FC2ブログ

L'alliance* (Tokyo) ラリアンス(神楽坂)★

飯田橋駅から至近、神楽坂の中腹にあるミシュラン星付きフレンチへ。土日がお休みなので、平日のランチでした。

かつてディスコだった場所が居抜きでレストランに。その空間がそのまま利用されているため、レストランとしては少々異質です。
エントランスはエスカレーターで。上に案内の方が待ち受けます。カウンターで予約を確認してもらい、コート類を預けてサルへ。

サルの天井が二階までの大きな造り。これが一番の特徴でしょう。大きな柱がある中にテーブルが並べられていて、場所によって光の具合も全く異なり、緩やかにパーティションで仕切られているイメージです。

平日のランチとはいえ、結構多くの方が食事を楽しんでいて、それには驚き。広い空間なので息苦しさなどは全く感じません。カップルもいれば、おばさま方の食事会、はたまた記念日を祝うためにいらした老夫婦など、さまざまです。

そして店内は天井が高い分声が響くようで、店内のざわめきが適度にあって、逆に落ち着く感じがしました。この特異な空間がいい方向に作用しています。

卓上に飾り皿はなし。テーブルセッティングは、フランス中央部の三つ星「ブラス」で見たことのある絞りを効かせたもの(とはいえ、こちらはゴムバンドでまとめるものだったので厳密には違いますが…)。藤製の椅子と合わせて既視感に襲われました。

こちらのランチは大変リーズナブルな価格設定で、場所やしつらえなどを考えるとお値打ち。グラスワインが二杯サービスというのもまたフランスではよくある午餐のスタイルでいいですね。

大変お値打ちなランチですが、これが来月からはなくなってしまうとのこと。そして今は下から二番目の「美食の歓び」というコースが少し値下げした上で一番安いコースになるよしです。気になる方は今月中に是非どうぞ。

この日はその「美食の歓び」コースを注文したいと思っていたのですが、長々出されるお料理の中にお肉が一切出てこない不思議な構成だったのでやめにした経緯がありました。

さて、肝心のお料理ですが、正直どの皿にもさして魅力を感じられませんでした。
それでも、パンは常に温かく供され、ホイップバターが美味しく、いくらでもいける感じでした。しかもバターは使い切っていないにもかかわらず途中一度の交換がありました。

最後追加料金が発生しましたが、食後のハーブティーもフレッシュのようで、出が良く、日本ではなかなか口にできないものでこの点は満足でした。最後のワゴンデザートと一緒の写真をどうぞ。

IMG_2259.jpg

お料理をほめませんでしたが、デザートはなかなかよかったです。ワゴンサービスはやはり嬉しいもの。
玄米粉を使ったロールケーキ(左下)などもあり、面白いです。中でも、チョコレートケーキ(一番右の上から二つめ)や苺を使ったムース(左上)、シャーベット(写真は最後に)が特に良かったです。

またサービスも基本的には丁寧で、不足のないものだったと思います。
トイレにもこまめに気遣いが行き届いていました。

場所の良さ、付随したサービスの良さを考えると何かの時には使いやすい良店と思います。
ここぞの接待には向かないかもしれませんが、落ち着いて親しい人と食事する分には問題ないと思いました。

再訪時にはもう少しシェフの気合いが入るコースを頼んで味を見てみたいと思います。


(いただいたもの)

貴婦人達の午餐会コース:

前菜:フランス産マグレ鴨のサラダ仕立てに春キャベツを添えて?菜の花ピューレとコンソメのゼリーを添えて → 三種類から選択(他、サーモンの料理、ミネストローネなど)
IMG_2255.jpg

メイン(魚):北海道産帆立貝柱の香ばしいポワレにポロ葱のエチュベを添えて?トリュフクーリーと共にリッチな仕上がり → 二種類から選択(他、魚介類のパナッシェ)
IMG_2256.jpg

メイン(肉):オーストラリア産牛フィレ肉のソテー、ジャガ芋チーズガトーのデュエット?レフォールソースを注いで柔らかい辛味を → 二種類から選択(他、霧島豚のロースト)
IMG_2257.jpg

デザート:ワゴンから好きなだけ選択 → 本来はワゴンから一つ選択できるだけなので、ここで追加料金発生。シャーベット(クリーム、みかん、グリオット(さくらんぼ)の三種類)も含めてプリンを除いて全種類制覇しました。
IMG_2258.jpg

食後の飲み物:ハーブティー(フレッシュのミント) → 追加料金発生

(ワイン二杯(白、赤ともCôtes du Luberon)、水、パン、バター付き)


ラリアンス フレンチ / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅
☆☆☆☆ 0.0


関連記事

テーマ : フランス料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: