レストラン訪問記:千種(名古屋)「ビストロ ダイア」

この日は名古屋でランチの予定でしたが、お店を色々と見ていてジビエコースがあるこちらのお店にいきつきました。
ジビエコースということで前菜も含めてジビエ料理の提供があるのかと期待していましたが、予約の際の店員さんの説明があまりよくなかったようで、お店に着いてメニューを見ると前菜は普通のお料理でちょっぴり残念でした。

とはいえ、初めての雷鳥を食べることができて総じて満足のいく食体験となりました。雷鳥といえば以前パリの三つ星店「ギー・サヴォワ」でものすごい値段で提供されていたのを見た記憶がありました。そこではお二人様からの注文とのことで、当時は食べることができなかったので、こうして名古屋で味わうことができてとてもラッキーでした。ビストロということでお値段抑えめで提供していただけてそれも良かったです。

ちなみにこの日いただいた雷鳥はスコットランド産とのことで、そういえばロンドンの老舗料理店などでも秋冬になると“ゲーム”と称していわゆるジビエを食すようで、スコットランド産雷鳥もメニューに上っていた気がします。
日本の雷鳥は天然記念物なので食卓に上がることはありえないでしょうね。

DSCF0831_201411121725556df.jpg

その雷鳥料理ですが、一人前が丁度半羽分とのことで、少しわかりづらいですが足が宙に浮くように斜めにこちらに向かうように置かれています。

ももの部分や胸の部分その他もう一つくらい他の部位のお肉が盛りだくさんでした。部位ごとに味わいが変わり、一番くせのあるところは鉄分が濃く、これぞ強い赤ワインとともにいただく醍醐味のあるお肉と思いました。

DSCF0834.jpg

この日合わせて提供して頂いたのはシャトーヌフ・ドゥ・パープで、ブレンドするこのお酒はアルコール分が強い印象で元々あまり好きではありませんでしたが、この日の濃厚な野生肉には提案された中ではこれがやはり一番合っていたのかなと思いました。

雷鳥は青魚を食べるとシェフに教えて頂き、雷鳥を食べてみると確かに鯖の香りがしていて、食材とそのえさの関係の強さを改めて感じました。

メインのジビエ料理に入る前にスープ、前菜が供されましたが、どれも多彩な旬の食材を用いた素敵なお料理でした。お皿全体の印象としては、緻密に計算され構築されたお皿というよりは、どちらかというと自然の恵みを楽しむおおらかなお皿という感じがしました。

DSCF0823.jpg

ピンク色が鮮やかな紅芯大根のポタージュスープには、地元産のむかご、信州産松茸ズワイガニが入っています。贅沢です。

DSCF0825_20141112172551ad1.jpg

また、小樽のドナルドサーモンを瞬間燻製して、半生で供する前菜には、カリフラワームース、バジルソースの他に、パルメザンチーズのチュイル、生いくら、エシャロットの揚げたもの、コリンキー(フランス産南瓜)、小さな甘いトマト、黒オリーブの粉等々が載せられていて添え物が多彩です。さらに紫キャベツのソースが彩りを添えてくれていました。

ホワイトチョコと広島産レモンを使ったエスプーマを中に忍ばせた「ブラス」のショコラクランのようなデザートもまたすごくボリュームがあり満足です。客を最後まで涸れさせないお料理の数々に感心し、最後まで楽しい食事を堪能いたしました。

こちらはカウンターから厨房がそのまま見える造りになっていて、飽きさせさせませんね。調理の方々はそれだけ緊張感が高いかもしれません。

シェフは調理をもちろんされていますが、それよりもサービスをするスタイルのお店で、この日も最初のメニュー説明からつきっきりというくらいおつきあいいただいて、お料理のこと、食材のことお話を沢山聞けてとても楽しかったです。お皿も基本的にはシェフが運んで下さって、お客さんに美味しいものを届けるぞと言う熱意を感じていました。

ただこのお店で残念なことが一つありました。サービスがプロフェッショナルからはほど遠い、ということです。前言と矛盾するかのようですが、シェフがお皿を運んでくれたり、説明をしてくれたりと、それはそれでプロのお仕事と感じ入るのですが、本職のサービスの仕事ぶりが悲しくなるようなものでした。

ちょっとサービスのレベルが低い位では来るお客は減らないかもしれませんが、確実に来なくなっている客層もあるはずで、シェフの情熱やお料理などを考えるとそれはとても残念なことだと思わずにいられませんでした。

色々と挙げることができますが、一番は最後に所望したハーブティーのお代わりを、閉店時間を過ぎていますからと断られたこと。これまでグランドメゾンに限らず、カジュアル店でもそのような言葉は聞いたことがなく、驚きでした。
そしておそらく、これからもきっとそのような体験をすることはないでしょう。

別にお茶一杯で何が変わるわけでもないと思われるかも知れませんし、実際強く主張するほどでもないと思い、そのままにしましたが、美味しいお料理を頂いて余韻に浸っていて、最後にもう一息ついていこうかというところで出鼻をくじかれた感じでした。

その女性の頭の中ではここで茶を出すと洗い物が増える、自分の休憩時間が減るといったことしか頭になかったのでしょうか。そんな考慮を客にさせている時点でサービスを仕事とすることをやめた方がいいのではと思います。

ちなみに、お茶のお代わりは、そのお断りの文句を言ったサービスの女性にではなく、シェフではない料理人の方にお願いして受けてくださっていた状況でしたし、店内にはまだ複数のお客さんが滞留しているような状況でした。

このブログではあまりいい思いをしなかったお店については基本的に書かないことにしていますが、こちらのシェフがいいお料理、サービスをしてくださっていただけに何ともそのミスマッチが残念で、あえて書かせて頂きました。

今回の私の感想は多分に主観的なものでありますので、皆様ご自身でお料理やサービスを体験してご判断していただいたらと思います。


(いただいたもの)

ジビエ料理コース

本日のスープ:紅芯大根のポタージュスープ

前菜:瞬間燻製をかけたサーモンミディアム カリフラワームース バルサミコ バジル

箸休め:信州産松茸を使ったミニピザ

メイン:スコットランド産雷鳥のソテー 茸類、フォワグラ添え

本日のデザート:ホワイトチョコ、広島産レモンのエスプーマ入りビスキュイ


お酒(すべてグラスで)
・ キールロワイヤル(クレーム・ドゥ・カシス+ルイ・ロデレール)
・ 白ワイン:ボルドー(シャランデル)2012年
→シャーオーブリンにインスピレーションを得たという白ワイン

DSCF0828.jpg

・ 赤ワイン:シャトーヌフ・ドゥ・パープ(クロ・ドゥ・ロラトワール・デ・パープ)2011年


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レーヌデプレ(京都・河原町丸太町)★

京都にあるとても小さなフランス料理店でお昼をいただきました。

事前の簡単なリサーチではシェフがパリの三つ星店「アルページュ」(★★★)出身とのことでしたので、こちらに昔訪れた際の自分の記録など読み返していました。シェフはいわずと知れた、アラン・パッサール氏ですね。正直あまり記憶に残っていなかったのですが、火入れにとても感心していました。お野菜の皿が並ぶ小さなコース(お店のスペシャリテですが)には正直感激はあまりなく、それよりもアラカルトでいただいたブルターニュ産鮑の火入れがよく、美味しく楽しめたのでした。

そう考えると、アルページュ出身のシェフはみな火入れにこだわりがあるような…今や三つ星のパリ「アストランス」パスカル・バルボシェフが一番有名なシェフでしょうか。さらに、その下で修業された、東京「カンテサンス」(こちらも三つ星)の岸田シェフもアルページュの流れをくむといっていいのでしょう。

DSCF0200.jpg

前置きが長くなりましたが、こちらの中原シェフも火入れにはとてもこだわりがあるようで、最後のごあいさつの際に色々と教えて頂きました。
確かにメインのお魚の鱸はふっくらとして、でも生ではない火入れでとても美味しかった。また、写真のメインのお肉(鶏肉)についても胸肉がしっとり、ふっくらといった食感で美味しさもありながらさらに別の二種もの部位を楽しめる、こちらの文句なしのスペシャリテでした。

サービスはソムリエの山守氏が脇を固め、万全の構えですね。小さい空間とはいえ、きちんと知識があってしきれる方がいるといないとではレストランの評価は全く変わってしまいます。個人的には、この日色々とお気遣いをして頂いて、当初の期待以上に色々な体験ができました。ソムリエの方とは比較的相性がいいようで、たまにですが、コミュニケーションの中から、色々と面白い提案をしていただけるのは本当にありがたい限りです。神戸「カセント」(★★★)でも、ワインのデギュスタッションメニューを即興でつくっていただいたようで、それも良い思い出です。その時の記事はこちらをどうぞ。


ただお料理で少し気になった点が二つありました。

一つは、メインに入ってのお魚、お肉ともやや塩味がきつめに感じたこと。個人的には濃いめでも大丈夫ですが、素材の持ち味を大切にされるというシェフのスタンスからすると、もう少し薄めが良いのかなと感じました。女性はなおさらそうかもしれませんね。
もう一つは、低温でゆったりの火入れとはいえ、お魚もお肉も少し冷めた温度で出てきたこと。導入にはお金がかかるでしょうが、お皿を出す前に電熱で温める設備があればよいのかなと思ったりしていました。素人なので、解決法は思いつきですが。あるいはお皿を温めるとかでしょうか。きっと余計な火が入ってしまうのは恐いでしょうが、低温だから冷めた料理でも美味しい、とはなりにくいかなと思います。

建設的な意見として書かせて頂きました。フォローではないですが、パンについては保温箱があって、熱々でこちらは文句なしに良かったですね。


見立ての美学、プレゼンテーションの美しさなどもこちらで食事をする楽しみの一つかもしれません。

DSCF0194.jpg

サプライズを壊したくないので内容は秘しますが、ご覧のように和生菓子仕立ての一皿でした。和菓子仕立ては初めていただきましたが、楽しかったです。

DSCF0203.jpg

ついで、桜の季節を先取りする「桜のソルベ」味はしっとりやさしい感じですね。


ワインはグラスで色々な提案をして頂けます。

この日良かったのは、ドイツの白ワインとブルゴーニュの赤でした。
ドイツワインは辛口ですが、ピノグリでつくられたもので、ピンクがかった色合い。飲み応えがあって、とても美味しかったです。
赤については個人的には飲み慣れたブルゴーニュが好きでした。アペラッションは大きなくくりのブルゴーニュですが、華やかな感じがしていました。調べると、シャンボールミュジニーやジブレイシャンベルタンをつくる作り手のワインですね。なるほどと思いました。

最後はグラッパ締めでした。何とも贅沢ですが、次回は是非カルヴァドスを使ったポモードゥノルマンディいただきたいと思いました。グラッパも澄んだ風味で度数が高いながらとてもよいお酒でした。

また定点観測にうかがいたいなあと思わせてくれる良いお店でした。
楽しい時間をありがとうございました。


(いただいたもの)

お昼のコース(小さなメニューをいただきましたのでそれを転載します)

師へのオマージュ(アルページュの名物のあの玉子料理です…)
シェフの遊びゴコロ…(これが和菓子仕立てのお皿でした)
海の幸のマリネ 根セロリのクレーム(旬のハマグリの鮮度がとても良いです)
鱸のポワレ 大蒜と黒オリーブ
田舎鶏若様の低温ロースト
桜のソルベ
檸檬と蜂蜜のタルト(現代風?あるいは“脱構築”のタルトでした)
米粉と林檎(京都のあの名物菓子を彷彿とさせます)
ミニャルディーズ(三種盛られてきます)

DSCF0201_20140327215621eab.jpg
食後のお茶(六種類の中から香りをかぎながら選べるようになっています):カモミール/ミント

お酒
・ Weingut Heitlinger, Pinot Gris, Spiegelberg 2011(ドイツ白)
・ (ブルゴーニュ白)
・ Château Fleur Haut Gaussens, AOC Bordeaux Supérieur 2009(ボルドー赤)
・ Domaine Philippe Leclerc, Bourgogne les Bons Bâtons, AOC Bourgogne 2009(ブルゴーニュ赤)
・ グラッパ





レーヌ デ プレフレンチ / 神宮丸太町駅京都市役所前駅三条駅


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

ピエール・ガニエール(ANAインターコンチネンタルホテル東京)★★

短い来日期間にシェフのお料理が目当てでお店にうかがってきました。パリでは決してサルに出てこないシェフですが、日本ではご自分のPRも兼ねてかとてもよくサルに出てきて、記念撮影などに応じていらっしゃいました。

今回は氏のお写真をとりませんでしたが、食後のほんのわずかな時間シェフとおしゃべりできて幸せでした。

店内の入口は意表をつくような造りになっていて、脇の小穴から大きな世界に入っていくイメージです。入口にはガニエールシェフの肖像が掲げられていました。

店内はL字型になっていて、今回は奥側のテーブルをいただきました。窓から見える景色は、新橋、愛宕山、お台場方面で、目の前に見えたのは六本木ヒルズではなく愛宕グリーンヒルズ、奥には遠くお台場のテレビ局社屋が見えていました。36階はさすがに高く遠くまで見晴るかすことができますね。

お料理はお昼のコースを無難に選択しました。お魚とお肉二種類のメインが楽しめるコースになります。

こちらでは気を利かせてメニューを頂けるのですが、来日されたシェフが前菜の内容をすっかり一新されたとのことで、記載メニューとは異なったお料理が出てきました。今一番の食材から彼のインスピレーションで作る皿を出して頂けるのですから、それはむしろ歓迎すべきこと。むしろ、そうでなくてはと思います。

DSCF0066_20140123075234548.jpg
右下から時計回りに、紫芋のお料理、ツブ貝とムール貝のマリネ、カンパリのシャーベットの皿、菜の花のピューレになります。

今回印象に残ったのは紫芋と合わせたシャンティー(ホイップした生クリームですね)に山椒がしのばせてあったこと。それから季節が始まっている菜の花のピューレでしょうか。これまでのメニューと共通する食材もあったりして、一部メニューの記載が参考になりました。

前菜の美しさや美味しさ、切れを見て、やはり彼のお料理は活きていると感じます。ただ習ったことを再生産してそれを開陳するのではなく、今使える食材を自分の料理に仕上げていく。その美的な感覚、美味しさの追求について共感できる数少ない三つ星シェフと個人的には思っています。

菜の花の置き方にしても、赤と黒の蕪の薄切りを散らす様にしても、もやしの中心だけを切り取ってジュレと和える出し方にしても、自然の造形や色を活かしながら自分のお料理に仕上げるのが彼の美徳だと改めて感じました。

パリで出されるお料理とは質感がまた違うのですが、それはそれとしてもやはり彼のお料理が好きですね。

お魚料理の手長海老はしっかり火入れしている感じもありますが、おそらくこれが一番美味しい火加減なのでしょう、とても甘味を感じ、気持ちよく歯切れ良く美味しく頂けました。

DSCF0070.jpg

お肉料理の白金豚の焼き加減はレアでした。わざとこの火入れをしているのでしょう。お昼のメインでもこの美しさ。葉をうまく使って、彩りが豊かです。さらに味はしっかりしていて、とにかく美味しい。さすがです。

ガニエール氏くらいの天才になると、彼のいない支店での料理のパフォーマンスが落ちるのは致し方ないでしょう。その代わり、パリ本店のお料理は圧倒的です。あくまで個人的な嗜好ですが。

ただ東京店の難点を挙げると、サービスの弱さに尽きるのではないでしょうか。フランス人のマキシムさんという方が日本語できちんとサービスをされていて、それはとても気持ちがいいのですが、あまりに人手が少なすぎて孤軍奮闘という感が否めません。

サービスに一切非はないのですが、お皿をもってきたあとの一瞬の間、水をついだときの一瞬の間、それを大切にしていなので、余裕がない印象でした。その間に客は何かしら質問をしたり、ちょっとした会話を楽しんで、リラックスして場に馴染み、さらに食事を楽しめるというもの。

マキシムさんはブラス本店と日本店にいらしたとのことです。彼はもちろんそんなことは承知で、毎度「お楽しみください」とか言ってくださる。でも、もしかしたらフランスのガストロノミーを体験されたことがない方がこのサービスを受けると、うっとおしい、面倒くさいと感じられるのかも知れないと逆に思ったりもして複雑な心境でした。

サルが広めでくつろげる反面、眺望を楽しむ面もあるので、どうしても客もくつろぎすぎる面もあり、緊張感がなくなる傾向があるのかもとも思いました。
この日は、一人お酒に酔って大声でしゃべっている客がいてとても不愉快な思いをしました。フランスではそんな場面に遭遇したことがありません。みな自分の酒量をわきまえてお酒を楽しみ、和やかに会話している感じです。

サービスがせめてあと2倍の人数がいれば、各卓ごとによりケアができて、そういった客の出現もおさえられるだろうにとも思うのでした。

スクリーンショット

たとえばこの写真、パリの「グランヴェフー」(★★★=訪問当時)ですが、行かれた方はおわかりのように豪奢なサルですが、とても小さい。そんな中にこれだけのびしっと決めたサービスの方がお互いぶつかることもなくてきぱき動いて仕事をされているのです。

人件費その他を考えるときっとあれが限界なのでしょうが、日本の星付きレストランが「他のお店より高くて美味しい」レベルの認識しかされない現実…そんな現実があればこそ、酒に酔って大声を上げるみっともない客も平気で現れてしまう。やはりさみしいです。

その分敷居低めで、素敵なお料理をお値打ちに楽しめているのかもしれませんが、星付店を担われている方々には気に留めていただきたいなあと思うのでした。その点、「ナリサワ」さんはフランスのガストロノミーを提供しようとされている稀有なお店だとやはり一目置いています。

次回訪問は…ガニエール氏の次回来日予定の8月下旬になりましょうか。


(いただいたもの)

メニューアピナック

小前菜5皿:
・ 紫芋と山椒風味のシャンティー
・ 菜の花のピューレ、ラディッシュと黒大根の薄切り
・ グレープフルーツロゼ/柚子/カンパリのソルベと“コロンビーノ”オリーブオイルのアイスクリームと共に
・ ツブ貝とムール貝のポロ葱入りマリネ
・ シャラン産鴨腿肉のコンフィ、林檎とカルヴァドスのジュレ

お魚:フォワグラのガトー仕立てとブロッコリーを覆った手長海老、ソーテルヌを効かせた甲殻類のクリームと冬野菜
(グラス白ワイン(追加料金で):2012年 ジュランソンセック コアペ)

お肉:セージ香る白金豚ロース、そば粉のクレープ、ミニトマトのポワレと茄子のタルティーヌと共に
(グラス赤ワイン(追加料金で):2011年 アルザス ピノノワールレゼルブ トリンバック)

ピエール・ガニエール特選デザート
・ ロールケーキ、赤パプリカのチャツネ、蜜柑/サフランのシャーベット
・ 抹茶のパットダマンド、ほうじ茶のクリーム
・ ショコラガニエール(とろけるチョコレート、アイスにブルーベリーを添えて)

お茶:ハーブティー(ミント)
小菓子:パットドフリュイ、ガナッシュチョコ

(小前菜の一部以外はいただいたメニュー表記に基本的にしたがっています。)




ピエール・ガニェールフレンチ / 六本木一丁目駅溜池山王駅赤坂駅


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

Dominique Bouchet ** (Tokyo) ドミニク・ブシェ(銀座五丁目)★★

銀座のお店に主を訪ねてうかがってきました。残念ながらこの日、お風邪を召されたようで、厨房に立つことができず、手ずからのお料理をいただくことはできませんでした。こちらは次回に持ち越しですね。

それでも食後、サルにいらして、他のお客様と同じく私にもごあいさつして下さいました。初めてお目にかかりましたが、大きな目が印象的なやさしい雰囲気の方でした。

ミシュラン掲載もあってかとてもにぎやかな店内、人が楽しそうに食事しているのでとても活気があり気持ちがいいです。
サービスはフレンドリーなところもありました。でも基本的にみな礼儀正しいです。シェフの人徳でしょう。漏れ聞いたソムリエの方のお話によると、メートルドテルとシェフソムリエの方がすでにお店を辞められたとのことで、サービスがなかなか大変とのことでした。二ツ星になるとやはり期待の大きさはすごいと思うので是非がんばって欲しいなあと思うのでした。

お料理は、シャンパンスナック、アミューズも出る、正統派ガストロノミー。自家シャンパンを用意されているだけあって、さすが抜かりないですね。飾り皿もとてもきれいです。

DSCF0947.jpg


お昼のメニューは二種類で、日替わりと思われるメニューと、皿数が多くシェフのスペシャリテも入ったメニューです。この日はシェフが厨房に立たないこともあって、日替わりでお願いしてみました。こちらはこちらでお料理が美味しそうでしたので。

シャンパンスナックはオリーブ入りビスケットとグリュイエールチーズのグジェール。写真の左手奥に見えています。

アミューズは菊芋ヴルーテでした。きれいな蓋付き皿に入れられたヴルーテ(なめらかなスープ…日本料理のすり流しのイメージですね)は熱々で、舌触りもほどよく残っていて、独特の芋の香りがする素敵なお料理でした。

DSCF0949.jpg


前菜については「フォワグラのテリーヌ」とちらりと聞いていたので期待していましたが、想像と全く異なるもので残念でした。量も少なく、新味に欠けるお料理でこちらはちょっぴり残念でした。

ただメインに出していただいたお肉、この日はのろ鹿でしたが、二つの部位(背肉、外もも)をステーキにしていて焼き加減、味付けともとても美味しくいただけ大満足でした。根菜中心の付け合わせの野菜の豊かさもまた満たされた気持ちにさせてくれました。

DSCF0952.jpg


このお皿に合わせて、赤のグラスワインをいただきました。ギガルクローズエルミタージュ2009年がグラスで出ていましたので。食前酒は遠慮しましたが、安定感あるドメーヌの赤がリストにあって安心してお願いできました。グラスは赤、白とも4から5種類はあるので、その日の食事に合わせてけっこう楽しめるのではと思います。

ワインリストはまだ簡易的な印象ですが、中身はけっこう充実していますね。アルザス、ロワール、ローヌなどは今ひとつ強くないですが、南仏のバンドールの白がグラスで出ていたり、パレットという珍しい?AOCが赤、白ボトルで揃っていました。ソムリエの方がんばっていますね。あるいはシェフのセンスなのでしょうか。

デザートもとてもきれいで、シンプルですが、満足度が高い一品でした。

DSCF0953.jpg


地下二階ですが、明るくて簡素な店内、大きなお花や白壁に掛けられた絵画などによってとても気持ちよい空間になっています。席の間はちょっぴり狭めですね。

フランスのガストロノミー文化を届ける素敵なお店がまた一軒日本にでき、東京は改めて恵まれた環境にあることを感じた午餐の一時でした。


(いただいたもの)

ムニュデュマルシェ(昼)

シャンパンスナック:オリーブ入りビスケット、グリュイエールチーズ入りグジェール
アミューズ:菊芋ヴルーテ

前菜:鴨肉のパテ二種

メイン:のろ鹿のソテー カシスソース 各種野菜添え
(赤ワイングラス:クローズエルミタージュギガル)2009年→メニューと別注)

デザート:マンゴーのソルベ、マンゴーとパイナップルのタルト

食後の飲み物:ハーブティー(オリジナルブレンド)
小菓子(キャラメル、フィナンシェなど5種類)





ドミニク・ブシェ トーキョーフレンチ / 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

Ryuzu**(Tokyo) Ryuzu(六本木)★★

フランスレストランウィーク第二週も二ツ星店へ。今年は運良くすんなりと予約が入りました。

こちらは昨年二ツ星に昇格したお店で、シェフはロブションのお弟子筋に当たる方です。ガストロノミーなレストランにしては珍しく5席ほどのカウンターがあって、この日は予約で伝えられていたとおりこちらに通されました。1人だったので気楽でよかったかもしれません。

カウンターからは少し遠目に調理の方々の動きや仕上げの作業が見られるので、1人でいても全く飽きません。奥にある大きな鉄板で色々な食材を焼いているのが見えて楽しいですね。焼き場はシェフの持ち場のようでした。時折、鉄板から油っぽい香りが運ばれてくるときもあって、感じやすい人は多少気になるのかなとも思いました。

メニューなどを案内してくれたソムリエの方は穏やかでおしゃべりしやすかったです。他のサービス陣もさすがにプロといった感じで丁寧に接客していただきました。

メニューはお決まりですが、アミューズからデザートまできちんと充実したコースになっているのは、エディションコウジシモムラさんと同じです。
この日のアミューズはブルーチーズを使った温かいマドレーヌと南瓜の冷たい一口スープ。マドレーヌはチーズが香っていて、素敵なスタートです。

お一人様でも温かくて、ボリュームあるパンがバターも添えて供されました。とても美味しかったのでお店で焼いているのかと思って聞いたところ、なんと欧州はルクセンブルクで作っているパン種を冷凍して輸入して焼いているとのことでした。もちっとして香ばしくとても美味しいパンでした。ヨーロッパの水を使っているとまた日本で作るものと味わいが違いますよね。今時は日本のパンもとても美味しいですが。

さて、前菜は生の鯛を野菜の薄切りの上に載せてミルフイユ風に仕立てたお皿で、見た目がとても美しいです。しかし、お野菜から水分が出てしまい、せっかくの鯛の味を薄めてしまっていて、お味としては少し残念な一皿でした。
見た目はきれいな方がいいに決まっていますが、やはり味がついていかないと満足できません。

メインは肉か魚(すずき)か選べました。この日の気分でお肉を選択します。お肉料理は新潟の銘柄豚である津南ポークを鉄板で焼いて、三浦半島のお野菜を添えた一皿でした。ソースはオーソドックスなマスタードソースです。
DSCF0918.jpg

こちらは真空調理されているとのことで、とても柔らかく、食べやすいですね。鉄板で焼いた香ばしさやぱりっとした歯ごたえもあって、お料理としては成功していました。味、量ともに満足です。

DSCF0919.jpg

デザートは白で統一されたきれいなお皿。質の高いフロマージュブラン(生チーズ)を使っていると思われるムースとアイスで、ライムのジュレのおかげもあってか涼やかで口の中がさっぱりとしました。

最後のお茶はこちらでもフレッシュのハーブティーをいただきます。レモングラスでしたが、やはりフレッシュはいいですね。体が落ち着きます。サービスでお代わりまで出して頂きました。

とても小さいお店ですが、六本木の喧噪からは少し離れた場所にあって、覚えておいて良いお店かなと思いました。エディションコウジシモムラさんよりはほんのわずかにカジュアルな雰囲気があるかと思います。

そして、ワインリストは膨大なストックというわけではないですが、今時の注目ワインがそつなく押さえられている印象でした。デザートワインをグラスで出しているところもまたいいですね。パシュランドゥヴィックイルの甘口などもあったりして…。東京でグラスで出してくれるところはなかなかないでしょう。素敵ですね。


(いただいたもの)

フランスレストランウィークランチコース
(メニューを頂いていないので、料理名は私の命名です…)

・アミューズ:南瓜の冷たい一口スープとブルーチーズ入りの温かいミニマドレーヌ
DSCF0913.jpg


・前菜:鯛のお刺身と野菜のミルフイユ仕立て〜キュウリのピュレ添え
962842_10152276776147576_978699990_n.jpg

・メイン:真空調理された津南ポークのプランチャ(鉄板焼)〜三浦のお野菜添え

・デザート:フロマージュブランのムースとアイス〜ライムのジュレ添え

・お茶:フレッシュハーブティー(レモングラス)
・プティフール:ミニフィナンシェとカシスのパートフリュイ
DSCF0920.jpg


・パン
DSCF0915.jpg





レストラン リューズフレンチ / 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: