FC2ブログ

レストラン訪問記:赤坂「ととや魚新」(★)

予約してミシュラン一つ星和食店の気軽なランチをいただいてきました。

赤坂に縁があったしばらく前にすでに見かけたことがあるお店で、ミシュランの星がついたのは最近のことのように思います。

入り口では比較的若い女性が迎え入れてくれ、この方が会計も担当されていますが、店内は高齢の奥様の担当のようです。

店内ではこの方に丁寧に色々とお気遣いいただいて、それだけで店の居心地が変わります。

夜の味の精髄を集めたという竹籠弁当が気になっていましたが、この日の焼魚のラインナップにマナガツオを見つけて心変わりしました。

なかなか珍しい魚ですし、やはりお店でもランチで出すことはあまりないとのことでした。

マナガツオはカマ焼きの提供もありましたが、オーソドックスに柚庵焼きにしてみました。

焼魚はおそらく日替わりでこの日はスズキ(塩焼き/カマ焼き)、イサキ、マコガレイ、イワシ(二尾)の塩焼きがあり、金目鯛の煮付けもありました。

これだけあれば好みの魚がいただけるのではないでしょうか。

IMG_4313s4312.jpg

つきだしは至って普通で感激がありませんでしたが、ご飯の炊き加減が完璧で、粒立ったご飯の美味しさを存分に楽しむことができました。家庭ではなかなか真似できない美味しさだと思います。

ご飯のお供の香の物もいい味で手づくりの質の高さを感じました。お味噌汁は赤だしで、なめこや豆腐が入っています。

肝心のお魚は繊細な身質で上品な味です。柚庵焼きながら、柚子の風味はほとんど感じませんでしたが、優しい味付けで堪能いたしました。

焼魚のお皿もしっかり温めてあり、その気配りに感心いたしました。

食後には甘味も用意されていて甘いスイカのポンチでさっぱりできました。シンプルですがとても美味しいです。

お値段のせいもあるかもしれませんがお客さんがたくさん入っている感じではありませんでした。個人的には逆に静かな雰囲気でゆったり食事ができたのでとても良かったです。

カウンターでの食事でしたが、大将はじめ職人さんはみな真面目に仕事に取り組んでいるのが伝わってきてそのあたりも好感がもてました。

次回は是非竹籠弁当か、それにお刺身がつくという松花堂弁当をいただけたらと思います。


(いただいたもの)

焼魚定食(麦茶つき)

先付:えのき 玉ねぎ あじの酢の物
(きゅうり アスパラ入り)

焼魚:マナガツオの柚庵焼き

ごはん:香の物三点、なめこ入り赤だしつき

デザート(煎茶つき):すいかのポンチ(アルコール入りの甘いゼリー)




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:大阪「ルポンドシエル」(★)【読者様提供】

昨日に引き続きまして、大阪の一つ星フレンチからディナーコースの写真をお届けいたします。


ディナーコース


20180813185237_IMG_0665.jpg

シャンパンスナック(左上から反時計回りに):イカスミとミモザ、白身魚のムースとコンテチーズ、すずきのフリット


20180813190054_IMG_0670.jpg

スナックエンドウと魚のコンソメジュレ
クリスタルキャヴィアと共に


20180813191605_IMG_0673.jpg

ほうれん草で巻いた帆立貝と豪州産黒トリュフのヴァプール
シャンパンソース


20180813190222_IMG_0671.jpg

カナダ産活けオマール(オス)

20180813193145_IMG_0674.jpg

オマール海老のロースト、ビーツと赤玉葱のマリネとジュ


20180813194541_IMG_0679.jpg

レモンと菩提樹のグラニテ


20180813195701_IMG_0680.jpg

20180813200113_IMG_0683.jpg

豪州産 仏産 仔羊背肉のロースト
ズッキーニのカネロニ仕立て ニンニクのコンフィと
アーティチョークのバリグール添え


20180813203156_IMG_0684.jpg

桃のロースト アーモンドのエスプーマ
バニラアイスクリーム添え


20180813203516_IMG_0686.jpg

小菓子とアイスコーヒー 





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:大阪「ルポンドシエル」(★)【読者様提供】

読者様が行かれた大阪の一つ星レストランの写真を掲載いたします。こちらではお休みの時期にはお値打ちのコースが提供されるということのようです。

今日はランチコースから、明日はディナーコースからそれぞれ掲載したいと思います。


ランチコース


IMG_0649.jpg

トマト モッツアレラ


IMG_0651.jpg

軽い燻製のサーモンミキュイ 野菜のクリュディテ ヨーグルトのソース


IMG_0653.jpg

ゆっくり火入れしたスズキ 南仏野菜のティアン
ズッキーニのピューレとバジルのピストー


IMG_0655.jpg

フランス産うずら胸肉のロースト 股肉のコンフィのクロメスキ
岡山県産葡萄とフォアグラ ポルチーニ茸を添えて


IMG_0660.jpg

バニラ風味のリ・オ・レ アプリコットのコンフィチュールと共に


IMG_0657.jpg

IMG_0659.jpg

チーズ:(左から)ブリドモー・ラングル・エポワス


IMG_0662.jpg

無花果のトライアングルとオレンジ香るサブレ
カシスオレンジのソルベ


IMG_0664.jpg

小菓子とアイスコーヒー




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:赤坂「ブタリ(Boutary)」(未掲載)

IMG_4318s4318.jpg

この店のご近所にある一つ星和食店でランチをした際に偶然見かけて気になったのでお店を調べて予約をしてランチにうかがってきました。

開店が今年の7月12日ということで今日でちょうど開店一ヶ月目を迎えたということになります。

IMG_4321s4321.jpg

一人ということでカウンターでの食事でしたが、新しい店らしく店内のしつらえはぴかぴかでカウンターや調理場などとてもきれいで清潔な感じが伝わってきます。

店頭の舌代によるとパリの人気店が東京初進出とのことでしたが、事情の疎くてパリに本店があるこのお店のことは全く知りませんでした。ミシュラン最新版を見たところ、パリに二店あるうちのパリ6区の本店が星なし、ビブグルマンなしで掲載されていました。

キャヴィアを扱うお店が出しているレストランということで東京のお店でもそうですが、キャヴィアのテースティングが常時できるようになっているようです。また最近のミシュランは料理ジャンルも記載されていますが、現代風料理ということでした。東京店の店頭に掲げられたメニューを見て何となくビストロとのイメージをしていましたが、どうも違うようでした。

そのイメージと現実のギャップは最初のお料理を提供された時点ではっきり認識することができました。

前菜としてこの日書かれていたのはフランス産のムール貝を使ったというサラダ仕立てのお料理でした。サラダにムール貝という取り合わせはあまり聞いたことがなく、オリジナルな料理なのかなくらいに軽く考えていましたが、出されたお料理の美しさにまずびっくりして不意打ちをくらった感じになりました。

IMG_4323s4323.jpg

ビストロ料理…ではないのは明らかですね。星を志すお店(シェフ)ということなのかと感じ入り、食事が俄然楽しくなりました。

食後に郡司一磨シェフに話しかけていただいてちょっとだけおしゃべりすることができました。銀座の二つ星店で仕事をしたり、その姉妹店である一つ星店の立ち上げにも関わったご経験があるなど料理人としてのご経歴はしっかりとした方のようです。

シェフ自身、食材へのこだわりがかなりあるとのことで、夏に旬を迎えているお野菜がきれいに盛りつけてあり、それぞれが小さいながらもどれも丁寧に調理されていて、これまた季節のムール貝が与えてくれるほどよい塩気で美味しくいただくことができました。フランス料理ではなかなかお目にかかれない茗荷なども入っていました。またソースは繊細な泡もありましたが、濃いめのソースにはカレー風味が忍ばせてあったりとこちらも多彩でした。

IMG_4326s4326.jpg

メインもお決まりで、ある意味ランチの定番の豚肉料理でしたが脂身がとても甘くて美味しいお肉で苦味やほのかな甘味があるビーツのピューレやケールなどのつけ合わせとともにさらに美味しくいただくことができました。お皿もきちんと温めて提供されています。

デザートのティラミスはありきたりで、またもう少し量も欲しいとの不満を多少感じましたが、繊細かつ適量のヨーグルトのソルベがシェフのレベルを感じさせてくれていたようにも思いました。

まだ開店後一ヶ月も経っていない段階での訪問で、食べログの投稿どころか評価すら一件もない中、シェフやサービスの方のそれぞれのプロフェッショナルとしてのスキルが遺憾なく発揮されていて現時点でかなり完成度の高いレストランであると感じました。

ビストロ料理店と考えると料理の選択ができないことなどもあわせて考えるとお値段が多少高く感じるかもしれませんが、サービス料をとらない中で最初の冷たいおしぼりから布製のナプキンの提供、常に温かくお客さんが必要な分だけふんだんに提供していただけるお店のオーダーメイドという美味しいパン、完成度の高い緻密で美味しいお料理といったことを考えるとむしろとてもお値打ちに感じられると思います。

今はデザートなしのコースも提供されていますが、そのうち人気が出てくるとそちらも込みのコースのみになったり、お値段が上がったりということが考えられるのかなとも思います。お店の経営が立ちゆかなければ元も子もないのでそれも致し方ないかと思います。逆にいうと今はお客さんがとてもお得にお気軽に味わえる期間ともいえるかと思います。

強いて不満を挙げるとすればランチのお料理が全く選択できない点で、ランチの内容が基本的に月替わりな点でしょうか。常連になりたいと思っても月替わりだと月一の来店頻度になってしまいますのでお店としてもその点は考えどころかもしれません。

とはいえ、お料理を一本化しているからこそこの抑えめのお値段で、高品質のお料理を提供できる面もあると思うのでその点は仕方ないのかもしれません。

お店がさらに発展してお客さんが増えて、常連さんもついて、各種ガイドなどでも評価をされていって、いざ料金を値上げするという段階になったらその当たりは是非考えて欲しいところだと思います。

パリから東京へ進出するのはなかなかの冒険だと思うのですが、本店経営者の才覚や人徳もあるのでしょうか、良き人材を得て東京店はすでに成功への道を歩んでいると思います。

今後、季節の変化に合わせてどのような食材が提供されていくのか今から楽しみでなりません。


(いただいたもの)

ランチコース
(パンとオリーブオイルつき)

前菜:季節野菜とフランス産ムール貝のサラダ仕立て

本日のメイン:せせらぎポークのロティ ビーツのピューレ

デザート:シェフお手製ティラミス ヨーグルトのソルベを添えて

食後の飲み物:ハーブティー(ドライのミント)






BOUTARYフレンチ / 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅

昼総合点-


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:東銀座「流石」(★)

実は移転前の同店に一度訪れたことがあったようで、なんとなくそのことを思い出していました。

IMG_4290s4290.jpg

この日はふりの一人客でしたが、オーナーと思しきおばさんはこちらをみるなり一瞬ためがあり、心からようこそ我が店へというスタンスではないのが感じられました。もちろん笑顔なんてありません。色々と余裕がないようです。

注文を取りに来たので注文をしてメニューを返そうとするのにそれを受け取らず、むしろ下に置いたりしてこちらの動作は置いてきぼり。選ぶ必要があったためかとも思いましたが、かといってこちらに選ばせるためにメニューを開いて説明しようとするでもありません。

カウンターに座ったのですが、カウンター下にしつらえられた冷蔵庫のおばさんによる開け閉めががさつできついです。何気ない動作なのかもしれないが、カウンターに座る客の体に響いてきます。あまり落ち着いて食事する環境ではないですね。

またグラスが空いていて、さきほどから何度もこちらに来ているのに頼まないとお茶のお代わりを入れてくれないなんてこともありました。全く気が利かないです。

一番気になったのは料理の説明をしながら遠ざかっていく態度です。説明をするならきちんと目の前のお客さんに向き合わないといけないでしょう。お客さんはきちんと扱ってもらえないと敏感に感じるものだと思います。

結局素人のおばさんが、その限界だらけの見識のレベルでサービスが保たれているような店ということなのでしょう。気が利いた振る舞いを期待するこちらが間違いということですね。

サービスについてはこれくらいにしてお料理です。

蕎麦屋なのでそばの味が全てだと思うのですが、能書きがたくさんある割には普通としか感じないです。もちろんそれなりにいい値段をとっていますので不味いわけはないです。

IMG_4296s4296.jpg

少なくとも温冷二種のそばをいただきましたが、そば自体からはそばの香りはしてきません。いつもこんなものかと思うので不満はないのですが、一つ星は何に対して与えられのか疑問に思わずにいられないません。

天ぷらもたいして美味しいとはいえず、それ以前にかき揚げがかき揚げになっていませんね。調理レベルは高くないと思いました。

またいただいたランチのおまかせの構成にも疑問がありました。まず、二種のそばが実質的にかぶる構成が今ひとつよくわからないです。またそばのことはよく知りませんが、温かいそばの後、最後に冷たいそばという流れはどうなのでしょう。普通は冷たいものから温かいものというのが自然だと思うのですが、この流れも疑問に思わずにはいられませんでした。

ただ提供された冷たいそば茶もそば湯もよく香っていてそばをいただいているのがよく感じられましたし、つきだしの湯葉も(特に黒豆の湯葉)甘くて風味豊かで、サイドメニューは充実している印象をもったのも事実でした。

ランチは一定金額以上飲食したらカード利用可だけど、忙しいのでできればカード利用は勘弁してねという内容の舌代があり、自分流の素人サービスとあいまってげんなりでした。

もう二度と行くことがないと思い、さっぱり現金でお支払いをして店を出て来ました。

悪い店ではないかもしれませんが、星はいらないでしょう。色々な誤解が生じてしまい多くの人が振り回されてしまいます。

大した店でもないのに星を得たことで勘違いする残念なお店の典型ですね。中目黒のパスタ屋などとともに早急に星を取り上げるのが、多くのミシュラン読者のためでしょう。


(いただいたもの)

昼のおまかせ(香る冷たいそば茶つき)

つきだし:湯葉二種(大豆の湯葉と黒豆の湯葉)
(黒豆の湯葉の方が甘い!わさびの切れ端を入れるのはいただけない。)

小さいかけそば(温)

桜海老のかき揚げとかぼちゃの天ぷら

ざるそば(冷たいかけそばとの選択)

甘味:そば茶のアイス
(それなりにそばの香りがして小さいですが満足度高いです。)流石感想



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: