三つ星店ホテル新情報:ユージェニ・レ・バン「レ・プレ・デュージェニ」(★★★)

ミシェル・ゲラール氏が1977年来三つ星を維持されているレストランが入るホテルがこのたび5年間の期間限定とはいえパラス(宮殿)ホテルの認定を受けました。

サービスレベルはとてもひどい店ですが、アクセスの悪い立地も相まって存在自体がある意味フランス料理界のレジェンドなので主がご存命の間に一度は行かれることをおすすめいたします。ここのスペシャリテの一つ、暖炉で焼いたオマール海老は変わらず今まで食べたオマール海老料理でナンバーワンです。



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:弥彦(新潟県)「やまぼうし」

新潟市をあとにして訪れたのは弥彦村でした。市町村合併が続いた昨今村は稀少な存在になりつつある印象です。弥彦は北國街道の宿場町の一つ、越後国一之宮である弥彦神社がある場所で、知りませんでしたが弥彦温泉なる温泉も湧いています。

立派な杉木立の参道を抜けた先にお宮がありました。宝物館があるのですが、歴代天皇の肖像画が飾ってあるところが特色でしょうか。上杉謙信の(出家前の)祈願文なども土地柄見られますし、高田を一時治めた松平忠輝奉納の香炉なども珍しいです。一番印象的だったのは源義家が奉納した鞍と鐙、軍配でした。時代的には戦国よりさらに古い時代なので品物は相当古びていますが、信仰対象としての弥彦神社の重みを感じました。

さてお昼を食べる時間があり、神社を見学後地元のお料理が食べられそうなこちらで食事をしてきました。

閉店ぎりぎりに近い感じでしたが座敷に通してもらいました。地元の名物ということでわっぱ飯を注文します。オーソドックスなものは鮭であったりいくらであったりが入っているもののようですが、季節の味のがあったのでこちらにしてみました。他にはかに、かき、桜鯛、うなぎなどのわっぱ飯がありました。

DSCF1307.jpg

わっぱ飯は蒸しをいれたご飯料理で、鮎がけっこうほぐれていたのでなかなかの火力で蒸しているのかもしれません。写真からもわかるように湯気もすごいです。お手ふきや骨入れなどないため不便な面もありましたが、半天然という三面川の鮎の入ったわっぱ飯は控え目なやさしいお味でとても美味しかったです。もずくの入ったお味噌汁も香りがとてもよかった。

特に不愉快な思いをしたわけではないのですが、こちらの奥様でしょうかサービスの女性がとても気の回らない方で接客に向いていない感じがなんとも残念でした。
味は良いのでそんなこと気にならない方にはお店をお勧めできます。

IMG_2602.jpg

和牛を使ったというステーキ丼も名物のようでした。また初夏の名物とうった一品料理がずらりと並んでいて活きたどじょうの丸揚げなど頼んでみましたが、品切れで食べられず残念でした。夜は居酒屋さんとして営業されるようなので夜も楽しいかもしれません。


(いただいたもの)

・えだまめ(湯あがり娘)
・あゆわっぱ飯(香の物、味噌汁つき)

生ビール中ジョッキ(スーパードライ)



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

三つ星シェフ新店情報:ピエール・ガニエール氏新店

ピエール・ガニエール氏プロデュース店で、パリにて主に魚介料理を提供している一つ星の「ガヤ・パール・ピエール・ガニエール」がこのたび地方のホテルレストランとして新たに出店される運びとなりました。

ホテルの場所は二つ星店「クリストファー・クータンソー」のあるラ・ロシェル近郊の海辺の町シャトレイヨン−プラ−ジュで、かつてメルキュールホテル(チェーン展開しているホテル)だったホテルが買収、改装されて「エム・ギャラリー・バイ・ソフィテル」として新しい出発をすることに伴う新規計画になります。

新店は魚介もさることながら、ホテルのあるシャラント・マリティム地方の自慢の良質食材を最大限に活かしたお料理を提供するコンセプトになりそうです。飲料込みのひとしきりのコースの予算は60〜80ユーロに設定されています。

ガニエール氏によると、純粋なガストロノミーレストランではなく、よりリーズナブルな価格で重々しさをなくしたよりオープンな場所として新しいレストランを位置づけられているようです。とはいえ同じブランドですから一つ星を狙っていくのは自然の流れでしょう。

7月末に試験的に一部顧客に向けて開業し、正式には9月13日オープン予定とのことです。続報あればまたお伝えいたします。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:和歌山「オテル・ドゥ・ヨシノ」【読者様提供】

和歌山にある吉野建シェフのお店に読者様が最近行かれた際のお写真をシェアいたします。

和歌山といえば熊野詣の参道など世界遺産になった場所がある一方で、旧砲台がある島などが近頃は天空の城ラピュタの世界観に類似しているとかで人気のようですね。かたや千葉ではトトロに出てきそうな雰囲気がある滝(農溝の滝)なども観光名所として有名になってきていますね。


おまかせランチコース

DSCN3279.jpg

グジェール(シャンパンスナック)


DSCN3281.jpg

アミューズ:カバイヨン産メロンと生ハムのジュレ、イカスミのチップとイベリコ豚


DSCN3283.jpg

前菜:フランス産仔牛とフォワグラのパテ・アンクルート


DSCN3285.jpg

DSCN3287.jpg

魚:、蛤、ムール貝、イトヨリ、オコゼ、オマールブルー、赤座海老、烏賊、ズキーニを使ったブイヤベース


DSCN3290.jpg

DSCN3292.jpg

肉:フランス産仔牛のロニョン(腎臓)のロースト


DSCN3294.jpg

DSCN3298.jpg

チーズ:(右上から左下へ順に)(スプーンに入った)エポワスラングルブリドモー


DSCN3299.jpg

DSCN3301.jpg

デザート:あら川の(白鳳)と黒沢牧場の牛乳を使ったピーチメルバ


DSCN3303.jpg

アイスコーヒーと小菓子




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星付きシェフ来日情報:イタリア一つ星シェフ、能田耕太郎氏来日

イタリア・ローマの一つ星レストラン「bistro64」のシェフである能田耕太郎氏が来日され、京都で賞味会を開催されます。つい最近欧州で活躍する日本人星つきシェフを紹介するテレビ番組がありましたが、そこにも登場されていましたね。地元の方にも評判の良いビストロのようです。

以下、今回のイベントの概要を引用いたします。


ミシュランガイド・イタリア一つ星に2度輝いたシェフ能田耕太郎氏のランチ&ディナー(要予約)

main_20170726190521ea5.jpg

これまで世界各国より様々なシェフを迎え、日本では日頃味わうことのできない数々のメニューを提供してきたザ・リッツ・カールトン京都では、このたび8月10日から12日の3日間限定で、ミシュランガイド・イタリア2017より、イタリア料理において一つ星を獲得した日本人シェフ、能田耕太郎(のうだこうたろう)氏のランチとディナーを提供いたします。

能田氏は日本の大学を卒業後、1999年にイタリアへ渡って各地の厨房で修行を積み、2010年11月、ヴィテルボのリストランテ「エノテカ・ラ・トーレ」時代に、ミシュランガイド・イタリア2011より一つ星を獲得しました。その後、最先端のニュー・ノルディック・キュイジーヌへの理解を深めるべく、最高峰の北欧料理店で研修を重ね、再びイタリアに戻り、現在料理長を務める「bistrot64」にて2016年11月、ミシュランガイド・イタリア2017より二度目の一つ星を獲得。イタリアにおいてイタリア料理のシェフとしてミシュランから二度の評価を得るに至った初の日本人となります。

同シェフが「bistrot64」で提供しているメニューを含めた、前菜、メイン、デザートと充実の取り揃えのランチとディナー各2種類のコースをご用意しました。中でも、黒をコンセプトとして活躍中の日本人スタイリストをイメージした、「スズキのオールブラック仕立て」は、受賞歴ある強豪シェフらが競うイタリアのフードコンテストでも高評価を得ている作品です。その他にも、京都の野菜を中心としたフィンガーベジタブル、ジャガイモを長細く切ってスパゲッティーに見立てた「バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー」など、能田氏の技が存分に発揮されたお料理の数々を、この機会にザ・リッツ・カールトン京都でご堪能ください。


日時:2017年8月10日(木)8月12日(土)
(ランチ:11時半〜14時半(ラストオーダー)、ディナー:18時〜21時半(ラストオーダー))

会場:ザリッツカールトン京都内「ラ・ロカンダ
料金:
<ランチ>
5品コース5,900円/6品コース8,900

<ディナー>
8品コース13,000円/10品コース16,000

※表示料金には税・サービス料が含まれません。

お問い合わせ先:
Tel 075-746-5522
(レストラン予約直通/受付時間:9時〜18時)


■ランチメニュー

・5品コース
付き出し/
バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー/
カラスミのアーリオオーリオぺぺロンチーノと焦がし小麦のフェットチーネ/
スズキのオールブラック仕立て/
モノクローム 黄色

・6品コース
フィンガーベジタブル/
バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー/
カラスミのアーリオオーリオぺぺロンチーノと焦がし小麦のフェットチーネ/
スズキのオールブラック仕立て/
仔牛のサルティンボッカ/
モノクローム 黄色

■ディナーメニュー

・8品コース
フィンガーベジタブル/
バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー/
カラスミのアーリオオーリオぺぺロンチーノと焦がし小麦のフェットチーネ/
パプリカのリゾット 鶏肉のポルペッティーネ/
スズキのオールブラック仕立て/
仔牛のサルティンボッカ/
お口直しのシャーベット/
モノクローム 黄色

・10品コース
付き出し/
フィンガーベジタブル/
バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー/
茄子のパルマ風/
カラスミのアーリオオーリオぺぺロンチーノと焦がし小麦のフェットチーネ/
パプリカのリゾット 鶏肉のポルペッティーネ/
スズキのオールブラック仕立て/
仔牛のサルティンボッカ/お口直しのシャーベット/
モノクローム 黄色

※ランチ、ディナーともに、お客様のお好みのメニューをお選びいただける、アラカルトも対応いたします。
※ソムリエが能田氏の各メニューにぴったりのワインを選定したワインペアリングメニューを提供いたします。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: