FC2ブログ

星付き店閉店情報:コロミエ「ランフィトリオン」(★★)閉店

トゥールーズ郊外コロミエにあるヤニック・デルペッシュ氏の「ランフィトリオン」が閉店されることがシェフ自身から発表されています。

この1月のジレジョンヌ(黄色いベスト)運動の標的にされて二度も火災の被害に遭われてお店は閉店を余儀なくされていたとのことで、苦渋の決断をされたようです。

ただシェフ自身は新たにお店を開く準備をされているのでそれは朗報だと思います。
年末には新しいお店が開店するものと思われます。店名、場所含めて期待して待ちたいと思います。





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

汁なし担々麺:小川町「香家 マーチエキュート神田万世橋店」(−)

麺:中太麺
日本式担々麺専門店
パクチー追加、セット(ご飯、水餃子、プーアル茶つき)で

IMG_E8489s8489.jpg

都内で多店舗展開する担々麺専門店へ。いただいた冷やし麻辣汁なし担々麺は中華系の汁なし担々麺の構成でとてもシンプルなものでした。しかし昨今の日本式汁なし担々麺の流行のせいなのか、使われている麺が本来あるべき細麺ではなく中太麺で大変残念です。

味については最初食べ始めた時は辛さ、しびれともすごくあるなくらいの思いで食べ進めていったのですが、後半になるにつれてしびれがあまりに効きすぎていると感じるようになっていきました。そして最終的には苦手な人が食べたら卒倒するレベルまでしびれることを確認しました。

花椒を毎日挽いて使っているとのことですからしびれがただの山椒粉とは違ってダイレクトに感じられるのかもしれません。今回冷やしでいただいたことから、普通の温かい麺で食べた場合、辛さ、しびれをさらに強く感じることになっていたかと思うと恐ろしいです。メニュー開発担当者は実食されているのでしょうか。そのあたり疑問になるくらいしびれ過ぎの麺でした。度を超えたしびれに身の危険すら感じましたのでこちらのお店は二度と使うことがないでしょう。





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

元三つ星シェフ来日情報:ローラン・プルセル氏来日イベント

かつてモンペリエで三つ星を獲得されていたローラン・プルセル氏がこのたび日本に来日されて金沢でガラディナーが開催されます。

一つ星にまでなってしまったモンペリエのお店「ジャルダン・デ・サンス」は移転準備のため現在閉店中で、移転後はモンペリエ市内の歴史的地区に店を構えることになります。


10月1日ローラン・プルセル氏来日ガラディナー

モダン・キュイジーヌの先駆者として時代の最先端を走り続ける天才双子シェフのジャック&ローラン・プルセル。 クラシックなフランス料理を独自の感性で再構築、現代風に表現したその料理は、 「プルセル・キュイジーヌ」というジャンルを確立し、フランス料理の新しい風として世界中の美食家を魅了し続けています。
シェフ・ローランの来日に伴い、約一年ぶりとなる秋のガラディナーを開催いたします。
日本食材の個性を熟知しつつ、石川県の素晴らしい食材や伝統文化に感銘を受けたシェフ・ローランだからこそ奏でられる味わいのハーモニーをお届けします。
いつもとは一味違う「ジャルダン ポール・ボキューズ」をお愉しみください。

開催日時:2019年10月1日(火)
場所:金沢「ジャルダン・ポール・ボキューズ」
時間:18時半受付/19時開宴
料金:お一人様30,000円(お料理・ワイン・サービス料込・税別)

※各種優待割引対象です。ご予約時にお申し出ください。
※メニューはその日最高の食材を使用するため変更する場合がございます。






テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

レストラン訪問記:磐城棚倉「小判寿司」

磐城棚倉は福島県東部にある現在では少しさびれた地域にある町ですがかつては10万石規模の城下町だったところで、今も城跡が残されています。

海というより山に近いこの磐城棚倉にあるお寿司屋さんが今回の目的でした。
以前聞き込みで地域の名所を発掘していく旅番組で拝見してから気になっていましたが今回ひょんなことからうかがうことができました。番組ではサッカーの前園さんや平田薫さんが訪れていました。

IMG_E8372s8372.jpg

以前は安価なおきまりの握りも提供していたようですが、現在は基本的にはおまかせということになるようです。人気店なので平日でもしっかり予約が入っているようで、この日もほぼ満員でした。早めの予約のおかげかカウンター席でご主人の手仕事が眺められる良い場所に席を頂きました。

予約の電話をすると純朴な感じの奥様が対応されますので、この段階で自然な接客応対にほっと一安心することになります。

お店のご主人と奥様の信頼関係がしっかりあることが短い滞在の中からもうかがえて、握りを握るご主人の飾らないお人柄のおかげで、ほっとくつろがせていただけるそんな場所でした。

普段高級なお寿司を食べる機会はあまりありませんが、季節のいいものをご提供していただいて、福島他日本各地や世界の旬の魚介を堪能いたしました。

高級なお店は肩肘張ってしまってどうも好きになれないという方にはお勧めのお店だと思います。ご夫婦の接客のおかげでリラックスできますが、ご主人が吟味し厳選して提供して下さる上質のお寿司がいただけますのでただただ楽しいだけの美食体験ができること請け合いです。

10貫のおまかせということでしたが、握りだけで10貫で他の手巻きや玉子焼き、甘味などはカウントされていないのか、サービスしていただいたような印象でとてもお得な気持ちになりました。

お寿司を出す合間にちょっとした説明をして頂いたりして勉強にもなります。
カウンターということもあって食中、食後ともご主人とお話が色々とはずんで楽しい思い出となりました。

磐城棚倉で現在町をあげて推しているという地元産ブルーベリーを使った美味しい甘味をいただき気に入ったこともあり、帰りにそのブルーベリーを使った大福を甘盛堂という地元のお菓子屋さんで買ってきました。

帰宅後頂きましたが新鮮なブルーベリーの果汁が大福にいいアクセントを添えていて大変美味しかったです。お店は駅から歩いてすぐの場所にあるのでお土産にお勧めです。他にも色々変わり種のお菓子を製造販売していて、北海道産のマスカルポーネチーズを使ったというチーズどら焼きなども買って帰りましたがどら焼きの生地が香ばしくてとても美味しかったです。

寺社巡りあるいは観光、湯治のついでに、あるいはお寿司だけを目当てに磐城棚倉行かれてみてはいかがでしょうか。きっといい出会いがあると思います。


(いただいたもの)

お昼のおまかせ(10貫)

がり(→自家製。とても美味しく、これだけで一品になっています。)


IMG_8353s8353.jpg

宮城産アイナメ 塩とすだちで
(→適度に脂があります。すだちの香り良いですね。)


IMG_8354s8354.jpg

陸前高田産イシガキガイ(夏の貝)
(→貝の身をたっぷり楽しめ、海の香りを楽しむ趣向で心地よいです。)


IMG_8355s8355.jpg

ニュージーランド産ミナミマグロ 赤身 漬け 
(→ねっとりしていて、脂があります。存分にマグロを楽しめる一貫でした。)


IMG_8356s8356.jpg

北海道産甘海老 昆布締め
(→こちらもねっとりしていて楽しめます。しかし浅めの締め加減です。)


IMG_8357s8357.jpg

相馬原釜漁港産鮑 肝蒸し
(→75度で4時間半蒸したものでとても柔らかい!最初上に載せられた肝の香りがふわりとして気持ちいいです。)


IMG_8358s8358.jpg

ニュージーランド産ミナミマグロ 中トロ
(→脂がたっぷりです。こちらも赤身同様、身が堪能できました。)


IMG_8359s8359.jpg

佐賀産コハダ
(→たっぷりと身を楽しめます。締め加減は浅めでした。)


IMG_8360s8360.jpg

北海道余市産アコウ鯛 昆布締めして炙り
(→炙った香りがほのかにして良いです。脂もほどほどにあり、それでいてさっぱりしていて美味しいです。やや水分を感じるたのはそういう魚種ということでしょうか。)


IMG_E8361s8361.jpg

対馬産穴子 二種(塩・ツメ)
(→ふんわりやわらかな塩はゆずが香っています。ツメの方はサクッとした食感もあり穴子をより楽しめました。)


IMG_8363s8363.jpg

津軽産紫ウニ
(→旬の味を堪能します。塩で食べるのでウニの味がしっかりわかって良いですね。シャリの美味しさも味わえる一品でした。)

手巻き:干瓢巻
(→海苔の風味が良いのもさることながら、干瓢が甘めなのでわさびの風味が引き立ちより美味しく感じられます。)

玉子焼き二種
(→プレーンな玉子焼きと芝海老のすり身入りのもの)

お椀:シジミの味噌汁
(→しじみは青森県十三湖産。赤出汁ではなく仙台味噌使用のお味噌汁。しっかりとした味がします。)

甘味:ジャージー牛乳のシャーベット 棚倉町産ブルーベリーのコンポート添え
(→鮫川村産のジャージー牛乳の自家製シャーベットに棚倉町の今年のブルーベリーのコンポートを添えたものです。ご主人曰くお店で提供できる数少ない地産地消のお料理とのことです。)





テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

星付き店閉店情報:ブルゴワン−ジャイユ「ドメーヌ・デ・セコワ」(★)閉店

エリック・ジャンボン氏がオーナーシェフの同店ですが、設備投資により借金返済がままなくなりこの7月18日に倒産し、閉店という結果になってしまいました。

すでに7月14日には最後のサービスを終えています。

シェフは今後、これまで「ドメーヌ・デ・セコワ」にて追いかけてきたグランドメゾン経営という夢はいったん諦めて、細々と料理人としての腕を活かして予約客だけを相手にするビジネスをしてくことになるようです。




テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: