FC2ブログ

ルプレジール(九段下)

この日は町で偶然再会した先輩とのランチ九段下フレンチへ。

この店から数十メートルも離れていないフレンチの予約がうまくいかずここになりましたが、考えてみるとそちらは電話の応対があまりよろしくなかったので正解だったと思います。

口コミサイトでそこそこの点数がついたりすると客への応対がおざなりになってしまうものでしょうか。
たった一人の受付嬢の気分でこれから固定でつくかもしれなかった客が減ってしまう事態はシェフとしても不本意なはず。不景気のご時世でもあり、接客は良すぎることはありませんね。

さて本題のこちらのフレンチは、かつてチーズ図鑑を書いた主のやっていた「シェ・ラタント」の場所に昨年10月にオープンした比較的新しいお店です。

価格は抑えめで、スープ、メイン、デザート、お茶の一番下のコースが近所のビストロと同じような値付けになっています。ですが、一皿一皿の完成度は明らかにこちらは普通のビストロよりは高いレベルを保っていると思われ、平日ランチでも満員なのはそのあたりに理由があると思われました。温めて供されるパンもまたありきたりでなくとても美味しいです。

この日の一番は、メインのお魚料理のかじか
IMG_2253.jpg
お魚は日替わりのようで、函館から直送とのこと。
鮮度が良いですし、脂の適度に乗った上質な白身で、バターソースも贅沢で堪能しました。

ただ難を言えば、もう少し量が欲しいところ。また選択できるお料理がややありきたりでしょうか。
とはいえ、この値段でこの質の提供となればあまり声高に要求できないのが人情でしょう。
お店としても価格と量のバランスをとるのはなかなか大変なことと推察いたします。

一番お手頃なコースはスープですが、一つ上は少し値段が上がってしまいますが前菜が選べるようになります。

店内が狭い中詰め込んでいる感じもあり、満席だからなおさらでしょうが、サービスが荒い感じもちょっと気になりました。

とはいえ、この界隈で同じ位の値段でビストロランチを楽しもうとしたら、前菜はスープという縛りがかかりますが、こちらをお勧めいたします。
お昼にもかかわらず、大層な追加料金がかかりはしますが、シェフのスペシャリテのフォアグラや鴨料理などが食べられるのもまた面白いですね。

シェフのやる気を感じたお料理で、店にも活気があり、先日の「レトワール」とは対照的な気がしました。


(いただいたもの)

Aコース(パン、バター付)

・スープ:蕪のポタージュスープ→ おきまり
IMG_2252.jpg
・メイン:本日の鮮魚料理(函館産のかじか、バターソース)→ メインは他に肉のみ三種類ほど
・デザート:バナナのタルト→ 三種類から選択
IMG_2254.jpg
・お茶:紅茶


ル・プレジール フレンチ / 市ケ谷駅九段下駅半蔵門駅
☆☆☆☆ 0.0


関連記事

テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: