日銀座に用事がありついでに食事をしてきました。

鰻の床状に奥に延びた店内はとてもこぢんまりとしています。
店内の内装は至って簡素で、ビストロというよりはジュネーブの安食堂風で、どちらかというと雰囲気を感じない空間でした。

お食事はお願いしておけばコースも可能なようですが、アラカルトで自由に組み立てるスタイルが基本となるようです。

売りはやはりメインのリストに並ぶお肉料理でしょう。魚介料理がメインにはありませんし、前菜を含めても海のお魚のお料理は見かけませんでした(!)。

この日は、季節に入りつつあるジビエがさすがに豊富で、例えば、店名の由来ともなっている「仔猪」は岡山産の天然物。ローストでの提供でした(もも肉か、ロース肉かを要選択)。他には、琉球猪、鹿、鴨などあり、ジビエではありませんが北海道の仔羊もリストオンしています。

ココット鍋を使った煮込み系のお料理が得意のようで、この日は琉球猪と野菜のココット煮を選択、二人でシェアしていただきました。
IMG_2220.jpg
独特の濃厚なうまみのお肉で、初体験の味に満足。とびきりの美味というわけではありませんでしたが、濃い味のお野菜(根菜中心)と一緒に十分楽しめました。

ワインはグラスも含めて自然派ワインが中心の品揃えのようです。

ビストロとはいえ、アラカルト主体で、パンも別注、サービス料もかかる上、グラスワインも相応な値付け、ということで、気軽な感じで利用するお店ではないというのが正直な印象でした。
沢山食べたい人なら、前菜、メイン一皿ずつは注文するでしょうが、そうするとけっこうなお勘定になりますし…。

そんなわけでビストロという名前とお店のコンセプトが微妙にずれている点が少し気になった初訪問でした。
銀座あたりでお肉をがつんと食べたいと思った時には思い出しても良いお店かなと思います。


(いただいたもの)

食前酒:スペインのカヴァ → お店からのサービス

つきだし:豚の頬肉を使ったテリーヌ
IMG_2217.jpg

前菜(1):軽く燻した富士 功刀さんの鱒と江別産ビーツのサラダ仕立て 鱒の卵添え
IMG_2218.jpg
前菜(2):白子のポワレ 天然きのこのリゾット仕立て
IMG_2219.jpg

メイン:西表島産 琉球いのしし肩肉と農家の野菜のココット煮

ワイン:ボトル白ワイン(ラングドックのシャルドネ)



Bistro MARCASSIN (フレンチ / 新富町、東銀座、銀座一丁目)
☆☆☆☆ 0.0


関連記事

テーマ : フランス料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: