レストラン訪問記:北浜(大阪)「ルブニール」【読者様提供】

読者様が行かれたお店のお写真を掲載いたします。お話をうかがったところによるととてもパフォーマンスがよいとのことです。

DSCN3781.jpg

金丸シェフ

DSCN3780.jpg

店内


人それぞれにお店の好みはあるでしょうが、お値段をきいてお写真を見るととても内容が充実している感じがしますね。


ランチメニュー
(5000円(税別))

DSCN3756.jpg

アミューズ:お米のババロア・トマトいくら添え、鮪の一口コロッケバーガー


DSCN3759.jpg

泉蛸の柔らか煮と泉州水なすのピストゥー(バジル)和え


DSCN3760.jpg

鰯のガレットと夏野菜のクルスティアン、ガルム(イタリアの魚醤)クリーム


DSCN3763.jpg

太子町のバターナッツのクレーム、フォワグラのポワレを添えて


DSCN3764.jpg

剣先烏賊とビーツのサラダ、木苺のヴィネグレット、カラスミのパウダー


DSCN3766.jpg

紀州タマメのヴァプール、モンサンミッシェルのムール貝のマリニエール


モヒートのグラニテ


DSCN3769.jpg

アヴェイロン産仔羊のロティ、原木椎茸を添えて


DSCN3771.jpg

太子町の巨峰とヨーグルトのソルベ


DSCN3776.jpg

チョコレートのカップに詰めた、バニラと木苺のソルベ、柿のコンポート


DSCN3779.jpg

ウバ茶のミルクティーと小菓子




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

ミシュランイギリス2018

一報が出てしばらく経ったかもしれませんが、ヨーロッパ各国のミシュランの季節が始まり、先陣を切ってミシュランイギリスの最新の評価が出ています。

一番のニュースはやはりロンドンの寿司店「あらき」の三つ星復帰でしょう。場所は違えど日本でも三つ星をとられていた職人さんのお店なのであまり驚きはないのかもしれません。

イギリスの三つ星はこれで5軒となりました。ブレイの「ザ・ファット・ダック」、「ザ・ウォーター・サイド・イン」、ロンドンの「アラン・デュカス・アット・ザ・ドーチェスター」、「ゴードン・ラムゼイ」、「あらき」です。「ゴードン・ラムゼイ」は新シェフであるマット・アブ氏のもとでの三つ星維持に成功されていますね。

他にはフランス人シェフ、クロード・ボジ氏が今年開いたお店が初登場二つ星に輝き、最新版の二つ星店は20軒となっています。

また三つ星シェフ、アンヌ−ソフィ・ピック氏の「ラ・ダム・ドゥ・ピック」は同氏の期待通りの一つ星獲得となりました。一つ星は合計150軒となりました。



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

ミシュラン関連書籍紹介:藤山純二郎著「世界のミシュラン三ツ星レストランをほぼほぼ食べ尽くした男の過剰なグルメ紀行」

本ブログの読者様でもある藤山純二郎さんがこのたびご著書を発売されることとなりましたのでご紹介いたします。これまであまり本の紹介などしたこともありませんでしたが、ブログ読者様の中でも興味を持たれる方が多いかと思いました。

2017年9月現在119軒あるミシュラン三つ星のほぼ全てを自腹で食べ歩いている藤山純二郎さんの食べ歩きの記録がつづられた本になっているようです。

ご本人いわくミシュランファンでありつつ批判的な意見ももちわせているとのことで、これからミシュラン三つ星にチャレンジしようという方、その途上にある方にとって大きな道しるべになる本ではないでしょうか。

藤山さん本

さてタイトルにもあるようにミシュランの三つ星を「ほぼほぼ」食べ尽くしたとありますが、現在食べ残しているのは3軒で、香港と上海の「唐閣」とミシュランフランス最新版で三つ星に昇格した「le 1947」とのことです。
香港、上海は日本からさほど遠くはないですし、スキーシーズンのみ開店の「le 1947」もそろそろ開店するということで完全制覇も目前ですね。

出版元はKKベストセラーズで全国販売されていますし、当然のことながらアマゾンなどのネット通販でも買うことができます。



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:高台寺桝屋町(京都)「ひらまつ高台寺」(未掲載)【読者様提供】

つい先週開業したばかりのひらまつの京都店からランチメニューその他のお写真をお届けいたします。

かつてはこちらの敷地には料亭があったようですが、その料亭は土地を移して新たな場所で営業再開しているようです。

DSCN3713.jpg

DSCN3711.jpg

DSCN3740.jpg

DSCN3738.jpg

DSCN3737.jpg

DSCN3736.jpg

ここまでのお写真はお店の周囲を写したものです。ここからお店の写真になります。

DSCN3714.jpg

DSCN3715.jpg

DSCN3716.jpg


ひらまつの京都店ではフランス料理だけではなく日本料理を提供するお店もあるようですので、ご興味ある方は是非どうぞ。


ランチメニュー

DSCN3719.jpg

ピスタチオのキャラメリゼ


DSCN3722.jpg

ポワブロンルージュのムース、トマトのスープ、タバスコ


DSCN3723.jpg

パンとエシレバター


DSCN3724.jpg

烏賊、トマト


DSCN3725.jpg

ノドグロ、ジロール茸、毛蟹のガレット、ヴァンジョーヌソース、柿


DSCN3728.jpg

ランド産仔鳩の胸肉、シナモン林檎


DSCN3729.jpg

仔鳩のモモ肉のコンフィ、ドーフィノワ


DSCN3731.jpg

DSCN3732.jpg

チーズ:(右上から時計回りで)エポワス、セル・シュール・シェル、フルムダンベール


DSCN3734.jpg

洋梨のコンポート、シブースト、キャラメルのアイス


DSCN3735.jpg

小菓子なしハーブティーのみ(ベルベーヌ)


DSCN3717.jpg

DSCN3718.jpg



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星付き店シェフ交代情報:ピュトー「レスカルゴ1903」(★)シェフ交代

以前、元三つ星シェフのフィリップ・ルジャンドル氏の近況でお伝えしたお店「マ・カイユ」(その時の記事はこちらからどうぞ)のオーナーであるハキム・ガウアウイ氏が所有するパリ郊外の一つ星店「レスカルゴ1903」のシェフ交代がありました。

シェフであったパオロ・ボスカロ氏が同職を離れて、今後ご自身のお店を開店させる計画があるようです。こちらも楽しみにしましょう。ボスカロ氏はかつては小林圭氏のもとでお仕事をされていた方のようですね。

さて「レスカルゴ1903」の新シェフは、ホテルブリストルの三つ星店「エピキュール」、シャングリラホテルの二つ星店「アベイーユ」、ホテルリッツの二つ星店「ターブル・ドゥ・レスパドン」それぞれでセカンドを務められたというアレクサンドル・レアール氏になります。

お店のサイトを見るとすでに新シェフの紹介がされていました。気になる方はこちらからご覧ください。



テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: