FC2ブログ

元三つ星シェフ動向:マルク・ヴェイラ氏

ミシュランフランスの昨年版で三つ星に昇格していたフランス・サヴォワ地方マニゴの「メゾン・デ・ボワ」が今年発刊の最新版にて二つ星に降格になったことを受けて、オーナーシェフのマルク・ヴェイラ氏はミシュランの星を返還する意向とのことです。

三つ星が維持されていたら返還などという話にはならなかったはずで、やはりフランスにおけるミシュランの権威の大きさを改めて感じさせます。

とはいえ、昨年ミシュランから解放されたはずのセバスチャン・ブラス氏も今年再掲載されて二つ星になっていますからまた風向きが変わることもあるかもしれません。ただミシュランが三つ星から二つ星に落とした店を改めて三つ星に上げることについてはどうしても積極的ではないようですので(自らが一度下した降格評価の信用が保てない)、来年以降「メゾン・デ・ボワ」が三つ星に復帰する可能性は相当低いと言わざるを得ません。

日本のミシュランはぐるなびの宣伝部になり下がっていて営利最優先の観が強いですが、本場フランスでは一流シェフの人生を左右するほどの影響力がなおあり、まだまだ捨てたものではないですね。





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

2018年下半期・2019年上半期 星付きシェフ 新店、閉店、移転等情報(予定、計画含む)(2018年7月7日〜2019年7月10日)


2018年下半期から2019年上半期までの新店・閉店・移転等の情報をまとめてみました。また、元星付きシェフについても便宜上シェフが獲得された最高位の星の分類に入れています。星の表示は記事掲載時のミシュランフランスの評価を基準にしています。

なお、2014年のまとめにつきましてはこちらから、2015年上半期のまとめについてはこちらから、2015下半期のまとめについてはこちらから、2016上半期のまとめについてはこちらから、2016年下半期のまとめについてはこちらから、2017年上半期のまとめについてはこちらから、2017年下半期のまとめについてはこちらから、2018年上半期のまとめについてはこちらからそれぞれどうぞ。


★★★

三つ星シェフ新店情報:フレデリック・アントン氏×エッフェル塔ガストロノミーレストラン

三つ星シェフ出店情報:アンヌ−ソフィ・ピック氏、アラン・デュカス氏ホテル出店

三つ星シェフ新店情報:「ラ・ブイット」(★★★)カジュアル店開業

新店情報:ポール・ボキューズグループパリ新店

三つ星シェフプロデュース新店情報:ジル・グジョン氏×ストラスブール


★★

新店情報:ティエリー・マルクス氏空港新店

新店情報:ギー・マルタン氏国際空港新店

レストラン名称変更:カイゼルグベルク「64°」(★★)

新店情報:フランク・ピュトラ氏カジュアル新店二店開業

新店情報:アラン・デュトゥルニエ氏新店開業

レストラン改装情報:リヨン「メール・ブラジエ」(★★)

レストラン売却情報:クーシュヴェル「ル・シャビシュ」(★★)

新店情報:クリストフ・アリベール氏新店

レストラン店名変更:ソーリュー「ルレ・ベルナール・ロワゾー」(★★)

新店情報:ミシェル・ロスタン氏新店

新店情報:ステファニ・ル・ケレック氏新店




新店情報:エレン・ダロッズ氏パリ新店情報

レストラン業態変更情報:アンジェ「ユンニル(Une Île)」(★)

閉店情報:パリ15区「ル・カンジエム−シリル・リニャック」(★)


星なし

元星付き店売却情報:リヨン「ブラッスリ・レオン・ド・リヨン」(掲載のみ)





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

2018年下半期・2019年上半期 フランス著名店人事(シェフ等交代、新任)情報(2018年7月4日〜2019年7月5日)

ふりかえってみると今年の1月はミシュランフランスが早めに発刊されたせいか昨年下半期の情報まとめを忘れていたようです。お待ちだった方がいらしたらすみませんでした。というわけで今回まとめて記事にしたいと思います。少し古い情報もありますがよろしくお願いいたします。

すべてのお店の人事情報をお伝えできているわけではありませんが、読者様の関心には一定程度お答えできているかと思います。星の表示は記事掲載時のミシュランフランスの評価を基準にしています。

また、以前のまとめについては、下記リンクからご覧ください。

2016年上半期のまとめについてはこちらから2016年下半期のまとめについてはこちらから2017年上半期のまとめについてはこちらから2017年下半期のまとめについてはこちらから2018年上半期のまとめについてはこちらからそれぞれどうぞ。


★★★

シェフ訃報:ジョエル・ロブション氏

三つ星店経営変更情報:クリシエ(スイス)「ロテル・ドゥ・ヴィル」(★★★)

「プレカトラン」(★★★)シェフパティシエール辞任

新店シェフ就任情報:アルノー・ドンクル氏×シュヴァル・ブラン・パリ メインダイニングシェフ就任(予定)


★★

シェフ交代情報:シャモニー「アルベール・プルミエ」(★★)

新シェフ就任情報:パリ8区「ラセール」(★★)

シェフ交代情報:パリ8区「タイユヴァン」(★★)

シェフ辞任情報:パリ8区「ラ・セーヌ」(★★)




元星つきシェフ就任情報:セート「ザ・マルセル」

シェフ交代情報:パリ16区「サン・ジェムズ・パリ」(★)

シェフ辞任情報:ストラスブール「オ・クロコディール」(★)

新シェフ就任情報:パリ8区「ロラン」(★)





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星付き店閉店情報:パリ15区「ル・カンジエム−シリル・リニャック」(★)閉店

標題とは関係ありませんが、日本のトロワグロの支店閉店が発表になっています。ホテルの改装などが関係しているのでトロワグロ氏の本意ではないのかもしれません。いずれまた別の場所で営業が続けられることを願っています。

さて、本題ですが、開業から15年来レストラン「ル・カンジエム−シリル・リニャック」を指揮されてきたシリル・リニャック氏ですが、今年の7月末での同店閉店の予定をル・モンド紙でのインタビューで語っています。

今後は、「オ・プレ」、「ル・バール・デ・プレ」、「ル・シャルドゥヌ」などの自身が手掛けるビストロやその他のお仕事に注力し、ミシュランの星を巡る争いからは一歩身を引くスタンスでやって行かれるということです。

ミシュランから評価を得るとそれを失いたくないという思いとさらに上の評価が欲しいという思いから自由がなくなってしまうことに嫌気がさしたという趣旨の発言をされています。本当に自由になりたいのであれば、星が落ちようが上がろうが全く気にせず自分なりの料理を自分の良いと思う値付けで出していれば何の問題もないのでしょうが、レストランをやめる決断にまで追い込まれている段階でリニャック氏もやはりミシュランの評価からは完全に自由になれていないということだと思いますし、やはりフランスにおけるミシュランの影響は良くも悪くも絶大だということの好例であるといえるとも思います。

真面目にお仕事に打ち込まれてここまで来られた方だと思いますので、残りのキャリアがより充実したものとなることを願っています。





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

著名シェフ日本招聘企画:クックジャパンプロジェクト

世界の星つきシェフを含んだ数多くの著名シェフを日本に招聘して期間限定で賞味会を催す企画がしばらく前から始まっています。三つ星シェフでいうとすでにヤニック・アレノ氏、ダニ・ガルシア氏の賞味会が行われました。

会場はかつて「サンパウ」日本店があった場所、コレド日本橋アネックスです。

本ブログで詳細の掲載はいたしませんが、ご興味ある方はこちらのリンクからイベント詳細をご覧頂いてご予約いただければと思います。





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: