レストラン訪問記:浜松「幸楽」

以前テレビで見かけたこだわりのとんかつ屋さんへ。何にこだわっているかというと、お肉ということでした。テレビの内容はもうあまり覚えていませんでしたが、よい豚肉を使っているということだけ覚えていました。

11925964_10154203130537576_105298151_n.jpg

週末のお昼ですが、遅かったためか先客が一人だけで、混雑を予想していたので拍子抜けでした。お店は浜松駅から徒歩で10分弱の繁華街の中にあります。周囲は東京の繁華街と比べる余地はありませんが、飲み屋がいくつもあるような環境です。

今回は一番お安いロースカツの定食をいただきました。3種類ある定食のうち、上の2つは量が違うとのことでした。一番下と上2つとはもしかしたら質も違うのかもしれません。

11930589_10154203130287576_1676971685_n.jpg
(すでに少し食べてしまっています。)

出てきたとんかつはやや揚げが念入りすぎたのか、少し焦げを感じたのでその点はとても残念でした。厚みがあるためきちんと火入れすることになると時間が必要なのかもとも思いました。

お肉については脂身をかなり残してそれを食べることになります。甘くてこくのある脂身で美味しく頂けました。

ただ通常端の1つ、2つが脂身のあるとんかつという印象がありますが、こちらでは端から3つめくらいまで脂が多めのお肉でした。脂が苦手という方はきっと食べきれないでしょうし、賛否分かれるかもしれませんね。脂が苦手な方はむしろヒレカツ定食の方がいいかもしれません。

メニューは他にもカニコロッケやチキンカツがあったりして常連さんへの配慮があると感じました。

定食は赤出汁のお味噌汁、自家製とおぼしき香の物、ご飯がついてきます。ご飯は大盛り無料だった気がします。

次回浜松に行く機会がありましたらまた寄ってみて、上のメニューか他のメニューを頼んでみたいと思いました。


(いただいたもの)

ロースカツ定食(梅)=一番下のとんかつ定食


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

季節のお弁当:京都・銀閣寺道「三友居」

関東では仕出しや出張茶懐石といった文化は今ひとつ馴染みがないものと思われますが、京都では広く根付いているもののようで、色々な仕出しの有名店がありますね。お花見のお弁当などもお店それぞれに違いがあったりして、お値段も相応しますができあいのありきたりなお弁当とはまた違うよさが感じられます。

今回京都にうかがった際には帰りの電車で頂くお弁当を買ってみました。といってもデパ地下などと違って、ふらりと店に行って売ってもらえるものではありません。事前に準備するので予約制で、かつお店で受け取りとなります。
三友居さんでも2,3日前までに要予約となっていました。

DSCF0744_20141111045625a6b.jpg

今回お願いしたのは三友居さんでした。京都店は基本的には仕出し専門で、こちらの写真は茶会などとして利用されている場所の入口のようですね。
東京・高輪にある支店はミシュランの一つ星を得ているお店になります。東京店のお値段を見ると結構お値打ちな感じがしますが、実際の中身に比べてどうなのでしょう。

私が今回頂いたのは三友居さんで有名な竹籠弁当でした。円形に編まれた竹籠を器にしているお弁当で、自然素材を使っている器はしっくりきてやはりいいですよね。

DSCF0751_20141111045624922.jpg

中身は季節によって変化するのでしょうが、この日は鰆の焼き物(西京焼きなど)や子持ち鮎などの季節物が入っていました。鰆は、今回の旅の間に「にしむら」(★)さんでも、「にしかわ」(★★)さんでも頂いたお魚でした。栗のいがに見立てた甘味なども季節を表していますね。

中身については細かく挙げていくときりがないですが、炊き合わせ、揚げ物、お寿司(鯖寿司)、焼き物、お造り(真鯛をポン酢醤油で)、ご飯などこの籠の中に懐石の流れが凝縮されている内容で、一つ一つが丁寧に作られているものなので、ものすごい充実感があります。

他にも有名店がひしめく京都ですから、割烹や料亭とまた違った文化として色々なお店のお味を楽しんでみたいですね。


(いただいたもの)

竹籠弁当
(季節のお造り、焼き物、炊き合わせ、揚げ物、おかず、ご飯などが一つの籠の中に盛り込まれています。)


テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

料理店訪問記:大原「わっぱ堂」

まだまだ紅葉は先の季節、大原を散策してきました。大原といえば三千院門跡が一番有名ですが、なかなか魅力的な小さなお寺がいくつもありますね。今回は宝泉院にうかがってみました。

さて、わっぱ堂は大原のバスターミナルから寂光院を目指す道すがらにあります。道は狭く一本道といっていいのでとてもわかりやすい場所だと思います。しかし看板などは出ていません。

DSCF0652_201411101904296ef.jpg

完全予約制で大原のお野菜をメインに据えたコース料理で供するある意味志のあるお店だと思います。
お値段は普通のビジネスランチと思うと高い印象かも知れませんが、出てくる内容を考えるととてもリーズナブルだと思います。本当に色々な種類のお野菜、そして大原あるいは近郊の食材をいただけます。

店内は靴を脱いで上がるようになっていて、畳敷きでとても簡素です。卓上のしつらえもまたしかりで、素朴な感じがほっとします。

DSCF0655_201411101904105f5.jpg

コースは、まずお野菜を使った前菜の盛り合わせ(5種類ほどのお料理が小さな鉢で供されます)が出され、次にサラダやグラタン、パン、そしてメインにあたるお料理、お食事へと流れていきます。

前菜で生湯葉とともに出された紫ずきんという黒枝豆は、先日の「にしむら」(★)さんでも、後日ご報告いたします「祇園にしかわ」(★★)さんでも使われていた食材で季節物は重なるなあと感心しました。

サラダの中の具材もありきたりではなく、普通のサラダの葉とともに、お漬け物に使われる日野菜や、紫人参といったお野菜が入っていて面白かったし、美味しかったです。

野菜だけだと少し単調になりがちかもしれませんが、前菜で和食のおばんざい風のお料理の後はサラダ、グラタンやチーズを載せたパンなどを出して、味に変化を出されていて工夫を感じますね。

DSCF0660.jpg

お写真はメイン料理ですが、この日のメインは三種類あって、お野菜の天ぷら、イワナの炭火焼き、鹿の赤ワイン煮でした。野菜、魚、肉といずれも適量いただけて大満足です。地味ですが、食材はいいですし、シェフのバランス感覚がよい感じがします。

ちなみに鹿ですが、実はまだ禁猟期間とのことで(地域差あるものと思われます)、先日畑に迷い込んだ鹿をつかまえて調理したとのことで、そのような場合は食べて良いとのことでした。まったくクセもなく柔らかくてやさしいお味で、思いがけない和食のジビエ体験が嬉しかったです。

DSCF0665.jpg
この日のお食事は新米が中心でした。美味しくて全部頂いてしまいました。

ありきたりの食事はいやという方は是非大原でこちらに行かれてみて下さい。
完全予約制ですので予約をお忘れなく。
今回一番安いコースをお願いして大満足でしたが、もう少し上ですと例えばこの日はイワナのカルパッチョなどがサラダに入ったようです。お値段高めに感じても店を出るときには満足できると思います。


(いただいたもの)

お昼のコース

前菜の盛り合わせ
・ 大根の葉とあげのたいたん
・ ほうれん草の玉締め
・ しゃくしなのおひたし
・ 人参葉の胡麻和え
・ 黒枝豆と生湯葉の餡掛け

・サラダ(紅芯大根、日野菜、紫人参、ラディッシュ、サラダ菜)など)
・カブのグラタン
・自家製ライ麦パン2つ(一つは、バジル、トマトソース、カマンベールチーズ、ドライトマト載せ)

メイン料理
・野菜の天ぷら(ささげ、赤カブ、海老芋、椎茸)
・イワナ炭火焼き
・鹿の赤ワイン煮

お食事
・新米ごはん
・香の物(椎茸、ひのな、しば漬け、大根の葉とじゃこ、岩魚の子焼き)
・田舎味噌の味噌汁

デザート:カタラーナ

コーヒー

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

よし鳥(五反田)★

大学時代の友人と本当に久しぶりの集まりがありこちらにうかがいました。

おしゃべりに夢中で、ゆっくりお食事を味わう感じではなかったのですが、焼き物に対する店主の実直な姿勢が一串一串から感じられ、焼きの技術、こだわりという点では、同じ一つ星がつく錦糸町の「鳥喜」さんより上かなという印象でした。自由に予約を受けて下さって、気楽に楽しめるという点でもこちらを選ぶでしょう。

ただフォローをすると、鳥喜さんはコースがけっこう長くて、合間にお野菜など串ではない焼き物なども入ってストーリーがあり、美食という点からいうとかなりポイントが高いと思いますので、嫌いにはなれません。去年の同じ時期に訪ねて、新玉葱、新じゃがなど出てきた気がします。


DSCF0149.jpg

DSCF0155.jpg

この日は、コースで串を7本頂きましたが、こだわりのねぎまはさすがの一品で一串の充実具合がすごいですね。すべて塩で提供されるのであっさりで、つくねは少し華やかさに欠ける気がして好みではありませんでした。
最後のスープは本当に濃厚で、塩分控え目ながら出汁の濃さを堪能できる感じでした。

DSCF0156_20140323191519037.jpg

DSCF0158_201403231916450c3.jpg

串の追加は、ぼんじり、レバーでおしまい(上記写真)。


DSCF0147.jpg

DSCF0157_201403231915206ec.jpg

鶏わさなどの品にしても本当に小さいですが、とても繊細なお味で、完成度が高いです。野菜では、鹿児島産の筍を焼いたものや、椎茸の焼き浸しのようなものを季節のおすすめ(黒板記載)でいただきました。椎茸は単純な焼きにプラスされただしのうまさがあり、なかなかの品でした。

日本酒は有名どころが各種揃いますが、そうではないものでも基本置いてあるものは美味しい気がしますね。グラスでの提供になります。田酒、十四代磯自慢は一組で一杯の限定がありますので、ご注意を。

店内禁煙で、価格設定は比較的お手頃ですが、普通の居酒屋さんという風はなく、小さくも静かで落ち着いた空間です。
バランスのとれた焼き鳥の名店ですよね。焼き場が見えるカウンターは実はけっこうな特等席かもしれません。


(いただいたもの)

つきだし(とりそぼろと根菜の煮物)

おつまみ
・ 鶏わさ
・ フルーツトマトの生ハム巻き

コース(串7本+スープ)
ねぎま
・ つくね
・ 砂肝
・ 笹身
・ せせり
・ 皮
・ 鶉玉子
+スープ

野菜
・ 筍焼き
・ 椎茸の煮浸し

飲み物
・ 生ビール(キリン)×2
陸奥八仙(青森)特別純米無濾過
・ 田酒(青森)特別純米
羽根屋(富山)純米吟醸生原酒





炭焼き よし鳥焼き鳥 / 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

Toriki* (Tokyo) とり喜(錦糸町)★

久しぶりの焼鳥をいただきに錦糸町の「拘りの焼鳥屋」(店のお名刺より)へ。
予約の縛りがきつく、予約時間に同時入店できないとふりの客が優先されるというなんとも心ないルールがあり、この日、お店まで小走りでいくことになりました。

まあ時間通りでしたし、ふりのお客さんもいなかったので事なきをえましたが、もう少し臨機応変にしてもいいのでは。下手するとトラブルになりますし、お店も大切なお客さんを失うことになるでしょう…。

とはいえ無事店内に落ち着いて美味しい焼き鳥にありつくことができ、結果としてはとても幸せな時間を過ごすことができました。

565647_10151834041147576_1328225215_n.jpg

お店の雰囲気や、カウンターの大きさ、照明、出てくるもののタイミングやその内容と色々な要素が重なってお店の印象が決まりますが、最後のお会計も含めて、ここは自分のつぼにはまりました。とてもバランスがよく、美味しいものを食べさせてもらえる場所でした。

客層は若いカップルや若い勤め人などが多い印象です。常連さんらしき年配の方もいらっしゃいましたが。ただ若い人にはきちんと周りに気を配って欲しいなあと思いました。隣の若い客、ひじやひざを何度もぶつけてきて、挙げ句の果てにグラスを倒してワインをぶちまけるなど、困ったものでした。カウンターは手前に広いのですが、隣りとの間隔はそんなに広くないので、気をつけたいです。お互いに。

さてこちらでは初めてだったこともありお任せのコースをお願いしました。これが大正解。美味しいものを色々ととても良い頃合いに出して頂けますので、おしゃべりにも集中できました。

565616_10151834007377576_2081321752_n.jpg

内容も焼鳥屋とはいえ、季節のお野菜が色々と出てきて、好ましいです。新玉葱、新じゃが、筍など。串ではない、合間のつまみでも緑の野菜のお浸しなどとても上品な味付けでした。

こちらのさびやきを頂いて、ささみに山葵を載せる意味が初めてわかったような気がしました。山葵はきちんとその場ですっているので香りがしっかり立ちます。それがとても心地いい。

唯一鶏皮で焦げた部分が入っていたのが玉に瑕でした。それでも基本的に質の良いお肉をとても美味しく焼き上げてくれる、まさに「拘りのお味」を堪能できました。

お酒の種類は沢山あるわけではないのですが、この日は三重の銘酒、而今千本松)があって、これが頂けたので十分満足できました。また、エビスの生もきめ細やかな泡で、美味しいです。

同伴の友人も大満足で、会計の手頃さがここの人気の理由と彼は分析していました。
数年ぶりにお店のパフォーマンスの高さに大満足して、次回以降の訪問もまた楽しみになったのでした。

勤め人には6時半に入店の縛りはきついかもしれませんが、行く価値あるお店だと思います。


(いただいたもの)

おまかせのコース(☆=串物)
・香の物

さびやき
565767_10151833967782576_276709877_n.jpg

☆小玉ねぎ
☆かしわ
803441_10151833972457576_407929664_n.jpg

・おひたし
・大根おろし
861571_10151833987457576_1858058003_n.jpg

☆筍
803308_10151833993702576_90873782_n.jpg

☆ちぎも(=レバー)
862809_10151834001152576_1024962841_n.jpg

つくね
☆こなす
862233_10151834013022576_1093755213_n.jpg

☆すなぎも
☆白玉
861649_10151834031712576_1750932756_n.jpg

新じゃが
861963_10151834039597576_416936068_n.jpg

☆かわ
861966_10151834050162576_984219820_n.jpg

・フルーツトマト
565555_10151834059032576_1573776952_n.jpg

☆てばやき

☆しいたけ
861543_10151834066622576_532564235_n.jpg

・鳥スープ
862858_10151834067327576_1936450325_n.jpg


飲み物
・エビス(生)×2
而今千本松・純米吟醸)2合




とり喜焼き鳥 / 錦糸町駅


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:VV George VV

La marque "***", "**","*"
signifie des étoiles de
Michelin au moment de la
visite.

長期フランス滞在中、さる”グランドメゾン”(高級料亭)での午餐を契機に”ガストロノミー・フランセーズ”(フランス流美食)に開眼。
爾来、真の美食を求めて東奔西走の日々。

インスタグラム始めました!→https://www.instagram.com/george_gastro/

* お店の名前脇の★はミシュランガイドでの星による評価(訪問時のもの)に対応しています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
クリックお願いいたします!
食べログ グルメブログランキング
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサイト内検索sidetitle
気になるお店、お料理など是非こちらで検索してみて下さい。
sidetitleメールフォームsidetitle
個別のメッセージはこちらまでお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文: