星つきシェフ新店情報:ティエリー・マルクス氏×ブラッスリ

しばらく前の情報ではありますが、パリの二つ星店「シュル・ムジュール」シェフのティエリー・マルクス氏がリヨンでブラッスリを開業させることになりました。

新店名称は「ラ・ヴィラ」で同氏にとっては初めてのリヨン風のブラッスリとなります。新店の立地はなんと病院の中で、週を通して無休で昼と夜に営業し、ビストロノミー(ビストロとガストロノミーの融合)の志で地元の伝統料理を新解釈で提供するお店になるようです。

今回の病院内の星つきシェフのお店というのは、マルクス氏が2016年秋にパリ北駅に「レトワール・デュ・ノール」を開いた際に共同したラガルデール・トラベル・フランスの発案で、マルクス氏がそれに応じたという形のようです。

店舗の面積は二層で合計160㎡ですのでまあまあの大きさですね。ビストロノミーとは言ってもメニューは18〜23ユーロとリーズナブルな価格設定となっています。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

元三つ星シェフ新店情報:ミシェル・ブラス氏×ブルス・ドゥ・コメルス(パリ)内新レストラン

三つ星を獲得した自らのお店を息子さんに委ねた後、悠々自適の生活をされていたと思っていたミシェル・ブラス氏ですが、このたびパリに来年開館予定のブルス・ドゥ・パリの新美術館内のレストランを取り仕切ることになりました。

ブルス・ドゥ・パリはパリ中心部商業施設のフォーラム・レアルに隣接した歴史的建造物で当初は小麦売買の取引所だったという場所になります。

ブルス・ドゥ・コメルスはパリ市の所有ですが、コレクションピノーとの間に美術館開設の名目で50年間の賃貸借が成立し、昨年夏より建物の改修工事が行われており、美術館は来年開館予定となっています。

ミシェル・ブラス氏も新しい場所でのレストランにとても意欲的なようで、詳細はまだわかっていませんが、星の獲得を目指すようなお店ではないということです。とはいえ、ブラス氏がちょっと本気を出せば二つ星くらいまではとってしまいそうですね。上層階に位置するレストランからの中庭の眺めがとてもよいようです。

新店の名前は「ラ・アル・オ・グラン(La Halle aux grains)」となっていて、新美術館同様2019年開業予定となっています。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

三つ星シェフ来日イベント情報:アラン・パッサール氏来日賞味会

パリ7区のご自身のレストランで三つ星を維持されているアラン・パッサール氏が来日され、帝国ホテル内「レ・セゾン」にて特別な賞味会を開催されます。

以下、概要を引用いたします。詳細はこちらからどうぞ。


アラン・パッサールとティエリー・ヴォワザンの華麗なる饗宴 [レ セゾン]

世界中で名を馳せる料理人、アラン・パッサール氏をお招きし、ティエリー・ヴォワザンとのコラボレーションディナーをお楽しみいただける特別な日をご用意いたしました。
本年200周年を迎えるシャンパーニュ「ビルカール・サルモン」の特別記念ラインナップとのペアリングでご堪能ください。

開催日時:2018年3月14日(水)(17:30~22:00(ラストオーダー))・15日(木)(19:00より)
場所: フランス料理「レ・セゾン」(帝国ホテル内)
料金:83,000
※15日はビルカール・サルモン200周年を記念したCuvée 200 をお楽しみいただけます。(食事の内容は14日と同じです。)
※お飲物付き(シャンパーニュ「ビルカール・サルモン」ペアリング)
※消費税込、サービス料別。

<要予約>
※食材等によるアレルギーなどがございましたら予め係へお申し付けください。
※男性のお客様はジャケットの着用をお願いしております。


アラン・パッサール
1986年パリにレストラン「アルページュ」をオープン。翌年に一つ星、1988年には二つ星を獲得。開店後わずか10年目の1996年には三つ星を獲得した。“肉の魔術師”と呼ばれ、加熱調理の名手としてその名を馳せていたが、2000年頃、自身の菜園を持ち野菜料理のスペシャリストとなった。あらゆる芸術に深い造詣があり、自らを “a sculptor of the flame”(炎の彫刻家)と称する。

ティエリー・ヴォワザン
フランス・シャンパーニュ地方を代表する名店「ボワイエ・レ・クレイエール」のオーナー、ジェラール・ボワイエ氏に師事し、その後、「レ・クレイエール」のシェフに就任。2005年より、帝国ホテル、東京「レ・セゾン」のシェフを務める。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星つきシェフ辞任情報:マチュー・パコー氏シェフ辞任

こちらもしばらく前の情報なのですが、ミシュランフランス2016にて「エクサゴン」で二つ星、「イストワール」で一つ星と同時に複数のお店で星をとられたマチュー・パコー氏が各店のシェフを辞任されました。すでに昨年12月31日に最後のサービスを終えており、同氏はもうこれらのお店には少なくともシェフとしては関わっていないようです。

同氏をめぐる情報はなかなかめまぐるしく、魚介料理の名店としてならした「ル・ディヴェレック」の経営取得から、元二つ星店のパリ「アピシウス」のシェフ就任、コルシカ島でのレストランプロデュース、など八面六臂のご活躍が報じられていました。

今後は上記三店の経営に注力するようで、ミシュランフランス2017では「ル・ディヴェレック」はかつてあった星を取り戻しましたし、今年のミシュラン最新版ではコルシカ島のお店にも一つ星がついて、こちらで二つ、三つと星を重ねていくのが密かな野望なのかもしれません。

今年5月にはマカオで、同氏のお父様が三つ星を継続させている「ランブロワジ」を開店させる予定もあるとのことで、今後の展開にますます目が離せません。また何か動きがありましたらご報告したいと思います。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

三つ星店閉店情報:ゼデルヘム「ヘルトクヤン(Hertog Jan)」閉店情報

しばらく前の情報で恐縮ですが、ベルギーに二つしかない三つ星店の一つであるブリュージュ近郊ゼデルヘムの「ヘルトクヤン」が今年の12月22日をもって閉店とのことです。

とはいえシェフは「レス・バイ・ヘルトクヤン(LESS by Hertog Jan)」というカジュアル店を開いていますし、数々のプロジェクトがあるようで、レストラン業界を離れるということはないようです。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: