FC2ブログ

新春いただいたお酒たち

自宅のワイン蔵から二本を選択。白をあまり寝かせすぎてもと思って、ロワールから一本。また、10年超えた自然派の熟成を見たくて、赤はドマスガサックの1999年を開けました。

DSCF0201.jpg

AOCジャニエール2004年(白)=ロワールらしい酸あり。それも時と共にとてもまろやかになっている印象。アルザス、ドイツを思わせるような甘めな味になっています。色はきれいな黄金色。時の経過に古びることのないしっかりしたお酒でした。久々に(?)、白の熟成を楽しめました。

マスドゥドマスガサック1999年(赤)=フランス南西部の自然派。三ツ星でもリストに入っているような有名な作り手。とても特徴があるとのことで、お勧めはされなかったのがかえって印象的なお酒でした(「レジスマルコン」★★★にて)。今回初めていただきましたが、これといって大きな衝撃はなし。それでも少し甘い感じがして意外な味です。ところが、日が経って飲み直してみて、改めてその真価がわかったような気もしました。開栓による劣化はなく、むしろまろやかに飲みやすくなった感じで、開栓時にはあまりかんじられなかった土の香りもするようでした。これぞ自然派の本領でしょう。

一方、日本酒は新酒の季節。こちらはお店の蔵からこの冬できたお酒たちを楽しみました。

DSCF0195.jpg

不動(純米大吟醸生酒)=そこそこのお値段もする純米大吟醸の生酒。とてもさわやかで心地よく、飲みやすい。さらっとしている感じ。バランスも悪くないですね。

雪の茅舎(純米吟醸生酒)=華やかな香りは生酒でももちろん健在。美味しく頂けました。

みなさまのお酒選びの多少の参考になれば幸いです。
関連記事

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: