FC2ブログ

Hiramatsu* (Tokyo) ひらまつ(広尾・南麻布) ★

なかなかご縁の遠い麻布・広尾地区ですが、一年ぶりにひらまつの総本山へ。
この日も特別なディナーの夕べでした。個人的には誕生日も近いので、お祝いの面もありました。

昨年は白アスパラや甘鯛などの食材に酔いしれましたが、不景気の影響か、この日の食材および調理は昨年に比べてやや質が落ちていた感が否めませんでした。
それでも志は感じ、満足して帰路に就くことはできましたが…。昨年の内容はこちらをどうぞ。

満席の三階サルはとてもにぎやかな雰囲気。食事はこの白アスパラガスの小さなスープから始まりました。

IMG_2270.jpg

旬や食材の珍しさ、たたずまい、味などを総合的に考えるとこの日一番のお料理はアミューズとして出されたこのスープだったかも知れません。
ほんの一口なのであっという間になくなってしまいますが、アスパラガスの精髄を絞り出したスープには具材としてのアスパラも少量ですが入っていました。
これぞフランス料理ですね。

昨年までのシャンパンはなくなり、この日はアルザスの新酒(2009年もの)が供されました。
ミュスカで作った白ワインで、微発泡というところがとても珍しい。さわやかなワインで大変好みでした。
ドメーヌはアルザスではとても有名なトリンバック。

その他のお料理ではシャラン産の仔鴨の味付けがとても良かったです。季節ではありませんが、トリュフのソースが美味でした。仔鴨の美味しさに久しぶりに触れました。

次回訪問はまた半年後、あるいは一年後でしょうか。
この日は金沢にできたひらまつの新店のために不在だった主のいる時にまた出かけられればと思います。


(いただいたもの)

・アミューズ(つきだし):白アスパラガスの小さいスープ

(ワイン:2009 Muscat Cuvee Particuliere (HK) Trimbach)

・前菜:フォワグラのロースト、赤ワイン風味の無花果のムース添え、シャンピニオンとポルトーの香り

IMG_2271.jpg

(ワイン:2007 Chateau Montus Blanc Alain Brumont)

・魚料理:的鯛のポワレ サフラン風味、ムール貝とさわやかなキューリのサラダ ドライトマト、クルトンを添えて

IMG_2272.jpg

(ワイン:2007 Chateau Montus Blanc Alain Brumont)

・肉料理:シャラン産 仔鴨胸肉のロースト、若ねぎのグリエ添え トリュフ風味の香るソースペリグールと共に

IMG_2273.jpg

(ワイン:2006 Nuits Saint Georges Les Argillats Faiveley)

・デザート:マスカルポーネのドーム レモン風味、赤いフルーツのクーリー ココナッツのサブレ添え

IMG_2274.jpg

(ワイン:2000 Chardonnay d'Automne Robert Skalli)

・コーヒー
・小菓子

・パン(二種類)

テーマ : フランス料理
ジャンル : グルメ

ピエール・ガニエール(ANAインターコンチネンタルホテル東京)

昨年晩夏に東京のお店をひっそりと閉じたガニエールシェフが東京に復活し、今週末の19日より新しいお店がスタートする模様です。何度失敗しても捲土重来できるのはやはりスターシェフの知名度ゆえ、根強いファンがいて支えるからでしょう。

彼がサンテティエンヌのお店で夢破れ、1996年にパリに再起した際とは異なり、今や自身のグループのお店が世界中に展開し、彼もデュカスやロブションのように一大企業の代表に収まっている感があります。

自らの個性で売るお料理に世界展開は全く似合わず、その点で客から厳しい評価が飛ぶ結果、彼の本店以外のお店の経営は大変難しいのかと思いますが、この度のお店には末永く発展して頂きたいものです。

昨年閉店した東京のお店()は場所が悪かったかもしれません。サルの形がいびつでどこに座っても落ち着かない造りでした。
その点、パリお店は小さいながらもオーラが漂っていて別世界です。
(上記「お店」またはその後の数字をクリックすると各店訪問時のレポートが読めますのでご興味のおありの方は是非どうぞ。)

新店のメニューやガニエールシェフの来日頻度など詳細は不明ですが、機会があれば彼がいる時にごあいさつに伺えればと思っています。

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

Aimée Vibert** (Tokyo) エメ・ヴィベール(麹町・二番町)★★

年末の慌ただしさの中をかいくぐって今年最後の星の旅へ。
ミシュランの星がついてから気になっていた文字通りのグランドメゾンです。

まずはこちらの飾り皿をご紹介。
IMG_2239.jpg

営業開始は約五年前とのこと。一から作り上げたというお館は日本ではまずあり得ないような存在感ですが、思っていたよりは小さめです。一軒家という点ではある意味恵比寿のロブションに似た感じもいたします。

店での待ち合わせでしたが、早く着いてしまったので、二階のウエイティングスペースにまず案内されました。
こちらから見るお庭がとてもきれい。小さいですが、周りとは異質の空間で味があります。

会食者が揃い、一階のサルへ。劇場のように大きく開けた巨大なサルで、主役は奥に見える庭と、蔦の絡まった大きなガラス窓でしょう。そこからたっぷりの光が入り込み、何とも上質な空間ができあがっています。

三つある窓際のテーブルは五人以上のグループで占められていて、みな何かの記念で食事をしているという雰囲気でした。

お料理はこのクラスからすると大変良心的で、選択肢も色々とあってとても頑張っている気がします。
中からきれいにとれた一枚をご紹介。前菜のタラバ蟹のレタス包みです。冷菜をイメージしていましたが、こんなおしゃれな一皿でした(!)。
IMG_2241.jpg
上に載っているのは、ポロ葱を揚げた物とのことです。味付けはやや濃いめでした。

濃いめの味付けは苦手な方もいるかも知れませんが、お料理は基本的にどのお皿も丁寧な調理で満足できました。

サービスは残念ながら浅い印象を受けてしまいました。表面上、形の上ではサービスとして体をなしている感じでしたが、サービスの方の意識が低いのかなぜそういうサービスをするのかを理解しないで、あるいは実感しないでやっているところがまま見受けられ、それは大変残念でした。
もちろん全員ではなく、どちらかというと若い方、女性の方のそういう点が気になったのでした。
ただ、お若いソムリエの方でとても丁寧にグラスワインの説明をしてくださった方がいて、この方は好印象でした。

光の差し込む大きなサルは居心地がよいですが、反面、何もなく開けているので、下手をすると単調な面白みのない空間と感じてしまう時もありました。
夜ですとまた光の感じも変わって違う印象を受けるのかも知れません。

ワインリストはまさにフランスの星つきクラスの揃えと言えるので、大勢でそれなりのワインを開けるような機会にはとても楽しい食事ができるのかなと思います。

今回は普通の食事会でしたが、何かの記念の折りにまた訪れてみたいと思います。
この日は年末のよい骨休めになりました。みなさま是非よいお年をお迎え下さい。


(いただいたもの)

お昼のコース(ワイン類はコースと別途料金がかかります):

食前酒:グラスシャンパーニュ

・アミューズ:生牡蠣のジュレ添え
IMG_2240.jpg

(グラス白ワイン:L’Esprit de Chevalier 1993)

・ 前菜(五種類から選択):タラバガニのレタス包み、甲殻類のソース

(グラス白ワイン:Crozes Hermitages 2007)

・ スープ(二種類から選択):セープ茸のヴルーテ カプチーノ風
IMG_2242.jpg

・メイン(魚二種類、肉五種類から選択):三元豚バラ肉のブレゼ ロティ トリフ風味のソース
IMG_2243.jpg

(グラス赤ワイン:Côte Rotie 1996)

・プレデセール:ピスタチオなどの三層のクリーム
IMG_2244.jpg

・デザート(四種類から選択):カシス バニラ アプリコのバシュランとフリュイルージュのソース
IMG_2245.jpg

・ 食後のお茶(ミントティー)と小菓子
IMG_2247.jpg


パン(三種類)

水(日本の深層水)→ コースと別料金で



エメ・ヴィベール (フレンチ / 麹町、半蔵門、市ヶ谷)
☆☆☆☆ 0.0


テーマ : フランス料理
ジャンル : グルメ

Ristorante ASO** (Tokyo) リストランテASO(代官山)★★

この日は代官山にあるイタリア料理店へ。イタリア料理では数少ないグランドメゾンと言ってよいでしょう。飲み物も込みになったコースがサービスされる機会での訪問でした。

大きな会だったので、大きなサル全体を使った、結婚式のようなテーブル配置でした。
そのようなわけで、レストラン本来の空間については参考にならないと思いますので割愛いたします。

お料理は季節の白トリュフ、上質なフォアグラ料理、名物のペスカトーレ、50日間熟成した和牛、二種類のデザートと最後まで飽きずに楽しむことができました。まずは飾り皿のお写真を。
IMG_2226.jpg

白トリュフのお料理は、一週間白トリュフと一緒に置いた卵を目玉焼きにして、その上に白トリュフの薄切りをかけたもの。
IMG_2227.jpg
久しぶりになまめかしい香りを、ほんのわずかですが、楽しむことができ満足でした。

続いて出たのが、フォアグラ料理。生ハムと合わすのが独特な感じ。それでも甘みのある味で統一されているので、味がばらばらということはありません。
IMG_2228.jpg
フォアグラの質は大変上質でとろけるような味で久々に本物を堪能できました。
合わせて出された甘口ワインがとても自然な甘みでこちらも好きになりました。

パスタはこちらの名物のペスカトーレ。プレゼンテーションが独特です。
IMG_2229.jpg  IMG_2230.jpg

上の二つを混ぜ合わせたものが下になります。左のお皿には魚介類、ポルチーニの他、ビーツとベーコンのジュレもひそんでいます。
IMG_2231.jpg

自分の手でパスタを移すのには正直とまどいますが、その味はとびきり。
特に一つ一つの魚介類(北寄貝やフリットされた的鯛、いか、海老など)やフリットされたポルチーニの味と香りが際立っています。これは一度食べてみる価値があると思います。

さて、メインは牛肉のお料理。和牛は一頭買いしているとのこと。それを50日熟成させるとのことで、表面にはかびが生えるとのことでした。
IMG_2232.jpg
この日は二種類の部位が供されましたが、左手のロース肉はかび臭さが残っている感があり、これについては頭をひねるばかり。表面のかびをこそげたとしても実は菌糸が到達していたのかも知れません。
熟成させたお肉はまた濃厚な味わいで独特の旨味があり、面白いとは思いましたが、その点は残念でした。
お店の方がこれを読まれていたら、是非検討をして頂ければと思います。

デザートはまず冷たいムース状のパイナップルのスープで始まります。
IMG_2233.jpg

メインのデザートはカネロニ状のデザート。赤いものはルバーブです。
IMG_2234.jpg


飲み物は正直期待していたほどではありませんでしたが、メニュー構成を見る限りではきっと食材の方にお金がかかっていたのでしょう。
出して頂いたもの、お店の格からすると破格の値付けゆえそれでも文句の出ようもありません。

わいわいがやがやと大勢での食事会はその雰囲気もまたごちそうでした。
こちらの細やかな要望にも気持ちよく応対してくださるサービスの方々にも感謝の思いでした。

次回訪問はまた遠い先になるでしょうが、謙虚で穏やかな雰囲気の阿曽シェフともお話しすることができ思い出深い夜となりました。


(いただいたもの)

食前酒:Crémant de Bourgogne, Veuve Ambal 2007

・前菜(1):白トリュフの目玉焼き
(白ワイン:Grillo Itynera 2008)

・前菜(2):フォアグラと生ハム
(白ワイン:Chardonnay d'Automne, Robert Skalli 2000)

・パスタ:ポルチーニと海の幸のスパゲティ
(白ワイン:Grillo Itynera 2008)

・メイン:50日熟成させた和牛の炭火焼き
(赤ワイン:Château Chatain, Pomrol 2003)

・パン → 熱々で供され、お味も絶品。ホイップ状のバターと一緒でいくらでも食べられる感じでした。

・プレデセール:果物の冷たいスープ
・デセール:バニラ風味のカネロニ
(白ワイン:Chardonnay d'Automne, Robert Skalli 2000)

・食後のお茶:ハーブティー
・小菓子(お花とのプレゼンで…)




リストランテASO (イタリアン / 代官山、中目黒、恵比寿)
☆☆☆☆ 0.0


テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

Hiramatsu* (Tokyo) ひらまつ(広尾) ★


ひらまつで先日イベント(ディナー)があり、広尾にあるグループ総本山に詣でて来ました。

立地としては広尾駅至近で有栖川公園に行く際には必ず目の前を通る一等地にあります。もちろん昔から目の前を通ることはありましたが、この日初めての訪問でした。

サルがあるのは三階部分で、目の前にちょうど街路樹の緑が見える立地は都心とはいえ落ち着く感じです。

この日のイベントは春の新作発表とのことで、今美味しい食材を使ったお料理をそちらに合わせたワインセレクションとともに提供して頂きました。
メニューの解説は平松シェフ自らしてくださり、こちらの新作はパリで先日紹介してきたばかりとのことでした。

イベントは時間が決まっていて一斉スタートなので、サービスの方は大変そうでした。
こちらとしては慌ただしい感もありつつも、それなりによいリズムで食事ができたように思います。

ワインは直輸入でかなりコスト軽減ができるようですね。この日も空いたグラスに次々と注いでいただき、いささか飲み過ぎた感がありました。まあたまにはよいでしょう。

アミューズのグリーンピースのアイスは暑くなり始めたこの季節にはぴったりのさわやかなもの。そういえば昔シャモニーの二つ星で同じような料理に出会ったことを思い出しました。

いずれも美味しくいただきましたが、分厚く切られた甘鯛は繊細でありながら脂ものっていてそのままでも美味しい。そこにカレー風味のアンティーチョークあるいはトマト・オレンジのピューレが載せられていて、いずれと頂いてもまた格別でした。

フランス産の白アスパラ、鳩もまた貴重な食材で堪能いたしました。

いただいたワインの中では、ミネラル分が感じられる白ワインがとてもよく、皆さん結構飲んでいたようです(17本ボトルが空いたとか…)。また機会があればいただきたいですね。

各季節に一度のこのイベント、一度うかがったらやみつきになります。
この日は家族と一緒でしたが、友人と大勢で出かけてもまたとても楽しめるかと思いました。

お値段は出されるものを考えると破格値です。


(いただいたもの)

・アミューズ:グリーンピースのアイス、生ハムのおせんべい、ローズマリー

(シャンパーニュ:Pommery Brut Royal)
 
・前菜:柔らかいホワイトアスパラガスの温製とリードヴォーのアンサンブル、トリュフ風味のソースと共に

(白ワイン:Vin de pays de Vaucluse Guffens 2006)

・お魚:甘鯛のムニエル 軽いカレー風味のアンティチョーク添え ハーブ・ケッパーの香ばしいソース トマトとオレンジのアクセント

・お肉:仔鳩のロースト レンズ豆のピューレ添え ソース・グランヴヌール

(赤ワイン:Côtes du Ventoux Perrin 2007)

・デザート:ブラッドオレンジのタルト仕立て 軽いホワイトチョコレートのムース ヴェルヴェーヌの香り

・コーヒー
・小菓子


レストランひらまつ 広尾 (フレンチ / 広尾)
☆☆☆☆ 0.0


sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: