Kikunoi*** (Kyoto) 菊乃井本店(高台寺裏)★★★

お祝いの席で、京都・高台寺の裏手にある菊乃井さんへ。言わずと知れた京都の一流料亭ですね。

おぼろに名前を聞き知っていた時代を経て、最近は色々なところで情報発信する主のおかげで、京都の一流料亭として認識するまでになりました。
また、東京でもデパ地下に調理場つきのお総菜店が出ていたりして、知名度向上に貢献したのではとも思います。

いくつかお店がある中の本店がここ。割烹が京都に一軒、料亭の支店の位置づけで東京・赤坂に一軒あって、こちら高台寺裏手のお店が本店です。

その東山の山懐に包まれたような立地、ゆるい坂道を行ったその突き当たりにあってそこにたどり着くまでのアプローチに、すでに非日常体験の予感をさせてくれます。途中にはかつての西行にご縁のある場所などあったりしていかにも京都らしい。

下足番の方にお迎え頂き、担当の仲居さんが部屋に案内してくださいます。やさしく香が焚かれた店内は、とてもやわらかい雰囲気。数寄屋造りの自然な建材のおかげでもあるかもしれません。

今回通して頂いたのは、部屋を屋形船に、窓から見えるお庭を琵琶湖に見立てた独特なお部屋、木賊の間。純粋な書院造りのお部屋ではなくて、もしかしたら新しいデザインなのかも知れません。本物の舟材(細長い板)をお部屋にも使っていて、なかなか凝っています。

DSCF0740.jpg

しかし蘆に見立てた木賊の緑の鮮やかなこと。お庭自体が本当に美しく、月並みな表現ですが、大きくとられたガラス窓全体が一幅の絵のようです。
後で調べたところ、二年前に新しく整えられた三室の離れのうちの一つということでした。良い場所を用意していただいていたのだなと今になってしみじみ思います。

そして、着座するとわかりますが、掘りごたつ式になっていて、この季節ですから、当然に暖かい。凍えた身にはありがたい環境です。


さて、前置きが長くなりましたが、お料理について。

お祝いの趣旨についてはすでに伝えてあったため、サービスで出して頂いたお赤飯、紅白の膾が最初のお茶の後にスムーズに運ばれてきます。実は金塗りの杯が最初から置かれていましたが、女将に促されて手にとって初めて金塗りとわかるちょっとしたサプライズでした。

DSCF0724.jpg

赤と金のおめでたい色でいただく伝統のお祝いの品。女将の丁寧な祝辞が特別な時間をなお感じさせてくれます。

金塗りの杯に注いで頂いたのは、しっかりと冷えた柚子酒。
冷たさがすでに掘りごたつで暖まってきた身にしみいります。何とも絶妙な温度で、香りも良くとても印象に残りました。

今日お願いしたのはお昼の中では一番良いコース。贅沢な旬の食材が盛りだくさんで、期待していた食材、お料理もあって、最後には気持ちよく満腹になっていました。

食材で言うと、寒鰤、鯛、ふぐ、ぐじ(甘鯛)、蕪、帆立、海老芋、香箱蟹、…思い出してもうっとりします。

普段は楽しめないすてきな器で出して頂けるのもまた料亭の楽しみであることを初めて感じた機会でもありました。日本での料亭体験はこれがほぼ初めてだったと思います。

お酒は最初にシャンパンのハーフボトルをお願いし、菊乃井という名前の純米吟醸を二合。これくらいで丁度良かったでしょう。
二人で行かれる方は、このシャンパンのハーフボトルがお手軽でオススメですね。

DSCF0729.jpg

酒器の底にも菊乃井の紋が描かれていて、テーブルの黒と相まってとても美しい。目でも楽しませて頂きました。

サービスについては、申し分ないでしょう。お祝いということだったからか、そこそこ良いコースをお願いしていたからか、ということではなく、普段通りのサービスをしていただいとのだと思いますが、仲居さんと女将の連携、各人の所作や応答のきちんとしたところなど、さすがと思わせてくれました。

最初、食事が始まる前に女将が来てくださって、二度ほど丁寧に祝辞を述べてくださいました。美しい所作でそうしたことをして頂けるとこちらも襟が正される思いですが、一方でとてもよくもてなして頂いているという喜びがありました。

その後、女将自身がおしゃべりも交えながらゆっくりとシャンパンを注いでくださって、流れでさりげなくお部屋のコンセプトも教えて頂けました。何も知らない身としてはとても勉強になりました。


印象に残ったお料理は、まずはやはりお祝いの一式でしょうか。お赤飯、お膾、柚子酒の入ったそれぞれの器の色合いがまず美しく、あでやかで、特別な機会であることを印象づけてくれました。こうした機会でないと出会えなかったわけですから、やはりこれが一番ですね。

DSCF0731.jpg

DSCF0732.jpg
ついで、期待していた蕪蒸し京都ならではのお料理。雲丹まで入って何とも贅沢な一品になっています。

さらには器が菊のご紋ということで(同伴者に指摘されて気づいた次第ですが…最初はずっと南瓜と思っていました(笑))さらに中央には高台寺にご縁あったねねの旦那様、豊臣秀吉の家紋が描かれていて、何か高台寺、菊乃井の浅からぬご縁を感じさせる特別な器という気がいたしました。

DSCF0738.jpg
そして最後のお料理になった鍋。九条葱の黄金の組み合わせ。旨味たっぷりのがとてもすてきな味わいでした。そして炭で保温する趣向がまたなんとも風流ですね。食後はしばし手をかざして暖をとっていました。

こうしてお料理を頂いて最後に思ったのは、最初の柚子酒から始まって、今回のお料理に通底する香りは柚子だったということ。時にさりげなく(食前酒の香り)、時に主役として(柚子釜で)、食事を楽しませてくれていました。


総じて大満足であった中、少し残念に思った点があるとすると、お料理を食べ終わらないうちに次のお料理が出てきてしまったこと。これは時間に限りがある以上は仕方ないのでしょうか。それでも、そのおかげでこちらもあまり遅くなりすぎずにお店を出られたという、プラスの面もありました。

もう一つは一品目のデザートで、スプーンがプラスチック製だったように思ったこと。今にして思えば、ガラスの器とミスマッチだったような…。フランスの三ツ星でスプーンといえば、銀製以外あり得ない(ルイキャンズの金製スプーンを除けば…)ので、格式を考えるとある意味破格なのかなあと。

食後の記念撮影はお約束のコースです。ここでは仲居さんが積極的に写真撮りましょうかと言ってくださいます。これは二重丸のサービス。
初めてのお客さんならなおさら(先方は当然それも把握しているはず)、菊乃井に何を求めているかをしっかりわかっていて頂いている。すばらしい。おかげでお部屋でも、お外でもとてもすてきな写真が撮れました。

初めての料亭体験は特別なことだらけで大満足でした。また行ってみたい、お祝いをここでしたいと思わせてくれる特別な時間が流れる特別な空間であること胸に焼き付けて帰路に就きました。


(いただいたもの)

お昼の懐石

お茶
食前酒 柚子酒
お祝いのしつらえ 赤飯、紅白膾

八寸 サーモン寿司、辛子蓮根、鮑とおろし、菜の花お浸し、鱈子の落雁仕立て、唐墨の烏賊巻粕漬
先付 くみ上げ湯葉 このわた蒸し
向付 (1)明石の鯛、寒鰤 (2)てっさ、てっぴ
蓋物1 蕪蒸し
中猪口 洋梨と山葵のソルベ
蓋物2 柚子釜(帆立、車海老、海老芋
酢物 香箱蟹と一品
強肴 

ご飯 河豚雑炊

水物 (1)キャラメルアイス、蕎麦粉のスポンジ
   (2)パッションフルーツの羊羹
お抹茶


菊乃井 本店懐石・会席料理 / 東山駅祇園四条駅蹴上駅



テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

Akasaka Tantei* (Tokyo) 赤坂潭亭(赤坂)★

接待の文脈で赤坂(といっても乃木坂に近い住所)にある沖縄懐石のお店へ。沖縄懐石を称するこのお店ですが、「沖縄懐石」なるジャンルは他ではあまり聞いたことがなく、物珍しい存在として以前から少し気になるお店でした。

しかし懐石をうたっているだけあって、夜のお値段はご立派、なかなか伺う機会もありませんでしたが、少し前にランチクーポンが売りに出ていて、試しに買ってみました。

ミシュランを見ると、またお店のサイトを見るとそのクーポンはいわゆる半額ものではなくて、デザートがサービスでついてくる、そんな内容でした。

お昼とはいえ、店のしつらえが変わるわけでもなく、土塗りの壁の小さな個室でお弁当をいただくことができました。

DSCF0683.jpg

京都でも名店がお手頃価格でお弁当を提供していたりしますが、そんな志でしょうか。
使っている食材の関係から、その内容は京都のそれとは大きく異なるのですが、見た目の鮮やかさ、一口一口の味の多彩さ、それぞれがとても楽しめます。なるほど沖縄の食材が満開で、沖縄懐石をうたっているのも理解できる気がしてきます。いずれも自然なやさしい味付けで、美味しい。

接待相手のお客様もお喜びで、ゆったり食事を楽しみ、私も最後には気持ちよくお腹が満ちていました。

DSCF0684.jpg

最後のデザート、田芋チーズケーキがサービスだったわけですが、ありきたりな外観からは想像がつかない美味なる味で、大満足です。
いつかお持たせとして使いたいとすら思ったほど。これを持っていったらきっと株が上がるだろうと思われるそんな隠れた名品と思いました。

お店はまだお若い女将が取り仕切っていて、最後は仲居さんのお見送りがあり、最後まで良い気持ちでいさせてくれる名店でした。

クーポンなしでも、ちょっぴり豪華なランチとしておすすめできます。京都ほどのお値段を払わなくてもこちらのお弁当は楽しめます。その際は田芋チーズケーキも追加でどうぞ。こちら本当におすすめです。


(いただいたもの)

ー上段ー
お造り 金目鯛
焼き物 アカマチ
もずく酢
栗寒露煮
ハンダマ地豆和え
カリフラワーと山くらげの島ラー油和え
島人参和え物
ひじき含め煮
パパイヤイリチー
沖縄産巻き海老真丈
田芋の揚げ煮

ー下段ー
DSCF0682.jpg

地豆豆腐
アーサー玉子焼き
煮物 シブイ 島人参 ウリズン アダン
天ぷら ゴーヤー 島らっきょう ウムクジアンダギー

ーお食事ー
御飯 お味噌汁 香の物

ーデザートー
田芋チーズケーキと三品茶



沖縄懐石 赤坂潭亭懐石・会席料理 / 赤坂駅乃木坂駅六本木一丁目駅


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

松籟庵(嵐山)

以前テレビで見かけて、気になっていた嵐山の食事処。嵐山でお豆腐料理は定番中の定番でしょうが、こちらの売りは森嘉さんの豆腐というよりもむしろその特異なロケーションでしょう。

アプローチは、嵐山電鉄駅側の保津川沿いの道をひたすらまっすぐに川沿いに行って、さらに右手に上る形。この辺りに一度でも行かれたことがある方ならおわかりかと思いますが、うっそうと木が生えていて、人影もまばらで、自然の中に置き忘れられたような建物の中にそのお店はありました。

DSCF0600.jpg

旧近衛家の別荘だった建物だとか。場所だけでなく歴史においても特筆すべきところのある建物のようです。


ここで出されるランチはお豆腐料理主体のコース。京都の湯豆腐は今回初めてだったかもしれません。

豆腐はさすがに甘みを感じるやさしいお味。この点、水の違いを感じますね。他の場所ではなかなかこうはいかないのでしょう。

DSCF0605.jpg

前菜として、お酒が進む八寸が出されます。一流料亭の華やかさはないものの、一つ一つ丁寧に仕事がされた美味しいお料理で、満足です。蛸の煮たもの、海老芋のグラタンなどが面白かったかも。お麩なども京都では当たり前に出されますが、好きです。

最後のデザートは生八つ橋と豆腐のアイス。アイスは思った以上に豆腐の香りが残っていて、初めてでしたが、とてもいい味で気に入りました。

今回は窓側から遠い席で、それはそれで部屋を含めた全景を楽しむことができよかったのですが、窓側はさらに景色が楽しめそうです。

食後小さな縁側に出て、お写真を撮ったりもしました。
紅葉はまだまだの時期でしたが、緑がきれいで素敵です。ただ蜂には要注意。

あまり大きな場所ではないので、予約をした方が無難でしょう。
嵐山でひと味違うお食事どころをお探しなら是非どうぞ。がっかりしないと思います。


(いただいたもの)

松葉(お昼のコース)

・先付け:森嘉のお豆腐
DSCF0604.jpg

八寸盛り
・湯豆腐
・揚げ出し豆腐

・お食事:ご飯、ちりめん山椒、お味噌汁、香の物
DSCF0606.jpg


・デザート:生八つ橋、豆腐アイス
DSCF0611.jpg

飲み物
・生ビール(グラス)


松籟庵京料理 / 嵐山駅(京福)嵯峨嵐山駅嵐山駅(阪急)


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

Nishimura* (Nara) 味の風 にしむら(奈良・桜井) ★

長谷寺詣でのお昼に、こちらによってお食事を頂いてきました。せっかく遠出するのだからと、ミシュランで見かけて予約したのがほんの一週間前のこと。

普通に予約が入りましたが、当日うかがってみると、10席ある客席はほぼ満員で、もしかしたらぎりぎりに滑り込めたのかもしれず、ラッキーでした。

最後のお客さんとして、お店に入店。お昼は、11時半から、13時半からの二部構成ですが、後半にお邪魔しました。住宅街を抜けた先、普通のマンションの一階に、それらしきお店が見えました。周りは本当に普通の地方都市の景色ですが、そこだけ、不思議と和の雰囲気になっています。

中にはいると、食事を準備する時の煙や職人さん達の慌ただしい熱気、静かであるけれどこれから出てくるものに期待するお客さんが出しているエネルギーなどが渾然一体となって、いい場の雰囲気を醸しているようでした。店内、広くはありませんが、おそらく行き届いた掃除のせいか、明るく、快適な空間に感じられました。

用意されていた席は、きっと頼んだメニューやら、人数の関係もあってそこになったのでしょうが、削り節を今まさに削っている店主の前で、割烹の特等席。

こちらが席に着くなり、店主から丁寧なごあいさつをして頂き、その飾らない、誠実そうなお人柄を感じることができました。その後も色々とお話を伺う機会があって、とても勉強になりました。


DSCF0549.jpg
最初のお皿は柿釜。中はくりぬいた、瑞々しい柿に胡麻味噌をあわせたもの。自分で適宜混ぜて頂く趣向です。

こちらのコースはお値段的にいえば、京都では割烹、料亭のお弁当が食べられるくらいの値段で提供されています。そんな予算の制約の中でどんなものが出てくるのかと思いきや、派手な食材では当然ないものの、奈良の秋を感じさせるとても素敵な一皿でした。これで心捕まれました。

コースのお料理はお食事にいくまでに4皿と控え目。これもまた、予算を抑えつつ、各皿の質も落とさないぎりぎりの品数なのでしょう。お腹は最後には十分満たされていましたので、全く問題ありませんでした。

その後は、お椀、お造り、れんこん饅頭と続きます。

DSCF0552.jpg
お造りは、一種類ですが、明石の鯛を熟成させたもの。皮までついてきました。隠岐の藻塩か、お醤油でいただきます。つまも手切りで、きちんと仕事がされています。わさびはそこでおろしていましたが、香りがまたいいです。

DSCF0555.jpg DSCF0556.jpg
この日お饅頭になって出てきたれんこんについては、旬のお味で、丁寧に仕事が施されて、とても美味でした。揚げ出しの要領で、れんこん自体のもっちりした旨味と、お味付けの複雑さ、濃厚さが自分好みでした。

お食事は釜炊きの白米に自家製のちりめん山椒をたっぷりかけていただきます。お代わり自由で沢山頂いてしまいました。

その後は、その場でこしらえるおはぎに、お抹茶で締め。ここはなんでも作り置きなどはなく、その場その場で仕上げることで、美味しさを客に伝えようとする姿勢が徹底しているように感じられました。お忙しいだろうに、立派です。

お昼のコースは二種類。この日は安い方を頂きましたが、高い方との違いは微妙な品数の違いによるもののようでした。お隣はそちらのコースを頂いていたようで、例えば、明石の鯛に加えて肝付きのかわはぎが出たり、鰆の握りが出たり、といった感じでした。

お酒にはついては、奈良の篠峰の辛口純米を頂きましたが、その値付けの良心的なこと。驚きました。店主に言うと、着物を着た人がつぐわけでもなし、と笑っていて、謙虚な姿勢に感心しました。

ビールについて言えば、各種銘柄3種類ほど揃っているようでした。ワインもわずかながら用意がありました。

最後に二つ折りのきれいなお名刺を頂戴しました。夜は一番高くても1万円とのこと。それでもきっと良い食材を使うのでしょう。こちらの主なら美味しいもの、沢山用意していてくれそうな、そんな信頼感が出来ていました。

いつになるかわかりませんが、是非機会を見つけて次は夜にうかがいたいと思うのでした。


(いただいたもの)

お昼のコース

・柿釜、胡麻味噌
・お椀:海老、玉子など
DSCF0550.jpg

・お造り:明石の鯛(身、皮)
・れんこん饅頭の揚げ出し

・お食事:ちりめん山椒ご飯、香の物、お味噌汁
DSCF0558.jpg


・甘味:おはぎ
・抹茶
DSCF0560.jpg DSCF0561.jpg


お酒

・篠峰(奈良)辛口純米
DSCF0551.jpg



味の風 にしむら懐石・会席料理 / 桜井駅


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

Uosaburo* (Kyoto) 魚三楼(伏見桃山)★

伏見にはずっと前からうかがってみたいと思いつつ、今回の旅で初めて訪問することができました。

お酒の有名な町、昔水運で栄えた町、という印象もさることながら、自分の中では坂本龍馬と浅からぬ縁のあった場所ということで強く記憶に残っていました。
今回は良き道連れも得て、いよいよ伏見にうかがうことができた感がありました。色々なことが人生には準備されていますね。

町中でにぎわう料理店を横目に、駅周辺の雑踏の中を少しいけばこちらにたどり着くことが出来ます。

外からはわからない中の広さと、明るさ、大きな器で客をもてなしてくれます。外の構えのまた古いこと。鳥羽伏見の戦いの時の銃痕が残っているとか。
一階ならお庭を見ながらの食事とのことでしたが、この日は二階でした。それでもすだれがかかっていい雰囲気。

祝日は個室料がかかるものの、ほんのわずか。
二人でも10畳以上の広さの個室をいただけて、ゆったりとした午餐を楽しむことができました。

この日にいただいたのは、お昼に出しているお手頃な花籠御膳。お値段としては先日の「味舌」さんのおしのぎと同じくらい。ただその名前の通り、籠に入れられた数種類のお料理がまたきれいで、見た目にも楽しめるお弁当でした。

DSCF0331.jpg

詳しい中身はよく覚えていませんが、煮物あり、お刺身あり、天ぷらありと贅沢に色々なものがちりばめられています。
中でも天ぷらは熱々で出てきて、餅米でしょうか衣に使われていて、そのつぶつぶの食感がぱりっとした衣と相まって、今までに頂いたことのない新しい天ぷらで美味でした。油の切れもよい感じ。

お酒は、最初はビール、それから伏見のお酒と進みます。最後はご飯で締め。さらにデザートも付いていましたが、季節物のわらび餅。これもまた美味しかったです。

場所があまりにも落ち着いているためか、同伴者との会話もしっとりと進み、とてもいい時間を過ごせたなあと思いました。

結局のところ3時間以上はそこに滞在していたはず。本当にゆっくりゆっくり食事と会話を心ゆくまで堪能することができました。

観光で行くと食事に沢山の時間を割く余裕がないものですが、たまには食事に時間を割いてのんびりするのもよいのではないでしょうか。
ここはそうした時間を過ごすのにふさわしい場所だと思います。


(いただいたもの)

花籠御膳(松)(ご飯、お椀、デザート付き)

DSCF0330.jpg DSCF0332.jpg


お酒:ビール(キリン)、日本酒(桃の滴(純米吟醸))


魚三楼京料理 / 伏見桃山駅桃山御陵前駅桃山駅


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: