FC2ブログ

星付き店売却情報:クーシュヴェル「ル・シャビシュ」(★★)

ミシェル・ロシュディ氏が奥様のマリーズ・ロシュディ氏と55年前に開業された同店ですが、このたび家族経営でローヌ・アルプ地方で合計7軒のホテル、レストランなどを経営されているラヴォレルグループに譲渡されました。「ル・シャビシュ」は1979年に一つ星、1984年には二つ星になり現在まで二つ星を維持されています。

30年以上ロシュディ氏のもとでお仕事をされている現在のエグゼクティブシェフ、ステファン・ビュロン氏とその他のスタッフは店に残るとのことですので料理などの変化はないようです。ただ現在一晩で60〜70人の料理を提供しているところを30人ほどに減らす意向です。

併設のホテルは現在四つ星評価ですが、ラヴォレルグループとしてはこれを五つ星にするつもりでそのための改修が予定されています。

今後一年ほどはロシュディ氏がお店にいらっしゃってお客さんと交流されることもあるとのことで、静かな世代交代ということになりそうです。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

元星付き店売却情報:リヨン「ブラッスリ・レオン・ド・リヨン」(掲載のみ)

同店オーナーシェフのジャン−ポール・ラコンブ氏のもとでかつては二つ星にまで輝いたリヨンの名店「レオン・ド・リヨン」ですが、「コントワール・ドゥ・ラ・ブルス」、「プレトール・エ・バルタザール」、「ラ・バスティッド・ド・コロンジュ−オ−モン−ドール」などを手掛けるファビアン・シャラール氏とジュリアン・ジェリオ氏、そしてその共同事業者にあたるロラン・ジェラ氏に譲渡されることになりました。契約はこの10月15日に締結されたとのことです。

昔の話ですが、二つ星時代にこちらにうかがった際に酷いサービスで辟易した思い出があります。星も返上し、経営も変わるということで今となっては笑い話のようなものですが。

ラコンブ氏は信頼できる買い手を見つけることができて安心しているご様子ですので、これで穏やかにキャリアを終えられて第二の人生を歩まれるということでしょう。

新経営陣の下での新しい船出は2019年1月1日からとなっています。新しい経営陣が目指す先に注目していきたいと思います。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

三つ星シェフ新店情報:「ラ・ブイット」カジュアル店開業予定

フランス・サヴォワ地方の三つ星店「ラ・ブイット」のシェフであるルネ・メイユール氏、マキシム・メイユール氏が今冬、同氏の三つ星店から約1キロほどの場所にあるサン・マルタン・ドゥ・ベルヴィルの新区画内に新たにセカンドレストランを開業させることになりました。

新店は三つ星店目当てで長期滞在されるお客さんのために選択肢を増やす意図で開業されるとのことです。

新店の名称は「サンプル・エ・メイユール(Simple et Meilleur)」でご自身のお名前「メイユール」を入れつつ、「シンプル(簡素)」かつ「メイユール(最良)」という意味のネーミングにしてあって洒落が効いていますね。

新店は4階建ての建物内に70席を有し、12月中旬から4月下旬まで7月初頭から8月下旬まで営業期間中は無休で営業するお店になります。

タパスバーも併設されることになる新店は一日中誰でも気軽に入れるカジュアルなレストランを志すようです。そして、地元のシャルキュトリやチーズや地元食材を使ったそれこそ簡素な山羊乳チーズのラクレットや牛肉のロティ、鶏のスープ、ミルティーユのタルトなどのお料理が提供されることになる同店では、10ユーロでチーズプレートと赤ワイン、25〜30ユーロでアラカルトでの食事が楽しめるとのことです。

メイユール氏としてはやはりビブグルマンが欲しいところでしょうか。来年のミシュランに注目したいと思います。


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星付き店シェフ交代情報:パリ8区「タイユヴァン」(★★)新シェフ就任

少し前の情報になり恐縮ですが、パリの名店「タイユヴァン」シェフのアラン・ソリヴェレス氏が職を辞され、「フォーシーズンズ・ジョルジュ・サンク」内の星付き店「ロランジュリ」シェフであったダヴィッド・ビゼ氏がこの8月末より新たなシェフとして着任されています。

かつてジャン−クロード・ヴリナ氏経営の下で三つ星を維持されてきた名店も同氏の死後すでに経営が変わり、サルを支えてきた支配人も交代して、ついに厨房の指揮者もヴリナ氏時代に入った方が去ってまた新しい歴史が紡がれていくことになりました。

ビゼ氏は「ロランジュリ」から自身の部下を相当数引き連れてタイユヴァンに移られたようですが、「ロランジュリ」はジョルジュサンクのメインダイニングである三つ星店「ル・サンク」のクリスチャン・ル・スケール氏が新たに別の人材をシェフとして配置することで今後も営業を継続されるようです。

去っていくアラン・ソリヴェレス氏の身の振りが気になり調べてみましたが、今のところ確たる情報は出ていないようです。料理学校のコルドンブルーでの講義の情報などが同校のHP上に出ていましたので、もしかしたら学校で先生になるという方向性もあるのかもしれません。またわかり次第こちらでお伝えできればと思います。

かつて三つ星までいったお店に一つ星シェフを招くというのはなかなかの冒険だとは思いますが、来年発刊のミシュランの審判を見守りたいと思います。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星付き店新シェフ就任情報:パリ8区「ラセール」(★)新シェフ就任

以前こちらでシェフをされていたクリストフ・モレ氏が離任後同店のシェフが今ひとつわかりにくかったのですが(おそらくミシェル・ロート氏が後任)、今回改めてはっきりと新シェフ就任がアナウンスされています。

新シェフは37歳のニコラ・ル・ティラン氏で、ヤニック・アレノ氏が「ルドワイヤン」を手に入れて以来ずっと同氏の傍らで厨房を預かっていた方で、要するに「アレノ・パリ(ルドワイヤン)」の三つ星獲得に貢献した方という方になります。

それ以前のご経歴はアラン・デュカス氏の総本山「プラザ・アテネ」で6年の経験があり、その他にはエリック・ブリファー氏指揮下の「ジョルジュ・サンク」やフレデリック・ヴァルドン氏の「トラントヌフ・サンク」などでもお仕事をされていたとのことです。

新シェフ就任に合わせてサルの改装が予定されています。新シェフを迎えて目指すのはまず二つ星でしょうが、最終的にはやはりかつての栄光すなわち三つ星の回復ということになるのかと思います。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: