FC2ブログ

キッチンレンガ(牛込神楽坂・二十騎町)

先日のアド街でも紹介されていた街の小さな洋食屋さんへ。ランチは2時半までやっているとのことで、これは助かります。店先には写真付きのメニューが一部貼ってあり、これは参考になります。

お値段は神楽坂から遠い北町交差点からさらに奥まった微妙な立地からすると微妙な値段で、安いともまた高いとも言えません。
店内はとても小さく、お世辞にもきれいとは言えませんし、またトイレがとても小さく、入り込むのに一苦労します。それでもお店をやっているご夫妻の心遣いか、きれいにしてあるのは間違いありません。

この日の定食だったチキンカツ(サラダ付き)を注文。前日のくらよしと同じ値段でしたが、チキンカツがあまりにこぶりでがっかり。洋食屋さんには正直量も期待するのですが、そのあたりは満たされませんでした。

とはいえ手作りのハンバーグや、ビーフシチューめいたお料理は気になります。
またいわゆる古き良き「ナポリタン」もあるようですし…。

しばらく時間をおいてまたうかがおうかなと思います。


(いただいたもの)

本日のランチチキンカツ定食
(ご飯、みそ汁(わかめがたっぷり)、香の物(業務用))

キッチン レンガ 定食・食堂 / 牛込神楽坂駅神楽坂駅牛込柳町駅
☆☆☆☆ 0.0


テーマ : ランチ
ジャンル : グルメ

ゴーゴーカレー(お茶の水)

ご当地グルメが盛んに取り上げられる昨今ですが、金沢カレーなるものは初めて耳にしました。どろっとしたカレーと、とんかつやキャベツの千切り載せ、フォークで食すなどの特徴があるようです。

この日はランチ難民になりかけでしたが、緊急避難的に入ったのがこちらのカレー店でした。
お茶の水でしたが、新宿の本店以外にも都内各所(秋葉原、御徒町、水道橋、渋谷、高田馬場など)に支店があるようです。

食券前払い制で、椅子はカウンター席のみで落ち着かない造りですが、値段的に言うと最低ラインの牛丼店などよりはやや高めの設定でしょう。
そのせいか、カレーやトッピングのとんかつなどの質は決して粗悪なものではなく、胸焼けなどもしなかったのできっと相応にちゃんとしたものを使っているのでしょう。

とんかつは大きめで、カレー自体の量もかなりあります。小食の人なら一番小さいサイズでも食べきれないかも知れません。
この日は下から二番目の並盛りでしたが、夜までお腹が空きませんでした。その意味ではとても経済的で、学生さんらしきお客さんが多いのもうなずけます。

言ってみればB級グルメ店ですが、カレーが食べたい時には安心して使えるお店と思いました。その意味ではよい発見となり、収穫ありのランチでした。


(いただいたもの)

ロースカツカレー(エコノミークラス)

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

ボナッ(神楽坂)

神楽坂と飯田橋の境となる交差点から徒歩三秒の抜群の立地にあるカレー屋さんがここ。

気軽にカレーを楽しみたい向きにはとても重宝する作りでしょう。店内はカウンターのみで、かつ禁煙。大きな駅の地下などにはありそうなお店です。

カレーはオーソドックスなどろりとした日本のカレー。ビーフ、ポーク、チキンの三種のカレーから始まり、各種トッピングにより色々なメニューがあります。珍しいところでは納豆カレーでしょうか。

こちらの売りはと言うと、ドライカレーにさらにルウをかけたボナッカレーとのよし。
また別のお勧めの、焼いたチーズを載せた焼チーズカレーをこの日は注文いたしました。

焼いたチーズは期待通りの濃厚なお味。トマトが入っています。焼いていないチーズもサービスなのかしっかりかかっていて、チーズのとろりとした感じがカレーと共に楽しめます。

辛さは四種類から選択で、この日は上から二つめの中辛を注文。結構辛いですが、何とかいけました。普通に美味しく食べるならさらにその下の辛さ、中前がよいでしょう。

カレーのご飯の大盛りは無料でやってくれますし、小盛りの場合は確か多少値引いていただけたと思います。
カレーには少ししなびた少量のサラダとみそ汁がミニマグカップでついてきます。

店内にティッシュが置かれているということないでしょうが、基本的に気持ちよくサービスして頂ける場所です。

ランチ時、午後三時までの営業も心強いですね。


(いただいたもの)

・焼チーズカレー(大盛り、中辛)→ サラダ、みそ汁つき


カレーショップ ボナッ (カレーライス / 飯田橋、牛込神楽坂、神楽坂)
☆☆☆☆ 0.0


テーマ : ランチ
ジャンル : グルメ

セレブ・デ・トマト(赤坂)

最近テレビで見かけてこちらのトマト専門店へ。店先では様々な種類のトマトトマトを使った製品(ジュースなど)が売られています。
数年前に青山にできたお店が始めのようですが、赤坂のお店は今年できたようです。

奥はカフェ、レストランとなっていて、店内は禁煙です。
カジュアルモダンな空間ですが、けっこう小さいお店なので、店員さんの行き来が少し気になったりします。

さて、お料理は、三つあるコースからメインディッシュがついた二番目のコースを選択し、アラカルトでパスタなど追加しました。
遅れた参加者を待つ間、店先に置かれたトマト二種類やおつまみ系のサイドオーダーをいくつかいただきました。

飲み物はトマトジュース、トマトを使ったカクテル、ビール、各種ワインがそろっています。
ビールはカールスバーグの生ですが、きめ細やかな泡で幸せになれます。またトマトジュースを入れたビアカクテルも配合が絶妙なのか、甘すぎず、苦すぎずよいできで、お勧めです。

ワインはボトルがリーズナブルに色々とそろっています。この日はアルゼンチンの泡を頼もうとしましたが、店側のミスで冷やしたものがなく、アルゼンチンの白ワインに変更。

しかしこの白ワインがリーズナブルな割にボリュームのある、樽の効いたシャルドネで大当たり。こちらのワインのセレクションには感心しました。

残念ながらサービスは素人レベルですが、トマト好きなら一度はうかがってみる価値があるのではないでしょうか。


(いただいたもの)

おつまみとして…
・生のトマト二種
IMG_2183.jpg

・おつまみ(トマトのコンフィ、グリーンゼブラの酢の物、グリュイエールチーズ)
IMG_2184.jpg

・グリーンゼブラのフリット

コース:
・前菜:完熟トマトサラダ
・スープ
・トマトのグラニテ
・メイン(三種類から銘柄豚のグリル(彩りトマトソース)を選択)
IMG_2187.jpg

・デザート(三種類から完熟トマトのブリュレ、ヴァニラアイス添えを選択)
IMG_2188.jpg

アラカルトで…
・完熟トマトと雲丹のクリームスパゲッティ


セレブ・デ・トマト 赤坂店 (イタリアン / 赤坂、赤坂見附、溜池山王)
☆☆☆☆ 0.0


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

ヤミツキカリー(飯田橋・富士見)

飯田橋から皇居へ向かうメインストリート沿いにあるカレー専門店へ。飯田橋以外にも、早稲田、中野にお店があるようです。

店内はカウンター席のみで12席。若い店員さんが気持ちよくサービスしてくれる空間で、卓上には客への気配りに満ちたお水や(つまりセルフサービス)、香の物、ティッシュペーパーなどが置かれています。そして店内は禁煙。この手のお店には珍しいポリシーがとてもうれしいです。

この日は完熟トマトとなすのチキンカレーにチーズをトッピングしてもらいました。カレーの味はマイルドなテーストのタイ風レッドカレー。辛さは5段階ほどから無料で選択できます。この日は辛口でしたが、かなりマイルドでした。

具材もたっぷり入っていて、しっかり作り込まれたカレーはいい感じです。ランチは三種類ほどのメニューを、お値段をサービスして提供している模様です。

朝の開業から夜までのぶち抜き営業がとても重宝しそうなお店。サイドメニューはほとんどないようですが、トッピングが色々と揃っています。また、アルコールはハートランドの瓶(小瓶または中瓶)というのがなかなか渋いです。

美味しいタイカレーが食べたい時は是非どうぞ。


(いただいたもの)

ランチメニュー(値段がお得)で… 完熟トマトとなすのチキンカレー(辛口)
+ トッピング:とろけるチーズ


YAMITUKI Curry 飯田橋店 (欧風カレー / 飯田橋、九段下、水道橋)
☆☆☆☆ 0.0


テーマ : ランチ
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: