FC2ブログ

レストラン訪問記:徳島市「とくさん」

今回は前月に続いて四国を訪ねての一宮の旅でした。

対馬、琉球、蝦夷、秩父なども含めて日本全国にある一宮ですが、各国で一宮が複数あるところもあれば、どれが一宮か争いがあるようなところもあって、基本的にはそのような社も含めて全てまわるようにしています。例えば、東京を含む武蔵国ですと氷川神社及び氷川女體神社が公式には一宮ですが、多摩市の小野神社も一宮を称しています。

徳島県はかつて阿波国と呼ばれていましたが、阿波国一宮は一宮御朱印帳に従うと鳴門市の大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)一社になり、インスタグラムを見て下さっている読者の方はお分かりかと思いますが、こちらは前月の旅の際に伺って、御朱印も頂いてきました。

しかし、実は阿波国には他に三社、一宮ではといわれている論社と呼ばれる社があり、今回はその三社全てを訪ねてきました。三社とも徳島市内から離れた不便な場所にありますが、バスを上手く利用することで1日でまわることができます。この際、一日乗車券の利用がとてもお得でしたので、車以外で行かれる方がいらしたらお勧めです。評価の高い和食店の「壺中庵」さんも徳島駅からのバスを利用すれば比較的アクセスが良いようです。

さて、一日の最後は論社の神社ではなく、両国一社とされている阿波国の白鳥宮で、近くからいい具合にバスに乗ることができて、夕方18時頃に丁度徳島駅前に帰ってきました。

この日は、居酒屋を紹介する番組に出たことがある「とくさん」に前から予約を入れてありました。


IMG_7947s7947.jpg

外観も、料理も、オペレーションもちょっと見ると至って普通の居酒屋さんなのですが、料理は食材や調理を見ると、ただの居酒屋ではないことが分かりますし、接客も丁寧で、対応に意識の高さが感じられました。その分、一人で飲むとそれなりのお勘定になることを覚悟しなければいけないお店ともいえます。

また、オーダーについては卓上のQRコードを読み取ってアプリ経由で客が自らのスマホで行う新しい方法を採用していました。コロナ禍の昨今、人同士の接触を極力減らす点では、なかなかいいなとは思いました。ただ、メニュー表にある値段とアプリ中の値段が一致しなかったり、メニュー表にあるお酒がアプリ内になかったりと、まだ色々な不備が見受けられました。そのあたりは店員さんに話しておいたので、今後しっかり改善されて良い運用がされていくことでしょう。


IMG_7949s7949.jpg

最初の一杯はアプリ経由ではなく、店員さんが直接オーダーを聞いてくれます。プレミアムモルツの生を頂くと、徳島の特産でもあるしらすにおろし、スダチを添えたつきだしが出てきました。プレミアムモルツ生は泡がきめ細やかで良いですね。


IMG_E7952s7952.jpg

続いて、徳島名産鳴門金時の天ぷらが到着します。一人だと多めですが、揚げたての美味しい天ぷらを楽しめて満足です。

ついで、せっかくなのでお刺身を盛合せ頂きます。鮮度抜群とまではいきませんが、地元宍喰産の多彩な味のお魚を刺身で楽しむことができ満足しました。


IMG_7954s7954.jpg

左から、ノドグロ(赤ムツ)炙り、地蛸、間八、白ムツ、アオリイカ、ヨコ(鮪の幼魚)、黒ムツ炙りとなります。

かなりお得な盛り合わせなのだと思いますが、これは2人から3人くらいで丁度良いサイズでしたので、少し割高でも良いので、これのハーフサイズを用意してくれていると有り難いかなと思いました。

このあたりから、地元徳島県の日本酒「まけまけいっぱい純米吟醸原酒」(1合)飲んでいました。華やかさもあり美味しいお酒でしたね。


IMG_E7950s7950.jpg

こちらの日本酒は、地酒を中心にした渋いラインナップで、日本酒好きも満足できることでしょう。

この後出てきたのが、最初に注文してあった甘鯛の唐揚げでした。皮を残してかりかりにしているので、皮ごと食べられて、繊細な白身と相まってとても美味しかったです。


IMG_7958s7958.jpg

こういう料理が出てくるとお店の格が上がるように感じてしまいます。ただ、関東に比べて、関西以西は甘鯛が比較的手に入りやすいのか、比較的庶民的な食事の機会でも出てくるイメージがあります。

とはいえ、こちらの甘鯛はとても美味しくて楽しめましたし、その後すぐに売り切れになっていましたので、運良く頂くことができて良かったです。

ついで、串焼き三種をお店が提供する順番で頂きました。一本一本、炭火ではない焼き場で丁寧に調理されていますので、まとめてではなく、一本ずつの提供でした。


IMG_E7962s7962.jpg

ずり串は、いわゆる砂肝ですね。阿波尾鶏の有り難みを今一つ感じ難かったです。


IMG_7963s7963.jpg

もも串はボリュームがあって、食べ応えがあり良かったです。こちらは徳島のブランド鶏阿波尾鶏ではなく普通の地鶏の串でした。


IMG_E7964s7964.jpg

最後の豚バラ串は阿波ポークというブランド豚のもので、大葉とちょこんと載った梅のピューレが、脂たっぷりのお肉をさっぱり、美味しく食べさせてくれ満足でした。

以前のメニューを見ているとなくなっている料理が色々あるようで、残念ではありましたが、上質な居酒屋さんとして徳島でこれからも各層に支持されてしっかりと営業を続けられていくのかなと思いました。

先ほども書いたようにサービスがしっかりしていて、店内は清潔ですし、店内は禁煙で落ち着いて美味しいお酒とお料理を楽しむ環境が整っています。お会計は少し高くつくとは思いますが、徳島で一杯という旅行客の方にはお勧めできるお店です。


(いただいたもの)

アラカルトで…

お酒:
・ プレミアムモルツ生2杯
・ 日本酒(冷酒)「まけまけいっぱい純米吟醸原酒」1合

お料理:

・ つきだし:しらすおろし スダチ
・ 鳴門金時の天ぷら
・ 本日の刺身盛合せ
(ノドグロ(赤ムツ)炙り、地蛸、間八、白ムツ、アオリイカ、ヨコ(鮪の幼魚)、黒ムツ炙り)
・ 甘鯛パリパリウロコの唐揚げ
・ 阿波尾鶏ずり串
・ 地鶏のもも串
・ 豚バラ串焼き 大葉巻 阿波ポーク




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

フランスガストロノミー界最新情報:二つ星シェフ フレンチカリブ五つ星ホテルレストランシェフ就任

2018年のMOF cuisine(フランス優秀職人章)受章者であり、コートダジュール地方エズの「ラ・シェーヴルドール(La Chèvre d'Or)」にて二つ星を維持されているアルノー・フェ(Arnaud Faye)氏についての近況です。

フランスには海外にいくつか領土がありますが、同氏が、そのうちの一つであるフレンチカリブのサン−バルテルミー島にある五つ星ホテル「クリストファー(Christopher)」内全レストランの総料理長のような立場のシェフに任命されたとのことです。人気は今年の10月15日からとなっています。

シェフ就任とはいえ、基本的にはレシピやメニュー作成に責任をもつだけの象徴的なものにとどまるのではないかと思われます。フランス本土から相当な距離があるホテルになりますので、シェフが定期的に同ホテルを訪問することはあり得るとしても、むしろカリブのホテルのレストラン営業強化のためにミシュラン二つ星の威光を借りようとしたというのが本当のところに思えてなりません。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

フランスガストロノミー界最新情報:ミシュラン社本社内カフェ営業開始

日々、ガストロノミー(情報)に飢えているはずの本ブログ読者様にとっては取るに足りないつまらない情報の可能性が高くて恐縮ですが、一応お伝えしておきます。

ミシュラン社の本社はフランス中西部のクレルモンフェラン(Clérmont-Ferrand)にあることが有名ですが、本社の改装にあわせてこのたび公衆に開かれたカフェがミシュラン本社内に開業しています。

新店名称は「カフェ・エカトゥール(Café Équateur)」で、同じく改装あいなったカルム広場(Place des Carmes)に面したテラスがしつらえられたお店になっています。

こちらのカフェは、伝統的なカフェというよりは、最近流行りのエピスリに併設されたとても安っぽい内装の現代風のカフェのようです。展示スペースが併設されているようで、仕切りも曖昧でほぼない様子で、下手するとスーパーの飲食可能コーナーのような印象すら受けます。

クレルモンフェランという、正直なところ観光的には魅力に乏しい場所に行かれた際に、時間がたまたまあったら、話のネタに入る、そんな程度のお店ではないかと思われます。御興味ある方は是非行かれてみて下さい。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

フランスガストロノミー界最新情報:元星付き店新シェフ就任情報

少し古い情報で、かつ現在は星がついていないお店の情報で恐縮です。

かつて、エドゥアール・ルーベ氏の下で長らく二つ星を維持していたプロヴァンス地方ボニューの「ラ・バスティッド・ドゥ・カプロング(La Bastide de Capelongue)」ですが、この夏に新シェフとして、ノエル・ベラール(Noël Bérard)氏が任命されています。

同氏は、香港や、主にランスの二つ星店「レ・クレイエール」でフィリップ・ミル氏の下でお仕事をされていた方とのことで、星をとるための経歴としては十分でしょう。

セカンドのシェフとして、マチュー・ギヴァルク(Mathieu Guivarch)氏が招聘され、同氏は薪火のみで調理をするビストロ「ラ・ベルジュリ(La Bergerie)」の指揮を執るとのことです。

新シェフの今後も気にはなりますが、やはりルーベ氏の今後の展開が気になります。昨年11月に「ラ・バスティッド・ドゥ・カプロング」を売却した際のお別れのコメントでは、まだまだシェフを続ける意思を示されていましたので、出身であるサヴォワ地方、あるいは海に近い地中海沿いのどこかで新しいプロジェクトを起こしていくのではないかと勝手に想像しています。

同氏の新しい動きが分かり次第また記事にしたいと思いますので、しばしお待ち下さい。





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:神戸市(三宮駅)「イオラシック」(ビブグルマン)

内装の手作り感が一杯のお店で、良くいえば飾らない素朴でカジュアルな、悪く言えば山小屋のような廃屋のような内装です。

お店のジャンルはイタリアンで、前菜、ドルチェ等のお味は悪くないです。ただ、肝心のパスタは、揚げ茄子といいつつ青臭さが残った調理が口に合いませんでした。素人でももっと良い調理ができるでしょう。

今回いただいた中で一番美味しかったのは、ドルチェの黒糖のパンナコッタでした。

とはいえ、サービスは最低ランクのお店です。お店はこのサービスを容認していていいのかというレベルでした。というわけで、ここを再訪することはないです。

狭い店内で一人でサービスを担当している若い男性ですが、とにかく何もサービスのことが分かっていない。場違いな感じがすごかったです。

連れの人間も別々に店に入ったのですが、同じようなことを言っていました。まずあいさつができない。外に待っている人がいれば、お客さんの可能性が高いわけで、いらっしゃいませ、という挨拶が最初普通に出るものでしょうが、そういう言葉はなかったようでした。

私の場合も、入店に際して名前を聞かれたので、答えると、無言。あれ?名前を聞くのは、「○○様ですね、お席はこちらになります。」などの案内につなげるためでしょう。しかし、彼にとっては、客に名前を聞くのは、自分のための情報収集の意味しかなく、それで完結しているのです。ファミレスでもここまで酷くはないですね。マニュアルがありますから。それすらも分からない不幸なサービス。そんな対応をしていて、あなたがそこにいる意味ありますか、と問いたくなります。

名前を言って、そのままもあんまりなので、「それで、大丈夫なんですか?」と、名前を言ったけど、ちゃんと聞いているの?それに対する反応はないの?という趣旨で聞くと、「はい、大丈夫です。」との答え。違うでしょう。あなたは誰様ですか。漫才やっているんじゃないよ。真面目に聞いているの。あきれてものが言えませんでした。

さらにその後も粗相は続き、客に置く皿の正面のところに思いっきり親指をおいて皿を運んできて、はいどうぞとくっきりど真ん中に指紋をつけた皿を置いていくのです。このサービスは外食をしたことがないのでしょうか。ファミレスですらもそんな酷い皿の運び方はしないでしょう。

それ以外にも色々ありましたが、ここまでにしておきます。店はこの意識の低いサービスのために失っているものが多すぎることを認識した方が良いでしょう。二度と行かないよと思う客は私だけではないはずです。

最後に店を出る時に、扉を開けて外に立っているので、初めてこのサービスの顔を見ましたが、笑顔も会釈も気の利いた言葉もなく棒立ちでいて(おそらく何のために自分のやっている動作をしているかも分からないし、分かろうともしていないのでしょうね)、こちらをにらんでいるだけでした。

向かない仕事ならやめた方が良いです。他の人をも不愉快にしてまでお金のためにしがみつく仕事ではないです。そこのところ是非理解して欲しいと思います。


(いただいたもの)

ランチコース


IMG_7214s7214.jpg

前菜盛り合わせ
(→味は悪くないですが、フォークにこびりつき汚れがあり、食欲が減退しました。残念すぎます。)


IMG_7216s7216.jpg

自家菜園のさつまいもの冷たいスープ
(→味は薄いですが、まあまあのお味です。)


IMG_7217s7217.jpg

スネ肉と揚げナスのトマトソース
(→スネ肉が何の肉か分からないままでしたが、おそらく豚でしょう。書いておくべきと思います。牛なら大書していたでしょうから。)


IMG_7219s7219.jpg

本日の鮮魚(鰆) ブラックオリーブのソース
(→お魚はなかなか美味しかったです。)


IMG_7221s7221.jpg

黒糖のパンナコッタ バニラアイス ぶどう
(→この日はこれが一番でした。ただ器に器を重ねるのは賛同しかねます。ソースが別の器についてしまったりして、美しくないですから。)

食後のお茶:アイスティー






テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: