FC2ブログ

レストラン訪問記:西大島「クチーナシゲ」(ビブグルマン)

都営地下鉄線の駅が最寄り駅のようですが、亀戸駅からも歩けます。途中下町らしいお菓子屋さんやお味噌やさん、はたまたピザの人気店などがあるようで初めての道を歩くのはやはり楽しいです。

ランチは平均的な値段で提供されていて良心的ですが、3種類の料理のうち2種類については追加料金が発生します。

メニューは日替わりのようでこの日はリゾットがいつものバジル風味ではなく、野生のアスパラガスと生ハムということで珍しいと思い、こちらにしてみました。その日の仕入れに応じてメニューが変わるのはとても好印象ですね。

IMG_3636s.jpg

メニューにはさらっと書いてありますが、ランチには一口前菜がついてきて、この日はトスカーナ産白インゲン豆のポタージュスープ(鯛、平目、鱸のトマト煮入り)でしたが、丁寧に調理されていて滋味深い味でした。

IMG_3638s3638.jpg

この日は今ひとつ体調がすぐれなかったこともあって野生アスパラガスの香りを感じづらかったのですが、ご覧のようにたっぷりと入っていて、先日の「リストランテホンダ」といいご縁を感じました。

丁度この時期フランスあたりから輸入で沢山入ってくるのでしょうか。貴重な体験でした。

せっかくなので追加料金が発生するデザートも注文してみました。デザートは一択で、この日はメキシカンマンゴーのソルベでした。

そのお写真は後日インスタグラムにアップしたいと思います。

お値段はランチの半額以上で高めの値段設定という感じがしましたが、自家製ということでマンゴーの香り高い濃厚なお味で大満足しました。本物は一口一口がとても充実していることを改めて感じました。

ランチコースもありますが、普通のランチでも予約を受けつけてくれますので念のため予約されるのがよいでしょう。

お客さんは地元の女性客が多く、近所の勤め人の方が詰めかけるお店という感じではないようです。

次回は、今回いただけなかったパスタを味わうためにうかがいたいと思います。


(いただいたもの)

ランチ(発酵酵母の二種類のパン(プレーン、全粒粉)つき)

・ 一口前菜:トスカーナ産白インゲン豆のポタージュスープ(鯛、平目、鱸のトマト煮入り)

・ パスタまたはリゾット:

・スパゲッティ:小ハマグリとズッキーニのボンゴレビアンコ フルーツトマトのソース(+200円)
○リゾット:アスパラのソバージュと生ハムのリゾット
・リングイネ:冷製リングイネ ナスとズッキーニのトマト煮とノンメタポークの自家製ボイルのせ(+300円)

・デザート(+600円):メキシカンマンゴーの自家製ソルベ




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:外苑前「リストランテホンダ」(★)

忙しさが一息つきましたので少しずつ美食巡礼を再開しています。ただ生活リズムの関係でランチが中心になりますのでその点ご了解下さい。今回は地下鉄外苑前駅が最寄り駅になる星つきイタリアンへ。今回初訪問のお店です。

JR線だと信濃町駅から歩くこともできますが20分はかかります。私は散歩もかねて信濃町駅から歩いてみました。途中新国立競技場建設現場脇を通ります。

以前は2000円台のランチも提供していた記憶がありますがメニューも一新されたようで価格が変わっています。その分お客さんの入りも少し減ったのかもしれませんが、客としては落ち着いて食事ができるのでありがたいですね。

この日は出版関係者とおぼしき女性客、常連さんらしいおじさまがいらしていましたがみなさんお昼からワインを飲まれていて楽しそうです。

テーブルにはしっかりナップがかかって清潔で、卓上には生花ではありませんが置物があって落ち着きます。

サービスは控え目な若い男性と元ボクサーの竹原さん似のソムリエの方のお二人でみる体制でした。サルは小さいので目が行き届きますし、お二人とも常にお客さんに対応できるように気を遣っているのがわかります。

お料理はランチの一番安いコースでも細やかな盛りつけがされて美しく、感心します。

前菜、パスタ、メインそれぞれ3種類、4種類、2種類から選べるようになっていて、この日は晩春から初夏への移り変わりを感じさせる食材を選ぶ形になりました。野菜や魚といったどちらかというヘルシーな選択でしたが、お好みによっては肉だけで攻めることもできますので、人それぞれに自分の嗜好に合わせて楽しみを見つけることができるでしょう。

お魚は長崎五島産の神経締めをした鮮度の良いお魚を主に使っているとのことで、この日はこの季節に美味しいイサキでした。

DSCF13671367.jpg

こちらへの期待はかなり高かったのですが、焼きむらがあったり、味付けも塩気が強いところと塩気が感じられないところが極端であったりしてちょっと残念な感じでした。フランス産の野生のアスパラガスを使ったりしてお料理自体の美しさが際立っているのでもったいないですね。

DSCF1362s1362.jpg

前菜の冷製ズッパは新玉葱使用ということで期待しましたが、予想のはるか上をいく手の込んだつくりで、旬の素材とともに涼感をスープ自体からまた新玉葱のジェラートからも感じられてこの少し暖かくなっていく季節にぴったりでした。プレゼンテーションも、風味やメレンゲや新玉葱による食感のアクセントも申し分ないお料理でした。

DSCF1364s1364.jpg

パスタはローマの伝統料理とのことでチーズと黒胡椒と意味する「カチョ・エ・ペペ」という名前がつけられていました。無農薬の皮まで食べられるレモンが皿の下にしのばせてあって、クリーム系のスパゲティなのですがとてもさわやかなお味で初めての体験をさせてもらいました。

デザートの盛りはお料理以上にささやかな感じですが、気候が暖かくなってきているのでカタラーナやソルベがとても美味しい涼味を舌に運んでくれていい感じでお料理を締めることができました。

食後のお茶はミントティーをいただきました。もしかしたらフレッシュなのかもしれません。

ワインもその時々で提案するものが変わる感じのようでしたが、美味しいワインが揃っていそうです。

メインはちょっと残念でしたが、全体としてお値段からするとパフォーマンスは抜群ですのでまたうかがいたいと思えるお店でとても良い出会いとなりました。



この日のメニュー(○がいただいたお料理)

食前のスナック:グリッシーニ(プレーン、カレーその他一種)

パン(二回にわけて提供):
・ バタートースト
・ フォカッチャ+オリーブオイル

Antipasto(前菜)
・ 長崎五島産アジのカルパッチョ
オレンジとイタリア産ういきょうのサラダ
○新玉ねぎの冷製ズッパ そのジェラートとメレンゲ
・ 長田ファームの地鶏のロンドとフォワグラのジェラート
グリーンピースのミネストローネ仕立て

Primo piatto(パスタ)
・ 和牛ボロネーゼのリングイネ ペコリーノチーズ
・ 北海道産アサリのボンゴレ・ロッソ
○小田原産 無農薬レモンのカチョ・エ・ペペ
・ 本日の手打ちパスタ(+時価):ウニのパスタ(+2500円)

Secondo piatto(メイン)
○本日の魚料理:イサキのポワレ フランス産野生アスパラガス フレゴーラ 魚介の濃厚ペースト
・ 本日の肉料理:仔羊のロースト

Dolce(デザート)
○完熟イチゴのカタラーナとそのソルベ
・ ピスタチオのババ チョコレートのソルベとバナナのスムージー
・ 宇和島産ブラッドオレンジのクレープと甘酒のクレームダンジュ

食後の飲み物:ミントティー(フレッシュ?)



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:参宮橋「レガーロ」(★)

今回久しぶりに外食してこちらのお店でランチをいただいてきました。
平日なのでふりで訪問してカウンターに案内されます。当日は常連さんらしき女性がお一人でカウンターで食事されていました。

星が付くようなお店でも平日には比較的リーズナブルな値段でランチがいただけるお店がありますが、こちらもその一店ですね。価格に比して充実した内容で、ボリュームがある感じではありませんが味が良いので満足できるランチを提供されている印象でした。サービス料はつきませんが丁寧な接客で、ナプキンに加えておしぼりも用意してくれています。

季節の移ろいとともに食材も日々変化するとのことでしたので、いつ行っても楽しめるお店だと思います。カウンターがあるので一人でも気後れせずに食事を楽しむことができるでしょう。

ランチは、前菜+パスタ前菜+パスタ+メインおまかせ三種類のメニューが用意されていて、前二者についてはデザート、ドリンクは別オーダーなのでその時の気分に合わせて組み合わせることができ、中には追加料金が発生するお料理もありますので、注文の自由度が高くて常連になっても楽しめる工夫があると感じました。


(いただいたもの)

ランチメニュー(前菜+パスタ)
+デザート(追加料金あり)
+食後の飲み物(同上)


IMG_1938.jpg

パン(胡麻と玉葱のパンが熱々で供されました。)


IMG_1939.jpg

前菜:伊パルマ産生ハム 有機野菜のインサラータ
(葉物野菜がとても元気な一皿。生ハムも新鮮で繊細な味わい。ハムと葉の下には小蕪やコリンキーなどがしのばせられていて、かりっとした歯ごたえがアクセントになり野菜のみずみずしさと合わせて気持ちがよかったです。)


IMG_1940.jpg

パスタ:自家製トンナレッリ 真蛸と赤玉葱のラグー
(スパゲティの原形ともいわれるパスタとのこと。手打ちでもっちりした食感で美味しいです。トマトベースのソースも濃厚で食べ応えがあります。量は沢山ではないもののタコと玉葱のラグーの味わいが深く、また熱々で美味しくいただくことができ十二分にお腹も心も満たされました。)


IMG_1943.jpg

デザート:広島産無農薬レモン デリツィアディリモーネ
(ありきたりな皿盛りのデザートを用意していないところに店のこだわりを感じます。メニューには季節を意識したお皿がちらほらありますが、これもその一つです。リモンチェッロをベースにレモン尽くしのコンセプトでうまくまとまったデザートです。美味しい上に見た目もきれいで満足度が高いですね。)

食後の飲み物:青森県 大西農園産 フレッシュハーブティー
(ミントとタイムを使ったハーブティー。香りが高く、色もちゃんと出ていました。)


(参考情報)
うかがった日のランチメニューはこんな感じでした。○が今回いただいたお料理になります。

前菜:
・ 本日の鮮魚のカルパッチョ(鰹)
○伊パルマ産生ハム 有機野菜のインサラータ
・ トリッパと丸茄子のココット焼き
・ 卵とフォアグラのグラタン 白トリュフ風味(+400)

パスタ:
・ ホタテとパプリカのスパゲッティー ペペロンチーノ
○自家製トンナレッリ 真蛸と赤玉葱のラグー
・ 鹿児島県産 ヤングコーンのカルボナーラ
・ 国産 渡り蟹のスパゲッティー(+300)

メイン:
・ 茨城県産 ツクバ美豚のロースト
・ 大分県産佐賀関産 天然真鯛のポワレ
・ カナダ産 鴨胸肉のアロースト(+600)

デザート:
○広島産無農薬レモン デリツィアディリモーネ
・ 濃厚なガトーショコラ グラッパのジェラート添え
・ グレープフルーツのクレームブリュレ Regalo風
・ シナモン風味の焼きたてクレープ メープルシロップのジェラート添え

食後のお飲み物:
・ エスプレッソ/ドッピオ(+100)
・ ダージリン/アールグレイ/カモミール
・ 南国果実の紅茶(ディカフェ)/ミントの緑茶
○青森県 大西農園産 フレッシュハーブティー



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:神谷町「俺のイタリアン KAMIYACHO」

前回はフレンチにうかがいましたが、このたび「俺の」シリーズのイタリアンに初めてうかがいました。

IMG_2435.jpeg

神谷町という比較的地味な立地であまり大きな箱でもありませんが、メニューは神楽坂のお店より幅広く、美味しいおつまみが出る洋風居酒屋の感がありました。こちらも全席着席で禁煙というスタイルになっており、約2時間の時間制限があります。

この日は3人でうかがい小前菜以外はシェアする形で注文していきました。前菜はパテであったり、マリネ、海の宝石箱(生の魚介の小さな盛り合わせ)といったものを頼みましたがちょうど一人分くらいで頼みやすいですね。

イタリアンということでトラットリアにあるような前菜の盛り合わせを期待しましたがそれはないようでした。

IMG_2445.jpeg

この日は多くをお勧めから選び、トウモロコシ黒トリュフのピザ、ウニアワビのパスタなど、味、ボリュームとも申し分なく楽しめました。ピザは熱々がやはりいいです。トリュフが載ったピザは初めてでしたがほんのりと香っていました。

IMG_2446.jpeg

メインは「俺の」シリーズの名物料理である「牛フィレ肉とフォワグラのロッシーニ」にしました。3人でシェアなので一口ちょっとでしたがそれが丁度よい量でした。

IMG_2447.jpeg

オマール海老をまるごと一匹使ったお料理もやはり名物で人気があるようでした。午後5時入店でしたが、すでに残り一つとなっていました。

アクアパッツァもお勧め料理になっていましたが、この日は初夏に美味しいイサキでした。4人でしたら今回のオーダーにお魚料理をつけて丁度よいくらいだと思います。お値段はもちろんさらにお安くあがりますね。

ワインは食前酒やノンアルコールのジュースが豊富で楽しかったです。私は既製品ですがベリーニをいただきました。ここでもやはり店員さんがなみなみにきれいに注いでくれます。

ワインはグラスで白、赤とも飲みましたが、俺の赤として出しているワインがなかなかぶれない感じで飲みやすく、美味しかったです。

サービスはこちらでもソムリエの方がいます。担当の女性がつかずはなれず、適度に笑顔の気持ちよいサービスをしてくれました。お店の印象がぐっとよくなりますね。ずっと立ちっぱなしで、細やかなことに気を配らなければならない大変な仕事だと思いますが、マイナスな感情があまり外に出ない(出さない)のは大きな長所でしょう。

お会計はシェアしていることもあり、出てくるものの質を考えると圧倒的にお得に感じます。お店はこの日も盛況でした。週末はもしかしたら予約がとりやすいかもしれません。また別のお店ものぞいてみたい思いが強くなりました。


(いただいたもの)

つきだし:シャンパンシューとパルメザンチーズの塊…

前菜:海の宝石箱(生ウニ、ホタテ、ズワイガニ、ハマグリを使った冷菜)

IMG_2444.jpeg

ピザ:焼きとうもろこしと黒トリュフのピッツァ

パスタ:ウニとアワビのペペロンチーノ 〜カラスミ風味〜
(ペペロンチーノと言いつつ、クリームソースになっていました…。)

メイン:牛フィレ肉とフォワグラのロッシーニ
(和牛あるいは国産牛と期待してこの店にしましたが、この日のお肉の出自を確認できず残念でした。)

デザート:ティラミス
(普通のお店の倍近い大きさで圧倒されます。複数なら最初からシェア前提で各種デザートを頼む方が楽しめるかもしれません。)

お酒:
・ 食前酒:ベリーニ
・ グラス白ワイン:イタリアの辛口白ワイン(ピノグリ
・ グラス赤ワイン:俺の赤(カルツァルンガ・セタ 2002



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:奈良公園内「レ・カーセ」

奈良公園内、春日大社を右手に見て若草山をのぼっていく道の途中にあるキッシュ専門店にうかがいました。

この季節の奈良は正倉院展が開かれる時期でお店はどこも混雑するようです。かなり前から予約をお願いしておいて正解でした。同店も満席で、その旨の張り紙がされていました。

少し上りが始まり、両脇に木が植えられている奈良公園の道を抜けた先に店はあります。他にお土産物やさんなどもある感じでいくつか店舗が並んでいます。しかし中心部からははずれているので春日大社参拝のバス客が少し見られるだけという感じでさみしい場所かもしれません。

とはいえ、店の前は光が注いでいい雰囲気ですね。

DSCF0586.jpg

時間の関係でこの日はキッシュランチにしましたが、もう一つ上のランチ、コースランチもあります。もう一つ上のランチにはリゾット、牛頬肉の赤ワイン煮がつくようですが、キッシュランチ同様ワンプレートということのようです。コースランチは平日のみで要予約とのことです。食材の関係もあるでしょうから、ありつきたかったらしっかり確認してお願いする必要がありますね。

キッシュランチは季節のスープ、キッシュやパスタ、サラダが載ったプレート、アイスクリームに飲み物(コーヒー、紅茶または林檎ジュース)がついた構成となっています。

季節のスープはありきたりではなく、下に冷たい茄子のピューレをしいたものに温かいコンソメスープがかかっていて冷温の対比を楽しむ仕掛けがありました。手が込んでいて驚きです。スダチをしぼって頂く趣向もまた面白いです。

メインはやはりキッシュですが、専門店をうたうだけに数多くの種類が揃っていますね。もちろんすべて手作りということでしょう。この日はこんな感じでした。

DSCF0591.jpg

その中から栗じゃがとソーセージのキッシュを選びました。ここでいう栗じゃがはインカの目覚めという種類のじゃがいものことのようです。穴子を使ったものや、牛筋入りのもの、季節のお野菜のキッシュなど本当に色々あって迷いますね。本家のキッシュロレーヌ(ベーコン、ほうれん草、玉葱入り)もありますね。

いただいたプレートにはキッシュ以外に、パスタが入った小さなココットがあり、サラダはただ青い葉が置かれたものではなく、焼いた茄子や南瓜などが入っているもので工夫が感じられました。お野菜自体もとても美味しいです。

DSCF0593.jpg

飲み物は林檎ジュースをいただきました。こういうお店だときっとちゃんとしたものだろうと思いましたが、その通りでした。
キッシュランチについては一定金額以上のものは差額を払う必要がありますが、微々たるものなのでお好きなものを選びたいですね。

奈良市内で和食に飽きたらこちらを選んでみるのも楽しいかと思います。選択肢が少ない印象の奈良市内では貴重な洋食店だと思います。


(いただいたもの)

キッシュランチ

・ 季節のスープ
・ プレート(ココットに入ったパスタ、キッシュをお好みで(差額支払いの必要ある場合あり)、サラダ)
・ アイスクリーム(この日はバニラとブラッドオレンジで葡萄が一粒添えられていました)
・ 飲み物:コーヒー、紅茶または林檎ジュース


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: